TOP > なりきり > 【非募集】悪魔で悪いかっ【第三夜】

【非募集】悪魔で悪いかっ【第三夜】

最終更新 2018/02/25 23:36:50
レス数 831
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス831中:1-20

1:虎徹 2016/06/09 00:37:06 作成

ついに三つ目ですねっ!こんなにも長くお相手していただけて幸せですっ!
これからもどうぞよろしくお願いします( *´艸`)

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

813:アベル 2018-02-20 10:20:28

あー……

(きょとんとこちらを見つめ返してくるまっすぐな瞳から逃れるように、視線をポケットに落とせば、中からぼんやりと白く光る石の塊を取り出し、まだ土はついているし、武骨な形のままだが、大切そうに手のひらのなかで転がせば、そっと虎徹のほうに差し出して)

…これ、もらってくれねぇか?

814:虎徹 2018-02-20 12:21:39

これは……?黒水晶じゃねぇよな…

(じっと相手を見ていると、こちらから視線を外した相手がポケットに手を入れ何かを取り出したかと思えばもらってくれないかと言いながら白く光る石を差し出してきたので、あきらかに黒水晶とは違うそれに訝しげな顔をし一体なんなのだと尋ねつつも手を差し出して受け取ろうとし)

815:アベル 2018-02-20 14:57:38

これはムーンストーンってやつだ。

(虎徹の手のひらに載せると、なぜかムーンストーンは光を強めたため、渡した側のこちらも少し驚いたが、なんとなく石に「認められた」ような気がして、自分の中で覚悟を決めると小さくうなずき、虎徹をまっすぐ見つめて)

これは、オレたち魔族の間で婚姻関係を結ぶときに必要になるものだ。だから… その… 虎徹、オレの嫁になってくれ。

816:虎徹 2018-02-20 17:57:51

へぇ…ムーンストーンか…

(こちらの掌に置かれた石が輝きを増したのを見て、どういう仕組みだろうかと思いながらその石を触っていると、相手がムーンストーンと言うものだと教えてくれたのでなるほどと頷いていたが、次いで言われたムーンストーンをくれた理由やプ相手からのプロポーズの言葉に我が耳を疑い驚いたような顔をし)

なっ……嫁っ…!?

817:アベル 2018-02-21 10:18:50

そう、嫁だ。

(強い光を保ったままのムーンストーンを珍しそうに眺めていた虎徹が素っ頓狂な声を出すと、再度同じ言葉を繰り返したが、それでもぽかんとしたままの姿を見れば、いささか不安になってきて、眉尻を下げ子犬のような表情を見せて)

……もしかして、ダメ…か……?

818:虎徹 2018-02-21 12:18:12

ダメっていうか…急に言われてビックリしてる…、まさかこんなとこでプロポーズされるとは思ってなかったしな…、まぁそれも王子らしいっちゃ王子らしいけど…

(あまりにも突然の出来事で頭が追い付かずポカンとしていると、相手がダメなのかと言いながらまるで捨て犬のような顔でこちらを見てきたので、何を勘違いしているのだと思いながらとりあえずプロポーズを断ったわけではないと誤解を解き)

819:アベル 2018-02-21 13:24:30

こんなとこ…? あ…たしかにな…

(真っ暗な洞窟のなか、周りには岩と魔物の死体が散乱している状態であることに気付けば、確かに、もしかしたらプロポーズというものはもう少し華やかなイメージの場所で行うものなのかも…と思い及び、自分の不甲斐なさにもじもじと照れて)

えっと…… もう一度、ちゃんとしたとこで言ったほうがいいか?

820:虎徹 2018-02-21 17:55:59

いや、その必要はねぇ…

(こんな場所という一言が気になったらしい相手が、周りの状態がどういうものか気付いたらしく、今度はもじもじしながらプロポーズをし直した方がいいか聞いてきたので、フルフルと首を横に振って必要ないと返すと、いまだにもじもじしている相手の手を握りしめながら真剣な表情を浮かべて口を開き)

アベル…、オレを選んでくれて有難う…。こんなオレでいいなら貰ってくれっ

821:アベル 2018-02-22 23:31:58

…そう、だよな………

(必要がないと言われれば、これは断られたのだと認知し、やっぱり自分にはこういうことは向いていないし、何よりも虎徹にそういう気持ちがなかったのだ…と、精一杯の笑顔を見せて、現実を受け入れたつもりだったが、続いて聞こえた言葉は耳からきちんと心に届き、把握するまで時間はかかったが、理解した途端目を丸くして)

………えっ?えっと…… それって… オレの嫁になってくれるってことか?…ずっと一緒に暮らしてくれるってことか?!

