TOP > なりきり > 葬儀屋カナリア

葬儀屋カナリア

最終更新 2017/06/19 21:11:43
レス数 1000
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス1000中:1-20

1:流騎 2014/08/08 04:12:50 作成

ここは葬儀屋カナリア。数多くの柩が軒を連ねる不気味な店内で、亡くなった方にピッタリのサイズ、デザインの柩をご用意します。
と言うのは表の仕事。葬儀屋カナリアの本当の仕事は暗殺。依頼を受け、その者を暗殺する。今までに失敗したことは一度もない。
それらからついた通り名は「血塗れのカナリア」。
今宵の依頼は砂漠にある王国の王を殺めろという依頼。そこは数年前から栄え始めた。年若い王が纏めるまだ歴史の浅い王国だ。
彼は依頼をこなすため王の寝室に入り寝ている王のナイフを心臓に突き刺そうとした。だが、目を覚まされてしまい、彼はベッドに組み敷かれる。
無理矢理夜伽の相手にされ、巧みなテクニックで攻められ、巨大な逸物を突き立てられ、生まれて初めての快感を知り、本来殺めるべき相手の腕の中で悲鳴にも似た嬌声を漏らしていた。
その夜は王の腕の中で眠った。そして、そのまま王の直属の部下兼性欲処理役として王国に閉じ込められる。
放置、勝手に話を進める、行為中の擬音のみのロールはおやめください。サクサク進められる攻め様募集しています。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

F-talk
このスレッドはもういっぱいです。次のスレッドを立ててください。
982:レイラ 2014-09-11 10:32:18

>> 981

う、うん、えっと、ありがと。セレン。
(バーを捻りベッドルームへと入り、ベランダに出るとファルコの事、セレンの事、それから謎だらけのシェドバのことを考えていて

983:セレン・ワグネル 2014-09-11 10:54:07

剣はあんなに上手に使えるのに… 世話が焼けるぜ。

(一仕事終えたような顔で階段を降り、元の仕事に戻るべく庭へ向かう)

984:レイラ 2014-09-11 11:03:22

>> 983

(ベランダの椅子に腰をかけながらうずくまり

985:ファルコ・アレサンドロ 2014-09-11 11:44:34

(ほぼ聞いているだけの外交会議が終わり、矢継ぎ早に次のスケジュールの説明をされていたが)

申し訳ないが、一度部屋に戻りたい。
1時間だけ休ませてくれないか?

(秘書役の部下に伝えると会議場を後にし、階段を上れば赤いカーペットの廊下を歩き)

986:レイラ 2014-09-11 11:56:46

>> 985

(先程帰ってくる途中に国の人々が口ずさんでいた歌を小さく奏で

987:ファルコ・アレサンドロ 2014-09-11 12:04:17

(自室の前を通り過ぎベッドルームに向かうと、部屋の中からかすかに歌声が聞こえる。ゆっくりとドアを開け部屋に進むとベランダが開いており)

………。

(ベランダを覗けば、なによりも愛しい存在が小鳥のような声で歌を奏でていて)

988:レイラ 2014-09-11 12:27:11

>> 987

(続きはわからないらしく鼻歌を歌いながら目を閉じ、陽の光に微睡んでいて

989:ファルコ・アレサンドロ 2014-09-11 12:43:24

(ベランダに一歩出るが近寄る勇気はなく、聞こえている鼻歌の部分に歌詞を重ね、やさしい声で歌う)

990:レイラ 2014-09-11 12:53:04

>> 989

(声が重なり誰かすぐに分かれば突進するように抱きつき

991:ファルコ・アレサンドロ 2014-09-11 13:00:05

(抱き付いてくる身体をぎゅっと抱き留め)

もう昼をとうに過ぎているぞ…

(すでに嗅ぎなれたにおいとなった髪のにおいをいっぱいに吸い込み、込み上げる歓喜と安堵で言葉もうまく出ず)

992:レイラ 2014-09-11 13:01:38

>> 991

ごめんなさい…
(猫のようにすりすりと胸板に顔をうずめながら見つめて

993:ファルコ・アレサンドロ 2014-09-11 13:14:15

もう戻ってこないかと思った。

(すり寄ってくる顔を自分のほうに向けさせ、頬やまぶたを親指でやさしく撫で、やさしく見つめ)

994:レイラ 2014-09-11 13:31:48

>> 993

あんたが居場所をくれたんだ。逃げようかと考えたが、辞めた。
(抱き付いたままあいてのかみをなでて



((2スレ作ってしまって大丈夫でしょうか!?))

995:ファルコ・アレサンドロ 2014-09-11 13:48:04

居場所…?おまえの居場所はここだ。

(改めてレイラの細い身体を抱きしめ、背中をいとおしそうに撫で)

頼むから、もう勝手に出て行くのはやめてくれ…


【いつもありがとうございます!よろしければお願いいたします】

996:レイラ 2014-09-11 14:26:45

>> 995

うん、ありがと…ごめんなさい…
(居場所はここだとはっきり言われれば嬉しさがこみ上げさらにぎゅっと抱き付いて



((いえいえ、こんな拙いロルしか回せないような私と絡んでくださって、此方こそ感謝です!
では、作りますので、満スレになったら移動しましょう)

997:ファルコ・アレサンドロ 2014-09-11 14:50:25

もうすこししたら、仕事に戻る。
それまで、いっしょに眠ってくれないか?

(ここ数時間の緊張感から解放されれば、自分が疲れていることを思い出し、レイラを伴って室内に戻り)


【了解しました!ありがとうございます。とんでもないです、こちらこそ!!これからもよろしくお願いいたします!】

998:レイラ 2014-09-11 15:09:00

>> 997

うん。俺も眠い。
今日、仕事中さ、あんたとセレンとシェドバのこと考えてた。
(ベッドに潜り込みながら言い


((こちらこそ!あ、スレ立てました!))

999:ファルコ・アレサンドロ 2014-09-11 15:17:50

(広いベッドの真ん中、レイラの隣にうつぶせで横になり右手をレイラの頬に添えた状態で、心地よい話し声を聞き)

ん…。ずいぶんと偏った人選だな。

【確認しました☆ go to 2!】

1000:レイラ 2014-09-11 15:30:25

>> 999

だって、あんたらはともかくシェドバは何考えてっかわかんないし。
(相手に寄り添いながら見つめて

1001:名無しの萌語り 2017-06-19 21:11:43

さげ。