TOP > なりきり > 《個スレ》蝦夷狼の世界、元傭兵の世界《創作》

《個スレ》蝦夷狼の世界、元傭兵の世界《創作》

最終更新 2015/03/20 01:56:54
レス数 159
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス159中:1-20

1:キョウ 2014/12/21 23:17:38 作成

ここは
人の世界、獣の世界ってスレの個スレ。
まぁ裏部屋。裏行為時にはこっちを使ってもらえればいい。

決まりとしては、本スレとここのドッペルは可能
此処のみに入り浸りは禁止…位か?

ここは
アキラとトウマの部屋ってことになる。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

141:トウマ=アカガネ 2015-01-20 11:09:40

アキラ》…………そう、か……。
(無意識でも、覚えていてくれたのだと思うと胸がじわりと熱くなり、顔を赤らめながらも無意識に嬉しげに微笑んでいて)

こういう甘いものは、あまり喰った事ないだろ?…ど、どうだ?美味いか?
(あまり食べてない部類の食べ物という事もあり、口に合うかどきどきしつつ聞き)

142:アキラ 2015-01-20 12:40:56

>>トウマ
美味い。カステラ、作れるのか。
(器用だな、と感心した様に呟いては相手を見て微笑み、フレンチトーストもカステラも平らげて、満足した顔で手を合わせて、ごちそうさま、と言い)

143:トウマ=アカガネ 2015-01-30 18:22:31

長崎のカステラは高級品で、買うと馬鹿にならん値打ちだからな。菓子作りを仕事にしている中学時代の学友に頼んで作り方を教えて貰ったんだ。これが中々、難しくてな…こってり絞られてやっと覚えた。
(苦笑しながら自作だと言っては、相手の御馳走様という言葉に『お粗末様』と微笑みながら返して食器を器用に手にして下げ)


(背後:大変申し訳ございませんっ、お待たせしました…!9連勤でしんどかったです…(;_;))

144:アキラ 2015-01-31 01:08:58

長崎のはそりゃ高いだろうな。はは、こってりか。その分出来た時の喜びは一汐だろ?
(怒られながらカステラを作る相手を想像して喉奥で声を出しながら笑い、難しいからこそ出来た時は達成感を覚えるんだよな、と言い)

(/お疲れさまです!ゆっくり休んで下さいね)

145:トウマ=アカガネ 2015-02-03 22:50:22

>> 144

はは、まあな。…今、笑っただろ?
(キッと睨んで言うも勿論本気で怒ってはおらず)

……穏やかな空だ。久しぶりに見る…。
(ふと、窓から空を見上げては呟き)

146:アキラ 2015-02-04 08:18:14

悪戦苦闘してるのが目に浮かんでな。
(睨む相手と目が合うが、其処には怒りが浮かんで居らず、肩を竦め。窓越しからの空を同じ様に見上げ)
そうだな…。

147:トウマ=アカガネ 2015-02-04 18:53:18

>> 146

………少し前までは、何もかもがモノクロみたいだったのにな。……お前が、俺に色んなものを見せて教えてくれた。
……好きだ、晃。ずっと…傍にいてほしい。番として、ずっと……隣に…。
(ぎゅっと手を恋人繋ぎし、優しい微笑みを見せながら素直な気持ちを話して)

148:アキラ 2015-02-05 11:36:20

>>トウマ
あぁ、俺からも宜しく頼む。ずっと傍に居てくれ。
(相手の方に顔を向けて、後頭部に手を回して引き寄せ、唇に口付け。握られた手を握り返し)

149:トウマ=アカガネ 2015-02-05 22:14:26

……ん。…あ~、他の獣人の奴らに顔向け出来なさそうだ。今は…気恥ずかしくて、あいつらの顔をまともに見れない…。
(口付けを大人しく受けては、頭を掻きながら苦笑して。数多の戦場を戦い抜いてきた元傭兵とはいえ、やはりこういったところは年相応の青年らしさが垣間見えて)

