TOP > なりきり > 久しぶりに再会した幼馴染みは、ベタ惚れ中の二次元キャラそっくりでした。【非募】

久しぶりに再会した幼馴染みは、ベタ惚れ中の二次元キャラそっくりでした。【非募】

最終更新 2016/06/14 00:24:31
レス数 149
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス149中:1-20

1:名無しの萌語り 2016/04/26 20:22:49 作成

とにかく二次元大好きで、恋愛対象は男性のみ。そして性格は根暗。自分に自信が無くいつも俯いている、もちろん友達は無し。

そんな男の元にある日、引っ越した筈の昔の幼馴染みが現れる。小学生から会っていなかった彼を見て、その引きこもり男はギョッとする。
その幼馴染み、なんとその男が今ドハマリしている二次元の超美形キャラにそっくりなのだ。


「どうしよう!めちゃくちゃ格好良い!!触れたい!キスしたい!めちゃくちゃにしてほしい!」

という気持ちと

「駄目だよ俺なんか。そもそもノンケだろうし。もう俺なんかとは住む世界が違うんだし…こんな奴に好かれても困るだけだよ、諦めよう。……けど、オカズにするくらいは良いよね?」

という気持ちが半々。(どちらにしろ不純)


そんな幼馴染みが、まさかの「居候させてくれ」と言い出して…?!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

131:高坂 仁 2016-05-31 07:20:33

お邪魔してまーす
(勇斗の姿を確認した瞬間に相手の背後をとり腰の周囲を腕ごと抱き締めて拘束すれば身動きがとれないようにしてしまい。態とらしく勇斗に話しかけるも完全無視して立ち去られたところで気にする様子のないまま、甘ったるい声を見上げた階段へ向けて放ち)
…ねぇ、早く行こうよ。洋輔の部屋…

132:藤堂洋輔 2016-05-31 14:45:49

勇斗…!
(リビングから出てきた勇斗とばっちり目が合いその瞬間相手に身動きできない程に身体を密着させられれば歩み寄る事も叶わず階段を上がる後ろ姿をもどかしい思いで目で追う事しか出来ず。自分の趣味が詰まった部屋を見られるのも嫌だがそれよりも隣の部屋に勇斗が居るのにまた今日のような行為をされるのは耐えられず、相手の言葉にハッキリと拒否を示し抱き締める腕を振り払おうと身動ぎ)
ッふざけないでよ…、絶対嫌だ。

っ!
(丁度その時玄関の外から母親の話し声が聞こえ動きを止め。もしも相手が母親と会えば今日の事や知られたくない様々な事を話されてしまうかもしれないと思うと血の気が引き、玄関の扉が開く前にと焦った様子で未だ抱き締める力を緩めない相手を急かして)
や…やっぱり部屋行くから、早くっ!階段上がって!

133:高坂 仁 2016-05-31 21:50:57

(いつものパターンでは腰にくる洋輔の可愛らしい抵抗がここで始まるはずなのだが予想していなかった積極性をみせる相手に思わず胸が高鳴れば玄関外の母親の気配には気付けないでいて。急かされるまま階段を上がっては招き入れられた部屋の中に入るも想像を超えるオタク部屋に言葉も動きも止まってしまい、暫く経って意識を取り戻すと先程の続きをするべく相手の手をとって密かな望みを捨てさせようとし)
もう…勇斗のことは諦めたら?

134:藤堂洋輔 2016-06-01 00:21:21

(普段全く運動をしない為階段を駆け上がっただけで息が上がってしまい呼吸を整えながら何とか母親と相手が鉢合わせるのを回避できた事に安堵していると手を取られ、何を言うのかと思えば勇斗への想いを諦めるのを勧める言葉に動揺を隠せず、叶うのならば恋人同士になりたいと心の中では思っているものの自分とは住む世界が違う事も自分には勿体無い人物である事も痛い程に分かっていて、視線を伏せては本心とは違う言葉を吐き)
あ…諦めるも何も…俺はただ、近くに居れるだけで…、

135:高坂 仁 2016-06-01 23:42:07

あっ、…やっぱ勇斗のこと好きなんだ。
(薄々感づいてはいた確信犯であり相手の口から確証を得られれば満足して。控え目な願いを聞かされたところで人間の欲望がとどまるわけなんて無いだろうと断言しては己が満たしてやるべく手をとりながら先にベッドへと座り込み、膝の上へ座らせるためにも腰元を抱えて引き寄せつつTシャツを捲り上げるとボディーソープの香りが残る肌に唇をあてて。恐らく隣の部屋辺りに勇斗が居ると思われればそれだけで心も躰も昂り)
よくもまあ、そんな1秒でバレる嘘。
こんな妄想部屋に居て色々夢見ないわけ…ないじゃない。

