TOP > なりきり > 学校1の不良に言い寄られてます。[非募集]

学校1の不良に言い寄られてます。[非募集]

最終更新 2016/06/19 09:26:21
レス数 43
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス43中:1-20

1:名無しの萌語り 2016/06/09 00:17:34 作成

.


ひょんな事がきっかけで惚れられてしまい、付き合えと迫られる毎日。
しかもあんな怖い見た目してドMらしくて。隠れドSな俺としては美味しい話なんだけど、……俺恋人居るんだよね。
それでも良いって言うもんだから、どうせならノーマルな恋人とは出来ないプレイを楽しもうと思う。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

25:仙崎朝人 2016-06-12 14:01:26

(相手が応えるように舌を絡めてくればその舌を甘噛みしたり歯列を謎ったりし角度を変えながら口内犯し、鷲掴みにした髪を乱雑に引っ張り唇を離せば何方の物とも言えない唾液が糸を引き 掴むのを横髪から前髪へと移動させ一度相手と視線を合わせ相変わらずの冷たい瞳を向けて見つめて)
…お前男とヤッたことあんの?

26: 若宮一葉  2016-06-12 15:13:26

 

ッ、は…─、
( 口内蹂躙する舌に翻弄され、時折鼻に掛かる吐息漏らしていたが不意に乱暴に引き剥がされた挙げ句、尚も前髪掴まれる理不尽な扱いにも痛みに表情歪める事すれど文句言う事はせず、それどころか此方見やる冷たい視線に高揚感こそ感じてはほんのり頬紅潮させ見詰め返していたが、質問に対しきょとり。 )
…ねェけど。男同士なんて、扱き合いみたいなモンだろ?

27:仙崎朝人 2016-06-12 15:35:03

…は?そんな 生ぬるい事するわけねぇだろ。
……てか、じゃあお前初めてかよ…
(乱暴な扱いに文句を漏らすどころか何処か恍惚の表情を浮かべているようにも見える相手の様子に被虐性愛の持ち主である事を悟れば尚更都合が良いと目を細めて口端上げ、男である自分にあんなにも大胆に迫ってくるものだからてっきり経験済みかと思いきや相手から返ってきた言葉は同性同士の行為に関して無知を意味するもので驚き眉を寄せ。初体験な者の扱いには慣れておらず少々困惑するも「まぁいいか」と呟けば相手のベルトを外し制服のズボンを脱がせ始め)
下は俺が可愛がってやるから、お前 上脱いで自分で乳首でも弄ってろ。

28: 若宮一葉  2016-06-12 16:30:44

 

初めて、って…女とはしたことあるっつーの。
( そもそも好きになったのであれば男も女も関係ないと考えているのか、相手の言葉にやや意味履き違えて訂正加えるも最中手際よく脱がされていく衣類。己のみ外気に肌晒している状況に気恥ずかしさ感じそこには意識向けぬよう取り敢えず言われた通り自身でシャツのボタン外していくも、女ではあるまいし、当然今までそんな所を触れて行為をした事などなく、ただ逆らった所で関係反故にされても困ると恐る恐る指先でふに、と触れてみたが当然何があるわけもなく、困惑気味に控えめに視線送って。 )
……なァ。俺別に、乳首が気持ちいーとか、ねェんだけど。

29:仙崎朝人 2016-06-12 16:41:37

あー…、別に何も感じなくてもいいから。
自分で弄ってる姿 見るのが好きなだけだし。…ほら、こう。
(下着を脱がせている最中困り気味の相手の言葉に手を止めれば一度視線を向け相手の手に自分の手を重ね胸の突起を指先で撫でるように動かしてやり、どうやら相手が気持ち良くなる為ではなく自分の気分を昂ぶらせる為だけの命令らしく。暫くすると相手の手を離し再び下半身へと戻せば既に反応を示している自身を緩く握り上下へゆるゆると扱き始め、もう片方の手では太腿の付け根辺りを撫でて)

30: 若宮一葉  2016-06-12 18:13:33

 

……─ん、っ。…ふ、……っ、ン、
( 相手がそう言うのであれば良いか、と教えられたままに指先で撫で、時折押し潰したり、摘まんでみたりと遊んでいれば最初こそ何も感じなかった筈のそこは主張し芯を持ち始め。更に、相手の手によって同時に自身扱かれてしまえば全身は快楽に対し更に敏感になり、 甘い痺れが腰に響くといよいよ胸の突起さえも気持ち良くなってきたのか空いている左手甲で必死に口元押さえ乍溢れそうになる嬌声噛み殺して )

31:仙崎朝人 2016-06-12 22:35:36

…いつまで 声抑えられるか見物だな。
(学校でも有名な程悪い噂が目立つ不良である相手が自分に大人しく組み敷かれ命令に従い自ら胸の突起を弄りながら声を我慢する姿を見れば加虐心を煽られ、上下に扱くスピードを速めながら時々先端から溢れる先走りを塗りたくるように指を動かし、その動きを続けたままゆっくりと下半身へ顔寄せれば片手で脚を押さえて拡げさせ、太腿の付け根辺りの際どい部分に舌を這わせて)

