TOP > なりきり > こどものおもちゃ【非募】

こどものおもちゃ【非募】

最終更新 2017/01/07 00:58:49
レス数 1000
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス1000中:1-20

1:903 2016/04/24 12:28:48 作成

募集スレの方で応募して下さった312のお相手様をお待ちしています。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

F-talk
このスレッドはもういっぱいです。次のスレッドを立ててください。
982:須藤優人 2016-12-08 18:44:44

っ…は、ん……そ、んなっ……
(射精の余韻から覚めてハッとして相手の言葉に羞恥心を抉られ。しかし、中を弄ぶローターの存在がまだ自分を甘美な攻め苦から解放させずにいて。このままでいれば、理性が失われてしまうのも時間の問題であり震える声で訴えて)
は、やく…帰らないと、ンンっ…パンケーキ、作れないっ…

───

こんばんはー!まさかの早いお返事に心踊っております。やりとりを楽しんでいただけるとの事で安心しております。
お返事は楽しみですが、勿論無理のない範囲で結構ですのでー!寒いのでお身体にはお気を付け下さいね。

983:瑞垣徹平 2016-12-23 13:16:06

(パンケーキ、の言葉に本来の目的を思い出すとそれまで這わせていた好色的な視線を相手から逸らし、何か考え事をするように無言で俯いて。このまま理性を奪い事に及ぶのも捨てがたいが、休みの日にしか出来ない菓子作りを楽しみたいという純粋な思いがやや勝れば徐にポケットに手を忍ばせ玩具の電源を止めてやり。中途半端な所で失せた刺激に、彼はどんな反応をするだろうかと再び視線を投げて)
……それもそうだな。お望み通り止めてやったよ。さあ、早く帰ろうか?

───

お久し振りです。結局あれから一度も来られずに申し訳ありませんでした。
ようやく私生活が落ち着いたので、これからはちゃんと顔を出せそうです!優人君とまたお話しが再開出来そうで嬉しいです~。
お待たせしてしまった身で恐縮ながら、今後とも宜しくお願いします。

984:須藤優人 2016-12-23 16:25:21

ふぁっ…はぁ…んンッ…っ…
(中のローターが動きを止めると大きく息を吐いてシートに背中を預けて呼吸を整えると、身なりを整えてからエンジンをかけて。しかし、中途半端なところで刺激を止められてしまい、体は正直物足りなさを感じてしまえば無意識に、座り直す振りをして中でローターを感じては僅かな刺激を求め。車を屋敷まで走らせながらも、意識は早く刺激が欲しいとそればかりを考えてしまい)

───

いえいえ、お疲れ様です!お待ちしておりましたー!
こちらもお話出来るのを楽しみにしておりまして、嬉しく思います!
ぜひとも今後ともよろしくお願いします!

985:瑞垣徹平 2016-12-23 22:40:19

…どうかしたのか?
(振動を止めた刹那の物欲しげな瞳を見逃さず、相手が熱を持て余しているであろうことを知った上で席に座り直し。過ぎ去る景色を何気なく眺める振りをしながら、相手の不自然な動きには気を配りつつ頃合いを見計らってそれとなく声を掛け)

──

待っていて下さり本当にありがとうございます…!此方こそお会いできて嬉しいです。
では、背後は一旦下がりますね。展開についてなど、また何かあった時には相談をお許し頂けたらと思います。

986:須藤優人 2016-12-24 00:04:05

あ…いや、何でもない……
(もうすぐ屋敷だという所で声をかけられては、ハッとして首を横に振り。安全運転を心掛けつつも、早く屋敷に戻ろうと車を走らせ駐車場に車を止めるとかなりギリギリの理性を保ち冷静を装うが座ったまま僅かに腰を浮かせてはローターで感じて)
着きました…、あのっ…先に行ってて下さい…荷物、持って行きますから。

──

良かったです!ではこちらも失礼します!

