TOP > なりきり > 変態主人にサドの執事【非募集】

変態主人にサドの執事【非募集】

最終更新 2016/05/13 00:32:24
レス数 23
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス23中:1-20

1:名無しの萌語り 2016/04/30 21:37:34 作成

募集スレにて声をかけてくださった367の方お待ちしております
名前書いていなくてごめんなさい!
名前は アンク・オルディンです

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

5:アンク・オルディン 2016-05-01 22:14:02

いえいえ存分に手を出してかまいませんよ!あとしょっぱなからモブ描写スミマセン!!!

あああありがとうございます!こんな主でごめんなさい…
いえいえ、口が悪いのは好物ですから!


(カーテンで遮られた窓から陽の光が漏れ出し鳥の囀りが朝を告げるも沈んだ意識は浮上せずまだ微睡んだ意識の中で漂っているようで、長い髪を整えられた白いシーツの上に広げ昨日夜の情事の時に付いたのか背中には引っ掻き傷がありそのせいか何も身につけておらずほぼ素っ裸の状態で布団に包まれ安らかな寝息を立てていて。急に地震のようにぐわんぐわんと揺れる衝撃に暗闇の中で漂っていた意識が一気に浮上し白い光が見え始めるとぱちりと目を覚ましてむくりと起き上がると何を思ったか起こしに来てくれた執事に抱きつき寝ぼけているのかごにょごにょとした蕩けた声で「おはようかわいこちゃん、朝も一段と可愛いね 今から体操代わりにセックスはどうだい?」と昨日寝た人と間違っているのかいつもの口説き文句を囁き、整っている黒の短髪に指を絡ませ手櫛で梳かすように撫で頬と唇にキスを落とし)
ねえいいだろう?昨日の夜のように、気持ちよくさせてあげるから…可愛い僕の子猫ちゃん帰る前にもう一度だけ シようよ

6:ロベルト・カールソン 2016-05-02 02:31:27

大丈夫ですよ!モブ描写は大好物です( *˙ω˙*)و 



こちらこそこんな不良執事で申し訳ない…。
しかし口が悪いのがイイのでしたら頑張ってこれをキープしていきます…!

ーーーーー



一体何方と間違えられてるかは知りませんし知りたくもありませんが、一つだけ言わせてもらうと…、勘違いしないでください、俺の前ではあんたが猫です。
(身体を揺さぶる際に気付いたのはまず、相手が一糸纏わぬ姿である、と言う事で、また誰か男を連れ込んだのかと頭が痛くなり。その男がまだ布団の中に居るのか、昨晩の内に帰ったのかは定かでは無いものの、取り敢えず目の前の相手を起こすのが先決だと揺さぶり続けて。薄らと目を開けた相手にホッとしたように身体を離そうとするも、それを遮るように相手に抱き着かれて。それだけならまだ普通に揺り動かして起こしてやろうと思う物の、甘い声で凡そ自分に向けたものでは無い、砂糖を履きそうな台詞を吐かれたとなると話は別で。その指で髪を梳かれるのを心地いいと感じてしまう自分が酷く腹立たしくて。相手を無理矢理引き剥がし、ベッドにその身体を押し付け、喉元に強く噛み付いて一言、最も言いたいことを凝縮して告げてやり)

7:アンク・オルディン 2016-05-02 07:14:14

いえいえいい執事ですよ!
私の事に左右されないでいいですよ!?あなたの考えた執事らしさを存分に出してくださいな(笑)


…?あ、君だったの おはようロベルトちゃん
そうだったね 俺が猫、でもロベルトちゃんも子猫みたいに可愛いよ?
(ぼやけた視界が次第にクリアになっていけば目の前に立っていたのは昨日の子ではなく自分に仕える執事であり、恥ずかしいセリフを言ったのにもかかわらずさほど気にしていない顔で朝の挨拶代わりにもう一度キスを交わし見えている景色がぐるりと反転し背中にシーツの冷たさが伝われば押し倒されたのかと感じ執事の言った事にクスリと笑いつつ上記を言い急に走った喉元の痛みに掠れた喘ぎ声をあげ熱っぽい吐息を吐いては小刻みに身体を震わせ、熱に浮かされた瞳で見つめては執事の腰に足を絡ませ耳元で「お腹すいた、ごはんたべたい」とこの場に合わない発言をしもう一度唇を合わせ)

