TOP > なりきり > 【BSR】ー右眼に映す者ー【非募集】

【BSR】ー右眼に映す者ー【非募集】

最終更新 2016/01/24 23:52:43
レス数 28
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス28中:1-20

1:伊達政宗 2016/01/15 17:09:15 作成

 



此の眼に映すは御前だけだ。



【片倉小十郎×伊達政宗】



 

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

10:伊達政宗 2016-01-15 23:38:44

んな事ァ分かってる、御前の説教の御蔭で今夜はぐっすり眠れそうだ。
…野郎共の居ねえ静かな朝飯っつうのも偶には悪くねえな。
(彼の気遣いを汲み取りその心配りに呆れたように鼻を鳴らすも満更で無いと言わんばかり口元緩め悪戯に歯列を曝して見せ。一方頬へ触れても尚変わらぬ頑なな姿勢と表情に眉間を寄せては不服露わに顔を顰める最中、開く襖の音に咄嗟触れていた手を退けば寝具横へ並べられる朝食を一瞥し再び遣いが去るのを見届けた後味噌汁の茶碗を持ち上げながら悪態を付き。啜った汁の熱が切れた口端の傷に沁み更に不機嫌極め)
…てめえは堅苦し過ぎんだよ、少しは肩の力抜け。俺と御前しか居ねえ時ぐらい。

11:片倉小十郎 2016-01-15 23:51:45

それは良うございました。もし子守唄代わりになるのでしたら、毎晩でも伺いますよ。
ええ、無理に体を起こされて傷に障っては困りますから。
(唯一の反論も説教の子守唄と言う提案で返しては大人しく提案を受け入れる様子に少しだけ目を細め、満足そうな表情を浮かべる事でそれを表しては畑仕事の後に食事は済ませてしまったようで相変わらず背筋を伸ばしたまま話に耳を傾け、主の前でそんな事は出来ないとでも言いたげにきっぱりと断っては追い討ちをかけるように再び小言を一つ付け加え)
お言葉を返すようで申し訳ありませぬ、政宗様。小十郎は貴方の右目、仮にも腹心に御座います。
敗戦を喫した今、どこに刺客が居てもおかしくはありません。…少しはその自覚をお持ちになって頂かなければ困ります。

12:伊達政宗 2016-01-16 11:44:06

…ah?喧嘩売ってんのか?あんな叱言毎晩聞かされちゃ堪ったモンじゃねえ。
こんなの大した事ねえよ、二日も寝りゃ治んだろ。
(満足そうな表情は己を子供の如く扱う父親のようにも見え表向きの主従関係を今一度際立たせるべく不服露わに声音を低めて片方の眉頭を吊り上げるも、更に浴びさせられるは堅苦しい言葉の数々。半ば自棄気味に皿上の焼き魚を箸で崩して頬張り茶碗の白飯をも詰め込み片頬を膨らませながら嫌味の一つ仕返し代わりに押し付け得意げに顎先を上げて)
へいへい、何処までも詰まんねえ野郎だな、てめえは。そんなんだから女の一人も寄って来やしねえ、堅物に色恋なんざした所で面白くもなんともねえだろうからなァ?

13:片倉小十郎 2016-01-16 12:35:39

しっかり噛んで下さいね。
では、この二日間は縛り付けてでも大人しくして頂かなくては…政務は元気になられてからで大丈夫です。こちらで出来るものは、しておきますので。
(少しばかり虐めすぎただろうかと思えば僅かに眉を下げて口元の笑みはそのままにやんわりと一言付け足し、つまらないと言われれば再び溜め息を一つ漏らして。相手への想いを隠している手前あれこれ言えば直感の鋭い主の事、迂闊に口を開けばまた何か言われかねないと必要そうなものを掻い摘んで口にすると、片頬だけ膨らませて食事をする姿を内心可愛らしいと思うもそれを顔にも出さないままで)
...面白くなくて結構です。小十郎は畑仕事て忙しいので。
今は女に現を抜かしている場合ではありませぬ。

