TOP > なりきり > スライム少年にご注意を(受け、R18)

スライム少年にご注意を(受け、R18)

最終更新 2016/04/24 16:09:10
レス数 38
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス38中:1-20

1:青野水 2016/04/22 12:42:42 作成

僕は、人に化けれる妖怪「スライム」最近、人間をドロドロにしてない、だから貴方の中の住み着いて楽しむことにする、そんな僕に惚れてしまう感じ、そのまま恋人になるかはあなた次第かな

ロルは、20文字~自由
レスは、来れる時にどうぞ

人数 二人まで

僕の自己紹介
名前 青野水
容姿 人間時は、青色の髪に少し大人びた綺麗な顔立ち、服装な薄いシンプルな服一応

職業 マッサージ師
性格 裏表激しく、昼間は真面目な明るい感じで、夜になると、襲いたくて黒い顔する

正体 スライム妖怪
属性 攻めリバ
萎え 死ねた、排泄、流血

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

20:青野水 2016-04-23 18:44:51

了解しました。では次回は、全身オイルマッサージ癒しコース承りました・・幸さんが来るの待ってますから・・
(相手の、次回のコースを聞けば一度頭下げてお礼を述べては、明日の時間帯などをカードにて書き記して店の扉を開けて見送り)

21:西宮市 幸 2016-04-23 19:09:07

はい、今日はありがとうございました、また明日もよろしくお願いしますね?
(服を着替えお支払いを済ませると明日の予定を会員カードに書いてもらい、お兄さんに扉までお見送りしてもらいにこにこと嬉しそうに笑いながら手を振って帰宅して)

22:青野水 2016-04-23 19:17:57

(相手を見送った後、店は夜10時に閉めてこの時間帯の道は誰も人が通らず路地裏で、人間型のスライムに変われば
フラフラと歩けば、気づけば彼の家の前にいてドンドンっとドアを叩いて「こんばんわ・・ちょっといいですか?」とドア越しで青年の様な声で訪ねて)

23:西宮市 幸 2016-04-23 19:31:01

えーっと…ここは…ん?はーい
(帰宅をしてから暫くは食事をしたり今は課題をしたりと自宅で過ごしているといきなり呼び鈴では無く扉を叩かれ誰かが呼んでいる声がして、不思議に思いつつも念の為チェーンロックをかけた状態で玄関を開けて)

24:青野水 2016-04-23 19:37:18

ごめんっ・・もう中にお邪魔してます・・・・兄さんこっち見て
(チェーン掛かっているが少しの隙間を利用してスライムなので伸び縮みして、中に入ればベッチョリとした感触を与える様に後ろに抱き着いて
耳元で怪しい言葉を放ち此方に向かせて)

25:西宮市 幸 2016-04-23 19:42:13

え?ひっ!!だ、だれですかっ!
(本の僅かな隙間を開けた時には、既に背後から聞き慣れない声が聞こえ、振り向こうとした瞬間べちょっとしたヌルヌルとした気持ち悪い感触に体を包まれ慌てて誰かいるのかと後ろを振り向いて)

26:青野水 2016-04-23 19:58:57

怖い?僕は妖怪スライム、夜になると人間の身体を包んで体液とかもらうの・・体液ってのは精液とかね・・とにかく気持ちいから・・
(相手が振り向くと、相手の顔近くに顔寄せて自分のことを話せば服の隙間からスライムの手を入れては身体中をヌルヌルにして言っていて
「僕の事、知ってるはずだよ・・思い出してよ・・例えばマッサージ店とか!!」自分の正体の答えを出すように教えてあげて「僕ね、ずっと前からヌルヌルにさせて
滅茶苦茶にしたいっと・・思ってたの・・今日は我慢できなくて来ちゃった。」言ってはキスして)

27:西宮市 幸 2016-04-23 20:18:02

す、スライムって…ひっ!や、やだっ!は、離してくださいっ!気持ちよくなんてありませんっ!
(振り向いた先にはどこが見覚えがあるような気がするか、今は体に纏わり付くヌルヌルとした感触から逃げようともがくも、相手は自身の体液を欲しているらしく、その相手のぬるっとした手が服の中に入り込み肌に直接触れてきてぞわっとした鳥肌が立ち気持ち良くないと涙目で言っていると、自分は相手を知っていると変なことを言い始め、ヒントなのかマッサージ店のことを言われまさかと思い「えっま、まさかお兄さん?ど、どうしてこんなことっ」信じたくなかったがどうやら本当にマッサージ店のお兄さんらしく、まさかの衝撃的な告白とキスに驚き目を見開いて)

28:青野水 2016-04-23 20:42:58

今は、慣れないからだよ~・・・幸兄さんさぁ~たまに感じた声出してたよね・・そう言うの疼いてずっと我慢してたけど乳首触れてたら・・もっとしたくなった・・
(相手の怖がってる様子に、そりゃ怖いよね妖怪だからと相手の震える姿に欲がまし玄関のドアを閉めて鍵を掛けて相手を
床に押し倒して、身体のスライムで両腕上げて固定し服をはぎ取っていき「そうだよ、水だよ・・今日起きたこと忘れるか忘れないかは君の自由・・僕は今君の体液貰うよ~」スライムの手を作り乳首を弄って、ズボンの隙間から下着越しに自身をいつものマッサージする様に摩ればヌルヌル感触を与えてキスして舌を絡めて)