150:アキラ 2015-02-06 14:33:37

ははは、人気者の籐真さん、だもんな。何時の間に人気になったんだか…。
(そういえばそうだったな、と思い出した様に天井を仰ぎ見て、少し不機嫌そうな、其れでもあまり変化の見られない声音で言って頭を掻き、嫉妬している自身に気付かれたく無く、そのまま窓から外を眺め)

151:トウマ=アカガネ 2015-02-06 16:21:34

……なんか、棘のある言い方だな…。
それだって、元を正せばお前のお陰だ。
お前と出会ってなかったら、俺はきっと今でも傭兵を続けていたさ。情なんざ全く持ち合わせていない、冷たい傭兵をな。
(どことなく、棘のある言い方をされているとは感じるものの、それが嫉妬とは分かっていないようで、優しく笑いながら『お前と出会えていなかったら、あいつらとも出会えてなかったかもしれないし、もしかしたらあいつらに危害を加える立場にいたかもしれんだろ?』と言い)

152:アキラ 2015-02-09 10:07:21

…ははっ、嬉しい事言ってくれるな。まぁ、喩え危害を加える立場に藤真が居たとしても、止めるさ。敵対する事になってもな。
(相手の言葉に嫉妬心が影を潜めて、愛おしさや照れが沸き上がり、それを隠すように頭に手を伸ばしてワシャワシャと掻き混ぜる様に撫で)

153:トウマ=アカガネ 2015-02-19 04:53:39

わっ……頭を撫でるな!子供じゃないんだぞ!お前だって同じ歳だろうに…!
(頭を撫でられるのは慣れてないようで、気恥ずかしくなって顔を赤くしながら怒ったような、拗ねたような口調で言って)

……さて、と。俺は街に行くつもりだが。お前はどうする。…一緒に来るか?
(いつものようにゴーストタウンに行くつもりのようで、裸のままだった上半身に衣服を着込んでは、洗い終わった食器を持参の収納道具にしまいつつ相手に尋ね)

154:アキラ 2015-02-19 12:11:35

んじゃ、こうするか。
(拗ねて口を尖らせる相手に口付けて、悪戯っぽく笑い。ゴーストタウンと聞くと皿を収納している相手の方を向き、少し考える素振りをしてから行く、と答え。人間姿から獣人姿になれば違う処に行くのが楽しみなのかフサフサの尻尾を左右に小さく振り)

155:トウマ=アカガネ 2015-02-22 03:00:45

ん?……っ!……っ、止めろ馬鹿…!
…ほんとに、お前って奴は…何でそう、恥ずかしい事を平然と出来るんだ…!
(口付けられた瞬間、何をされたのか分からずフリーズして、それから数秒後に漸くされた事を理解しては顔を赤くして抗議し。ぷいっと顔を背けて文句を言いながら支度をするも、後ろから僅かに見える顔はかあ~…と真っ赤にしながら少し緩んでいて)


《数十分後…》

…おう、おはよう。お母さんも、おはようございます。…ええ、今来たとこで。
(街に着くと丁度水汲みに来ていた獣人の親子と出会い、微笑みながら挨拶して)


《道中は端折りました(^_^;)ちなみに会話しているのは此方の話の冒頭で出したあの獣人の親子。描写はしておりませんが、大好きなトウマ兄ちゃんを取られた男の子が嫉妬心剥き出しでアキラさんを睨んでますw》

156:アキラ 2015-02-22 17:51:39

ん…?
(相手の隣に居れば目の前の獣人の少年に嫉妬の籠った目で睨まれて居る事に気付いて、無表情で其れを真っ向から受けて睨み返し、小声で少年にしか聞こえない程度の大きさで、男の嫉妬は醜いな、其れじゃ好きな藤真は振り向いちゃくれねぇぞ?男は心が広く無ェと。だが、やる気は無いが、と喉奥で馬鹿にしたような笑みを溢し)


(/其の子供に喧嘩売ってるアキラさんが居ますね。これ、晃さんならしそうに無いですが、狼さんなんで強いのが上に立つ、みたいな感じになってます)

