TOP > なりきり > ≠Sing【非募集】

≠Sing【非募集】

最終更新 2016/05/30 22:27:43
レス数 32
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス32中:1-20

1:名無しの萌語り 2016/05/13 17:43:09 作成

募集スレにてお声掛けいただきました方をお待ちしております。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

14:矢代 2016-05-18 22:24:04

──…お前、そんなんで体の汚れが落ちると思ってんの?
『シャクりてぇ…』
(己がマゾヒストと知っているため敢えて頼りない洗い方をしてくるのか壊れ物みたく扱われるのは好きではなく、と言うよりどんな態度を取ったらいいのか分からなくて苦手なのかもしれないが。無言のまま椅子の上で体の向きを変えると以前ここでした行為が思い起こされ口にする内容とは全く別の考えに支配されつつも、確か相手は己にされる口での行為を嫌がっていないと間接的であったが伝えた出来事まで思い出せばその欲求も収まり、僅かに苛立ちながらスポンジを奪っては浴室より出て行かせようとして)
もういい…汚れた靴でも磨いてろ、

15:百目鬼 2016-05-19 21:43:28

!…、はい
(せめて自分だけは目の前の肌を傷付けないようにと優しく触れていたことがあだとなり、おそらく自分にしか与えられていないのであろうこの戯れのような務めにすらどこか喜びに似た感情を抱いていたにも関わらず“もういい”と突き放すように告げられた言葉を受け止めれば、ちくりと胸が痛むような気がして目線を下にさげ。単なる神経の反射によるものでしかない胸の締め付けに不思議な感情を抱きながら素直に背を向ければ、自分の性格ゆえ次の事柄へとすぐに気持ちを切りかえ、確かに汚れていた革靴を思い描きながら水で濡れた足をタオルで拭いていき)

16:矢代 2016-05-20 00:16:52

(気落ちしたのが相手の纏う空気で分かり声を掛けてやることもできたのに敢えてせず立ち去るまま送り出しては一人浴室に残され、頭髪から濯ぎ始めればいつも通りの順で体を洗っていき終了して浴槽に浸かる時には靴の汚れも落ちた頃だろうと相手への想いを巡らし。ローブに躰を収め廊下へ下り立つと未だ玄関先で此方へ背を向け屈んでいる相手に部下への命令というよりかは甘えの孕んだ注文をつけて、スリッパから交互に音を出しながら寝室へと向かえば濡れた髪もよく拭かぬうちにベッドへ横たわり)
いつまで磨いてんだ?……水っ、

17:百目鬼 2016-05-20 22:02:55

…まだ二足残ってます
(靴を磨いておけと言われ何を考えたのか靴棚に入っていた古いものや新しいものを全て引っ張り出して、先程まで矢代がはいていたものからひとつひとつ磨いていたらしく背後から声をかけられてしばらくの間困ったように固まっていたものの、水、と声をかけられれば腰をあげてキッチンのコップにミネラルウォーターを静かに注ぎ、ベッドの上に居るだけで不思議と艶かしいその姿をしっかりと視界におさめながら床に膝をつき“どうぞ”とグラスを差し出しつつひんやりとした硝子の感触に視線を落として)

18:矢代 2016-05-21 00:31:52

『…忘れてた、コイツ…天然だった』
(そうきたかと幾つも並んだ己の靴を睨みながら部下の不甲斐なさを責めるつもりはなく己の思慮足らずを悔やみつつ突っ込んでやろうとしたのも束の間、先程の風呂場での哀しげな表情が過っては言葉を呑み込み。微睡みかけていたところへ寝室に相手の気配を感じればベッドから起き上がり見ると己に対して畏敬の念を抱いてるのはあからさまで体勢を崩させるためにも差し出されたグラスを奪い一気に飲み干し、そんな相手の無骨さが却って互いの間に信頼を生んでいるのかまた甘えてみせては下着をつけていないのでガウンから相手構わず覗いており)
なぁ…髪拭いて

19:百目鬼 2016-05-21 11:59:41

髪、ですか
(手にグラスの冷たさを残し、持っていた形のままにしていたて手を静かにおろせば次に与えられた務めはやはり他愛ないもので、いつものことだとはわかっているものの拍子抜けしながら乾いたタオルを取りに立てば脳裏に浮かぶのはガウンからのぞく白い脚で、自分が自然とそこを凝視していたことに気が付きはっとすると既に白いタオルを手にとったあとであり。どうしても気になってしまう一挙一動を思い返してはいざ目の前にした綺麗な洗い立ての髪にタオル越しに触れ、出来ることなら直接と願うものの言葉には出さず内に秘めたまま)
失礼します

20:矢代 2016-05-21 21:55:13

何か…笑える、気の利いた話しろよ
(ぽんぽんとベッドを軽く叩けば座るように促し狙ってたかの勢いで膝の上へと頭を滑らせては漸く落ち着いて相手にとって難題を突き付けるも、そのじつ声を子守唄代わりに寝てしまおうという魂胆でおり)



