TOP > なりきり > 【オリジナル】盗賊王の行く末は【攻め募】

【オリジナル】盗賊王の行く末は【攻め募】

最終更新 2016/06/05 19:36:12
レス数 40
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス40中:1-20

1:名無しの萌語り 2016/05/01 00:45:18 作成

砂漠に点在する数多の街を脅かす盗賊の王。腕っぷしが強く多くの手下を従える彼にはしかし、一つだけ弱点があった。
それは彼の分身。立派な見た目に反し敏感過ぎるそこを弄られれば、盗賊の王はたちまち腰砕けになってしまうのであったーー

「ざっけんな!くそっ、さっさと解きやがれ!俺に触んじゃっひゃぁぁああ!?」



そんな感じで、盗賊の王を捕まえてお仕置きしたり飼いならしてくれる攻め様を募集します!
募集人数は1人で、万一複数集まった場合は選考させていただこうかと考えています。
興味を持っていただけましたら、簡単なプロフと萌え萎え、後はテストロル代わりに一言いただければと思います。

盗賊の王についてはセリフの通り若干生意気な感じを考えていますが、見た目などについてはご希望もお聞きしたいので、こちらのプロフは後で載せようと思います。


1レス目にこちらの萌え萎え、希望条件を書き込みますので、そこから募集スタートです。
良縁お待ちしております。よろしくお願いします!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

22:ルード 2016-05-20 10:28:44

るっ、せぇ……っふ、く……んぁ……!?
(こんな誰ともわからない男にいいようにされるなどプライドが許さず、嗤う相手を涙に濡れても殺気立っている目で睨みつけ。ズボンから勢いよく飛び出した見た目だけなら充分に自慢出来るサイズの自身を握られると直接的な快感に思わず甘い声を洩らすも、次の瞬間その快感を吹き飛ばす痛みを与えられ目を見開き)
ッ!?!?ィギッ、ぎゃぁああ!?いッ
いだ、痛い痛いいだぃぃいっ!?
(敏感過ぎる自身の、しかも液体以外流れたことのない弱い粘膜を枝で擦られ、先走りで濡れているとはいえ失神しそうな痛みに泣き叫び、枝が折れるかもしれない恐怖に暴れることもできず)

23:コウガ 2016-05-20 15:56:16

(涙に濡れていても殺気だった目で睨み付けられると受け流す様に目を細め僅かに殺気を醸し出してどう相手を虐めようかと考えながら自身の唇を舌舐めずりして見て、痛みで悲鳴を上げる相手の自身を袋を含めて強く揉み上下に扱いて相手に掛かる痛みを和らげ悲鳴が上がらない様にしながら尿道から注意を逸らそうとし、木の枝を奥まで少し勢いを付けて挿入して上下に浅く動かしつつゆっくりと円を書く様に掻き回して男のいい所を探す様にし、先端から流れる先走りが手を濡らし扱く度に水音が自身の耳に届く位に響き渡り)

24:ルード 2016-05-20 16:40:33

ぃぎいいっ!?ぐ、ぁっ……ひぐっ……ん、ぃっ、ぅあっ……ひぁあっ!?
(始めは目の前が真っ赤に染まりそうな痛みだけだったが、自身を扱かれるうちに悲鳴は啜り泣きのような弱々しい声に変わり、少しずつ痛みとは別の快感を拾い始め。涙に濡れた目元を赤く染め相手の殺気に怯える中、不意に自身の中を擦る枝が一点に触れ、電気を流されたかのようにビクッと腰が跳ね。何が起こったのかわからず硬直する本人とは裏腹に、自身は益々硬さを増し枝の隙間からダラダラと先走りを溢れさせ)
な、なっ……!?