8:ロベルト・カールソン 2016-05-02 15:32:01

いえいえ、どうやった物かと思ってるので取り敢えず要望に沿ってキャラの確立をしていこうかと…!(。・x・)ゝ

ーーーー



おはよううございます。俺は可愛いと言われて喜ぶ程男辞めてませんので。……っていうかラブホなら兎も角、ここに男を連れ込むのはやめてください。シーツ洗うのは俺なんですよ。

(こちらを自分と認識した上で甘い台詞を吐き、喉元に噛み付いて見せれば少しは苦しげな声でも上げるのかと思いきや、掠れた甘い吐息を漏らす相手にそうだ、相手はこういう人だったと改めて溜息を吐き出して。合間合間にキスされる事はもう慣れつつあり、顔面を引っ掴んで離させればついでに身体を離そうとするも…、腰に足を絡ませられホールドされれば深く溜息を吐き出して。囁かれた行動と全くそぐわない呑気な言葉に仕置だとばかりに足首を掴み広げる様にして体から離させ、その胸の尖りに強く爪を立てて軽く痛みを与えれば、身の回りの事は比較的出来るであろう相手に〝ちゃんと〟身支度をしてから来いと告げてから部屋を出ようと扉に向かい)
…食堂に朝食を運んでおきますので、しっかり身支度をしてから来てください。

9:アンク・オルディン 2016-05-02 18:36:03

あ、そうですか!分かりました、了解です!


だってまだ男として枯れてないんだもん、歳とる前に使い果たしたいでしょ?
(無造作に顔を掴まれくっつくのを拒絶されると冷たいなぁと悪戯に笑い顔面を掴む手の平の指の隙間に舌を滑り込ませ ぴちゃりと水音を立てながら指をしゃぶり。見慣れてしまった深い溜息を吐く相手の呆れたような顔を見てはにやけが止まらず心底楽しそうな目でその顔をじっと眺め、足首を掴まれ無理矢理広がされて密着された体を剥がされると特に何もしてこない氷の如く冷たい執事に不満の籠った顔で睨みつけるも胸にきた痛みに機嫌を良くしつつ再度ガムシロップのように甘ったるい声を漏らし、"しっかり"と身支度をしてから来いとしっかりの部分を強調した執事の言い方に苦笑し部屋のドアの前に立つ執事を見送ってから気だるそうに下着を履き それなりにしっかりとした服に着替え終わるとスマホの電源をつけ、メールを弄りながらふらふらと食堂に着き 漂う香りに頬を緩ませつつ扉を開いてはそそくさとテーブルの前に置いてある椅子に座り、まだ少しヒリヒリと痛む胸を撫でると弱い電流のような快感が走り、小さく熱い息を吐きながら指先でこするように胸を撫で)

10:ロベルト・カールソン 2016-05-03 00:04:16

ではでは本体は失礼させて頂きます!
今後ともどうぞよろしくお願いしますね!





場所を弁えろって言ってんですよ。貴方をお越しに来て何回知らない男性と鉢合わせした事か…。
(顔を掴んだ手に遠慮なく舌を這わされ、しゃぶられてしまえば油断も隙もあったもんじゃないと眉を潜めて指を引き抜いて。こちらの顰めっ面を実に楽しそうな表情でこちらの顔をじっと眺める相手に苛立ちかけ、相手は自分の主だ、落ち着け、落ち着け、と自分を抑えて。取り敢えずと身体をひっぺがし、続けて胸に強く刺激を与えてやれば甘い喘ぎを漏らす相手に、仕置には矢張りならないかと深く溜息を漏らして。相手に格好の事を言い付けてからキッチンに戻り、用意しておいた朝食を皿に盛り付け、ワゴンに乗せて押しながら食堂へと向かって。食堂に音を立てずに静かに入り、それなりにちゃんとした格好をしてきた相手にほっと息を吐き出すも、近付くに連れて小さい吐息と明らかに自慰に似た仕草をしている相手に気付いて。そこが先ほど自分が強く刺激してやった所だと気づけば軽く頭が痛くなり、皿を目の前に置きながらちらりと相手を睨みつけて)
…あんたを興奮させる為にやった訳じゃあ無いんですけどね?

11:アンク・オルディン 2016-05-03 06:48:14

はい!ではこちらもドロンさせていただきます!

