TOP > なりきり >    「………一松、おいで。」    

   「………一松、おいで。」    

最終更新 2016/05/18 22:46:11
レス数 27
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス27中:1-20

1:  松野カラ松   2016/05/05 19:37:34 作成

 

封印されしパンドラの匣( ※このスレのことです )を開いたお前は一松か?フッ…、うっかり迷い込んでしまった可憐な子猫ちゃんなら早く帰るといい。この俺のパーフェクトルックスに火傷する前に、な。( BANG☆ / ツッコミ不在 )
先ずは閲覧サンキューだ。タイトルから見てわかると思うが今回は俺のキュートなブラザー、一松を募集している。不慣れながらも注意事項等を纏めてみたから見て行ってくれ。( サングラスすちゃ。 )

‐‐‐‐‐‐‐キリトリ‐‐‐‐‐‐‐

■ 注意
・時間軸同一な“ 一カラ一 ”スレ
・初カラ松故似非注意
・おそ松“くん”知識希薄
・裏多め、の予定
・エフトーク初心者
・先着 < 相性重視
・相性によってはお断りも

■ 募集
・松野一松
・完リバ( 同軸 )
・ロル回しが似てる
・背後様成人済

■ 提供
・松野カラ松
・完リバ( 同軸 )
・背後成人済

【 カラ松基本ステータス 】
・優しさ極めすぎて無自覚焦らし羞恥プレイかましてくる。
・優しくしたい。愛でたい。可愛がりたい。甘やかしたい。乱暴にするなんて問題外。
・でも理性が飛ぶと雄スイッチON。
・一松の童貞も処女も俺が貰わないとやだやだぁー!
・独占欲は希薄。でもモヤッとはする。
・弟には甘い。そしてチョロい。
・一松大好き脳。頭が空っぽ?いいえ、一松がぎっしりです。
・故に殴られてもツンツンされてもへこたれない。打たれ強い。
・そのくせたまに本気で凹むのでデレもほしい。( 面倒臭いやつ )
※ “ 基本 ”ステータスなので、パロディ( マフィア松、喧嘩松etc. )の内容次第で変化有り。

■ 萌 / 萎
( やるのもされるのも )
甘々、ほのぼの、イチャ、ハグ、キス、シリアス、喧嘩( 仲直り前提 )、ギャグ、パロディ、イベント、半獣、幼児化、コスプレ、嫉妬、束縛、拘束、薬( 媚薬、弛緩剤、利尿剤、ご都合主義な各種お薬 )、撮影、玩具、異物挿入、羞恥、焦らし、意地悪、言葉責め、我慢、お強請り、射精管理、尿道責め、空イキ、ところてん、連続絶頂、潮吹き、小スカ(お漏らし、飲尿等)、暴力、無理矢理、その他萎え以外全般 / 重スカ、四肢断裂、鸚鵡、短ロル(雑談時は可)、展開任せ、ロル内台詞

■ 展開、パロディ等について
・マンネリ防止の為相談しつつ、進めていく方針
・一展開終わったところで、全く違う世界観から初めてもよし( 例 / 通常 → マフィア 、 宗教 → 保バス保 、等 )
・世界観そのままにデカパン都合主義( 例 / 半獣化、幼児化、増殖、入れ替え、等 )でもよし
・“ カラ松 ”と “ 一松 ”の組み合わせであればCPは問いません( 例 / ドンヒラドン、ドンマフィドン、班マフィ班、等 )

■ テストロル
( >>2 )

‐‐‐‐‐‐‐キリトリ‐‐‐‐‐‐‐

ん。長きに渡る文字ひしめく航海からよく帰還し、……えっ。あ、…―ちゃんと読めて偉いぞ一松!( ぎゅむー! )
ここまで読んで俺の相手をしてくれる気になったマイスイートハニーは下記3点を俺宛に綴ってくれ。

①提供する一松基本ステータス
②萌、萎
③テストロル

……もし、複数の一松からアプローチがあった場合は内容によって一人だけ、選ばせて貰う。これも全て一人しか愛する事の出来ない俺の罪の所為……ッギルドガ( / 強制終了。 )
じゃあ俺は21時頃までマミーのおつかいに行ってくるぜ。( 革ジャン バッサァァア )

( / ここまでお読み頂きありがとうございました!お待ちしております。)

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

9:  松野一松   2016-05-10 20:32:19

(/>>8です。もしよろしければ、お相手お願いしたくレスいたしました。ご検討していただければ幸いです。よろしくお願いいたします。)

10:  松野カラ松   2016-05-13 08:06:05

 

Oh…。俺とした事が半分諦めかけてたせいで気が付かなかったぜ…。( ぐぬ。 / すみませ´` )

もしまだこのベストプレイスを見てくれているようなら、( >>8 )の一松に俺のラブを捧げよう。( サングラスぱっ、と外せばバラの花束ばっ! )( >>7 )の一松は折角声掛けてくれてくれたのにごめんな。またどこかで機会があればその時は頼んだぜ、ブラザー!