25:コウガ 2016-05-20 17:12:48

(相手の自身を強く扱いている内に段々と悲鳴が啜り泣きに聞こえる弱々しい声に変わって行き、僅かながらに醸し出している自身の殺気に怯える相手を見て小さく息を吐いて殺気を消したと同時に枝が弱い部分に触れたのか弱々しい声から一転嬌声が相手の口から上がり、発見した事に何かを企む様な笑みを浮かべて枝の尖った先を其の弱い部分にずっと触れる様に動かしてから動きを止めて突き刺さっているままにしながら強く上下に扱き)見付けたぞ、此処か。

26:ルード 2016-05-20 19:05:31

や、やめっ、ぃ〝、ぐぅ……っひん、ふ、ぁあっぁ……!?
(尖った先が内部に刺さって痛いはずなのに、腰に電流を流されているような疼きに近い快感が続き、自分でもわけがわからず。動けば枝が折れるかもしれないと頭では思っているのに、拒絶の言葉とは裏腹に相手の手の動きに合わせるように腰を揺らしてしまい)
ぁ、もっ、で、出る……!
(屈辱と痛みを快感が上回り、相手を睨むことも忘れて身体を震わせ。欲望を吐き出すべく、必死に腰を突き上げ)

27:コウガ 2016-05-20 20:29:09

(口から発せられる拒絶の言葉とは裏腹に腰を揺らす相手に口元が薄く笑みを象ってイきそうになっている相手の自身に突き刺さっている木の枝を強く扱きながら勢い良く引き抜くと同時に先端を指の爪で抉る様に引っ掻き、自身の異変に気付いて軽く溜め息を吐くと犯されると知るとどんな顔をするのかが見てみたくなり相手のズボンを剥いて体制を変えさせるとキツく閉まっている其処の入口を濡れている指で円を描き中に浅く挿入させると抜き差しし)

28:ルード 2016-05-20 21:31:36

ぃっ!?ひっぁぁああ!?
(感じた事のないような強い快感に頭が真っ白に染まり、勢いよく抜かれた枝を追うように濃い精液を自分の胸元まで飛ばして果て。自身の中と先端が疼くような快感と痛みの余韻に放心し、されるがままにズボンを脱がされ)
あ、は……、……っ!?ぇ、な、何すんだ……?
(浅く抜き差しされる指にようやく我にかえるも、そんなところを犯されるなど考えた事もなく、しかし嫌な予感はしていて震える声で問いながら身を捩り)

29:コウガ 2016-05-21 12:01:56

あ?ちょっとした性欲処理になって貰うぜ。安心しろ、気持ち良くなるらしいからな。(達して濃い精液が放たれたからか暫く放心してされるがままになっていた相手が後孔に触れられた事で漸く我に返ったらしく震える声で自身に問い掛けが聞こえて答えつつ抜き差ししている指を徐々に奥へと挿入させ、内壁を指に馴染ませる様に擦りながら掻き回して先程の前立腺を探し、膨れている部分に指が掠めて爪先で漸く見付けた前立腺を引っ掻き)

30:ルード 2016-05-21 13:02:37

は!?お、俺女じゃねぇぞ、ふざけっぁあ!?
(嬲り殺されるくらいならまだ理解出来るが、想定外の宣告に吼えようとしたちょうどその時、先程枝で突かれた時と同じような衝撃が走り。達したばかりの自身が膨らみ始めるのを感じながら、信じられないとばかりの表情で目を白黒させ)
え、な、なんで……!?

31:コウガ 2016-05-22 13:31:55

女じゃねぇのは見りゃ分かるだろ。(指を動かして前立腺に刺激を与えていると中が指を締め付ける様に蠢き孔を拡げる様に掻き混ぜながら抜き差しし、孔が弛まるともう一本挿入して見ればキツく締め付けられて指を持って行かれそうになりながらも時折前立腺を刺激して二本の指で中を拡げて行き)此処が気持ち良いんだとよ。

32:ルード 2016-05-22 14:07:47

ひぁっ、ぎっ……!?んな、とこ……イイわけね、だろがぁ……!
(全く慣れていない其処を掻き回されるのは確かに苦しさもあったが、時折相手の指が前立腺に触れるせいか、強気な言葉と未だ敵意を失わない瞳とは裏腹に、自身は硬く反り返って触って欲しそうに先走りを溢し、熱く震える内部も相手の指を受け入れるようにキツすぎる締め付けを緩め始めていて)