14:伊達政宗 2016-01-16 19:16:02

俺は餓鬼じゃねえ、てめえに噛み付くぞ。
…大人しくしてられっかよ、次の戦に向けて準備は山程ある。野郎共に任せっ切りにゃあ出来ねえからな。
(一言余計だとでも言いたげにしらりと片眼を細めればせめてもの反撃とばかり挑発めいた言葉を吐き捨て、先程迄の萎縮感は何処へやらすっかり向上心に火が付いた其の表情は頬や口端に傷は残るものの若頭としての威厳を取り戻し晴れやかで。口元残る米粒をぺろりと舐め取り完食しては、満たされた腹を白和装の上から摩りつつ好奇心に切れ長の瞳を光らせて肘置きに頬杖を突き着物から伸ばした片脚の先で悪戯に正座する彼の膝を蹴り)
...畑仕事なんざ遣いに任せときゃ良いのによ。女なら幾らでも回してやるぜ?堅物野郎の好みってのも興味深い。

15:片倉小十郎 2016-01-16 19:30:39

小十郎を噛んでも美味しくありませんよ。そんなに噛み付きたいのであれば、夕餉に牛蒡を出します。どうかそれで妥協なされよ。
ええ、その心意気…とても感動致しました。ですが、最低二日間はなんとしても大人しくして頂きます。
(今の相手なら本当に噛み付かれそうだと思えば小さく笑って遠慮を一つ、その代わりの代替案を告げては完調ではなくしかも一人しかいない国主を出すわけにはいかないと、己もそこだけは譲れないことをはっきりと言葉にして。自分より相手を常に想っている反面、腹心としては自身の色恋より主の色恋に興味があるようで、自分の事を棚に上げた状態で問い掛ければ蹴ってきた足を痛みを与えない程度の弱い力で叩いて)
小十郎の事は後々で構いません。それより政宗様、貴方こそこのままでは天下統一と祝言を挙げる事になりますぞ…少しはご自身の将来について考えて頂かなければ。
…足癖が悪いと女子に嫌われます…っ!

16:伊達政宗 2016-01-16 19:59:33

…味の問題じゃねえ。てめえに俺の歯型の一つや二つ刻んどいてやるっつーんだ。
…面白え、この俺が大人しく従うと思うか?精々力付くで押さえ付けとくんだな。
(苛立ち露わに引き攣った笑みを無理矢理浮かべながら獲物を狙う狼の如く乱れた布団の上をずるずると這い寄り彼の元へ、立場故の譲れぬ考えもあるであろうと理解しつつも唆られる闘争心を瞳に宿し左口角を吊り上げて和装の胸元掴み寄せ。あっさりと我が身に話をすり替えられてしまえば納得行かずに眉根を顰めるも歯切れの悪い口調で曖昧に答えながら襟元掴む手に力を込め長年募る彼への想いを抑え込むように視線を逸らし)
…ah?女なんて山程居んだろ、いざとなったら選り取り見取りだ。
……まあ、それも俺には必要ねえがな。

17:片倉小十郎 2016-01-16 20:23:30

…っはは、その元気があれば明後日には鍛錬にも戻れますね。お元気そうで何よりです。
無論そのつもりです。ですから、しばらくは用がない限り此処を動くつもりは御座いません。目を離すとすぐ居なくなってしまいますから。
(部屋に入った時の物憂げな姿も良かったが、やはり元気のある方が主らしいと喜ぶ反面愛しさは膨らむばかりで。確かにまだどこか幼さややんちゃな所はあるが見た目も家柄も完璧に近い主は、文字通り選り取りみどりである事には納得出来たもののやはりその言葉に内心黒い霧のようなモノを感じるが、袷を掴まれて顔が近くなればそんな気持ちをおくびにも出さないまま言い返し)
それはそれは…と言いたかったのですが、必要ないとは…まさかずっと独り身と言うつもりではないでしょうな。
それこそ小十郎は不安で胃に穴が空く思いでございます。

18:伊達政宗 2016-01-16 20:48:55

of course、たりめーだろ。晩まで鍛錬相手に付き合わせっから覚悟しとけ。
…チッ、てめえは俺の親父かってんだ。動かねえなら動かす迄だぜ。
(取り戻した向上心の根源は幼少期より片時も離れず一歩後ろを守る彼による事は明らかで、礼を言う柄でも無いが故ニッと歯列を晒し笑みを見せる事で伝え。その反面で己の将来を案じてか否か番いとなる女性の存在を要する口振りに笑みは消え、己の心中など知る由も無い彼への悔しさや虚しさに奥歯を噛み締め。一度俯き口を噤んだ後、ゆっくりと顔を上げ掴んだ襟元を離しながら切なげに片方の眉を落とし縮んだ距離のまま縋るように見上げ)
……ッ、御前は、何とも思わねえのかよ、小十郎。
俺が何処ぞの女と祝言を上げて、生涯愛す事になっても、何とも思わねえのか…?

