TOP > なりきり > ちっこいオマエ。

ちっこいオマエ。

最終更新 2016/02/09 00:40:36
レス数 23
タグ

全レス23中:1-20

1:虹村修造 2016/01/24 19:44:18 作成

ーーオマエ…本当に赤司、なのか?


オマエはある日を境に学校へ顔を出さなくなった。家にも帰ってねェ、誰も行方をしらねェ、つまり行方不明ってわけ。オレも散々探したが手がかり無し。あっという間に一週間が経とうとしてた。部活帰り、家の前に四、五歳程度の餓鬼が倒れてた。慌てて駆け寄ってみた、大丈夫生きてる。見覚えのある赤髪、瞳。…赤司?

###

募集▶︎赤司征十郎(四、五歳)
記憶は無くて、ただの餓鬼。つまり偶然、奇跡的に巡り会えたってわけ。大人にオマエが赤司征十郎だって言っても信じてもらえねェからな、オレが保護することになって、二人の生活が始まる。一緒に飯食ったり、風呂入ったり、寝かしつけたり。どっか遊びに行ったり、迷子になったりなんてハプニングもあったりな。帝光の奴らにはオマエのことちゃんと話そうと思ってる。だからサブとか使える奴だと嬉しいな。元々、オレはオマエに片想いで、いつか姿が戻ったその時には、ちゃんと気持ちを伝えてェと思ってる。あ、安心しろよ、犯罪は起こさねェから。ロルは40〜で、まぁ行動が分かる範囲で頼む。(微笑)とか(頷き)なんかの豆ロルは勘弁してくれよ?展開相談しながらのんびりやっていきてェな。
まぁ、先ずは気になることとかあれば何でも気軽に聞いてくれ。待ってるからよ、赤司。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

5:虹村修造 2016-01-30 14:15:08

悪ィ、肝心なこと忘れてたな。性格のことだが、小せぇ餓鬼みてぇに無邪気な感じだと嬉しいな。今のお前も好きだけどよ、笑ったり泣いたり、色んなお前を見てぇ、つーか。やべぇ、鼻血出そうだ。(真顔)まぁ、少ししっかりしてるってのもありかもな。役に立とうとせっせと洗濯物畳んでもくしゃくしゃだったり、とか。洗い物手伝おうとして皿割ったり。あとはお前に任せるぜ。他は大丈夫そうか?

6:赤司征十郎 2016-01-30 18:52:43

なるほど、わかりました。それではその希望に沿ったかたちでお相手させていただければと思います。
とりあえず聞きたいことはそれだけなので、ありがとうございます。
見つけるところからでしたね?

7:虹村修造 2016-01-30 19:31:56

まぁ、やってる最中疑問とかありゃあ遠慮なく言ってくれて良いからよ。こんな奴だけど、宜しくな。見つけるとこから先に始めるから、のんびり楽しもうぜ。これに返事は要らねェから、何も不備が無ければ続けてくれ。


###

……もう、一週間、か。(全くと言って良い程意味のない練習を取り敢えず終え、とぼとぼと重い足で帰り道を歩き。ふと薄暗い中、家の前に誰か倒れて居るのを見付ければ鞄を放る様にして駆け寄り)おい!大丈夫か!?

8:赤司征十郎 2016-01-30 23:58:07

…(声をかけられたところで意識かはっきりし、ゆっくりと目を開き、何故この場所にいるのかわからないが、自分がここにいてそれをこの人が心配してくれていると言うことだけはわかり、力なくゆっくりと身体を起こしながら、ここにいた理由はわからないが咄嗟に答えて)
ご、ごめんなさい…!転けちゃった…

9:虹村修造 2016-01-31 00:43:04

ーー赤、司?(相手が目を開け反応を示せばほっと胸を撫で下ろすも、身体を起こし此方に顔を向ける相手と視線が交わると無意識な名前が口から溢れ。中学生の相手が小さいなどあり得ないと分かっているものの、何処か相手の雰囲気を感じ他人だとは思えずに瞳を覗き込んでしまい)

10:赤司征十郎 2016-01-31 01:00:21

…?僕のこと知ってるの?お兄さん、誰?(立ち上がって、名前を呼ばれると驚き瞳を大きくして誰なのか探るように真っ直ぐに相手を見つめ、しかし知っている人とは思えず、それをきっかけに他のことも何も覚えていないことを自覚し不安げに俯いて)…僕何も…わからないよ…

11:虹村修造 2016-01-31 01:13:32

…おま、え…何で小さく。其れに…記憶、ねェのか?(自分の名前を覚えて居た事が不幸中の幸いで、信じられないが相手だと確認すれば、瞬きも出来ずに驚いた表情を浮かべたまま相手を見降ろし。暫くして少し落ち着いたのか今道路に座ったままだという事を思い出せば立ち上がり相手へと手を差し伸べて)オレは虹村修造だ。…取り敢えず、中、入れよ。

12:赤司征十郎 2016-01-31 01:57:46

…?(記憶がないことは自覚があり家もわからず何をしていたかも思い出せないが、小さくという相手の発言の意味はわからなくて、見てくる相手に不安げに見つめ返していたものの立ち上がった相手から手を差し出されては優しくしてくれているとわかり安心して手を握って相手に近づき)ありがとう!えっと…虹村、さん!