…さて。一松は何かやりたい設定とかはあるか?特になければいくつか考えてみたから参考にしてくれ。( つらつら文字書かれたメモホワイトボードへペタペタ。 )勿論、お前なりにアレンジしてくれても構わないからな!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐メモ‐‐‐‐‐‐‐‐‐

・班マフィ班
(班(→?)←←←←←←←←←マフィア)
班長さん大好きマフィアカラ松があの手この手を使って班長さんの童貞及び処女を頂くべく奮闘するストーリー。夜這いしたり銃突き付けてみたりお薬に頼ってみたり。掘られるのは絶対嫌!って言うから騎乗位で上に乗っかって腰振ってやったのに、仕事で疲れすぎてもう出ない、なんて足りないぜ班長さん!でも大丈夫、出さなくても気持ちよくなれるんだぜ。なんて結局掘られる不憫な班長さんなのであった。

・保バス保
(保→←バス(高校生))
高校生にもなって「まつのからまつ(5)」なんて言われる鈍感天然無邪気幼女みを備えたカラ松に惚れちゃった攻める気満々の一松先生と、一松先生と付き合うにはどうすればいいのか考えて上記の性格を演じる事にした「松野カラ松(16)(攻め)」。両思いも判明したことだしいざ事に及ぼうとすれば押し倒される一松先生。『え?一松先生が俺を抱く気だったのか?嘘だろ?騙されてる事にも気付かない可愛い可愛い先生は俺の腕の中がお似合いだぜ。』参謀の名は伊達じゃない。ただし調子に乗りすぎて仕返しもされる。

・一カラ一(通常)
(普通に付き合い済)
デカパンのお薬を紆余曲折あって飲んでしまったカラ松(一松)が二人になった!?どうやら片方は攻めで片方は受けらしい。どっちが恋人を気持ちよくさせられるか、嫉妬の延長戦上で張り合い始めて、間に挟まれる方は前も後ろもぐちゃぐちゃにされる、なんてたまったもんじゃない!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐メモ‐‐‐‐‐‐‐‐‐


( / 大大大遅刻申し訳ございません…!もしまだいらっしゃいましたら、お相手どうぞよろしくお願いいたします。やりたい設定やパロディーなどあればお教え下さいませ。 )

11:  松野一松   2016-05-13 09:30:22

ご指名どーも、(ぺこり、/ありがとうございます!)……あ、花束とかそういうのいいんで。(眉寄せ/)

特に設定で希望とかはない、から設定メモ読んだ。……クソ松のわりにいいの考えてくんじゃん。こん中から選べっての?……無理。(諦め/ぇ、)これってひとつに絞らないと駄目?……いや、折角お前が考えたんだから、出来る限りやっていきたいんだけど。


(/参加許可ありがとうございます!これからよろしくお願いいたします!早速なのですが、設定拝見いたしました。吐血しました(/←)一松同様、私も全てやってみたいという強欲野郎でして、すみません…。ですが、特に気になったのが最後の受け攻め分裂設定ですかね?他の設定も素敵すぎて選べず申し訳ありません…)

12:  松野カラ松   2016-05-14 00:04:57

 
一松こそ来てくれて嬉しいぞマイラバー!( がばり! )
花束は気に食わなかったか?それなら代わりに熱いキッスも用意してるぜ。( キメ顔きりッ。 / いらん。 )

フッ…俺の中のコスモが囁きかけたのさ。( サングラスすちゃ。 )気に入って貰えて何よりだ。…何も一つに絞る事はないぜブラザー。どうせこれから一緒にいるんだ、一つ終わったら他のものにも手を出せばいいだろう?何なら同時進行でも構わないぜ~?