いつも素敵な描写ありがとうございます。
なのですが、受身にまわられるロルが多く正直なところ一人で展開を回すのも限界で確定ロルを回したくなるくらい苦しいです。今回いくら考えても納得できるロルが浮かんでこなかったです。若頭と手下の関係、百目鬼らしいと言えばそうなのですが…。飽く迄もナリキリなので、もっと積極的に行動範囲(裏の話ではございません)を広げていただけると大いに助かります。裏社会の話を展開に組み込む場合も、若頭役のこちらが一人で回さないといけないのかな?と今から少し不安になっております。
このままでは多分続けられないだろうと思いまして、不躾な意見を述べました事どうぞお許しください。

21:名無しの萌語り 2016-05-21 23:07:24

正直なご意見ありがとうございます。
ご迷惑をかけないよう、と過度確定ロルを気にしすぎていた部分もあります。彼自身初期は積極的に自分から動くことは少ない面もあり控えていましたが逆にこういったことになってしまい申し訳ありません。

改善を試みますが、それでも納得していただけない場合遠慮なく切っていただいて構いません。

ロルへの返信は深夜か明日の朝となってしまいますが、ご容赦ください。

22:名無しの萌語り 2016-05-21 23:34:20

丁寧な対応ありがとうございます、感謝します。

百目鬼役をなさるには完璧な方だと思っております。
微確定なら問題ございませんし、仮に確定されても覆すぐらいのロルを回してみせますのでお気になさらず。
そうなんてすよね…
敢えて「百目鬼の天然さ」を利用して最初は笑いに走ってもいいと考えているのですが、いかかでしょうか?
矢代も割と笑いの分かる男ですし…
私もできれば続けていきたいのが本心ですので、もっと楽しく返しやすいロルを回せるよう精一杯努力させていただきます。

返信はいつでも結構ですので、急がれませんよう…
でなければ変にプレッシャーを感じてしまわないかと心配ですし、ご無理なされても申し訳ないので、ゆっくりとお待ち致しております。

わがままを聞き入れてくださいまして本当にありがとうございました。

23:名無しの萌語り 2016-05-22 04:18:02

お待たせしてすみません、こちらも出来れば長くお付き合いいただきたいと考えておりますので、気になるところがあればお手数ですがその都度指摘していただけるととても助かります。できるだけそのようなことがないよう努めますが…。

なるほど、そういう手もあるのですね。ちょっと綺麗さにこだわりすぎたかな、と反省しております…。あくまでなりきり、ということを前提に楽しめるような雰囲気を作りたいですね。

テストロルのような形となりますが、下記のようなロルでいかがでしょうか?自発的かつ過度の確定にならない程度に行動を起こしてみましたが…是非ご意見をうかがいたいと思いますので、よろしくお願いします。






気のきいた話、ですか
…、…事務所の前に、犬がいたんです。首輪をしていたので、迷い犬だったと思います。
あまりにこっちを見つめてくるので、じっと見ていたら、…なんとなく頭に見えてきて。
…ゴールデンレトリバー、だったかと。
頭、と声をかけたところ、ちょうど事務所の奴らに見られて…それから笑われました。
(そう言われれば黙りこくり、気のきいて且つ有意義な話題を懸命に考え込めばつい先日起こった自分なりに気のきいた事柄へとたどり着き、ぽつりぽつりと言葉にしながら膝に感じる重みに無意識の内手を伸ばせばまるで犬をなでるかのような手つきで手掌を繰り返し滑らせ。毛並みと色がどことなく似ていたのだと至極真面目な表情を崩すことなく話せば、なぜ笑われたのか理由は未だに理解するに至っておらず不思議そうに首をかしげては無意識の掌はぽんぽんと仕上げの手つきで滑らかな髪を撫で続け、そのまま顎へと滑った手はついに動物へするような喉を撫でる仕草となって)

24:矢代 2016-05-22 11:59:23

私なんかが相手でいいのか?と思うほど…描写が丁寧なうえ綺麗でおられますし、キャラの忠実性もかなり高いなあと感じています。こちらに受容力がなく本当に申し訳ない限りです。
はい、ありがとうございます。
ロルテストなど烏滸がましいですし、やり取りを継続したいが為の打診策でしたので、受身ロルにさえならないのであればこのまま御相手していただきたいです。



いやぁ…絶対ぇソコ違うと思うよ、
どちらかと言えば犬より……ネコだしな。
……お前…今、完全にその犬思い出して拭いてたろ
ふふっ、擽ってえ
(目を瞑り相手の声に耳を傾けつつ感じるいつもの優しい手付きも髪を触られる分には心地好く、期待してなかった割に面白い話も聞けたので犬扱いされた事は大目に見て。睡魔が加速し、いよいよ瞼が重くなってきては相手へその様に告げたにも拘わらず枕を使えばいいものを膝を借りたまま寝はじめると無意識のうちに手は太股に乗せられており片時も離れることを許さないで)
百目鬼ィ…ちょっと寝る。1時には起こせ…

25:百目鬼 2016-05-23 20:30:09

真剣に考えてくださりありがとうございます、今後のためにとてもよい機会となりました。また何かありましたらよろしくお願いします。
それではこちらは一旦下がらせていただきますね。