…じゃ、俺が身代わりになって夢…叶えてあげるよ。…ほら、座って…

136:藤堂洋輔 2016-06-02 02:56:19

え…?身代わりって…、っ!
(相手の言葉の意味が理解出来ず言葉を発しようとすれば言い終わる前に身体を引き寄せられ膝の上へ跨る形になってしまい肌に宛てがわれた柔らかい唇の感触にビクッと僅かに身体反応させ、相手は勇斗に誤解された元凶である事は分かってはいるが勇斗に瓜二つのゲームキャラのグッズで溢れている自分の部屋で、それもこの薄い壁一枚の先には勇斗が居るのだと思えばこの状況は瞳を閉じ妄想力を働かせればある意味自慰行為よりも興奮するもので。しかしやはり抵抗もあり引き離そうと相手の肩に手を置いて緩く押しながら俯き気味で呟き)
……勇斗の、代わり……。

137:高坂 仁 2016-06-02 23:24:33

悪くないと思うよ。
(膝立ちする相手を上目遣いに見つめたまま落ち着き払った話し方でもって同意を求めつつ辺りを見渡せば風呂上がりに使ったとみられるタオルを発見して、相手と体を入れ替えるように反転させてはベッドの上に座らせ勇斗似グッズに囲まれるなか取りに行ったタオルで両目を隠してしまうと耳元に口を近づけ引っ付く擦れ擦れで尋ね、感度を高めるためにも細い指4本を筋肉のついていない腹に這わせながら尖らせた舌先でゆっくりと頬を舐めあげれば肌を味わうみたいな吸い付くほどのキスをして)キツくない?
…ほら、こうしてしまえば…すごく気持ちいいから…

138:藤堂洋輔 2016-06-03 15:26:34

っひ …ぁ、ッ
(目隠しをされ視覚を奪われれば不安感が襲うも耳元で囁かれた声と吐息にゾワリとした快感にも似た感覚を覚え、目隠しによって相手の行動が全く読めない為触れられる度にビクリと大袈裟な程に反応を見せ、頬に舌が這えば少し肩を竦め甘い声を洩らし脳内には勇斗の姿を浮かべていてまるで勇斗に触れられているかのような感覚に陥り。しかしまだ理性は保っているようで相手の指が腹辺りを滑る度ビクビクと身体を揺らしながらも小さな声で呟き)
こ…んなの、駄目だって…

139:高坂 仁 2016-06-04 13:02:29

………、
(下腹から這わせた指を胸元でいったん止めると横へずらし突起に触れそうで触れない距離を保ちながら乳房まわりを一周しては止め一周しては止めしつつ、その間も舌先で耳輪をなぞっては耳翼を何度も甘噛みしてみせ相手の言葉に何か返そうとするも声を出してしまえば目隠しした意味がなくなるのでよして。洋輔宅にわざわざ一人で訪れたのはイジメ目的というより快楽目的であり、誰の形状も記憶していない相手の内部に無理矢理ねじ入んでゆっくりと己の形を覚えさせる行為は予期していた以上に征服欲を満たしてくれ、しかも生理反射によって己自身を追い出そうと畝る内壁は今まで味わったことのないタチ側としての悦びまでもたらし、改めてじっくり堪能しようという魂胆で)

140:藤堂洋輔 2016-06-05 03:29:09

んぁ あ…っ、や…ぁッん 、
(目隠しにより通常より幾らも感度が上がっており頭ではこんなのは駄目だと分かっていながらも体は正直で胸の突起周辺に触れるもどかしい指の動きに無意識に身体を動かし指が突起へ触れる様にして刺激を求め、その間も耳に与えられる快楽にビクビクと肩を跳ねさせ吐息混じりの声を洩らし。静かな部屋に己の声だけが響けば視界が奪われた状態で想像するのはやはり勇斗の姿で、今この身体を弄んでいるのは勇斗だと無意識に脳内で変換し熱く膨張した自身がジャージを押し上げており)
勇…斗、…ん ぁッ、…

141:高坂 仁 2016-06-05 23:51:12

(感覚の鋭い部分へ己の指を誘おうとしているのか体を動かす相手を素直に満たしてやるつもりはなく、いたずらに脇の下へ移動させると横腹を通り骨盤を過ぎて脚の付け根にたどり着けば触れる硬さに分かりやすい手応えが見られたので満更でもないと気付き。一旦ベッドから立ち上がっては中途半端に捲っていたTシャツを引っ剝がすとみせかけ首に引っ掛けるように回して両腕の動きを封じ、とんと相手の肩を押し横たわらせては無防備になった下半身の大きくなった物に注意しながら下着ごとジャージを一気に引っ張り落とし。自らもジーパンと下着を脱いでしまえば再びベッドに乗って洋輔とは逆さまの体勢となり左右に開脚するような恰好で両足を持ち上げてやると相手に覆い被さり、膨張した自身を咥えさせようと蜜で光る先端を洋輔の口に押し当てつつ相手の自身も起こして)

