TOP > なりきり > 怪奇作家の素行について

怪奇作家の素行について

最終更新 2016/07/13 18:17:49
レス数 91
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス91中:1-20

1:橘 千広 2016/05/13 09:31:50 作成

募集記事の番号が4のゾロ目であったことに怪奇繋がりを感じどぎまぎしつつ、445様をお待ちしております。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

73:曽根崎 侑 2016-06-22 15:00:19

そうだな、平凡な現実あってこその胸躍る虚構だ。…………お前の頭が正常なら、それを恋愛小説に分類するのはオカシイことくらい分かるよな。
(学生時代から口癖のように言う台詞に笑いながら相手と己の論点がずれていることは承知の上でこちらも得意げにお決まりの台詞を返し。顰め面からの視線逸らしに、恋愛小説でどうして血の惨劇が起こるんだと頭痛を感じれば目頭を押さえて、いつの間にかスーパーの入り口まで来ると軽快な音楽とともに自動ドアが開きすぐ脇に用意されている買い物カゴをひとつ持っては野菜売り場に足を向け)
まあいい、その話はあとだ。まずは野菜だな。

74:橘 千広 2016-06-22 16:58:12

……。
(最早合い言葉のようになりつつある掛け合い。更に正論で畳み掛けられてしまえば一瞬言葉に詰まるものの、目頭を押さえている様子の相手をせめてじろりとねめつけ二の句を告ごうとしたところで会話が中断し結局黙るしかなく。スーパーは同じように夕餉の食材を買い求める客でそこそこに賑わっており、思考を切り替え入口から軽く店内を見渡した後にそちらは任せたとばかりにカゴを持つ相手の肩に手を載せ、そのまま身を離すとふらりと別の売り場に向かって行き)

+++

背後より失礼いたします!
橘の恋愛経験についてですが、一度だけ(ちょうど曽根崎さんと疎遠になっている頃でも)済し崩しに交際したことはあるものの恋の兆しがないまま自然消滅、もしくは全く女っ気なしのどちらが良いでしょうか?
特にお好みなど無ければこちらで決めたいと思っております。

75:曽根崎 侑 2016-06-22 19:06:20

ん、おいどこ行くんだ?……後で合流すりゃいいか。
(肩を叩かれそちらを向いたが既に相手は店内のどこかへ立ち去ろうとしており、その背に向かって声をかけたはしたものの軽く肩を竦めて買い物を済ませてしまうことにして、夕飯ついでに日持ちする常備菜も作ろうかと使えそうな材料をどんどんカゴに放り込みながら様々な売り場を回り)

+++

ご確認ありがとうございます。
橘さんは何となく作品のファン(メンヘラ女子)に言い寄られて済し崩しに交際したことはあるけど果たして恋愛と呼べるのか分からないままその女子が別の作家の追っかけになって自然消滅してそう、などと勝手に妄想しておりましたが、背後様のお考えを優先していただければと思います!

曽根崎の方にはご希望ありますでしょうか?
二次元に夢見過ぎで恋愛経験ナシかなあとぼんやり考えておりましたが、何かありましたら仰っていただければと思います。

76:橘 千広 2016-06-22 19:47:14

(売り場ごとに下がっている案内板を見つつ辿り着いたのはアルコール類の並ぶ棚の一角。癖で発泡酒に手が伸びるもののすぐに思い直し少し値の張った缶ビールを数本抜き取り器用に持つと、店内を周り程なくして見付けた相手の傍に寄って来るなりまた何も言わずカゴに入った商品の隙間に持っていた缶ビールを突っ込んで、何事も無かったかのように再び離れて行こうとし)

+++

素敵な案をありがとうございます!
どちらかと言えば前者かな…とこちらも考えていましたので、少し想像していたものと合わせて「大学後期の投稿作家時代に同じゼミのメンヘラ追っかけ女子(肉食っぽいですね)に交際を申し込まれ、何となく付き合ったはいいものの驚くほど話が合わず向こうも興味が他に移って自然消滅」…という感じにしたいと思います。

曽根崎さんはそうですね、失礼ながらリアルの恋愛経験が無いと良いな、と思っておりました…。
クラスのマドンナ的存在に憧れていたけれど、実は性格が悪い事が発覚しますます二次元に傾倒という可能性も…?と妄想してしまいます。
しかしこれですと二人揃って女運が悪いですね…

77:曽根崎 侑 2016-06-22 20:49:09

おいちょっと待て、お前今何入れた、そしてどこへ行く!
(指を折りつつカゴに入れたものを確かめ店内を見渡しながら買い忘れがないかと考えていたところに相手がふらりと戻ってきた姿を見つけ、手に何か缶の類いを持っていることには気付いたが確認する前に何食わぬ顔でカゴに突っ込まれてしまえば思わず声を上げて、再び去ろうとする相手の肩をしっかり掴み何だったのかとカゴの中を覗きながら)
んなガキみたいなことしなくても必要なら買うっての。

+++

私の妄想設定を取り入れてくださってありがとうございます!