19:片倉小十郎 2016-01-16 21:05:34

言い出したのはそちらなのですから、先に音を上げないで下さいね?…無論、奥州の竜がそのような事…言うとは思えませんが。
いいえ、動きません。例え親父と呼ばれようが槍が飛んでこようが、動くつもりは毛頭御座いません。諦めて下さい。
(傷が癒えたらまた手合わせをと願うのは己も同じなのか、ずっと太刀筋を見て来た相手と交えるのは気が昂るようで思わず煽り口調のようになってしまえばそこまでで言葉を区切り、改めて背筋を伸ばして正座をし直せばまるで生きる文鎮のように断じて動く気がない事を言葉と態度で示し。しかし不意に見せたのは隙だらけとも言える程に無防備な言葉、一人の男の前に家臣である己を心の内で厳しく律してはその問いにも家臣の皮を被ったまま凛とした言葉で答えるが、それにより痛む胸に一瞬だけ視線を逸らしてどこかバツの悪そうな顔を見せ、すぐに視線を合わせながらその様子を窺い)
小十郎の願いは伊達家の繁栄と政宗様の天下だけです。平和な世で子宝に恵まれ…良妻に恵まれ幸せな家庭を築く貴方様を見る事こそ右目の願いなのです。

20:伊達政宗 2016-01-16 21:26:44

…誰を相手に抜かしてやがる、俺が根を上げるなんざあり得ねえ。久々に勝負だ小十郎、ぶっ倒れた方が負けだ。
……へえ、其れは其れで遊びがいがあるってモンよ。動かねえんだもんなァ?
(煽りには煽りで、脳内寒空の下木刀交える互いの姿を思い浮かべては楽しげに片眼を細めながら玩具の如く凛と正座決め込む彼の首元、身を伸ばしするりと己の両腕を絡めて興味深げに様々な角度から見遣りくすくすと喉奥で低い笑みを鳴らし。彼の胸中知る由も無く只々己の一方通行な想いが行き場を失い痛む胸に僅か表情を歪ませながらも如何にか笑みを作り上げては逞しい首元ぐいっと両腕で引き寄せながら乱雑に唇を押し付け直ぐに離し)
……そうか、悪いな小十郎。
天下取りは無論だが…、もう一つの御前の願いは叶えてやれそうにねえ。

21:片倉小十郎 2016-01-16 21:55:09

分かりました。ですが小十郎が勝ったら、丸一日しっかり政務の時間をとって頂きますが…構いませんね?勿論、小十郎が負けた時はどうぞ煮るなり焼くなりして頂いて結構です。
ええ、てこでも動きません。…が、何やらとても嫌な予感がするのは気のせいでしょ…っ!?
(話に耳を傾けた後武芸だけが国主の仕事ではなくすっかりやる気の相手に向かって、同じように自信満々の表情で更にやる気を煽ってやろうとし。何やら不穏な様子を感じながらも緩く首に腕を回されても身じろぎも拒絶もせず、家臣で遊ばないよう叱るつもりが予想外の短い口付けに言葉を失い、欲していたそれは乾いた喉に水を貰ったようなすっかり満たされるような感覚を与えるも、気恥ずかしさと緊張感で心臓は普段より強く鼓動を刻み、下手したらそれを相手に気付かれてしまうと思えば少し後ろへと正座したまま下がって、本心を隠したまま家臣としての言葉を口にし)
…っ、冗談もそこまでになされよ。
練習ならいくらでも付き合って差し上げますから。

22:伊達政宗 2016-01-17 12:57:55

…ah、望むところだ、政務でも何でも遣ってやるよ。但し俺が勝ったら俺の云う事を聞け、何でもだ。
…冗談でも野郎にこんな事する訳ねえだろ。…俺は本気だぜ、小十郎。
(己の向上心の上げ方を知り尽くしている彼の言葉は難なく負けず嫌いな心意気を煽り、戦前のように瞳を煌めかせながら意味深げに口角を吊り上げるも己から仕掛けた所作に明らかな動揺を見せる彼の姿勢は拒絶とも取れ。主従関係にある事だけが彼を繋ぎ止める術と認識しては切なげに眉間へ皺を刻みながら再度顔を倒し閉ざされたままの唇へ触れるだけの軽い口付けを施し首に絡めた両腕の先、拳を作りながら彼の骨太な咽喉元へ額を預け)……お前との勝負に勝ったら、次はkissで済まさねえからな。

