TOP > なりきり > 地獄的愛情…【非募集】

地獄的愛情…【非募集】

最終更新 2014/10/29 20:45:41
レス数 57
タグ 鬼灯の冷徹

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス57中:1-20

1:メガネ概論担当教授鬼灯 2014/10/24 00:53:55 作成

告知スレで参加希望してくださった
24様お待ちしております

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

39:鬼灯 2014-10-25 01:13:15

もっと見せてください、乱れた姿を…
(瞬間的にだが柔和な表情を浮かべ、頬を撫でていた手を耳へと移動させその反対に口元を寄せればいつもよりも落ち着いたトーンで囁き。不意に自身に触れていた手を衣服の中に潜り込ませ若干湿っている自身をついに直に握り指先を遊ばせ)
そんなに声、出したくないですか

40:白澤 2014-10-25 08:33:45

ん…あ…あっ…
(耳元に吹き込まれる暗示のような言葉にとろりと瞳潤ませて漏れる声にも甘さが混じり、しかしそれでも声を聞かせるわけにはいかないと頑なにシーツを咥えたまま離さず直に自身に触れられた事で全身を駆け上がるような快楽に目を見開いて大きく身体を跳ねさせながら激しく左右に首を振り)
んんッ!いやだぁ、なにこ、れっ、さわんな…ぁ…!

41:鬼灯 2014-10-25 09:12:57

っ…可愛いですよ、私の白澤さん…
(濡れる瞳に漏れる甘い声、その両者が己の全身を駆け巡りゾクゾクとした高揚感で溢れ下腹部に熱を帯びるもまだ時期尚早だと判断し抑え込み熱のこもった吐息交じりに水音を際立てつつ更に耳を舐め。頑なにシーツを離そうとしない姿に呆れたように深く溜息吐けば先走りを指先で拭い取りそれを潤滑剤代わりに蕾へ塗れば躊躇なく第一関節辺りまで指を押し込み)
そんなに嫌ですか…ならソコは、もう触りませんよ

42:白澤 2014-10-25 17:56:48

ふあっ…、あ…?
(蕩け始めた脳では相手の言葉を理解できないものの同じく熱を帯び始めている相手の表情と舐めるような視線に性感を高め本能に負けて四肢を投げ出し。しかしずぶりと容赦なく突き立てられ体内を割ってくる指に引き攣った声を漏らして全身を強張らせ)
ひ、ぎ…っ!

43:鬼灯 2014-10-25 21:59:23

…今は、それでもいいです
(糸の切れた人形の様に力を失う相手の身体、どうやらもう言葉を理解することが難しくなっているようで少々残念そうに目を伏せ。関節をくねらせまだ締まりきっている内壁をゆっくりと解しつつどんどん中へ押し進め)
力、抜かないとつらいですよ

44:白澤 2014-10-26 00:35:56

ひぐ、く、あぁ、ああっ…!
(相手の心情など知る由もなく無理矢理に中を押し広げられる異物感と圧迫感に苦し気な声を漏らしながら喘ぐもののある一点を指先が掠めた時点でびくん、と身体を仰け反らせて怯えにも似た表情を浮かべながらひゅうと喉を鳴らし)
ひっ…!うあ、な、にっ…

45:鬼灯 2014-10-26 01:05:29

…やはりここがいいんですか
(詰まったような苦しそうな声に少々表情を曇らせるも指の動きを止めることはなく根元までがっつり入れ込み。ある部分を通過した際跳ねた腰に口角を上げれば指をゆっくりと抜いて行き指先が一点に触れるよう調節し刺激しはじめ、上下する喉仏に唇を這わせ軽く吸い上げ)
前立腺、というんです。わかりますか?

46:白澤 2014-10-26 01:20:56

んんッ…!
(前立腺を擦られ痛みや異物感だけでなく確かに沸き上がる快楽に溺れる事を恐れて開きながら腰を引き、がくがくと膝を震わせながら喉元の急所を吸われる事で先程のように牙を立てられ肉を食い破られるのではないかと這い上がってくる恐怖を身体は興奮と履き違え熱は増すばかりで)
ぜんりつ、せ、っ、?…あぁっ…!

