TOP > なりきり > なんにもしたくなーい。【攻募】

なんにもしたくなーい。【攻募】

最終更新 2017/11/25 02:33:44
レス数 583
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス583中:1-20

1:深瀬和 2016/06/19 01:10:28 作成

おはよー。
え、おはようじゃない?んー…それはそれでいいんじゃないかなぁ。
眠いから、募集要項の紙貼っとくので…むにゃ。誰か、きてねー…z

----------------------------------------------------
|    募集要項 |
|とにかく寝てばかりでされるがままで面倒くさがり。 |
|そんな緩い恋人の世話をしてくれる攻めを募集します。 |
| |
|条件は以下の3つ。 |
|    ①世話焼き |
|    ②無言放置しない |
|    ③30文字以上のロルを回せる |
| |
|これだけ守ってくれれば、ほかは一切不問です。 |
| |
|最後に、当キャラの"夜"についてですが… |
|それは参加してくださった方のご希望に応じます。 |
| |
|それでは素敵な出会いを願って。 |
----------------------------------------------------

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

565:忍野虎太郎 2017-10-14 22:27:37

……あ

(ふかふかと触り心地の良いタオルケットと和の体温が合わさりこちらまで瞼が重くなるものの、セットしていたタイマーが鳴り響きはっとしたように顔を上げて。とろんとろんと微睡んでいる和を再びソファーに横たわらせながら重い腰を上げると台所に駆け足で向かいタイマーのスイッチを切って。)

566:深瀬和 2017-10-17 10:46:22

ん・・・

(背中に慣れた相手の感触と温もりを感じれば心地良さに目を閉じていて心地よく眠っていたもののタイマーの音と共に相手が離れるとぼんやり目を開けてじっと相手を見て。そろそろできるのだろうかと考えながらも起きる気はせずまた目を閉じて相手が呼びに来るのを待っていて)

567:忍野虎太郎 2017-10-18 23:46:54

(鍋に濡れた布巾を乗せそのまま蓋を開けるとぶわりと湯気が立ち中にはぐつぐつと煮立った美味しそうなうどんが完成しており。よし、と小さく頷いて鍋敷きや二人分のお椀、箸をリビングに運び。最後にメインの鍋と冷たい麦茶をリビングに運び終えればソファーで微睡んだままの和に近づいて。)

和、出来たぞ

568:深瀬和 2017-10-20 03:45:30

・・・いー匂い・・・

(台所から美味しそうな匂いが漂ってくればきゅーとお腹が鳴って目を開けて、ぼんやりしていて。相手が呼びに来てくれるとのんびり立ち上がりとぼとぼというような遅い足取りで食卓に向かい)

569:忍野虎太郎 2017-10-25 03:18:19

(重い足取りだがソファーから起き上がる和に感心しながら先に席につくとお椀にうどんを取り分け始めて。和の分を先に取り分けテーブルの向かい側に置けば、別の器に卵を割り。)

卵は適当にかけてな

570:深瀬和 2017-10-27 10:24:28

ありがとう・・・

(亀並みの足取りでようやく食卓に辿り着くと、美味しそうなうどんに目を惹かれるも熱そうで、でも覚ますのも面倒でなかなか手をつけずにじっと覚めるのを待っていて)

571:忍野虎太郎 2017-10-31 03:27:44

おう、……

(未だ湯気が立ち熱々のうどんを前にじっと見つめるだけで手をつけようとしない和を横目で捉えながら席を立ち、台所からフォークを手にしてリビングへ戻ってくれば和の手元に置き茶化したように下記を告げて。)

ふーふーしてやろうか?

572:深瀬和 2017-11-02 12:32:35

む・・・

(フォークは受け取るものの冷ましてやろうかと告げられるとさすがに子供扱いされているのが嫌だったのか少し口を尖らせ。しかし少し考えるとそのほうが楽かと思い直しあーと口を開けて相手を待って)

573:忍野虎太郎 2017-11-04 01:04:33

…!