987:瑞垣徹平 2016-12-25 23:03:55

…直ぐに来いよ。勝手に玩具を外したら…分かっているよな?
(帰路につくと何事も無かったかのようにベルトを外して降車しようとするも、唐突な相手の申し出に一瞬動作を止め顔を上げて。微かだが揺らぐ腰元に一瞥をやり相手の身体の火照り具合を察すると耳元に唇を寄せ低く囁き、それだけを言い残して降車し屋敷へ戻ろうと)

988:須藤優人 2016-12-26 00:36:53

っ…直ぐに、向かいます…。
(耳元で囁かれるだけでゾクッと背筋が震え屋敷へと戻ろうとする相手の後ろ姿を見送ると、周囲を確認してから再び緩く反応していた自身を深呼吸をしたりして何とか治めると、疼く体に鞭打つように荷物を持って屋敷へと向かい。厨房を借りる旨をシェフに伝えるとパンケーキを焼く準備をして)

989:瑞垣徹平 2016-12-26 23:39:30

(屋敷に着くとまず手洗いだけ済ませ中房へと赴いて。既に先に用意をしていたのだろう相手を見つけると嬉しそうに頬を緩め背後から抱き締めるようにして存在を知らせ。その際、相手の股間を衣服越しにさり気なく撫でるが思ったよりも反応していない様子を確かめると、いつまでその火照りが我慢できるものか内心興味もあり)
…須藤。俺も手伝うよ。何をしたら良い?

990:須藤優人 2016-12-27 00:55:27

っ…!あぁ、いらしてたんですか。
(急に背後から抱き締められると肩を竦め。それだけでなく股間へ僅かに触れた手に治めたはずの疼きがまた顔を覗かせて、それを振り払うように軽く咳払いをすると少し相手から離れようとフルーツの入ったボウルを渡しては早口で告げて)
これを水で洗って下さい、私は生地を作りますので。

991:瑞垣徹平 2016-12-28 21:41:05

(他の使用人の目を気にしているのだろう丁寧口調にも特に気にせず言われた通りに受け取ったボウルの中身を黙々と水で洗い。相手を甚振るのも支配欲満たされ心地が良いものだが、思えばこうして一緒に料理をする仲になる事こそこれまで夢見てきたことで、フルーツを洗う手付きは辿々しいながらもその表情は綻び心底楽しそうで)
こうしてお前と一緒に料理をするのは初めてだね。

992:須藤優人 2016-12-29 18:03:18

そう、ですね。
(生地を混ぜている最中に声をかけられると視線を相手へと向けて。とても楽しそうな笑顔につられて口元に笑みを浮かべては、生地の入ったボウルを置き今度はクリームを泡立て始めて。砂糖を入れた生クリームを泡立てながら甘さはどうだろうかと指で掬い舐め取ると、相手は甘い方が好きだろうかと問いかけ)
クリームは甘い方がお好きですか?少し、舐めてみます?

993:瑞垣徹平 2017-01-01 22:13:32

甘いのは好きだけど、今のままで十分だよ。
(共に料理をすることが出来る程には親密度が増したようで気分も華やぎ、相手の問いかけにも答えるが如く作業の手を止めボウルの中のクリームを人差し指で掬い味見をしてみて。既に十分な甘さを纏うそれに頬を緩ませると満足げに頷き口を開き。そして洗った果物をまな板に乗せては徐に果物ナイフを握って)
苺、結構大きいから食べやすいように切っていい?


──少し遅くなっちゃったけど、明けましておめでとう。須藤。
今年も仲良くできたらいいな。

994:須藤優人 2017-01-02 13:34:33

そうですか、それならこのままにしましょうか。
(相手の同意が得られると頷いてクリームの入ったボウルを置き、焼き始めようかとフライパンを取り出してコンロに置くと、相手の言葉に眉を寄せて)
切っても良いですけど、指を切らないように気を付けて下さいよ?


