TOP > なりきり > 便利屋と復讐と…(非募集)

便利屋と復讐と…(非募集)

最終更新 2016/06/13 00:28:16
レス数 29
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス29中:1-20

1:名無しの萌語り 2016/06/09 00:41:42 作成

募集スレの>>688さんをお待ちしています

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

11:時雨 2016-06-10 08:50:43

俺、は…
(臙脂に悟られているとは気づかずに、どうしたいと聞かれても二人に復讐をするとは言えず、しかし置いてもらいたいとも直接すぎるので、しばらく考えたのち、同情を誘うように落ち込んだ様子を見せ、白磁の質問に答え、二人に従う旨を伝え)
俺はもうどうやって生きていけばいいかわからない、俺はどうしたらいい、お前たちは俺にどうしてほしいの?

12:名無しの萌語り 2016-06-10 14:46:08

臙脂

置いてあげたら良いじゃん、子供いるって分かってて依頼受けたんだこら本当はハクちゃんも罪悪感あるんでしょ。それでこうなってんだよ、可哀想だと思わない?(任務外になると途端に情に弱いというか面倒見の良すぎる白磁の性格をしている以上、ここは相手に乗っかってチクチク責めて強行してやろうと白磁にしか聞こえないだろうと思われる声量で内緒話でもするかのように口元に手を当てて尋ね)

白磁

……はぁ、それじゃあ臙脂の…はダメだな、今日1日は俺の部屋使え。明日には空き部屋使えるようにしとく、欲しいものがあるなら用意できる範囲でなら用意するから言え(臙脂の言葉を聞いて眉を寄せ確実に思ってもいない事を言っているのは分かるがそれでも無視しづらい言葉に溜息を吐くと取り敢えず今日1日過ごす部屋をと思い臙脂の部屋をあげようとしたが一般の人が直視し難い状況な事を思い出し言い換えると相手に向かって自室の部屋の鍵を突き出して)お前が今後どう生きていきたいか決まるまで置いといてやる。決まったらいつでも言いに来い

13:時雨 2016-06-10 16:19:38

ん。
(白磁の少なくとも攻撃的ではない態度には少し信用が持てたのか、鍵を受けとり、しかし臙脂の仲間であることは自分の敵であることには違いなく、復讐の対象であることを再認識して、同室ならば今晩にでもと作戦をたてて)
案内してほしいんだけど。

14:白磁 2016-06-10 23:21:46

まぁ…そうだな、臙脂!大人しくしとけよ(そんな広い場所では無いが流石にどの部屋が自分に当てられた部屋かは分からないかと思い軽く頷いて言うと自室に向かうため廊下の方へと足を向けるがふと思い出したように臙脂に向き直り一言クギを刺すと廊下へと足を進めて。そのまま自室の扉の前で立ち止まるとマスターキーを取り出し部屋の鍵を解錠して扉を開け白を基調とした部屋にベッドや机、本棚といった主要な家具だけが置かれた部屋の中へと足を進め)

15:時雨 2016-06-11 00:19:51

(白磁について行きながら、家の中をキョロキョロと見回し、見える範囲に刃物はないことを確認したらば、ペンダントの仕込みナイフの出番だと、服の下のペンダントを一回だけ握り、部屋につくと、もう一度同室かと確認し)
今日はあんた…名前知らないや、一緒の部屋で過ごすのか?

16:白磁 2016-06-11 00:34:20

いや、今日は俺は別室のソファで寝るつもりだから好きに使え(武器を保管している戸棚の方へと目を向けて軽く引っ張り鍵をかけたままである事を確認すると相手の質問を聞いて向き直り、おそらく全て弄られて困るものには鍵をかけてあるだろうと思いそう告げるとこれからどれだけの間になるかは分からないが少なくとも数日は顔を合わせるのだから呼び方を知らないと不便だろうと思い付け足して)あぁ…それと白磁だ、本名じゃねぇけど。

17:時雨 2016-06-11 00:57:28

あ、ああ…そう。
(悪いなとは思うも、連れ去られてきたのだし、よくしてくれるならそれにしたがい、別室であるなら親の仇をうちに行くのも用意だろうと考えて、夜中起きて行動するためもうねることにし)
疲れた…今日は俺もう寝る。

【臙脂の部屋が一般の人がみれる状況ではないとのことでしたが、具体的にどんな感じでしょうか?】

18:白磁 2016-06-11 01:18:29

…あぁ、何かあったら言いに来い(相手の言葉に頷きそう言うと部屋から出て行き、自分が壁に向かって投げ捨てたナイフを抜き取って机の上に戻して部屋を見回し臙脂が居なくなったのを確認すると部屋に戻ったのかと面倒事を持ち込んできた臙脂に溜息をつき軍服のコートを脱ぎ捨てると取り敢えずソファに横になり)

19:名無しの萌語り 2016-06-11 01:26:06

(/あっと、ごめんなさい返答忘れてました!臙脂の部屋が一般の人が観れる状況じゃないと書いたのは返り血の大量についた衣服やら武器やら血痕やらが部屋に割と普通に放置されてる感じだからです。それ以外は割と普通の部屋となってます)