23:片倉小十郎 2016-01-17 13:13:10

火をつけてしまったようですね…ええ、勿論です。なんなりとご命令を。
主に大切にして頂く事、それこそ家臣としてはとても喜ばしい事です。
(先ほどにも増してやる気になってしまった様子を見れば自分も負けないと言いたげに告げるが、内心このまま想い人と口付けの先までと期待する気持ちもあり。だがあくまでそれは本音、まだ相手に聞かせるつもりは無いらしく家臣としての言動を行いながら再び口付けをしてきた相手の背中を、まるで子供を宥めるようにやんわりと撫でてやりつつどこか無防備で大人のと子供の境を行き来する主の香の匂いに目を細めて)
そこまで政務はお嫌いですか…では、小十郎も政務では済まさず畑仕事でも手伝って頂きましょう。
負けませんからね?政宗様。

24:伊達政宗 2016-01-18 11:50:48

主だとか家臣だとか、御前は何時も立場ばかりを気にするが。
…俺だって一人の男だって事、忘れてねえか?
(何処までも家臣故の姿勢を貫き通す彼の態度に虚無感は次第に苛立ちへ変化し顔を顰め。彼の内に秘める本音など垣間見える筈も無く、自ら口付けを施しても動かせぬ彼の心は如何にすれば己に向くのか。短絡的な思考回路に道理は乏しく只々膨らみ続ける感情だけが溢れ出しそうになり額を摺り寄せる咽喉へそっと鼻筋を滑らせ唇を当て、狂犬の如く勢い任せにガリッと歯を立て噛み付き)
…何処まで鈍感なんだよてめえは。
畑仕事なんざ俺一人で片付けてやっから御前は指咥えて見てろ。

25:片倉小十郎 2016-01-18 12:37:35

無論、主と言う事も男である事も理解しております。
…ッ、ほら…いけません、政宗様。
(こうなると納得するまでこのままだろうと予想すれば出来るだけ刺激しないように穏便に済まそうとするも、喉笛辺りを噛み付かれてしまうと少しばかりかすれた声音で静止をかけ。近い香りと蠱惑的ともとれる言動につい叱るつもりと自分の僅かな本音を含ませた言葉をその耳元で囁けば、今度は宥めるようにその背中をそっと上から下へと撫でてやり)
…ですが小十郎も男です。あまり、不用意に噛み付かれては…いけませんよ。

26:伊達政宗 2016-01-18 13:01:51

理解した上でそんな涼しい面してやがんのか、…haha、俺もナメられたモンだな。
…何時までも餓鬼扱いすんな、俺は天下を取る男だ。
(脳裏に回想するは幼少期の彼との出逢い、思えばあの頃から募り続けている彼への想いとは裏腹に彼の己に対する扱いは幼き己へのそれと変わらず。一層深まる眉間の皺を束の間解いたのは鼓膜へ響く低音、思わず首を竦め掛けるも舌打ちと共に誤魔化し絡めいた両腕も解き。このまま彼に触れていては求めずに居られないと自ら離れて立ち上がり両腕を組みながら縁側へ歩みを進め寒空に飛ぶ鶯を片眼で捉え)
……ッ…shit、…御前の考えてる事は昔から良く分からねえ。
望み通り番いの女でも探しに行ってやろうか。

27:片倉小十郎 2016-01-18 13:41:10

この右目に映るのは、まだまだやんちゃ盛りのあの頃のままの貴方様でございます。
(昔から変わらないその破天荒ぶりを思い浮かべては自分も気持ちも変わっていない事を遠回しに口にし、離れて外を眺める様子を座る位置を変えてその背を見つめながら後ろで小さく笑い。伴侶が出来れば少しは相手の腰も落ち着くだろうかと言う長年従ってきた家臣としての考えと、相手を奪ってしまいたいと言う本当の己が抱く気持ちが複雑に絡み合い、少しだけ顔をしかめれば空へと視線を向けながら口を開き)
小十郎はいつでも政宗様の事しか考えておりません。春になれば、皆恋をします。暖かくなれば、少しは大人しくなりましょう。

28:能美 2016-01-21 11:13:33

一度だけ上げますね。
25日までにお返事が無かったら、申し訳ないですがここで打ち切りとさせて下さいませ。

29:能美 2016-01-24 23:52:43

それでは、少し早いですが連絡が無いようですので打ち切りさせて下さい。
初めから決めてある事を守れないのであれば、募集はかけるべきではありません。
それでは、失礼致します。描写が好きだっただけに大変残念な結果でした。

レスを書き込む