(む、と不満げに口を尖らせる和の反応を見ると少しは世話を焼かれて嫌がる素振りも見せるんだなとくすくすと口元に笑みを浮かべ。しかしすぐにあー、と口を開けてうどん待ちする姿に思わずきょとんとしてしまえば頭を抱え。)

全く……少しは自分でやるかと思ったのに…

(と言いつつもフォークを手にしお椀に取り分けたうどんを絡め、律儀にふーふー、と冷ましてから和の口元に運び。)

574:深瀬和 2017-11-04 22:14:30

冷ましてくれるのこたろーくんだけ・・・はふ。

(家政婦は世話焼きな方だったが、それでも相手ほど自分の世話をしてくれるわけもなく甘やかしてくれるのが嬉しくもあって冷まされたうどんにぱくつき。具沢山で柔らかいうどんはおいしく何度も噛んで嚥下し優しく胃が満たされるのを感じて微笑み)

おいしい・・・

575:忍野虎太郎 2017-11-07 11:29:22

……

(小さな口でぱく、とうどんを頬張りゆっくり嚥下する和の様子を眺めていると普段はあまり見せない不意の笑みに胸を打たれ。内心悶絶してはいるがそれを悟られないよう無言のままじっと和を見つめては辛うじて残る理性で何とかぽん、と頭に手を乗せ撫でるだけに留めて。)

…あとは自分で食え

576:深瀬和 2017-11-12 01:04:39

むー・・・

(相手の心情などつゆ知らず、あとは自分でと言われると少し不満げにするも少しは冷めたし大丈夫だろうと仕方なしに自分で食べ始め。究極的にマイペースなせいかのんびりのんびり食べ進めていれば冷めるペースの方が早く少しして手を止め)

つめたい・・・

577:忍野虎太郎 2017-11-12 01:51:58

(不満を顕にする和をスルーして自分の席に戻るといただきます、と小さく呟き早速食べ始め。まだ湯気の立つうどんをずるずると啜り食べ進めていけばあっという間に二杯目に突入し。自分のお椀に汁を足しながらちらりと和を見やると半分ほど残ったうどんは既に冷めているのがわかり、フォークを持ったまましゅんと食べるのをやめる和に眉を下げて。)

相変わらずゆっくりだな…
温め直すか?

578:深瀬和 2017-11-13 17:20:19

あっためて冷まして食べさせてー・・・

(冷えたうどんを温め直してもらえれば有難いものの、きっとまた冷まして食べてと考えると面倒くささが勝り、至極我儘な言葉を口にしつつじーっと相手を見て)

579:忍野虎太郎 2017-11-15 04:21:01

バカ
そこまでいくと介護だな

(鍋の中のうどんもついでに温め直そうと和のお椀と一緒に台所に持っていけば、鍋をコンロに乗せてそこにお椀のうどんも一緒に入れ。火をつけて蓋を締めながらぽつりと上記を呟くと肩を竦めて呆れて見せ。)

580:深瀬和 2017-11-17 10:17:39

じゃあ冷まして・・・

(むうと口を尖らせてせめてと言わんばかりに呟き、じっと相手を見て。ふと温かいうどんで誤魔化されていた寒さがぶり返してきて、膝を抱えて耐えて。しかし我慢しきれなくなってきたのかソファとキッチンの距離を見て、キッチンのほうが近いと確認するとのそのそ立ち上がり相手の方に向かって背中にぽすっともたれて)

さむい・・・

581:忍野虎太郎 2017-11-18 00:22:35

ん…?

(相手の言葉を聞き流しグツグツと煮立ち始める鍋をゆっくりと混ぜているととてとてと足音が近づくのが分かり。同時にぺたん、と背中に柔らかな感触が伝わりぷるぷると小動物のように震える和が見えればため息をつきながら振り返ってやり。)

火使ってんだから危ないだろ、全く…
……つか、お前本当に歳1つしか違わないのか?

(とは言いつつも背中にくっつく和を振り払うことなく抱き上げてしまえば、軽い身体とお互いの身長差に疑問を抱き何となく上記を問いかけて)

582:深瀬和 2017-11-20 23:32:19

ごめんー・・・

(危ないと言われると確かにそうだなと素直に頷いて謝るも体勢はそのままで。抱き上げられてもぼんやりしたまま相手を見ていたが突然の問いかけに一瞬考え込んで、むうと口を少しへの時にしたあと相手の肩口に顔を埋めて)

ちゃんと大人だもん・・・

583:忍野虎太郎 2017-11-21 21:55:31

嘘つけ
…こんなに小さくて甘えん坊な大人いるか

(肩に顔を埋める和をぽんぽんと撫でながらぎゅ、と柔らかな髪に鼻先を寄せ。ふんわりと香るシャンプーの匂いと子どものような甘い匂いに鼻を擽られてはちゅっちゅっと何度もキスを落として。)

584:深瀬和 2017-11-25 02:33:44

・・・こたろーくんが甘やかすから・・・

(なんだかんだ自分に甘い相手も相手だといいたげに小さく呟くもスリスリと肩口に頬を寄せてうとうとと微睡み。相手の背に手を回してぎゅっと軽く抱きしめて)

・・・もう転勤ない?

レスを書き込む