曽根崎の認識も大体同じで安心しました。
ではこちらは「好きなラノベのヒロインに似たクラスの女子に好意を寄せていたが、生々しい女子の実態を目の当たりにして“俺の○○はそんなことしない!”と勝手に幻滅、以降リアルに興味なし」という感じにしたいと思います。

女運のない三十路のおっさん二人の初々しい恋愛というのもまた一興ですよ!(笑)

78:橘 千広 2016-06-23 08:19:42

つまみを取りに。…お前の手間を減らしてやっただけだよ。叱られるのが怖けりゃ自分でこっそりレジを通すさ。
(肩を掴まれると抵抗はせず立ち止まり、振り返りつつしれっと答え。窘めるような相手の言葉に緩く口角を上げて見せながら改めてカゴの中を見てみると、雑炊をするにしては多い気のする食材の量を不思議に思いつつ訊ねて)
まだ何か買うのか?



+++

曽根崎さんの設定了解です。大変微笑ましい…当人としては一大事なのでしょうけれども。

はっ、確かに…そういうシチュエーションは大好物です。
趣味が被っていて嬉しい限りでございます…!
相談に乗って下さり有難うございました、また何かありましたらお声を掛けさせていただきますね。

79:曽根崎 侑 2016-06-24 15:05:56

つまみ…今のは酒か。ああ、もうレジに行くから、欲しいものあるなら早く持ってこい。
(悪びれもなく答える相手にカゴへ入れられたものがアルコール類であったことを察したがそれについては特に咎めはせずに、掴んでいた相手の肩を離せば大分重くなったカゴを持ち直してレジの方へと歩き出しながら告げて)

+++

遅くなってしまいまして申し訳ありません。

曽根崎の設定、微笑ましいと言っていただけて良かったです。傍から見ると割と痛い子です(笑)

主様もそういうのお好きでしたか!それは嬉しいです!!
これからの展開も楽しみです。こちらこそありがとうございました。

80:橘 千広 2016-06-24 20:46:31

(手が肩から離れると、答える代わりにひらりと手を挙げてから改めて売り場の方へ向かい。先ほどうろついたお陰で目当ての一角に難なく辿り着き、目に入ったメジャーなつまみの袋をいくつか適当に取ってレジに並んでいる相手の元まで戻り、買い物カゴに持ってきた商品を放り込むと食材を経費で落とすのは流石に無理があるだろうと思い至り財布を取り出して)

+++

お気になさらず!
橘がしばらくからかうネタにしてしまいますね…その割に、自分の交際経験については聞かれない限り隠していそうで。

はい、これから先も楽しみです!
ではこの辺で、背後は失礼いたしますね。

81:曽根崎 侑 2016-06-25 21:00:53

ああ、いいって。お前の世話に必要だと言えば経理も文句は言わねえから。
(混み合うレジ列に世の主婦の苦労を思いながら並んでいるうち相手が戻ってきてカゴにつまみを放り込むなり財布を取り出したのを軽く片手を上げて制すると、漸く回ってきた順番でテキパキとレジ打ちしていくパートらしき年配の女性に領収書をくれるように告げて自分の財布から全ての会計を済ませ。お釣りと領収書を財布にしまえば、大きなビニール袋二つに手際よくパンパンに袋詰めすると両手にひとつずつ袋を提げて)
さ、帰って飯にしようぜ。

+++

そう言っていただけますと助かります……!
橘さんならやりかねないと思ってしまいました(笑)

ではこちらも背後は失礼いたします。
また何かありましたらどうぞご遠慮なく!

82:橘 千広 2016-06-26 16:02:16

……文句は無くても、厭味は言われそうだな。
(上手い具合に言い包められては渋々財布を仕舞い相手の後ろで会計の様子を眺め、商品を袋に詰める作業にも却って邪魔になる事を自覚して手は出さず。声を掛けられると元来の非力に加えて運動不足の祟った己でも一つくらいなら持てそうだと判断すればスーパーの出口に向かいがてら相手の持つ片方のビニール袋へと手を伸ばしつつ、先程感じた疑問をぶつけてみて)
一つ寄越せよ。…それにしても、そんなに買う必要あったのか?

83:曽根崎 侑 2016-06-27 22:46:39

お、サンキュ。重いぞー。簡単に温めて食べられるもんもついでに用意しておこうと思ってな。
(一つ持つと手を伸ばされれば素直にビニール袋を預け、注意するように言って笑い。スーパーを出るといつの間にか日は沈んでおり、等間隔に電灯の点る元来た道を戻りながら相手の疑問に答えてやりつつ、買った材料で作るものを思い浮かべながら相手の方を見て)
そういや橘の好物ってなんだ?このタイミングで聞くのもアレだけどよ。

84:橘 千広 2016-06-28 01:23:58

……。そりゃあ、助かる。
(自身には思いも寄らぬ返答の内容に前髪の隙間から微かに驚いたような視線を送り、すぐに彼方を向き口を開きかけては噤み、答えあぐねた末に何とか礼らしきものを呟いて。片手に提げるずっしりと詰まった買い物袋の重みは堪えるもののおくびにも出さぬまま並んで歩き、やがて前方に見えてきたマンションの明かりを目にしながら問いを投げる相手へ思案混じりにぽつりと答え)
取り立てて好き嫌いは特に。……ああ、けど、煮物は偶に食いたくなるな。