32: 若宮一葉  2016-06-12 23:14:28

 

ふ、…っん、…ン、う…っ。
( 相手に言われたからとは言え、自ら突起弄り更には快感まで見出だしてしまっている状況に羞恥感じ乍も惚れた弱みからか、手を止める事は出来ず指先で遊び続け。普段の自分であれば考えられない行いに強く奥歯噛み締めるも徐々に昂っていく身体は正直で、しとどに溢れる体液が潤滑となり余計に己を苛んで。時折びくんと身体揺らしつつ必死に嬌声耐えていたが、際どい箇所へ舌先触れると驚愕に引き攣った音漏らし。 )
──ひ、…ァ、っ…変なとこ、舐めんなよ…っ。

33:仙崎朝人 2016-06-12 23:48:53

(咎められて大人しく止める筈はなく御構い無しに太腿から付け根まで下から上へとスーと舌滑らせながら自身扱く手も休まず動かし、丁度相手がそろそろ達しそうだなと予想すればピタリと手を止め自身から離し。中指に相手の先走りを塗りつければ、片脚を持ち上げ露わになった未だ誰にも触れられた事のない秘部にその指這わせ、下記呟いたかと思えば先ずはプツリと指先だけ挿入し)
んー…一回イかせてやろうかと思ったけどもう いっか。
お前痛みには 強そうだし。

34: 若宮一葉  2016-06-13 07:28:07

 

んん…っは、う…─っ。…ぁ、なん、で…っ。
( 自身への刺激もさることながら、己襲う羞恥心も興奮材料と相俟ってか早くも果てそうになる快感に身を委ね瞼伏せて今かと絶頂待ち構えたが、期待に反してピタリと止められてしまった手。吐き出したくとも出来ない欲がぐるぐると下腹部渦巻き苦し気に寄せられた表情で疑問ポツリと溢すも、その最中触れられる蕾。有り得ない箇所への接触にひくり喉引き攣らせたが更にあろうことか侵入試みようとする行為に流石に大人しくしてなどいられず、反射的に腰引き上体起こして中断させようと試みて。 )
ひ…っ、どこ、触って…─ッ、ンなとこ、やめ…!

35:仙崎朝人 2016-06-13 17:44:05

あ? 慣らしてやるんだから大人しくしてろっつーの 、…
(やはり初めての其処に触れられても気持ち良さなど微塵も感じないようで上体起こし此方を信じられないというような表情で見る相手の肩をグッと押して再び押し倒し、抵抗出来ないように片手で肩を押さえ付けたまま秘部へ指先のみ入れていたのをゆっくり奥へと進め、途中で何か思い付いたかのように動き止めれば相手が引き下がれない事を知っておきながら意地の悪い言葉を掛けて薄く笑み浮かべ)
あ… でも、嫌なら止めてやるよ。
その代わり セフレ失格だけど、

36: 若宮一葉  2016-06-13 18:58:40

 
な、ならすって、何…──ッ。
( イマイチ相手のしようとしていることと、これからの行為が繋がらず尚も進められる指の動きに何とも言えない表情浮かべていたが再びソファーへと沈められた上体。更に追い討ちかけるかのよう落とされた意地の悪い物言いに口噤むと、その理不尽な仕打ちに反応したのか。先程絶頂手前で止められた身体は未だ熱を持って体内の指軽く締め付け、其処から自分でも理解できないような、じわりと緩やかな快感が溶け出すようでそれ振り払うべく首横へ静かに振って。 )
まっ、…嫌、じゃねェ、から…っ。

37:仙崎朝人 2016-06-13 23:34:08

…ほんと お前ドMなんだな。
(強引に事を進められているというのに拒否反応示すどころか尚更身体は火照っているようで其れに気付けばくすりと笑いながら呟き。中に侵入させた指を軽く曲げ狭い壁を優しく擦るように動かしたり押し拡げるように更に奥へ進ませたりと器用に動かし、更に相手の羞恥心煽りたいのか片手で前髪掴みしっかりと此方と視線合わせるように固定させ)
……で、コレ嫌じゃないなら 何?
気持ち良い? 嬉しい? ちゃんと言えよ。

38: 若宮一葉  2016-06-14 07:39:53

 

…──っ。……ふ、っ…く、ぅあ、ア…っ!
( 自覚のない言われに違うと否定したくともじわりと溶け出す熱で身体は昂る一方でそれは萎える事なく上を向き続けている自身が如実に表しており、例え取り繕った所で何の言い訳にもならないこと悟れば顔背けることで堪えたものの。直ぐ様無理矢理合わさる視線に、はしたない姿を想いを寄せる相手の前で晒している事実実感するとぶわりと頬染め上げ逃げるよう伏せた瞳は、普段の涼しい面影なく。最早内壁擦られ、拡げられる度漏れるは甘い声で、おおよそ優しいとは言い難い質問にそっと、伏せていた視線上げ熱孕んだそれ合わせれば )
ッン…お前に、触ってもらって、嬉し…に、決まってンだろ…っ。

