TOP > なりきり > 楔26 【旧、新規様集中】

楔26 【旧、新規様集中】

最終更新 2018/07/18 10:57:36
レス数 795
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス795中:1-20

1:尾崎雪 2016/05/08 20:33:42 作成

属性問わず募集。

懐かしい皆
新しく来てくれる人

暖かく迎え入れたい
よろしく頼む
ーーーーーーーーーーーーーー

死刑判定が下された者が送られる
通称、楔の監獄。
一生鎖に囚われた者。▲
それをペットとして飼うエリート看守。△
さぁ、あなたは
どちらを選ぶ?
▲囚われ者は服従して素直にペットになるもよし。
飼い主に咬みつく犬でもよし、そこはお任せだ。
△エリート看守はどんな行動をとっても許します。
が、死なすのはNG。

ーーーーーーーーーーーーーー

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

777:△仲上壮志 2018-07-12 16:31:44

>円


(ドアを開けて見てみれば、手を伸ばす姿が見えるも火が消えそうではあるが熱くはないのだろうかと不思議そうに眺め。黙ったまま様子を観察し)

778:▲円 灯夜 2018-07-12 16:42:52

>仲上

っ、ん…!
(完全に闇に落ちる寸前、何かないかと辺りを見回すと入口の方に食事を持った相手の姿が確認でき、檻に縋るようにしながら溶けた蝋燭を指差して)
看守さ、ん…もう1回、ちょうだい…!ひ、火が…!

779:△仲上壮志 2018-07-13 11:45:20

>円

…率直な疑問なんだが…何故そこまで火が好きなんだ?
そこにある蝋燭の火はお前を守るほど大きくはならないし手に届くものでもないのに。
(訴える方を見れば確かに残りわずかとなった小さな火を見て、水滴が落ちようものならすぐにでも消えるような火に対し何故そこまで執着するのか純粋な疑問をぶつけながらもそのまま火種を増やそうとはせず)

780:▲円 灯夜 2018-07-13 12:03:41

>仲上

燃やさなくちゃ…全部、僕が、俺が、…っ!
(懇願しても望むものが与えられないと知ると再び半狂乱のような状態になり、投げかけられた疑問に答えるどころか檻を両手で掴み何とか外れないだろうかと激しく揺さぶり始めて)

781:△仲上壮志 2018-07-13 12:07:36

>円

壊せる物ならやってみろ。一生暗闇の中で生きていくのがお望みならな。
目を抉り取って物理的に見えなくしてやろうか?それとも此処より暗く昼も夜も分からないような独房に幽閉してやろうか。
(暴れ出し一人称さえ危うい相手を冷ややかな目で見ながら、踵を軸に蝋燭に足を向けると態度によっては消しても問題なかろうと)

782:▲円 灯夜 2018-07-13 12:25:30

>仲上

嫌だ、燃やす、怖い、俺が、火が、やめて、痛い、熱い、燃えろ、…っ
(相手の足が僅かな希望さえ踏み潰してしまいそうなのを目の当たりにすると最早言葉は意味をなさず、めちゃくちゃなことを叫んで暴れ)

783:△仲上壮志 2018-07-14 16:40:16

>円

…そこで好きなだけ暴れてろ。
(牢屋の中にいるだけで何が出来るのやら、と呆れ混じりに、体力尽きるまでそうしていろと蝋燭を踏み潰し)

784:▲円 灯夜 2018-07-14 16:55:56

>仲上

あ”あ”あ”あ”あ”あ”!!!
(無慈悲に炎が消されれば、力の限り叫び瞳孔は開かれて己の頭を掻き毟るとその場に蹲って倒れ込み、ヒューヒューと荒い呼吸を繰り返して)

785:△仲上壮志 2018-07-14 17:05:59

>円

(このまま死ぬんじゃなかろうかというくらいに叫ぶ様子を眺めては、椅子に腰を下ろし死んだら死んだでそれまでかと諏訪にどう報告すべきか脳内で整理を始め)

786:▲円 灯夜 2018-07-14 17:31:05

>仲上

(倒れ込んだままピクリとも動く様子はなくやがて呼吸音もしなくなり。くたりと本当に死体になってしまったかのように意識を手放していて)

787:△仲上壮志 2018-07-14 17:38:39

>円

…食事どころではなくなったな…
(身動ぎしなくなった円を見ては中に入り、担ぎ上げるとズルズルと引きずりがちに運んでいき)

788:▲円 灯夜 2018-07-15 10:58:12

>仲上

(引きずられても目を覚ます様子はなく目的地まで運ばれるままになり。やがて意識を取り戻せばむくりと起き上がりゆっくりと周りを見回して)
……こ、こは…?