29:西宮市 幸 2016-04-23 21:10:07

いっ!そ、そんな…や、やめてくださっそ、それはっ!
(玄関の扉と鍵を締められ、床に押し倒されて腕も拘束されてしまえば、恐怖心からか目に涙を浮かべていると、自身が何時もマッサージをしてもらう時お兄さんの手が乳首に当たっていた時、確かに自分は密かに感じてしまっていたが、まさかそれがお兄さんにバレていたなんて思っても見なかったため、顔を赤く染め口を噤んでしまっているとズボンの中にヌルヌルとした感触が入り込み「やっ!お兄さん、やめておねがっんんっ!」なんとか思いとどまって貰おうとするもまたもやキスをされ舌を絡み取られてしまいしゃべることも出来なくて)

30:青井水 2016-04-23 22:04:23

僕が、満足したら解放してあげる・・・・兄さんさぁ乳首とか、物の先とか弱いんじゃないの?
(相手の静止の声聞こえるも辞める気なく、きずけば相手の衣類は皆はぎ取られて、裸状態のまま
そっと自身に手を伸ばして、扱く強さを調整しつつ相手が気持ちくなる所を探り)

31:西宮市 幸 2016-04-23 22:31:31

やっみ、見ないでくださっ!あぅっああっそ、そんな、ことっんんっふぁああっ
(気づけば既に衣服はすべて剥ぎ取られ、恥ずかしさから顔をそらして見ないでと言うも自分の弱いところを見破られドキッとするも、否定しようとするも自身を擦られ否定の声は喘ぎ声へと変わって)

32:青野水 2016-04-23 22:41:49

兄さん、気持ちいところここだね~大丈夫ホラホラ・・・大人しくしないと・・・・兄さんの身体に住みつくよ?
(キスして耳舐めて、相手の声が変われば感じやすいところ重点に刺激すれば少し脅してみて、にっこり笑顔見せて
手は自身に手を伸ばせば鬼頭を指の腹で摩り汁が出れば口で受けて吸い付き)

33:西宮 幸 2016-04-23 23:08:06

ひっ!やだやだっ!やめてっそんなことしないでっ
(大人しくしていないと体に住み着くと脅され涙を浮かべながら嫌だと言ってぎゅっと目をつむり、お兄さんにされるがままになって)

……………
背後です!
すみません自分の名前なんですが
今まで西宮市になってたんですけど西宮に変更でお願いします^^;

34:青井水 2016-04-23 23:19:17

おっと塩分も、好き・・じゃあまた体液貰いに来ていい?そしたら今まで通りに、接してあげる、それとも僕に好きになったりする?ないかコンナ怖がってるしね~
(相手の涙も、自分には美味しいもので舐めとり飲みこんで、自身をスライム状の手で扱きながら鬼頭を攻める様に撫でて)

35:西宮 幸 2016-04-23 23:26:56

っ…すき、なのに…お兄さんのこと…
(涙を舐め取られつつ、今まで通り接する代わりにたま体液もらいに来てもいいかと聞かれ、それとも好きになるかと言われると、目線をそらしたまま体は刺激されつつお兄さんが好きだと言って)

36:青野水 2016-04-23 23:39:52

えっ!?僕を好き・・・初めて聞いた
(ピタッと動きを止めては、人型に驚いて変わっていてはキョトンとしてチュッと優しくキスしては
「ゴメンね・・もう一度言って好きって・・」頬撫でて額にキスして)

37:西宮 幸 2016-04-23 23:53:49

う…好き、お兄さんが…好き
(ぼろぼろと涙を流しながら何度も何度もお兄さんが好きだと泣きながらいい「も、やだ…なんでこんなことっ」と好きな人にされた行為がショックで余計にぼろぼろと泣いてしまって)

38:青野水 2016-04-24 08:18:56

幸さん、可愛いからじゃあ激しくするね
(スライムに代わり身体中にを、数本の手のようにだし相手の乳首を耳や、自身を同時に攻めて「泣いても辞めないよ、良い想いに替えてやる」話した後、口にも突っ込み口内に動かし「僕やっぱり、もっと居たい。仕事はするけど君は、嫌だろうけど、気に入ったから」貴方の孔にスライムを細くして入れてやり)

39:西宮 幸 2016-04-24 16:09:10

ひっ!やぁあっ!んああっ!
(激しくというお兄さんの言葉と数本の手がてできたのを見て恐怖心がまして、なんとか逃げようとするもお兄さん手は自分の弱いところを狙って攻めてくるため逃げることが出来ず「やっやめっんん!んぅふっ!」ついには口の中にも入ってきて目をぎゅっと閉じているとお兄さんが何か言っているのが聞こえ、これ以上何をする気なのかと見構えていると、今まで一度も触れたことの無いお尻の孔にヌルッとした感触を感じて「んひゅっ!?!?んんっ!」目を見開きいやいやと首を振り)

レスを書き込む