TOP > なりきり > 孤独な神父、神に背いた甘美な罪【オリジナル/攻募集】

孤独な神父、神に背いた甘美な罪【オリジナル/攻募集】

最終更新 2016/01/31 18:05:16
レス数 2
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス2中:1-2

1:名無しの萌語り 2016/01/30 23:09:28 作成

「ああ 神様、神父様 私は悪い子です この立場にありながら人を愛してしまうのです」
街はずれの岬に立つ 小さな教会には 疑うことの知らない純白で優しい 誰もを惑わす魅力を持った孤独な神父がおりました。

小さな教会を一人で管理しているおじさま神父の相手をしてくださる青年の皮を被った悪魔を探しております
流れを説明すれば
夜、月明かりがステンドグラスを照らし柔らかな光に包まれ十字架の前に跪いて祈る神父の後ろに誰もを惑わす魅力を持った神父に惹かれた貴Cが立って どうか此処に住まわせてくれませんかと頼み静かに頷く神父 最初は何も感じていなかったが次第に神父が貴Cに惹かれていく でも神父の立場である以上恋愛は許されない それでも孤独だった心は甘く溶けていき貴からの些細な触れ合いにも体が反応してしまい貴Cからついに…

とそんな感じです 細かくて申し訳ありません…

プロフィールです
名前/セルヴィア・レイドブレイグ
容姿/白髪の髪をオールバックにしていて片眼鏡をかけている、瞳の色は澄んだ碧い色をしていてある人は澄んだ川のようだと言ったり 青く輝く宝石のようだと言うものもあれば月のようと比喩する者もいる。
身長は182cmとかなり高いが優しそうな顔をしていて身長は高くても身体中から癒しのオーラを垂れ流している、胸に銀の十字架のネックレスをかけていて片眼鏡の鎖には三日月のアクセサリーが付いている 本人は三日月のアクセサリーが気に入っている(らしい)
性格/押しに弱くどうしてもと頼まれたら断れないそんな性格 怒ることなんて知らないんじゃないかと思ってしまうほど寛大だが神を侮辱されると静かに怒る 怖く…はない
また涙もろく臆病な性格であるため怒鳴られたり暴行を加えられるとすぐ泣いてしまうが決して怒らない「そんな時もありますよ」と抱きしめて頭を優しく撫でてくれる
人に尽くすのが好きで困っている者を放っておくなんて以ての外、助ける為なら何だってする 命ある者全て尊いたいせつな一つの宝石。と思っている
人間の汚れた部分を知らない。

口調

おや、こんばんは 開いていますよ 良ければお祈りをして行ってください
(きっと主も喜んでくれる事でしょうと優しく宝石のようだとだと比喩される碧い瞳を細めて微笑み少し礼をしながら手のひらで前にある巨大な十字架に案内しどうか此処に跪きくださいと紳士にエスコートし自分も隣に跪けば「主よ この人に幸福があらん事を」と祈れば隣に跪く人の手を取り有難うございましたとまた一つ、礼をして)

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:名無しの萌語り 2016-01-31 01:04:52

追加の設定です

・よく昼間に外に出ては岬の向こうをただ眺めさざ波を聞きながらぼぉっと突っ立っていたりする、夜に出る事もしばしば
・年齢は37 そう言われれば老けてるようにも見えるし若くも見える

・服装は黒いローブを羽織っていてその中にはよく見る神父服がある
・クラシック音楽が好きで時々静かにオルガンを弾いていたりする 賛美歌も好きで歌が上手い 天使の声だと噂されていたりする

・神父という立場からか女性も男性も経験なしでキスは小さい時母親から受けたのが最後 それ以来何処にもキスはされていないし していない

3:名無しの萌語り 2016-01-31 18:05:16

【あ、出来れば出会うところからお願いしたいです あげついでに】

レスを書き込む