ここ広いからね〜、鉢合わせも多いだろうね
(場を弁えろの言葉には決して返事をせず男遊びは止める気はないと言ってはいないものの長年支えている相手ならすぐに分かるだろうと天井を見上げながら何処かを見つめ考え事をしているのか心ここに在らずと言った感じで、動かず喋らずだたひたすらにぼぉっとしていて服は着ているものの梳いていない髪は所々重力に逆らい上向きに跳ねていてハッと飛んで行っていた意識が戻ってくるとそろそろ朝食を持って来る頃だろうと物音一つさせずに食堂に入ってきた執事に内心拍手を送り。背筋を通って脳へと抜ける快楽が心地よく夢中になって胸を指先で擦り、うっとりとした欲情した顔で笑いながら短い声をあげ続け目の前に差し出された白い皿を見ては腹の虫がぐぅと鳴き胸を弄っていた手を退けると相手の言葉に目を丸くしていかにもびっくりした顔で相手を見つめながら言い)
え、嘘ッ!?ご褒美じゃないの?俺へのご褒美じゃないの!?

12:ロベルト・カールソン 2016-05-03 18:21:54

……。はぁ……もういいです。この屋敷に連れ込もうとする現場を見たら叩き出すことにしますね。

(場を弁えて、との言葉に一言も相手が返事をしてない事に気付かないほど馬鹿では無いし、付き合いも短く無いのだが、やはり溜息は漏れるもので。こうなるから相手を起こすのは嫌なのだ、と。他に使用人が居れば絶対押し付けているのだが、残念な事にここに雇われているのは自分1人で。一旦相手の格好を見てほっとしたのも束の間、その髪が全く梳いていない物だと気づけばあとで自分がする事になるのだろうと軽く額を抑えて。朝食の食器を全て並べ終えれば相手の後ろに下がって。しかし驚く言葉に痛みすら快楽に変える相手だったと遠い目をし、ならばと本当に相手にとっての仕置になる事をとこてりと首を傾げて何でもないふうに告げて見せて)

…あぁ、そうでしたね、…本当にもう、…じゃあこうしましょうか。1週間、禁欲です。

13:アンク・オルディン 2016-05-03 22:57:14

え〜…じゃあ、あれだ 外でやる ホテル連れ込む それでもダメなら俺そういう店で働くぅ…
(叩き出すと言われてもやはり男遊びは止めたくはないようで、例え風俗店で働いてでも禁欲はしない様で皿に盛り付けられた料理をナイフとフォークを使って上品に食べ、昔からテーブルマナーだけはいいと両親や先生に言われていた事を思い出し食べる時は綺麗に食べたいという昔からの自分の変なこだわりから食事の礼儀にだけは気を付けていて口に放り込んだ朝食を繰り返し咀嚼し飲み込めば美味しいと呟き口についたソースをナプキンで拭いその姿は紳士そのものの様に感じられ。細切れになった朝食を喉奥に流し込みそうこうしているうちに今日の朝食全てがテーブルに並べられていて、聞こえるかくらいの声で甘い物…とぼやきながら出された朝食をナイフで切ってはフォークで刺し口へと運び込み。一週間禁欲、後ろから聞こえる冷たい声に一瞬思考が止まりその言葉を理解すれば持っていた銀の食器をテーブルに置き不安そうな声でいつも通り無表情の氷の執事に問いかけて)
き、禁欲?セックスがだよな? 別にオナニーは良いだろ…流石にそこまで鬼じゃないよなロベルトちゃん

14:ロベルト・カールソン 2016-05-04 04:22:01

…ラブホ通いは許すので風俗店に勤めるのだけはやめてください。
(風俗店に務めるなんてとんでもない言葉が相手の口から出れば目を見開き。そんな事を言われたら妥協せざるを得ず、心の中で軽く白旗を降って。その時は2日に1回くらいは家に帰るように、と忠告して。相変わらず食事の姿勢や食べ方だけはそれらしく綺麗だと感心しつつ、小さく聞こえた相手のぼやきに作っておいたバニラアイスとベリーソースの乗ったベルギーワッフルをデザートとして少し離れた位置に置いてやり。案の定、ぎぎぎ、と音がしそうな様子でこちらを振り向き、禁欲、と言う言葉に引き攣った表情を浮かべる相手に綺麗な、しかし何処か壁を感じさせる余所行きの笑みをにっこりと浮かべては言外ににそんなの無理に決まっているだろう阿呆が。……という意図を込めて言葉をぶん投げてやり。)
禁欲は禁欲です。鍵付き貞操帯があるんで、それを付けてもらう事になりますね?