85:曽根崎 侑 2016-06-28 22:00:14

!、おー良いってことよ。煮物か、うちのかーちゃん直伝の味を食わしてやろう。
(小さな声ではあったが相手から礼があるとは思わず、携えていたビニール袋をガサリと揺らして驚いては照れ隠しに空いた手で相手の背を勢いのまま叩こうとして。好き嫌いの返答を聞くと常備菜にも丁度良いと満足げに頷いて、相手からビニール袋を取り返しマンションのエントランスをくぐり抜けて)
引きこもりの先生にゃ重かっただろ、助かったわ。

86:橘 千広 2016-06-29 09:17:50

いてぇ、馬鹿。
(今までより強めに背中を叩かれ空足を踏みかけながら、こちらも照れ隠しかぶっきらぼうに文句を言って。ビニール袋を取られてしまうと僅かな時間だったにも関わらず負荷の消えた肩が心なし軋んだような気がしてひっそり嘆息しつつ、手の塞がっている相手に代わりエレベーターのボタンを押すと1階に待機していたのかすぐに両扉が開き)
引きこもりなりに運動不足を危惧してるだけだ。別に気にするな。

87:曽根崎 侑 2016-06-29 23:23:08

悪ぃ悪ぃ。ならたまには一緒に買い物に出るか?
(扉の開いたエレベーターに誰もいないのを確認すると早速乗り込み奥まで入って、冗談めかして笑いながら悪びれもなく言って。両手が塞がってはいるもののサイドに設置されている車イス用の開くボタンを押して相手も乗り込むのを待ち、ビニール袋を少し持ち上げるようにして最上階のボタンを押し箱が動きだして目的の階に着くのを大人しく待って)

88:橘 千広 2016-06-30 09:25:07

……それはそれで面倒だな。まあ、偶になら。
(視線は前に向けたまま、ぽつりと呟くのと同時に最上階に着いたエレベーターが開き。すっかり暗くなった共用廊下は静かなもので、先に箱を降りると取り出した鍵で自室の施錠を外し、玄関のドアを開け放ち相手が入るのを待ってから家の中へと戻って、靴を脱ぐなり早速仕事部屋に足を向け)
資料の整理してくる。一応調理器具は揃ってあると思うんだが…場所が分からなかったら聞いてくれ。

89:曽根崎 侑 2016-07-01 21:33:52

(中々に素直でない態度に相手からは見えぬ位置でにまりと笑い。エレベーターを降りると靴音を響かせて廊下を進み相手が部屋の鍵を開けるのを特に何を言うこともなく待って、無言でドアを支えてくれている脇を礼を言いながらすり抜け邪魔にならぬようにさっさと上がり込むと、迷わずキッチンに向かっては両手に持っていたビニール袋を2つ作業台に降ろして軽く肩を回しつつ、あっという間に仕事部屋へと戻っていった相手の背中を見て苦笑し)
ああ、適当に借りておく。出来たら呼びにいくから、こっちのことは気にせんでくれ。

90:橘 千広 2016-07-02 21:44:13

(返事の代わりに一瞥を送ってから仕事部屋に引っ込み、上着を椅子の背凭れに掛けて机に着くと閉じていたPCを立ち上げがてら一度封筒から資料をすべて出し、分類ごとに仕分け始めて。すぐに参照する記述の書類は傍に置き残りはファイルに綴じた後、軽く伸びをしてから文書作成のソフトを開き原稿に再び手を付け始めるも、元々行き詰まっていた執筆は思うように進まず眉間に皺を作って、それでも何とか緩慢にキーを叩き)

91:曽根崎 侑 2016-07-03 23:31:17

さ、てと。ちゃっちゃかやりますかー
(とりあえず使う材料だけを作業台に残して残りは冷蔵庫やシンク下へとしまいこみ、簡単に腕捲りをしては雑炊用に米をといで炊飯器にセットして、鼻唄混じりに具となる材料をリズミカルに切っていきキッチンをくるりと見回すと土鍋と煮物用の鍋を用意して。換気扇を回すと土鍋には粉末だしで出汁を、もう一方の鍋には醤油や酒や砂糖などで煮汁を用意しては根菜類から煮込んでいき。それぞれに火が通るのを待つ間にも別のフライパンを用意しては鶏肉でスタミナ系の炒め物を作ったり、もやしなどを湯がいて副菜の和え物を作ったり、手際良く調理を進めているうちに良い匂いが部屋を満たして)

92:曽根崎 侑PL 2016-07-13 18:17:49

お忙しいのでしょうか。
体調を崩されているのでしょうか。
私が何か気に障ることをしてしまいましたでしょうか。

とても心配しております。

主様とのやり取りはとても楽しいものでしたので、勝手ではありますが、出来れば何かしらのご連絡をいただければ幸いです。

レスを書き込む