789:△仲上壮志 2018-07-15 11:39:27

>円

お前の部屋だ。
(部屋に入れ食事を持って来てくれた部下に礼を言いその場に留まれば、目を覚ました円に抑揚なく答え)

錯乱の後に気を失ったから運んだ。
起きたならもう大丈夫だろう、倒れた時に死んだかと思ったが。

790:▲円 灯夜 2018-07-15 16:38:15

>仲上

ひ…っ、!
(元の部屋に戻されたと知れば倒れる前の記憶が断片的にフラッシュバックし、部屋の隅にのろのろと這って逃げると小さくなって蹲り)

791:△仲上壮志 2018-07-17 06:28:21

>円

…まったくお前みたいな囚人はやり辛い。
加害者の癖に被害者、何が悪いのかと罪を罪として見ない、此処に収容された意味を汲まない。…開き直り攻撃的になるなら此方も対抗するものを、しおらしくされると此方が一方的な悪者のように仕立て上げられる。
(たかが火を消しただけでこの有り様、次第に弱々しい態度に苛立ちを見せては普段通り淡々とこなせば良いのだろうがどうにも上手くいかず語気を荒らげ)

792:▲円 灯夜 2018-07-17 10:34:34

>仲上

(強い口調で罵られても顔を上げることなく膝を抱えて床をぼんやり見つめながら大人しく聞いており。内容を理解しているのかいないのか捲し立てられる言葉が切れると、ぽつりぽつりと無表情に呟いて)
看守、さんも…いつか、燃える……その火、が…見たい…な…

793:△仲上壮志 2018-07-17 14:17:18

>円

…僕がお前より先に死んだとして火葬されるかはわからん。
それに、僕はお前に殺されるつもりは無い。命を捧げているものがあるからな。
(燃える事=“死”を希望しているのか、それとも自分が燃やしてやると言う宣戦布告かはわからないがやすやすと死ぬ事は出来ないと口角を上げるだけの笑みを浮かべ。改めて食事を牢の中に入れると立ち上がり)

さてと。僕はお前一人に構っていられないんだ。
様子を見に誰かしらが来るだろうが、くれぐれも問題は起こしてくれるなよ。
また気絶したくなければ、な。

794:▲円 灯夜 2018-07-17 14:43:22

>仲上

きっと…綺麗、だよ…
(相手の信念を垣間見せられてもそれに対する興味はないのか、立ち上がる相手に合わせて視線を上げ、歪んだ笑みを浮かべている相手に向かって顔の筋肉が緩んだような笑みを返して。食事を出されれば、それに気付いても人がいる間は部屋の隅から動こうとはせずに)

また、火…見せて…

795:△仲上壮志 2018-07-18 09:23:25

>円

…気が向いたらな。
(底知れぬ気味の悪さに表情を歪め、見せる気は毛頭ないが看守の誰か人によっては見せたりもするのだろうと自分におよそ関係ない事だとも思い。そのまま踵を返しその場を離れ)



【申し訳ありません、仕事が立て込んでいる事も有り一度やりとりを終わらせていただきます。また時間が作れましたら顔を出しますね。ありがとうございました。】

796:▲円 灯夜 2018-07-18 10:57:36

了解しました。暑い日が続いておりますので、お体に気をつけてお過ごしください。
またお会いできることを楽しみにしております。お相手いただきましてありがとうございました。

------

>仲上

(牢を出ていく相手の背中をじっと見つめては小さく手を振るのみで脱走などを謀る様子はなく。人気がなくなればもそもそと食事をするも余り味を感じていないのか無表情のままで。食べ終わると食器を牢の入り口へ押しやって、また部屋の隅に戻れば蹲りぼんやりとしていて)

レスを書き込む