157:トウマ=アカガネ 2015-02-22 23:35:23

……ん?おい、お前等…どうした?
(何やら剣呑な雰囲気の少年と相手を見て、まさか自分がその雰囲気を作っている原因とは露にも思わず怪訝な顔をして聞き)

〈鷹獣人の少年〉…う~。トウマ兄ちゃん!こんな意地悪な奴が好きなの!?
…こいつ、嫌な感じ!俺には兄ちゃんはやらないとか意地悪な事言う癖に、兄ちゃんを見る時は凄く優しそうな目してるんだ!俺だって兄ちゃんの事大好きなのに!
(嫉妬心も露わに、むき~!とした様子で思った事をストレートに言いながら、トウマにがしっと抱きついて)

〈トウマ〉っ……そ、そうか……。
(そんな細かい事を悟るとは、意味を分かってないとはいえ子供とは末恐ろしい…と思いながら内心苦笑しては、『大丈夫だ、お前の事も大好きだぞ?』と優しく微笑んで頭を撫でて)

…アキラ。子供相手に大人気ないぞ。
(少年には聞こえないように小声で相手をたしなめては『……特別な意味では、お前だけなんだから…一々諍いを起こすな』と顔を少し赤くしながら続けて)


(むしろこんなアキラさん素敵で仕方ないです。うちの傭兵さん、色んな意味で食い尽くされそうですね大変おいしいですw獣人の親子は鷹モデルです。翼がある以外はほぼ人間と同じ外見ですが、視力と聴力が大変高く、主に蹴りや槍、弓、狙撃銃などで戦闘を行います。この男の子は大変素直で、不満も喜びもストレートに出す子です。そしてトウマさん、アキラさんを無自覚に煽っておりますw)

158:アキラ 2015-02-26 09:47:07

(ガシッと少年が相手に抱き着いたのを見て、依然として表情は変わらぬモノの口元をヒクリと引くつかせ、相手の言葉に頭をガシガシと掻いては小さく溜め息を吐いて落ち着かせようとするも、心が黒い感情で覆われて行くのを感じて。相手にしか聞こえない様な音量で、只の嫉妬だ…と呟いては燻る感情をどうしようかと考えるのと同時に子供相手にも嫉妬するってどうなんだ、と自己嫌悪に陥り。此れ以上見ていたら暴言吐きそうだな、と考えれば下記を一言言い少し離れて落ち着かせようと一人その場を離れて屋根の上に跳び上がろうとし)
…あぁ、スマン。ちょっと独りにさせてくれ。



(寧ろ口付けるか考えるのには至らないみたいですけど…。抱き着かれるのを見て落ち着かせる為に離れようとしてますけど。こんなんで大丈夫ですかね?こんなアキラさんでも素敵でしょうか?)

159:トウマ=アカガネ 2015-03-03 03:57:34

え……あっ、おい!……ごめんな、あいつを追いかけないと。大切な奴なんだ。
(慌てて後を追おうとすると、鷹獣人の少年が腰をぐいっと引っ張り。ふ、と優しく微笑んでは上記言うと、渋々少年が手を離した為、相手が飛び上がっていった屋根に向き直って、隣の建物の壁を蹴って反動を利用して屋根に飛び乗り、相手を追いかけ)

(一生を決まった相手と番で過ごす狼ならではの、好き故の嫉妬…そんなアキラさんも素敵です(←誰おま)そしてそんなアキラさんを放っておけず追いかけて来てしまううちの子…w)

160:トウマ=アカガネ 2015-03-20 01:56:54

……今日は、月がよく見えるな…。
……早く帰ってこいよ、アキラ。
折角また会えたのに、寂しいだろ。

…………俺、また独りか…?
(寂しげに微笑みながら、独り月を見上げ)

(背後:こんばんは!御仕事お忙しいです?此方はいつでもお待ちしてますので…お時間が取れましたら、うちの寂しがりを構ってやって下さいましw)

レスを書き込む