明けましておめでとうございます。
……えぇ、まぁ…仲良く、してください。今年もよろしくお願いします…ご主人様。

995:瑞垣徹平 2017-01-02 15:58:47

(再び相手の言葉にこくりと頷き自分も苺を切る作業に集中し。不慣れさ故かナイフの扱いは何処かぎこちないが苺を切るのに大きな失敗はせず、言葉とは裏腹に全て綺麗に切り終えて。焼く前の準備に手際良く取り掛かる相手の姿を眺めつつ、冗談めかして笑い)
もし怪我をして、お前が手当てをしてくれるならそれも良いかもしれないな。

996:須藤優人 2017-01-03 23:53:22

(最初は心配で視線を相手へと向けていたが、何とか作業出来ているのを確認すると皿を出したりと再び自分の仕事に戻り。フライパンを熱してバターを溶かすと、相手からの言葉に眉を寄せながら溜息を吐き。生地を流し入れると甘い香りが広がって)
そんな事を言って、態と怪我などしないで下さいよ?

997:瑞垣徹平 2017-01-06 01:04:30

安心しろよ。憧れはあっても、俺に自傷癖なんか無い。
(クスクスと愉快気に笑声を漏らしつつそう告げると、半分に割った苺を何気無くぱくりと口内に一口放り込み、つまみ食いを働いて。苺の爽やかな酸味と甘味に交じり、生地の焼ける香りが鼻腔を擽ると視線をフライパンに落とし、瞳を輝かせて)
…!良い匂い。
 
 
何度もごめんね。このスレが埋まったら、新しいのを作っても良いかな。
お前さえ良ければ、続けたい…んだけど。

998:須藤優人 2017-01-06 01:21:34

…摘み食いなど、行儀が悪いですよ。
(苺を口に入れる瞬間を見付けると、眉を寄せながら小言を零し。プツプツと生地に気泡が出来始めると器用にフライパンを操り裏返して、その出来に自然と頬を緩め。小洒落たカフェ等で出るようなものまでとはいかないものの、綺麗な焼き色のパンケーキが焼き上がると皿に乗せていき、再び焼き始め)
……では、好きにクリームとフルーツを盛り付けていって下さい。


──

いえ、大丈夫ですよ。
…私は次を立てるものだと思っていましたよ?私が貴方を拒否する理由が無いでしょう。…ご主人様、なんて。
俺も、もっと話したい。続けさせてほしいのはこっちの方だ。作ってくれるのなら、お願いしたい。

999:瑞垣徹平 2017-01-06 10:31:22

摘み食いじゃないよ。味見、
(相手に見られていたと分かれば何処かばつが悪そうに苦笑を浮かべるものの、咄嗟に言い訳にもならぬ屁理屈を並べその場をやり過ごそうと。ふっくらと膨張し形を成していく生地に溢れる唾液を飲み下しつつ言われた通りフルーツとクリームを盛り付けると、更にそれらしくなったパンケーキに満足げに表情緩め。仕上げにシロップを垂らせばその出来栄えに感嘆の声を漏らし)
おお…我ながら上手に出来たぞ。美味しそう…。
 
 
そうか、良かった。拒否されたらどうしようかと思っていたけど、安心した。…ふふ、お前は俺を喜ばせるのが上手だな。
タイトルは分かりやすく今のままにしようと思う。此処が埋まったら立てるから、迷わずにちゃんと来いよ。

1000:須藤優人 2017-01-06 23:22:11

物は言いようですね。
(味見と言い訳をするのを聞きながら呆れ気味に言えば、まだ残っている生地を次々と焼き上げて数段のタワーを作って。自分の分として小さめの物を皿に取り分けると自分もフルーツを盛り付けて、満足気に呟いている相手を眺めては小さく笑ってしまい)
部屋で、召し上がりますか?

──

拒否など思いもつきませんでしたよ。喜ばせるのが上手い、ですか?それはどうも、光栄です。
見つけ次第馳せ参じますよ、貴方の傍へ。

1001:瑞垣徹平 2017-01-07 00:58:49

(後に盛り付けられた数段のパンケーキと、先程完成したばかりの己のものとを合わせても二人で食べきれるかどうかは些か自信が無く。自室に運ぶべくパンケーキと余った果物達を盆に乗せながら素朴な疑問を口にして)
そうだな。…じゃあ、俺の部屋で。それより、これ全部二人で食べるの?
 
 
これで完スレ、のはず。今から作ってくるから、暇な時においで。