TOP > なりきり > 【創作】 オオカミ少年と黒王子

【創作】 オオカミ少年と黒王子

最終更新 2014/12/04 03:19:36
レス数 35
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス35中:1-20

1:佐田恭也 2014/12/01 12:29:30 作成

閲覧ドーモ。感謝してやるよ。
此処では俺の相手をしてくれる、いや俺の犬になってくれる奴を募集する。
勿論エリカじゃなくて創作で来いよ、お前の好きな容姿や性格で来な。
って言っても俺に合わなきゃすぐに捨ててやるけどな。
…で、参加希望の際に簡単な容姿性格を書くのもいいしそれが面倒なら名前だけでも構わないよ。
可愛い子が来るの、楽しみにしてるね。

いっぱい愛してあげるから。


― で、この猿芝居いつまで続けて欲しい?



《設定》
男子校で同じクラス、席が隣同士。
此処からは原作の方と同然、始まったばかりの学校生活先方は友達作りに必死で多少の遅刻で出遅れる。
数人の友達の中にやっと入るもその会話は恋人の話、しかもどちらも同性愛者。
このままでは一人取り残されてしまうと思った先方は嘘を付く。
まだ会話もしてない当方の事を恋人だと言い張った。
それの事が学園中に広まり、焦り出す先方は当方を校舎裏に呼び出し事情を話す。
そこから始まる恋人ごっこ ―

『精々可愛がってやるよ、ポチ。』

そう言って去った後、放課後ホームルームを終え友達と群がる先方に近付く。

此処から物語を始めたいと思う、質問があれば聞いてやるから分かんない所があるなら言え。
全部把握した上絡み文置いといてやるから参加希望する際返信、忘れるなよ。

参加者多数居る場合は、その中から俺がやって行けそうな奴選ぶから早い者勝ちとか関係なしに参加希望しに来いよ。



…お話中ごめんね、帰るよ。
( 騒がしい教室の中横目で相手の姿を捉えては面倒臭い事に巻き込まれたと思う半面楽しいゲームのような物でもある為帰る支度してから鞄持ちその場に歩み寄ると不意に相手の肩に片手廻し顔寄せ乍友人等には愛想笑いを浮かべ多少強引に其の侭教室の外へと連れ去って )

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

17:佐田恭也 2014-12-02 23:31:35

ならお前は何も頼まなければ良いだろ。
( 愚痴愚痴と不満溢されては眉間に縦皺寄せ冷眼とした様子で告げれば相手の持っているメニューを奪い取り早々と頼む物を決めてしまえば愛想すら無い態度で店員を呼び爽やかな笑顔を向け『珈琲1つ、以上で。』と注文をして )

18:柴田 充 2014-12-02 23:53:16

ちょっ、なに勝手なことっ…!俺もコーヒーで。
(何にしようかと選んでいる最中メニューを奪われたかと思えば早々に自分のだけ注文し、店員が去っていく際にすかさず同じものを頼みムッとした顔を相手に向け)

19:佐田恭也 2014-12-03 00:05:54

お前にはこれで十分だろ、ほらよ。
( 億劫そうに見据え乍御絞りで手を拭くなり蔑ろに用意されていた水を言葉と同時に相手の前に差し出してやり暫くしては珈琲が運ばれ愛想良く振り撒き従容に啜って )

20:柴田 充 2014-12-03 00:19:31

……。どうもありがとう。
(目の前に差し出されたお冷やに視線落とすと作り笑いを相手に向け、それを一気に飲み干してやり運ばれてきた飲み物に砂糖とミルクを入れかき混ぜ、丁度いい甘さにほっとしながら啜りじぃっと目の前の相手を見つめ)

21:佐田恭也 2014-12-03 00:48:05

どういたしまして。
( 何食わぬ顔で一言残せば外で冷え切った身体が徐々に店内の暖に体温も落ち着いて来て特に会話を出す訳でもなくそのまま珈琲を啜っていくも相手の視線に鋭い目付きで見詰め返しては『…何。』と素っ気なさそうに呟いて )

22:柴田 充 2014-12-03 01:09:07

…咄嗟についてしまったにしろ何でアンタなんか選んだんだろって後悔してんの。

(相手の顔見ては大袈裟に溜め息を吐きながら、あの時自分のしてしまった行動を悔いていると言い、カップを皿に戻し頬杖つきながら無愛想に相手に視線向け)

23:佐田恭也 2014-12-03 01:25:27

知るかそんなの。
まぁ相手が俺じゃなかったらお前、今頃苦労して出来た友達の奴等にも嘘がバレて孤独ライフが始まってたと思うぜ、このオオカミ少年さん。
( 変わらず素っ気ない態度で居るも同様にカップを口から離しソーサーに置くと途端に蠱惑とした表情浮かばせ乍愉し気に喉奥鳴らし笑うと毒付く言葉強調させ『こんな面倒な事に付き合ってやってる俺に、精々感謝する事だな。』等と偉そうに述べてから珈琲を飲み干して )