13:虹村修造 2016-01-31 02:11:02

……あー、と。どっか痛いとことかねェか?(礼を言われるとキュンと胸が高鳴るも慌てた様に鞄から家の鍵を取り出し扉を開けた後相手を先に中へと入れてやり。靴を乱雑に脱ぐと、一人暮らしだという事もあり散らかった衣類を手早く拾い上げ洗濯籠へと放って、相手が靴を脱ぐのを待って居て)リビングはこっちな。

14:赤司征十郎 2016-01-31 09:53:01

痛いところ…ない、大丈夫(自分の手や足を見て何ともないのを確認してからそう答え、中へと入れられ相手に続いて自分はわざわざ座って靴を脱ぎ、さりげなく雑に脱がれた相手の靴も自分の靴のように隣に揃えては立ち上がり)虹村さん、おじゃまします。

15:虹村修造 2016-01-31 18:42:55

コーヒー…あー、じゃなくて、オレンジジュース飲むか?(キッチンへと直行し食器棚からマグカップを二つ取り出すも、相手が子供だという事を思い出し一つはプラスチックの軽いコップに代え、冷蔵庫を覗いた後オレンジジュースの牛乳パックを掲げる様にして見せ付けて)

16:赤司征十郎 2016-02-01 00:54:38

…!飲む!いっぱい欲しい(部屋を興味津々に眺めていたが相手の言葉を聞きそちらに視線を向けては手に持たれているジュースに目を輝かせ明るく返事をしてはそちらにかけより入れてもらえるのを待って)

17:虹村修造 2016-02-01 01:30:40

よーし、溢さないように気を付けろよ?(コップに半分ほど注いでやれば相手へと慎重に手渡し、自分には手慣れた様子でコーヒー淹れると小さくはあるがリビングのテーブルへとマグカップ置き。相手を座らせてやろうと椅子を引いてやり、座れるだろうかと心配そうに見詰めて居て)

18:赤司征十郎 2016-02-01 12:49:13

うん!(ジュースを受けとればそれを両手でバランスを崩さないように持ち、相手のあとを追ってゆっくりと歩いて視線はジュースに向けられており、椅子が引かれてはまずそっとテーブルにコップを置いてホッと安心してから引いてくれている椅子へと座って、相手を見上げ)ありがとう、虹村さん。

19:虹村修造 2016-02-01 17:29:07

……お前、本当に赤司、なのか?(自分も相手の向かい側に腰掛け一口珈琲を口に含み渇いた喉を潤すと、慎重に単語を呟いて。ちょこんと座る相手の座高が低いというのもあり相手を見降ろし、髪からゆっくりと視線を下ろしていき)

20:赤司征十郎 2016-02-02 00:49:03

…?うん、…ねぇ、どうして虹村さんは僕を知ってるの?会ったことがあるの?(オレンジジュースを飲んで嬉しそうな笑みを浮かべていたがそう聞かれてはそちらに視線を向け、そっとコップをテーブルに戻してはまっすぐに相手を見て)

21:虹村修造 2016-02-02 04:16:58

…お前は覚えてねぇかも知れねぇけど、よく知ってる。(美味しそうにオレンジジュースを飲む姿を見詰め表情緩めるも、どう説明しようかと悩んだ末に相手を不安にさせまいと言葉を選びながらゆっくりと話をして)お前のことを、探してた。

22:赤司征十郎 2016-02-04 00:23:53

…どうして、探してたの?(自分を知っているらしいがやはりどうしても自分には記憶がなく、そらすことなく思い出すためじ、と見つめてみるもののわからないものはわからなくて、探していたという言葉の意味を頭のなかでいろいろ考え)僕は迷子になってたの…?

23:虹村修造 2016-02-05 18:07:33

…小さく、なってた。(何を話してやれば良いかと考えぽつりと呟くも、自分自身未だに信じられず、耐えきれなくなったのか溜め息漏らし頭を掻いた後相手に視線やりじっと見詰めて)今はまだ分かんねェけど、ちゃんと説明するから。

24:赤司征十郎 2016-02-09 00:40:36

…?(小さくなっていたと言う意味も自分にはわからず、説明すると言うのも記憶がなければ相手のことをしらない自分は想像もつかなくて、しかし怖い人ではないと認識しているからか今はあまり大きな不安はなくて一つ心配なことがあり)…僕の家は、どこ?

レスを書き込む