15:アンク・オルディン 2016-05-04 08:16:57

やった、ロベルトちゃん大好き〜
(新しいおもちゃでも買ってもらった時の子供の常套句を口にし執事からの忠告には分かった分かったと適当に手を振りながら返し、執事の意地悪なのかどうなのかは自分には分からないが離れたところにデザートを置くあたりまだ食べちゃダメなのかとしょげつつも普通にサラダもメインも美味しいので文句は言わず黙々と朝食を食べ進め。仮面を取って付けたような執事のつくり笑いに冷や汗が流れ落ち貞操帯の言葉に顔を真っ青にしながら首を激しく横に振り、前パソコンで貞操帯について調べた時の情報を思い出し射精はおろか勃起も出来ないと書いてあったのを思い出すと背筋から何か冷たい何かが滑り落ち一週間男の子抱けないのかと深く思い溜息が口から漏れ出て、でもそれはそれでプレイみたいで良いじゃないかと開き直るもやっぱり…とう〜う〜唸りながら不満を剥き出しにし)
オナニーもだめー? やだぁ…一週間連れ込まないからさぁ貞操帯はやめてよロベルトちゃーん

16:ロベルト・カールソン 2016-05-04 10:55:08

大好きなら少しは言う事聞いてもらいたいですね…。

(相手の大好きは基本的に信用しないぞと心に決めていれば、こちらの忠告の返答の温度差に小さく頭を抱え、ほれ見たことかと小さく息を吐き出して。ワッフルを少し離れた位置に置いた事で意図を察してくれる程度には察しがいいと言うのに、シモに関する事は途端に馬鹿に…、いや、分かっているのに自制をしない相手に慈悲は無用と。笑顔を作るのも疲れたとすぐに無表情に戻り、顔を真っ青にして首をがくがくと横に振る相手の隣に移動しては頭を掴んでぐっと前を向かせ、黙って食え、と。小さく呻いて不満を顕にする相手にこちらは何の影響も無いために涼しい表情で、どちらにせよオナニーもセックスも出来ないぞと伝えて)

まぁ、連れ込まないのと貞操帯付けないならそれはそれで構いませんけど、その時には自慰しない様に監視させて頂きますよ?

17:アンク・オルディン 2016-05-04 12:49:59

大好きだからこそ困った顔が見たいってものだよ、ロベルトちゃんの困った顔はかわいいからね
(かわいいの言葉は今まで女性男性問わず言ってきたため言い慣れてはいるものの相手のことは本当にかわいいと思っていて営業スマイル以外は笑顔を見ていないのだがまぁ営業スマイルも嫌いじゃあないなと内心呟きながら微笑み、デザートのワッフル以外を食べ終え(ある意味での)メインディシュに手を伸ばしにこやかな笑顔でワッフルにナイフを通して切り分け柔らかなワッフルを口に運べば目を蕩けさせ幸せそうな溜息と共に美味しいと漏らし。主人に向かって黙って食えなどと言うものなら普通ならクビも視野に入れるものだが自分には褒美にしかならず後で何かしら買ってやろうかとも思えてしまう程でぞくぞくと駆け上がる快感に気味悪くニヤニヤと笑い、何処までも突き放してくる執事の言葉に不満はあるもののそれがまた楽しく目は爛々と輝いて笑っていて)
オナニーくらいいいじゃーんロベルトちゃん〜…なんだったらお休みもあげるからー、できる範囲で何でもするからー禁欲はやーぁだー

18:ロベルト・カールソン 2016-05-05 04:19:24

気持ち悪いです。土に還って下さい。
(自他共に認めるプレイボーイな相手の事、可愛いなんて台詞は腐るほど言ってきたのだろうが、それを自分に向けられるとなると話は別で。男としての吟醸もあるにはあったが、ここまで可愛げのない奴は居ないだろうと自負している自分にそれを言うことが異様に思えて。うわ、と顔を顰めて低く、割とマジな声で毒を吐いて見せて。デザートとして作ったワッフルを食事の中で一番美味しそうに食べる相手にほんとうに甘い物が好きだと半ば呆れたように思っていて。どうやら相手には自分の説経すらもご褒美らしく、どうしたら反省してくれるのやらと深く深く溜息を吐き出して。相手のにやついた明るい表情に眉を潜めてはまるで虫を見るような辛辣な色を含んだ視線を向けて)
ダメです。そもそも誰の所為だと思って…何ですかその顔。