( / わーい!パパッと思い付いたままに書きなぐったのですが、吐血されるほど!お気に召して頂いた様で!嬉しいです!笑
私の趣味丸出しでお恥ずかしい限りではございますが。また選んで頂いてありがとうございます!他の設定はまた使っていきましょう*分裂するのはどちらにしますか?たっぷり愛されたいのであればカラ松分裂がオススメです♡( / ← ))

13:  松野一松   2016-05-14 10:06:52

あ゛?猫缶持ってこいゴラ(瞳孔開き)

同時進行でも俺は構わないけど。まあ進行の仕方は任せる。(丸投げ/ずみまぜん…)

(/素敵な設定過ぎて選ぶなんて無理でした……。分裂の件ですね!どうしましょうか…。愛したいのでイッチが分裂の方向でもいいですか?ぁ、それとも両方しますか?/←)

14:  松野カラ松   2016-05-14 19:27:57

 

一松は俺のラブより猫缶の方が嬉しいのか?( しょも。…ちら。 )

それなら、返すの大変になりそうだし取り敢えず一つずつ進めて行く方向でいこうか。終わったら別のでもやればいいさ。…早速だが初回回すぜ。返しにくければ言ってくれ。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

─…、…?…?!…一松が、二人…!?どうしたんだそれ!…と言うか二人とも一松なのか?偽物とかじゃなくて?
( 平日の昼間、紫色の彼除く他の兄弟達揃っている居間にて、やることも特になくゴロゴロしていたが口々にコンビニ行く様諭され仕方なく家を出たが。その道中、唯一外出していた二つ下の弟、基、恋人とばったり遭遇すれば、何故か倍になっていた状況理解出来ずに少々取り乱し乍も二つの顔見比べ問い掛けて )


( / それではイッチ分裂と言うことで初回投下させて頂きました!カラ松分裂はまた別の機会に取っておきますね。何かご指摘やご質問あれば都度仰って下さいませ。それでは蹴って頂いて大丈夫です* )

15:  松野一松   2016-05-14 20:26:10

は、?…いや、別にそうとは言ってねぇだろ(居心地悪げに眉寄せ/焦)

ん、初回ロルありがと。とりあえず二個に分けたけどなんか問題あれば言って。あとここも蹴ってくれて構わないから。


* * *

受け

カ、カラ松兄さん……。
(今朝、デカパンから電話で呼び出され何事かと研究所へと向かえば、この有り様となってしまった。数多の薬品の整理を手伝っている最中、ダヨーンが誤って落とした薬品を諸に頭から被り、自身は二つに分裂したのだが。この姿になり、妙に青のパーカーが恋しい、ような気がする。そう思っていた刹那の彼との遭遇。思わず口をついて出たのは普段の呼び名ではなく、確りとした兄の名前であり。無意識に垂れ下がってしまった眉を引っ提げ、声の主の元へと駆け寄れば正面から抱き着いて)


攻め

あ゛…?
(研究所を出たそのあとも、もう一人の自分と共に棒立ちしていたそのとき。目の前から聞き知った声を聞けば続けて聞こえたその人物のなを呼ぶ声。自身の声で呼ばれたその名前はあまりにも聞き覚えがなく、違和感と恥ずかしさからドス低い声が漏れてしまい。遅れるように声の方へと顔を向ければ、青のパーカーにぎゅっと抱き着く、紫のパーカーの後ろ姿が写り。その光景に思わず眉を寄せ)

16:  松野カラ松   2016-05-14 21:15:47

 
…おっと。本当にどうしたんだ一松。
( 弱々しく呼ばれた名は普段であれば中々聞き慣れない自身の名で、相手も相当混乱している様子は察する事が出来たものの、状況の把握が出来ない事は依然変わりなく、しかし、考える間も無く不意に抱き着いてきた身体確り抱き留めれば、珍しい行動ではあるがやはり自分の知っている彼としか思えず、あやす様背中ぽんぽんと撫でてやったが。対称的に、どうやら機嫌が悪いらしいもう一人の彼の事も些か気になりちらり、視線寄越せばちょいちょい手招き。このまま三人で往路に立っている訳にもいかず、かと言って家には兄弟達がいる。知られれば余計面倒な事に成りかねないとの結論至れば手短に近くのホテル指差して )
取り敢えず、兄さん達に知られる訳にもいかないし、三人だけで話が出来る所に移動しないか?