822:虎徹 2018-02-23 07:30:37

そうだよ、王子の面倒見れんのはオレぐらいだからなっ

(再度プロポーズをする必要はないと返すと、勘違いしたのであろう相手が無理に笑顔を作っていたものの、続けて口にしたこちらの言葉には驚いたような顔をし確かめるように嫁になってくれるのかと問い掛けてきたので、なんとなくこちらも照れ臭くなってきたのか少しだけ顔を赤くしながらいつもの態度で返事を返して)

823:アベル 2018-02-23 19:01:07

……虎徹ぅ……

(今度こそ完全なYESの返事をもらえば、一気に身体のちからが抜けてしまったのか、あはっと軽く笑っては、そのまま地面にぺたりと座り込んでしまって。薄暗い洞窟のなかだが、虎徹の顔も少し赤くなっているように見えれば、片手を伸ばし、その頬に触れようとして)

…なぁ、キス、したい。ここまで頑張ったから…いいだろ?

824:虎徹 2018-02-23 21:55:08

…しょうがねぇな…あんま落ち着かねぇけど…

(またワイワイ騒ぎ出すのだろうかと予想していたが、それに反して力が抜けたようにその場に座り込んでしまった相手を驚いたように見ていたが、キスがしたいとこちらに手を伸ばしてきた相手にしょうがないと言いながらもその場で屈んで目線を同じぐらいにし)

825:アベル 2018-02-24 11:33:44

今はとりあえず、だ。ゆっくりたっぷり濃厚なヤツは、あとで、な。

(断られなかったことに無邪気な笑顔を見せると、確かに虎徹が言うように環境は落ち着かないが、お互いの無事と婚約までこぎつけられた幸せに、キスをしたくてたまらないのだと、虎徹のうなじに片手を添えて引き寄せ、ひさしぶりのくちびるに口付けて)

826:虎徹 2018-02-24 13:48:04

変態……、ん……

(落ち着かないと呟くと、濃厚なやつはまた後でだと返されたので相手らしいなと少し呆れたような顔をしながら変態といつものように暴言を吐くものの相手の顔が近付いてくると、ゆっくりと瞼を閉じて相手からのキスを受け入れて)

827:アベル 2018-02-24 16:20:52

ふつーだろ……

(濃厚なキスはあとで…と言ったものの、一度口付けてしまえば、なかなか離れがたく、虎徹の身体をゆっくりと引き寄せながら、何度もくちびるをついばんだのち、歯列を割り舌をねじ込み、軽く噛み、お互いのそれを絡め、溶け合うかのように堪能して)

828:虎徹 2018-02-24 16:48:07

ぅ…ん…んぅ…っ……

(後でと言ったわりにはしつこく唇にキスをしてくる相手が、とうとう口内に舌を入れて甘噛みしたり絡めたりしてきたので、結局こうなるのではないかと思い、相手の頭を撫でながらうっすらと目を開いてこちらにキスをしている相手の様子を伺い)

829:アベル 2018-02-25 11:45:26

……っ、よかった…

(しばらく堪能したのち、ようやく離れるというときにゆっくりとまぶたを開ければ、間近にある虎徹の顔に安心したように笑みを見せ、ぎゅっと抱き締めると、再びお互いの無事を喜んで。地面に置いたままだった黒水晶を拾い上げると、ポケットにねじ込み勇ましく立ち上がって)

よし、帰ろう。親父に報告して、昴の美味いメシでも食おうぜ。

830:虎徹 2018-02-25 18:23:32

ああ、腹も減ったしなっ…、つーか魔王様はオレ達の事知ってんのか?

(唇を離した相手に、いつものように照れ隠しで暴言でも吐こうかと口を開いたものの、安心したような顔をしている相手を見ているとそんな事も言えず、帰って報告した後ご飯を食べようと言われたので何も反論する事なくコクリと頷いて見せ)

831:アベル 2018-02-25 21:12:46

虎徹があれだけ、あんあん言ってりゃ聞こえてんじゃねーか?

(とりあえずここで魔方陣を描くことは難しそうだと判断し、洞窟は出ようと考え、虎徹を伴って歩き出すと、一段落したことでいつも通りのしょうもない冗談で、虎徹の疑問に答えて。真実は自分でもわからないが、フェルトンからムーンストーンの話をされたということは、きっと知ってるんだろうとは思っていて)

832:虎徹 2018-02-25 23:36:50

くたばれ変態っ

(洞窟から出るため歩き始めながら相手の返事を待っていると、また下品な話で返してきたので、真面目に聞いたこちらがバカだったと思い相手に向かって結局暴言を吐くと、相手よりも早足でサクサクと洞窟の中を進んでいき)

レスを書き込む