20:名無しの萌語り 2016-06-11 08:26:01

(疲れたのかすぐに眠ってしまい、しかし夜目を覚ますのは得意なので、恐らく寝静まったであろう深夜目を覚まし、ベッドを抜け出てそろりと廊下へ出て、ソファで眠る白磁を見つけるが、親の敵がさきだと、各部屋を回り臙脂を探し)

21:名無しの萌語り 2016-06-11 14:29:36

臙脂

あーあ、白磁に怒られなかったら今から散歩に行くんだけどなぁ(態と内鍵をかけずに自室へと入ると小さく鼻歌を歌いながら部屋のソファーに腰掛けてナイフについた返り血を白い布で拭い取り、赤く染まったそれをゴミ箱に投げ捨てると先程の高揚感から口元が緩み綺麗になったナイフを光に浴びせながら弾んだ声で独り言を呟き)

白磁

…臙脂は無理だと思うけど、あいつ頭おかしいし(仕事の都合上微かな音でもすぐに目が覚めてしまい相手が出て行ったのを確認し薄く目を開けると何かを探すような仕草からおそらく臙脂を探しているのだろうとアテをつけボソッと呟き)

22:時雨 2016-06-11 17:57:30

う、な、違うし…
(目を覚ますと思っていなくひどく驚いて白磁の方を見ていたり床を見たりと挙動不審になり、しばらくして諦めたように、ため息をついて白磁のいるソファに近づき)
俺はなんで生かされたんだと思う?

23:白磁 2016-06-11 22:40:45

任務外の殺しはしない決まりだから……だと良いんだが、俺が見てねぇとそんなの守んねぇし違うだろうな。気に入ったんじゃねぇの?多分(身体を起こして相手の方へと目を向けると割と長い付き合いにはなるものの臙脂の考えている事なんて未だに確信を持てないため濁すようにだが恐らく一番近いだろうと思う事を告げ欠伸をこぼして)

24:時雨 2016-06-11 23:14:34

本当のところはあいつしか知らないんだな…。
(何が目的かわからないが、それならそれでいいと、白磁のとなりに座り、自分の親について話し出して)
知ってると思うが、俺の両親は裏の人間って言うの?そういう連中が取引相手で、金が入ればどんな客でも物を売っていた、たぶんあんたも知ってる。

25:白磁 2016-06-11 23:33:45

おう、…そういう奴ら相手にしてると恨みは買いやすくなるからな。お前の親が何もしてなくて逆恨みだったとしても(チラと隣の相手の方へと目を向け慰めの言葉の一つでもかければ良いのかとも思うがそもそも何を言えば良いのか分からずフォローになってるようななっていないような事を言い)…だから俺らの所に依頼が来たんだろ、

26:時雨 2016-06-12 00:42:43

俺は平和じゃなくても、日常が過ごせればよかったのに。
腹立たしい…自分等は買うくせに、武器を敵に売るのは邪魔だから、殺すなんて…!
(胸のペンダントを握りしめその手は怒りに震え、やはり臙脂は放ってはおけない、今すぐ始末してしまおうと立ち上がり、怒りに任せながら白磁に部屋はどこだと聞いて)
あいつは今どこ、何処にいるんだ?

27:白磁 2016-06-12 00:57:18

無謀だからやめとけ(親が多少裏の奴と繋がっていたからといってその子供が殺しなんていくら恨みが募っていても出来ないだろうし仮に出来たとしてもショックが大きい事は容易に想像がつきそう言うと常に携帯している拳銃を取り出して自分の方へ銃口を向けながら相手に持てと言うように差し向けて)…ほら、俺も間接的にだがお前の両親の仇だろ。安全装置は解除してある、抵抗する気はねぇからコレ受けとってそこのトリガー引いたら俺は普通に死ぬけど出来るか?

28:時雨 2016-06-12 19:56:23

!…っ
(武器商の息子であるから銃など何度も見ているし、触れたこともあるが、相手の方に向いた銃口を見ていると取るのをためらって、恐る恐る触れようとするも手が引っ込んでしまい、悔しそうに顔を歪めて)
くそ…っ

29:白磁 2016-06-12 23:29:55

…これ、臙脂が相手だったら死んでたぞ(手を引っ込めたのを見計らい持っていた拳銃を手元で軽く投げて一回転させて持ち直しトリガーに軽く指をかけて銃口を相手に向けるように持ち変えるとそう告げて安全装置をかけなおし懐に仕舞いこんで)

30:時雨 2016-06-13 00:28:16

くそ!お前らに付きまとってその殺しの技術盗んでやる!そんでお前ら葬ってやるから!俺を生かしたことを後悔させてやる!
(臙脂なら殺されていたと聞いてはまた悔しそうに、白磁に向かってこう叫んで宛がわれた部屋に走り去って、さっさとベッドにこもってふて寝しはじめ)

レスを書き込む