!、…すみません
(無意識の内に頭の中で想像していた毛並みのよい犬を、膝に体を預けている相手に重ねていたことに気が付けば口癖のように謝罪の言葉を口にし、手に残る滑らかな感触に生まれる名残惜しい気持ちを圧し殺しながら静かに手を離して。暫く寝ることを告げられては1時と心得、ちらりと時計を見遣り「分かりました」と頷きゆったりと静寂に包まれた時間を過ごせば秒針が12を指した瞬間を見計らい、僅かに眠気でゆるりとした動作ながら肩を叩き)
頭、1時です、…頭

26:矢代 2016-05-24 23:47:22

…っ、……
(気怠そうに目を覚ませば寝付いた状態の膝上だったので驚き。忠実なのはよく分かったが言われたことしか出来ないのも今は一番下っ端だからいいとして弟分が入た時に手本となるべき立場にありながら示すことができないのは本人にとっても良くないと判断し、未だ膝枕してもらいながら仰向けの姿勢のまま相手の額を指で弾き)
なぁ…この後、三角さんと会うことぐらい分かってんだろ?忠実なのも結構だが…スーツぐらいは用意しとけ

27:百目鬼 2016-05-25 21:07:53

すみません…あまりに気持ち良さそうに眠っていたので、起こすのを躊躇いました
(皺になってしまっていたスーツを何度か思い出していたものの、休む暇もない中一時だとしても良眠を得ている相手の邪魔をしたくはなく、人知れず撫でていた髪の感触は内に秘めたまま癖のような謝罪の言葉を述べて。もう一度その謝罪を繰り返すとそっと頭を退けてクローゼットへと歩みより、どれがいいかと長い時間をかけて選び手にとるも、そのスーツは誰かから無理に押し付けられたのであろう到底着る筈もない派手な柄入りのもので)
…これ…でいいですか?

28:矢代 2016-05-25 23:32:02

お前、あれだろ…仕返しだろ?ヒョウだかトラだかのスウェット押し付けられた…
(すいませんと連呼している間は真っ当な世界に戻れる機会がまだあると考えており揶揄してみせても底意では安心していて。呆れた顔で冗談交じりにぼやきながらクローゼットへと歩み寄ればクリーニングから返ってきたと見られるカバーの付いたスーツが一纏めにされている中から一番端に掛かっていた物を選び出してはガウンを脱いだところで考えが変わったのか相手の選んだスーツを手から奪い取るとそれを着はじめ)
俺のことよく見てりゃ…ある程度のサイクルでスーツ回してんだから、分かんだろ
──あっ、いいや……それかせ

29:百目鬼 2016-05-26 12:03:50

仕返し、ですか
(そう言われればそうなるかもしれない、と自分でもよく分からないままに事が運ばれていくのをどこか客観的な気持ちで眺めていれば、自分の手から拐われたスーツが相手の身にまとわれていくのをじっと視線を離すことなく見つめ、やっぱり自分の思った通りこの人は何を着ても綺麗なのだと納得しつつスーツをかけてあったハンガーに手を伸ばしては元のクローゼットへと戻し。これも似合うのではないかと、案外貰い物を無駄にしない男であることに感心しながら奇抜なものを興味深そうに次々と手にとり)
これは一体誰から…
一度でも着たことが?

30:矢代 2016-05-28 20:11:18

お前さ…疑問形で言葉終わらす癖やめろ、見下したようなナメた口利きやがって…
(鸚鵡返しのように尋ねられては瞬間的に苛立ち珍しく表情にも現れたのだが直ぐ何事も無かったかのように振る舞い。ネクタイを締め終わったところでよくよく考えてみれば下着を穿いていないことに気付くも何ら反応を示さなかった相手に相変わらず面白くない奴と癪に障って)
本当にそんな…くっだらねーこと知りてぇのか?

31:名無しの萌語り 2016-05-30 20:05:06

お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
返信を貰ってから何度かロルを考えようと画面と向き合いましたが、原作の雰囲気を壊さず、かつ機転のきくロルを考えることに必死になりすぎ、素直に楽しむことが難しくなってしまいました。彼ららしさとは何なのか、その捉え方も読み手それぞれで異なるのが漫画であると思っております。どうやら、元々形の存在する彼らのなりきりは私にとっては難しいものであったようです。
大変身勝手な理由ではありますが、今回は打ちきりとさせていただけないでしょうか。
こちらからお相手をお願いしておいて申し訳なく思っております。

32:名無しの萌語り 2016-05-30 22:27:43

分かります。原作でも矢代と百目鬼の心情変化があるので擦り合わせ等もともとの世界観自体が難しいですもんね…
残念ではありますが打ち切りという事でお気になさらず。
ご期待に添えれず申し訳ございませんでした。

丁寧にご一報下さり、ありがとうございます。
貴女様によき御縁があられますように…
(レスは不要でございます)

33:名無しの萌語り 2016-10-01 22:58:34

[四]…読みました
今までの巻の中で一番好きです
そしてコミックを読み返せばいつも貴女を思い出します

お元気で。

レスを書き込む