142:藤堂洋輔 2016-06-06 17:28:15

ッ…ん、…
(視界と両腕の自由が奪われ構える隙もなく肩を押されると簡単に体勢は崩れそのままベッドへと倒れて。視界だけでなく身体の自由まで奪われると不安感が出てくるもこうなってしまっては抵抗するよりも幸せな妄想に徹するしかなく勇斗の姿を頭に浮かべ、不意に伝わる生温かい先端の感触に薄く開いた唇に押し当てられたモノが何なのか理解すればこの状況で咥える以外の選択肢は与えられておらず、先ず舌を出し先端を一舐めした後に浅く咥えて。己の自身は触れられる前から熱く熱を帯びしっかりと存在を主張しており)

143:勇斗 2016-06-07 06:45:08

いつも御相手ありがとうございます。
レスいただけることを毎回とても心待ちにしております。
なのですが…実は先週から少しずつ忙しさが増してきておりまして、昨日も時間がなかなか取れず取れたと思えば寝落ちするという失態が2回目でして…お待たせするのも心苦しいので報告させていただきました。
時間さえあれば毎日でも…なくても最少で3日に一回はレスしたいと思っておりますので、ペースダウンとはなりますが御待ちいただけないでしょうか?
突然、勝手なお願い申し訳ないです。

144:洋輔背後 2016-06-07 18:50:07

お心遣いありがとうございます。わざわざお知らせ頂き嬉しいです。
私も同じく最近予想外に忙しくなってしまったり寝落ちしてしまったりとお互い様ですので、どうかお気になさらず…!あくまでも私生活優先で無理のない程度にお相手して頂ければそれだけで充分です!
事前連絡頂いた以上、私はいつまでもお待ちしておりますのでどうかご安心を(`・ω・´)これからも洋輔&背後をよろしくお願いします。

145:勇斗背後 2016-06-08 23:45:05

忝い…
同じようにお忙しいと聞き少なからずホッとしてしまいました。とは言え、お待たせしないに越した事はないので無理のない範囲でレスさせていただきますね。
こちらこそ(๑›人‹๑)よろしくお願い致します。

146:高坂 仁 2016-06-08 23:49:26

(もっと深く咥え込めと口で言うより実践させるため相手の鼻を摘まみ呼吸できないようにしてしまえば奥に突っ込むタイミングを計りつつ、起こした相手の大きさに怯みながらも舌先で窪みの蜜を舐め取っては竿との段差を集中的に尖端部全体へ塗り付けるような動きで攻め立てて、摘まんでいた鼻を手放したら臆することなく相手の物を口の中へ含んでみせ反応を探るべく頭は上下にゆっくり揺らし舌を使うのも当然忘れず)

147:洋輔背後 2016-06-09 03:10:42

お互い無理のない程度でマイペースにやっていきましょうね!お相手様さえ宜しければ長く続けて行きたいと思っていますので、、
それでは引き続きよろしくお願いします!
背後は一旦失礼しますねっ。(`・ω・´)ゞ

148:藤堂洋輔 2016-06-09 03:13:10

ん"…はッ、… は ぁ… っんん 、!っ
(鼻を摘まれれば苦しさから酸素を体内へ入れようとパクパクと口を開き、相手が自分のモノに舌を這わせ始めると自身と舌が擦り合う厭らしい小さな音と共に少しずつ与えられる快感に息を潜め、いよいよ相手が咥えこめば初めての口内の感触と生温かい温度に感じた事の無い快楽が走り身体を震わせ、舌を使って器用に刺激され始めれば舌が裏筋伝う度ビクンと腰を浮かせて もっと、とでも言うように無意識に脚を開いており。目隠し効果で只でさえ敏感な身体は更に何倍も敏感となっており、相手自身を舐める余裕は無くただ咥えただけの状態で時々口端から吐息にも似た声を洩らして)
ん …ぁ 、ッは …

149:高坂 仁 2016-06-14 00:20:57

(それ以上の侵入を許さなかった口元が緩めば自ずと自身を喉奥まで突き立ててやり例えそのまま咥えただけの状態が続いたとしても口内から伝わる相手の熱と微かな呻きとで十分な刺激になり。無意識のうちに更なる働き掛けを求めてか自身を主張してくる相手へ己も応えてやろうと上下動を激しくするべく吸引力を増しては唾液の滴る舌でもって浮き上がった血管ばかりを辿り。いつもは嫌忌し見下しているはずの相手を夢中で吸い尽くしている己の行為そのものが昂りを増幅させてくれれば気兼ねしながら扉をノックする音に気付けずにいて)

150:勇斗背後 2016-06-14 00:24:31

舌の根も乾かないうちに5日も経ってしまってました!
ロルもぱっとしないし…展開もイマイチだし…
超絶絶不調で«٩(๑›‹๑;)۶»申し訳ないです
もし思われることありましたら遠慮なく仰ってくださいね

レスを書き込む