47:鬼灯 2014-10-26 01:32:09

逃がさないと、言ってるでしょうに…っ
(少しずつだが解れてきた内部へ更に指を捩じ込み前立腺を掠める様に前後に動かし、腰に妙な動きが見られぐりっと指先で前立腺を押し上げてやり。喉に触れている唇を伝い早まる鼓動を感じれば優しく口付けし顔を離し、蕾へ捩じ込んでいた指をずるっと抜き出しついてきた液体を舐めとり)
淫獣のクセに知らないんですか

48:白澤 2014-10-26 11:08:58

ひあああっ!や、だめ、そこ…ァ…!
(前立腺を通して電流のように駆け抜ける快楽にシーツにきつく爪を立てて腰をくねらせながら喉から掠れた高い声を上げ。体内の指を食い締めながら無意識に自身をシーツに擦り付け先走りで濡らして首元を反らし、体内から指が抜け出る感覚にも身震いすると息も絶え絶えになりながら惚けた表情で色めいた相手の仕草を見つめ)
は――っ…は、はぁっ…は…

49:鬼灯 2014-10-26 11:41:13

いい声だ、しかしまだこんなの序の口…
(快感に従順になりつつある身体と締まる声帯から発せられる高音の艶やかな声に表情こそ無だが満足気に呟き。刺激を欲するかの様に自ら腰を動かす相手の自身を片手で捕らえれば先走りを垂らす小さな入り口に爪を突き立てつつ、懐から取り出した紐で根元を締め上げ。衣服をずらし蕾を露わにさせればそこに優しく唇で触れ)
こんなにヒクついて…厭らしい

50:白澤 2014-10-27 11:54:05

う、あっ…!?なんで、ぇっ、やだ、はずして…!
(あえかな吐息を漏らしながら快楽の波に身を委ね始め。鈴口に爪を立てられた事で背を反らし高まる射精感に益々高揚しながらしっとりと肌を汗ばませ打ち震えていたが括り付けられた射精を許さぬ紐に左右に首を振り、寄せられている唇から漏れアナルにかかる吐息に太股を痙攣させながら更にヒクつかせて)
んっ、ふぅっ!だめ、きたなっ…!はぁ…

51:鬼灯 2014-10-27 12:44:02

なんです、もうイキたいんですか?
(愛おしそうに目を細めつつ見つめていれば、紐の存在を嫌がる様でクスリと小さく笑えば挑発するかの様に問い。舌先を蕾へ伸ばし一筋舐めればそのまま口付けを落とし己の着物をはだけさせれば熱を帯びた自身を取り出し、艶やかな色のヒクつく蕾にぐっとあてがい少し押し込み)
…あれ程解してもまだ締まるとは、さすがは淫獣といったところですかね…っ

52:白澤 2014-10-27 22:59:31

(朦朧としていた意識を引き戻すには十分なミチミチと内壁を割って入り込んでくる指とは比べ物にならない途方もない質量のペニスが与えてくる痛みにがちがちと歯を鳴らしながら目を見開いて呻きに近い声を漏らし涙を目に滲ませて)
ひぎぃっ…、っ!?ひ、はぁッ、い、たぁ…!

53:鬼灯 2014-10-27 23:21:09

そのうち、慣れますよ…っ
(指を入れた時に感じた内部の余裕は既になくなかなか押し進めるのは困難で少々眉を潜るも相手の腰を掴み引き寄せ自身を力任せに打ち付け)

54:白澤 2014-10-27 23:27:47

い゛ああぁああぁ!!
(媚薬の効力を借りても身体を引き裂かれるような痛みは凄まじく、麻痺してきた四肢を痙攣させながらきつくシーツに爪を立て。瞳から涙を溢れさせて括約筋に自然と力が入りぎゅうぎゅうと腸内いっぱいに捩じ込まれているペニスを締め付けて)

55:鬼灯 2014-10-27 23:49:23

はぁ、っ…キツいですね…こちらは処女、でしたか…
(根元まできっちりと入れ込みその異常な内圧と温度に表情を歪め、まさかと言う様に溜息交じりに呟くもその声色は何処と無く嬉しそうで。震える身体を抱き上げ己の上に向かい合わせになる形で座らせ熱を帯びた舌で突起を舐め上げ腰に手を添えてやり)

56:白澤 2014-10-28 00:41:33

あー…あァ、あ、あ――…
(ずっぽりと入り込んできた尋常ではない大きさの楔に意識が飛んで痛みと快楽が綯い交ぜになり。膝の上でがくがくと震え舌を垂らしながら惚けた表情を浮かべてひっきりなしに声を漏らし)

57:鬼灯 2014-10-28 00:51:45

…白澤さん、愛していますよ
(相手と物理的に繋がれた事で少々恍惚とした表情を浮かべ頬を撫でれば、まるで壊れてしまった様に理性の感じられない事に気付けば相手を静かに見据えはっきりと告げ。腰を掴み上下に揺さぶりつつ、結び付けた紐を解けば相手の体内に白濁を吐き出し)

58:白澤 2014-10-29 20:45:41

んんッ…!んああぁ、あ、あ…!
(虚ろになった瞳に相手を映すことなくただ痛みと快楽の狭間で悶え。紐を解かれた事で少量ずつの精液をぴゅっ、ぴゅっと吐き出して)

レスを書き込む