17:  松野一松   2016-05-14 22:01:30

受け

……、
(優しい手付きで撫でられた背。温かなその仕草にふ、と先程まで体を支配していた緊張が和らいだかのように力が抜け。変わりに、ぴたりくっつくその体に猫のようにすりりと掏り寄り。しかし、目線がもう一人の自分へと移ったこと、今後のことについて話話し始めればまるで除け者にされたようで、寂しく、首に巻き付けた腕の力更に強くし)


攻め

…わかった。
(つい、と彼が指差したのはホテル。このまま家に帰ったとしても兄弟にからかわれ面倒な事になるだけだろう。彼の意見に異論はない。だが。ふと、彼の胸にへばり着く紫を視界の中心に入れ、火に油を注ぐかのように加速する苛立ち。ガシガシと乱雑に髪を乱し、舌打ちをひとつ溢せば顎でもう一人の自分を指し冷めた声を掛け)
……ソレ、いつまで引っ付けてんの。悪目立ちするから今すぐやめろ。

18:  松野カラ松   2016-05-14 22:48:42

 
…あ、ああ。…一松、移動するぞ。歩けるか?
( 頼られる事が元来好きであるが故相俟って、尚更擦り寄ってくるこの可愛い恋人を無下に引き剥がす事に抵抗あるものの、公道であるこの場所で同性がくっついている事もさながら、更に同じ顔が三人もあっては指摘最もであると頷けば、しかし無理矢理離す事はせずに背中撫でたまま優しい声色で問い掛けつつ。何故か苛立っている様子の彼も放っておく事は出来ず、再び視線上げればその相貌には心配の色揺らめいて )
お前は、二人に分かれた事で、その…体調とか、平気なのか?

19:  松野一松   2016-05-14 23:14:22

受け

~…ん、大丈夫。
(離れろ、と、明らかに此方に敵意を向けてくるもう一人の彼。それはこちらも、変わらぬこと。元は同じ人間なのだから考えることは同じで、その心は我が恋人を独り占めしたい、これに尽きる。巻き付けていた腕を離し、後ろ振り向けば挑発するようにふ、と口許歪ませもう一度彼へと向け向き直り。─…無論、不安げに眉を下げる仕草も忘れずに)…ありがと、カラ松兄さん。


攻め

…、!!
(漸く離れた片割れ、それを忌々しげに見詰めていればこちらを挑発するかのように向けられた、嘲笑。その笑みに、苛立ちのあまり変な笑み浮かべれば器用にこちらをも気遣ってくる、恋人の姿。投げ掛けられた問いに、数秒の間押し黙りはた、と考える。特に体調が悪い部分は見られない、至って良好だ。だが、ここで素直にそんなことを言えば目の前のぺてん師…基、悪魔に彼を易々と取られてしまうだろう。生憎分裂した所で、こちら側の俺は素直に甘えるなど出来ないらしい。ならば嘘も方便。数秒の後、ふらりとわざと体傾ければ、苦痛の表情に加え片手で頭抱え傍にあった電柱へと寄りかかり。──…少しわざとらしいが、彼ならば騙されてくれるだろう。そう確信し内心片割れへ意地悪に舌出し)
─…ッ、あ、れ。なにこれ、頭グルグル、する…。

20:  松野カラ松   2016-05-15 00:00:18

 
ノンノン、一松。礼には及ばないぜ。恋人なんだ、心配するのは当たり前だろう?…それに、大丈夫だ。そんな不安そうな顔をしなくたって、俺がどうにかしてやるさ。…──っ一松!?
( 律儀に礼述べる姿にキザったらしく立てた人差し指相手の唇に触れさせ笑い掛けるも同時に見えた不安そうな顔。大丈夫だと言いつつも、それが全てではないと、表情から思い直せば気休め程度ではあるが頭くしゃり、撫でてやったが。─直後、視界の端でふらり、傾く身体。慌ててもう一人の紫色へと駆け寄り支えてやるも、苦悶の表情浮かべ、自分の力では立つことも難しそうな姿で。目的地まで僅かではあるが、勿論分裂した事のない自分は苦痛等推し量れず、故にさっさと休んだ方が良いとの判断至れば首裏と膝裏へ腕差し込み、軽々と横抱き─所謂お姫様抱っこを試みると首のみ後ろ振り返り一言掛ければ、余り揺らさない様にと足早にホテルに向かって歩き出し )
…一松、行くぞ。早く休ませた方が良い。

21:  松野一松   2016-05-15 12:34:33

受け

……っ!!
(先程まで此方に向けられていた慈愛の目。その瞳に、普段からは予想もできないくらい素直に甘えられる気がした。くしゃりとボサボサの頭を撫ぜる手に自然と頬を綻ばせていれば、次の瞬間には片割れの紫を抱きかかえる、彼。ポカンとその姿を見詰め、何事かを真剣な顔で伝えてくる彼に取って付けたような相槌を打ち。─…しかし、彼の斜め下、まさに抱きかかえられている片割れは彼の死角になった場所で、こちらを見てニタリと笑っていて。イラッ。そんな可愛らしい言葉ではなかったが、苛立ちのあまり歪な笑みが浮かんでしまう。歩いていく恋人に隠れ、その腕の中の彼に小さく舌打ちをして)……クソ、邪魔しやがって。