33:コウガ 2016-05-22 17:19:34

ハッ、なら何で触って欲しそうに涙を流してんだろうな、ソコは。(強気な言葉に敵意の籠った目の相手を鼻で笑って言いながら二本の指の先で前立腺を押し付ける様に擦ると同時に先走りを垂れ流している相手の自身の先端を空いている手の親指の腹で撫でて相手に聞こえる様に水音を響かせ、弛め始めている中にもう一本を挿入すると突出している中指で前立腺を擦りつつ更に中を押し拡げ)

34:ルード 2016-05-22 17:30:17

っひぅぅ!?んぁっ、そ、れは……違っ……!
(敏感な自身の先端を撫でられれば、それだけでビクンと腰が跳ねてナカがヒクつき。刺激を喜ぶように、自身は相手の指を透明な蜜で濡らしながら反り返り、逃げるように艶めかしく腰を揺らし)
も、やめろ……そこ触んなぁ……!

35:コウガ 2016-05-25 08:29:39

何処が違うって?(先端を撫でる度に相手の腰が跳ねて連動しているのか中も内壁が指を逃がさないと云うつもりなのか締め付けて腸液が絡み、先走りで指を濡らす先端を爪先で軽く引っ掻きつつ少し押し付けて抉る様に動かして逃げる様に動く腰を眺め)嫌だね。

36:ルード 2016-05-25 11:16:44

あっぁ、ぃぃいっ!?
(自身の敏感な先端を弄られると耐え切れず、また白濁を吐き出してしまい。真っ赤になった先端の穴を小さくひくつかせ、強過ぎる快感に理性が溶け始め)
や、も、やらぁ……!

37:コウガ 2016-05-25 15:51:34

(先端でまた達したらしい相手に中も連動して内壁が蠢き、三本の指で中を拡げる様に掻き混ぜながら前立腺を引っ掻きつつ前もまたヒクついている穴を弄り、充分に拡げた孔から指を抜くと何かを欲しそうにヒクついていて自身のズボンのチャックを下ろして反り返っている自身を取り出して孔に宛がい)嫌?善いの間違いだろ?

38:ルード 2016-05-25 16:23:24

やぁっ、も、キツいぃ……!
(ただでさえ敏感な自身は、達したばかりで快感が痛いほど感じてしまい。ひぃひぃと情けない呼吸のなかもう嫌だと泣き言を漏らし、相手から逃げようと腰を揺らすも、それは相手の先端を自らの孔に擦り付ける行為にしかならず)

39:コウガ 2016-05-29 08:23:04

(泣き言は聞き逃しつつ相手からも擦り付けている後孔に自身をゆっくり挿入しながら先程よりも少し太く尿道にギリギリ挿入出来る感じの木の枝を挿入して前立腺に押し付けて指で抑えながら上下に扱いて気を逸らし、亀頭が入ると勢いよく残りを捩じ込み)

40:ルード 2016-05-29 11:05:59

ッ!?いだっ、それやっ、やめっぎゃぁああ!?ひっ、ひぁあっ、ッ!?!?
(先端に枝が押し付けられると尿道はもう嫌だと悲鳴をあげ、狭い穴を押し広げられる痛みとそれを扱かれる快感にわけがわからなくなり。後孔を無理やり貫かれる衝撃に一瞬意識が飛んだが、溢れそうになった白濁が枝に堰き止められ逆流する痛みにすぐ現実に引き戻され)
ひ……ぃぃ……、ぃ……たいの、や……だぁ……!
(手は縛られたまま何かにすがりつく事すら出来ず、痙攣するように身体を震わせ掠れた声を漏らしながら、なんとか痛みをやり過ごそうと浅くせわしない呼吸を繰り返し)

41:コウガ背後 2016-06-05 19:36:12

スイマセン、ロル数が合わないので打ち切りさせていただけませんか?
短い間でしたが有り難うございました。

レスを書き込む