39:仙崎朝人 2016-06-14 15:54:12

ふーん…、じゃあもっとシてやるよ。
(向けられた熱っぽい表情は普段の相手から想像できない程妖艶なもので、その表情と余裕無さげに返した素直な言葉にドキリと胸が高鳴るのを感じるがそれを振り払うように掴んでいた髪を乱暴に離し、相も変わらず冷めた瞳で相手の瞳を捉えたまま未だ狭い中を無理矢理押し拡げるように指を一本増やしては狭い内壁を擦りながら半ば強引に奥へと指進ませ)

40: 若宮一葉  2016-06-15 07:34:44

 

──い、ァ…っ!は、…っぁう、も、…入らねェって、!
( 乱暴に離された頭部はやや強かにソファーへ沈み、普段であればとっくに手が出ている筈の感情は常とは反対に悦びさえ感じているようで。指一つ受け入れるのがやっとな程未だ固く閉ざす箇所へ無理矢理差し込まれた二つ目のそれが痛みもたらすのは当然にも関わらず、一向に萎える気配のない昂りは寧ろ体液滲ませ肌伝って後孔へと到達すれば湿った音立てて広げようとするその行為助け。霰もないはしたない水音が自身から聞こえてくる事実いたたまれなく、遮断する様に乳突おそろかにしていた両腕で耳塞げば )

41:仙崎朝人 2016-06-15 20:07:37

あ?今から もっと太ぇの入れんのに、なに言ってんだよ
(痛がる様子の相手にも御構い無しにきゅうきゅうと強く締め付ける中を二本の指を上辺りを擦ったり掻き乱すように動かしたりとバラバラに動かし静かな室内には相手の声と潤滑油となった先走りの水音だけが響いて。耳を塞いでいる片手を掴み無理矢理離させその手を相手の頭の横に置いて押さえ付け、相手の反り立った自身に視線落としては羞恥心煽る言葉を囁き水音が大きくなるように激しく指動かし)
痛ぇんだろ?なら 何でこんなにトロトロ溢れてきてんの?なぁ、この音ちゃんと聞けよ。

42: 若宮一葉  2016-06-16 22:50:38

 

太…?なに、…─ふ…っぅア…!
( 無理矢理広げられた其処は引き攣るようは痛み訴え、自身としてもそれを感じているにも関わらず萎えないどころか悦に先走り溢れさせる中心に寧ろ疑問を感じるのは自分自身で、羞恥と困惑からくしゃりと顔を歪めるも。元々の素質か、潤滑油のお陰か。 徐々に広がり見せる内部は痛いだけではなく、滲むようであったものから確実な快楽拾い始めており上擦りされる度に一層締め付けては背反らして高く啼いては。はしたない音聞くようにと縫い付けられた腕では耳を塞ぐ事など出来る筈もなく、まるで自分が変態だと言われているような錯覚に薄く濡れた熱孕む視線寄越しつつ嫌々緩く首振っては銀色ソファーに散らして )
あ、ァ…っわ、かんねェよ…っ。─ッ、ぅ…っ音、やだ、ッ。

43:仙崎朝人 2016-06-17 22:03:02

やだ って言われても、お前の身体から出てる音なんだけど?
、…そろそろ良いな。
(羞恥心に駆られ先程から初々しい反応を見せる相手を見れば加虐心は煽られる一方で冷たい言葉を投げ付けながら一頻り狭い中を解せば水音響かせている指の動き止めズルリと抜き。相手に了承得るわけでもなく勝手に決断すれば自分のベルトを外しチャックを下ろして存在感のある自身取り出し、相手の両脚掴むとグイッと横に思い切り開かせては先程まで指に犯されていた秘部へと其れを宛てがい)
……無知なお前に一応言っておいてやるけど、
今から コレ お前の中に入れるから。

44: 若宮一葉  2016-06-19 09:26:21

 

ふ……は、あ…、─?……ッ!!
( 鼓膜苛めていた水音が止み、慣れない異物感が喪失したところで安堵からか、くたりと身体の力抜いて息吐き出したも束の間、ズボン寛げる音に何の気なしに視線やれば取り出されたのは膨張見せる相手自身で。あまり良い予感のしないそれに怯んだのも一瞬、恥部大きく開かれた直後宛がわれた熱と続いた言葉に漸く趣旨理解した所でゾクゾクと肌粟立たせれば、指でさえも苦しかったにも関わらずそれよりも一回り以上ある質量なんて受け入れられるわけがないと、怯え見せる表情とは対照的に蕾は先端吸い付くようにひくん、とひくつき期待滲ませ )
…ぁ、…そ、んなの、入るわけ…っ。

レスを書き込む