攻め

っいや、大丈夫だ、って。─…ッ!?
(計画通り、片割れから意識を此方に向けることに成功し、掌で覆った顔の下ニタリ。…が、次にはふわりとした浮遊感と先程まではなかった温もり。やや上を向けばいつになく男らしい、恋人。まさかこの抱っこの仕方か、と別の意味で頭痛を覚えたが、ちらりと見えた後ろの紫の顔に羞恥よりも満たされるものがあって。彼に抱きかかえられるのは少し、いやかなり不服ではあるがあちらからこの男を奪還できたと思えば安いものだ。先程の愛らしげな仕草とは相反して、ドスの効いた声で何事かを呟いた後ろの彼にほくそ笑みつつ、今だけは頼もしい恋人の胸へ頭預け)
…っそ。お前に運ばれるとか、さいあく。

22:  松野カラ松   2016-05-15 17:55:37

 
ああ、ごめんな。もう少しだからちょっと我慢だぜ。
( この水平化で、よもや自分自身同士での凄絶な争いが繰り広げられている事等気付いておらず、腕の中にいる恋人へ心配そうに視線落としていたが、何やら普段通りの強気な言葉溢す様子に、まだ強がる余裕はあるらしいと覚れば多少、安心感から表情綻ばせ。そうこうしている内に目的地であるホテル到着すれば、両手塞がっている故に受付作業熟せず、困った様子で背後ついてきている筈のもう一人の彼へと声掛けて )
……─一松、悪いんだが、キーを受け取ってくれるか?


( / すみません。今更ですが、お名前呼ぶ時に分かりやすい様に受けの一松は「一松」、攻めの一松は「イチマツ」と便宜上記載させて頂いても大丈夫でしょうか´`? )

23:  松野一松   2016-05-15 19:42:28

受け

…。、え、あぁ、うん。
( 彼は決して気付かないであろう同族ゆえの嫌悪。加えてその中心にあるのは彼への独占欲。これは仲介の余地はない。例え相手が自分自身とて自分は自分一人でしかない。誰にも渡したくないのだ、独り占めしたい。その感情を押し殺すよう、ぎりりと歯噛みしていれば振り向いた彼。ハッとし、小さくコクコクと頷けば両手の塞がった彼の横を通り、カウンターからキーを受け取り )


攻め

( 此方の悪態を聞き、明らかに安堵の色を見せた彼。こんな猿芝居にまんまと騙されてくれ、挙げ句こんなにもこの身を案じている姿に胸が苦しくなる。─…時々ならば、素直になるのもいいかもしれない。そう思い立ったのは片割れの素直な態度に些かばかり焦りを抱いたから。暴言ばかりの自分よりも、素直に甘えてくれるあちらの方を好いてしまうのではないかという不安から。どちらも自分自身だというのに、こういった側面は真っ二つに絶ち切られてしまうのか。そう頭の端で愚痴を溢し、胸元に押し付けた頭をぐり、と更に押し付け小さな声で呟き )……重くない?


( /全然大丈夫ですよ!寧ろ此方が明確に呼称を分けず混乱させてしまい申し訳ありません……。 )

24:  松野カラ松   2016-05-15 22:28:00

 
?一松、…どうかしたか?
( 声を掛けてから、反応が返って来るまで少し空いた間に違和感覚え心情推し量ること出来ない思考は必然的に、やはり体調が悪いのではないかと表情に心配の色浮かばせるも両手塞がった状況では手を伸ばす事も出来ず、キー受け取った姿確認するとちらり、姿一瞥しつつ部屋へ歩み向け。意識一人へと移していた所為か、胸元感じた圧に一瞬反応遅れれば小さく呟かれたそれは届かず、相手の不安等上手く汲み取れないこの男は素直に問い返して )
…っと。…ごめんな、イチマツ。何か言ったか?