19:アンク・オルディン 2016-05-05 09:01:15

辛辣ねぇロベルトちゃん、そんな所も可愛いよ 俺を罵る子なんていないからねー君がいてくれて嬉しい
(遠回しに死ねと言われても気にせず逆に自分の執事になるならそのくらいの暴言は当たり前だとワッフルを食べ終わると行儀悪く銀のフォークをかじかじとかじりカチカチと音を立てながら背もたれに凭れ掛かり相変わらず後ろに突っ立っている執事からの低い声に困った顔で苦笑し口の端に付いたベリーソースを指で掬い、食べてと言わんばかりの微笑みで執事の前に指を差し出し。溜息の声も呆れた顔も蔑んだような目も、全部可愛いと頬杖をついて顔を眺め)
え〜、やだ せめてオナニーは解禁してよ〜 声は抑えるからさぁ…
ん?笑ってるのはロベルトちゃんと話してるのが楽しいからだよ、あと普通に興奮するから

20:ロベルト・カールソン 2016-05-08 04:01:59

俺は貴方と居ると凄く疲れますね…もう1度言いますけど俺は可愛くないです。

(こちらの暴言に特に気にした風もなく、寧ろその位でなければと言う相手に肩の力を抜いて深く溜息を漏らしながらフォークを齧る相手に終わると行儀悪く銀のフォークをかじかじと齧る相手に行儀が悪いとその手首を取ってそれを止めさせて。そんな事もお構い無しに指につけたソースをたべろと言わんばかりの相手の表情に軽く首を横に振ってそれを軽く拒否して。こちらに何処か生温い視線を送ってくる相手にうわぁ、と眉を顰めつつ、主でなければ相手をしていないと言う様な、無機物を見る目で相手を見ていて。)

声の事を言ってるんじゃありません。この会話から快感を拾わないでもらえませんか?そんな事俺は許してませんよ。

21:アンク・オルディン 2016-05-08 15:58:40

いやロベルトちゃんは可愛いよ、 でも夜のロベルトちゃんはどうなんだろうね?意外と凶暴だったり?…あ〜 ロベルトちゃんもしかしてノーマル?
(可愛い可愛いと笑みを浮かべながら何度も言い、自分はゲイであるが相手はどうかわからず首を傾げてどこか残念そうな表情のまま執事を見つめては空の皿に向き直り手首を掴まれ行儀が悪いと注意され仕方なくフォークを口から離し皿の上にそっと載せ。何も言わず首を振る執事に何も言わないの?と尋ね指に付いたベリーソースを舐めとりナプキンで唾液に濡れた指を拭いて椅子から立ち上がりごちそうさまと一声かけてからドアに向かい、ドアノブをひねって少し開けて執事の方に向き直ると ちょっと部屋でシてくるとにこやかな笑顔で言い放ち返事を待たずに食堂から出て行くとさっきまで寝ていた自分の部屋に向かっていき)
いいじゃん、じゃあ俺部屋戻ってる 美味しかったよ。

22:ロベルト・カールソン 2016-05-12 16:11:45

同性に偏見はありませんけど興味もありませんね。そういう行為自体にもさして興味は無いですから。

(可愛いと笑う相手にむっとしつつももう訂正することは諦めて。相手の性癖は痛いほど分かっており、そのお陰ですっかり同性同士に対する偏見は消え失せていて。しかし同時にそういった事にも興味は失せて居て。注意すれば素直に従ってくれる相手に安心してフォークと一緒に皿を回収し元の様にワゴンに乗せて。さて皿を洗ってから仕事に戻ろうと予定を立てるも、部屋から出ようとする相手がにこやかな笑顔で言い放った言葉にそれらの予定が全て霧散して。ワゴンを押して洗い場に向かえば皿を全て水に付け、普段は使わない食洗機にぶち込んでから使う予定の無かった貞操帯を片手に、足早に相手の部屋に向かって。)

23:ロベルト・オルディン 2016-05-12 23:33:08

…シてくるって言ったけど、どうしよ やる気がない…
(自慰をすると言って自室に戻ってきたもののやる気が、というよりムラムラ 性欲が沸かずとりあえず服を脱いで全裸になってからキングサイズの高級ベッドになだれ込み、人差し指の腹でそっと股に生えた自分のものを撫で上げるといとも簡単に緩く硬さを帯び徐々に点を向き始め。いままで受けに回ってきたことが無い為か自分の喘ぎ声、というモノが気になり固く閉じた唇を開け、演技ではあるのだがはっはっと甘い吐息を漏らし そういえばとサイドチェストから一夜の相手に使う男性器の形を模したものを取り出しそれをゆっくりと口に含むと昨夜相手にした子の動きを真似てまるで売女の様にしゃぶり ちゅ、くちゅ ちゅと隠微な音が部屋に響き渡り)

【ただいま旅行中なので返事が遅れるかもしれません!】

24:名無しの萌語り 2016-05-13 00:32:24

【名前間違えてました、ごめんなさい!】

レスを書き込む