24:柴田 充 2014-12-03 01:47:57

そーだよな、こんな茶番劇付き合ってらんねぇよな。オレがマジでカレシ作ればいい話だし。そうなったらアンタも晴れて自由の身。お互いハッピーエンドなわけだ。

(折角出来た友人にハブられるのを想像するとゾッと背中が震え、付き合ってくれている相手に感謝するも口には絶対出さないが相手の言葉を肯定するかのように言えば一人で解決策を見出し)

25:佐田恭也 2014-12-03 02:19:09

嗚呼下らねえ妄想の嘘何か付いてる暇があんならそんな奴と早く出会えたら良いな。
( 適当にあしらう様に相槌打てば未だ飲み終えて居ない相手の事気にもせず立ち上がっては一人先に会計へと向かい早々と何の躊躇いも無く全ての料金支払い外へと出て行って )

26:柴田 充 2014-12-03 02:35:53

(返ってきた返答に応援でもしてくれている風に聞こえると「お前よりイイヤツ見つけてやるよ」と口端吊り上げ、先に店を出て行った相手を慌てて追い掛け、その際支払おうとしたところ会計は済んでいると店員から告げられ驚いたような顔し「置いてくなよ」と背中を追い掛け)

27:佐田恭也 2014-12-03 02:58:27

お前がもたもたしてるからだ、鈍間。
( 二度凍るような寒さに表情曇らせ暖を求めマフラーに口許埋ませて歩いて居れば後を追って来る相手に気付くも振り返る事はせず冷淡に悪態付いて )

28:柴田 充 2014-12-03 08:42:27

……あの、さ…払ってくれて、…ありがとう。
(一々癇に障る事ばっか言うなとカチンときていたが先程支払ってくれた事で、こんなヤツに礼を言うの癪だなとも思ったが礼儀としてそこは素直にお礼の言葉を述べ)

29:佐田恭也 2014-12-03 13:45:40

勘違いすんな、割り勘とかそういうの面倒臭えだけだ。
( 一瞥に視線向けては吐息洩らしてから目を伏せた後淡々と言葉吐きつつ相手の頭部に片手滑らせ多少乱雑に髪を乱す様撫でれば『じゃあ俺、家あっちだから。』と告げ掌を離しそのまま自宅の方へと足を進めて )

30:柴田 充 2014-12-03 15:59:57

……はいはい。
(素直にどういたしましてと言えないものかねと肩竦めていると、ふいに頭に何か違和感感じ丁寧とは言えないが撫でられている事に気づけば、不覚にもどきっとしてしまいそうされた事にびっくりして目を丸くしながら敢えて別れの言葉など何も返さずボサボサになってしまった髪を手櫛で直しながら止めていた歩みを進めて)

31:佐田恭也 2014-12-03 17:38:44

( 家に着くと先程の騒がしい相手と打って変わって部屋には静寂流れ両親が居ない日々も慣れて居る為明かりを付け荷物等を置いてからソファに横になれば携帯を弄り彼奴の連絡先聞いてなかったな等と思い乍もスマホを閉じそのまま眠りに入って )

32:柴田 充 2014-12-03 18:19:53

はあー、さっぶ。
(部屋に戻るなりそのまま炬燵に入っては暖をとり、先程相手に向かって"いいヤツ見つけてやる"なんて言った事思い出すと「……とは言ったものの…ねぇ…」と独り言零しテーブルに項垂れ、誰かに紹介でもしてもらうか?とスマホをポケットから取り出し友人とラインのやり取りし始め)

33:佐田恭也 2014-12-03 20:25:55

…ん、もう朝か。
( 何時の間にか深い眠りに入ってしまえば明るくなり始める窓の外に視線向け一言溢せば身体を起こし後頭部の髪を掻くと光る携帯見て手に取り友人等の連絡1つ1つ確かめる事はなく迅速にシャワーを済ませ軽い朝食を取り支度をして )

34:柴田 充 2014-12-03 21:05:40

(身仕度済ませ「いってくる」と家に居る母親に一言声を掛けてから家を出るとピリッとした空気の冷たさに一度身震いしマフラーに目下まで顔埋め寒さの余り腕組みなんかしながら登校して)

35:佐田恭也 2014-12-04 02:37:01

( 家から出ると地獄だなと心中に抱くぐらいの外の寒さに心做しか早足になり乍学校へと足を進め目的地に着くと上履きに履き替え通りすがる人に清々しい笑み向け挨拶交わして居る内に教室へと着き自分の席へと座って )

36:柴田 充 2014-12-04 03:19:36

…はようさん。
(教室に入りクラスメイトに挨拶かけられれば相変わらずの無愛想な顔で挨拶交わし自分の席に視線向けると視界には隣の席の人物までをも捉えスタスタ向かって席に着席するもその隣人には挨拶の言葉など掛けず首のマフラーをといて)

レスを書き込む