( / いえいえ!寧ろ私の拙いロルではどちらを呼称したか、わかり辛いだろうと思いまして…!決して貴女様の所為ではないのでお気になさらずです! )

25:  松野一松   2016-05-16 19:14:11

受け

ぇ?ぃや、大丈夫っ。
( 反応遅れたことに対してなのだろう。心配そうにこちらを見詰める彼に小さな笑み浮かべ向ければカードキー片手に先を歩き。…いかなるときも優しい彼。彼を中心にこんな争いが起こっているなどと知れれば、きっと彼は申し訳なさそうに眉を下げてしまう。キリリとしたそれが垂れるのは、快感に溺れてどうしようもないときだけで、いい。故にこの冷戦の存在を彼に勘づかれてはいけない。取り繕うように咄嗟に返答し、部屋へ向かうべく歩を進めた先にあるエレベーターのボタンを押し )

攻め

─…んでもねぇよ、さっさと歩け。
( これでも多少…いやかなり頑張った方だと、自負はしていた。しかしその言葉も片割れの様子に揉み消され、彼の鼓膜を明確に震わせることは出来なかったようだ。─…失敗した、と口の中で音もなく呟けば、次いで口を出たのはまた、そんな素直とは程遠い言葉で。こんな自分が嫌だけれど、早々治せる物でもない。誰にともなく自分自身に、嫌悪を示すように舌打ちをすればふいと顔を持ち上げ、それから前を歩く片割れへ目を向けて )


( /拙いだなんてとんでもないです!カラ松優しくて可愛くて一松共々早くぶち犯しt( /ごほん、 )では、再び背後は失礼致します!/蹴り推奨 )

26:  松野カラ松   2016-05-16 22:09:21

 
……体調、悪いなら余り無理するなよ。…こっちのイチマツもしんどそう、だし。…─早く元に戻ると良いな。
( 小さく浮かんだ笑顔は本心からのものか。片側のみ変調表れ、もう片割れが何ともない可能性の方が低いだろうと無理をしている可能性も視野に入れつつ、ふと腕の中のもう一人へと視線移せば。文句言いつつも逃げ出そうとはしない様子から察するにそれだけ芳しくないのだろう。気にしすぎだろうか。三つ下の弟であれば分裂の一つや二つ動じないであろうが、対象が恋人というだけで無条件に心配してしまう。多少、悪い方へ考え傾けば、エレベーター待機している時間も惜しく、チン、と安っぽい音立てて到着した箱へ足早に乗り込めば )
…そもそも、一応、二人とも本物の一松、なんだよな?

27:  松野一松   2016-05-17 12:58:45

受け

…、じゃあちょっとだけ、服、掴んでていい?
( こちらを心配そうに見詰める優しい瞳と、先程の一見で最高潮に不機嫌な瞳。それらからの視線をエレベーターの中から振り返り、彼の優しさに甘えるように乗り込んできたその青いパーカーきゅ、と掴み。どうやら片割れは失敗してしまったようだが、自分は上手くいっている。そのことに隠れニヤリとしつつ、彼を見詰めるときには小さな笑みを浮かべていて。と、質問投げ掛けてきた彼に数秒動き止め、その後静かに頷き )…うん、そうだよ。どうして?


攻め

…ッチ、
( どちらも体調なんて悪くない。強いて言えばこちらは前にも増して性格がネジ曲がったし、片割れはずる賢くなった、どちらも元は松野一松一人だったのだ。素直に甘えられる片割れが羨ましい、と、思う。けれど思っていることと全く違うことを口にして、彼を傷つけてしまうのがもう一人の松野一松なのだ。どうせならすべての性格を二分の一にしてほしかった。片割れが甘える姿を見つつ、そう思考巡らせていれば彼からの質問とそれへの返答聞こえ、こちらは言葉発する手間が省けたと黙っており )

28:  松野カラ松   2016-05-18 22:46:11

 
…!ああ。いくらでも掴んでくれていいんだぞ!
( 普段中々兄らしい扱いをされていない事もあり、単純に素直に甘えてくる姿を可愛く思い、ふ、と柔らかな笑顔浮かべ。…本当は、抱いている彼とも話がしたいのだが、どうやらそうも上手くいかないらしく。聞こえた舌打ちに、心情気付かず。寧ろ何処と無く拒絶感じ苦笑すれば目的の階へ到着したと知らせる陳腐な音につられてエレベーターから下りて部屋へ向かい乍、問い返された質問返答し )
別に、大したことじゃないんだけどな。…何となく、二人とも、いつもの一松と、少し違う気がしたから。そもそも、どんな分かれかたをしたのかと、思って。

( / 昨日は顔出せずすみません…!もしかしたら明日も私情によりお返事遅くなってしまうかもしれませんので、先にお伝えしておきますね。 / 蹴り可です! )

レスを書き込む