TOP > なりきり > みさき荘のとある日常【複数/入居者大募集!】

みさき荘のとある日常【複数/入居者大募集!】

最終更新 2016/07/06 16:22:47
レス数 76
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス76中:1-20

1:三崎恭介 2016/06/25 20:06:34 作成

お?君は新しく入居する人?話は聞いてるよ。じゃあ手続きするからちょっと来て(ちょいちょいと手招き)

まず、俺は三崎恭介。大家の息子で親父が留守の時は俺が取り合うから…、まぁ何かあったら遠慮せず俺に声をかけてくれたらいいよ。
そんでこれうちに入居する際の規則だからよく読んでな。(机の引き出しから一枚の紙を出し渡して)


【みさき荘入居者規定】

・無断放置禁止
・ロルは50文字以上を目安、上限無し
・本体成人済
・カップル成立など気があった住人との個スレは許可、但し完全移動は禁止
・裏自由



目ェ通したか?
そんな難しいこととか書いてないし大丈夫だろ?
はい、次は入居申請書ねー。(また違う紙を出して渡し)


【入居申請書】
名前(フリガナ):
年齢:
職業:
容姿:
性格:
属性:
部屋番号:
備考:



備考は何を書くかって?何でもいいよ。特記事項があるなら明記してほしいし、ないなら無視しても大丈夫。
部屋番号はとりあえず1階が102、103、2階が201、202、203の5部屋が空いてるから好きな部屋選んでな。あ、因みに俺は101に住んでっから。
もし入居希望者者増えてきたら他の部屋も開けるらしーぜ。
他質問あればいつでも受け付けるからな。そんじゃ良いみさき壮ライフをー!(手ぶんぶん)

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

58:三崎恭介 2016-06-29 19:41:45

>>56 紫吹
あのっごめんな…?
他の奴に話したりなんて絶対しねぇし、どうせなら俺の記憶飛ぶぐらい殴ってもいい。
(小さく笑われたような気がしてクエスチョンマークを浮かべて相手を見返すともう怒っていなさそうな雰囲気に更に首を傾げ。それでも相手を傷付かせた事には反省しているのかおずおずと後を追いながら謝罪した後に殴られるのも覚悟の上なのか強く目を瞑り)


>>57 樹さん
ただいま。そういう問題じゃないですって。
ん?冷やし中華でも作ろうと…、樹さんの台所貸してくれるなら作りましょうか?
(気が抜けるような緩い挨拶につい普通に返してしまってから違う違うと首を振り、体調悪いのではなかったようで安心ではあるがこんなところでと軽く咎めて。昼食について聞かれては夏も近いということで(材料が安いこともあり)冷やし中華を予定しており、怠け癖のある相手はきちんと食事してるだろうかと心配になり問いかけて)

59:仲原 樹 2016-06-29 20:12:33

恭介
ほんと恭ちゃんはお母さんみたいだね〜。俺んとこの?ど〜ぞど〜ぞ、何もないキッチンだけど。へへ、恭ちゃんのご飯食べられる。
(見た目に反して自分のことを心配して注意してくれる相手に母親みたいだとへらへら笑って。冷やし中華と聞いてぐぅと腹が鳴りのっそりと起き上がると自室の扉をあけ相手を招き入れ自分はキッチンに入らず対面式になっているカウンターに座り気だるいかんじで頬杖をついては料理ができるのを待つ気満々で)

60:三崎恭介 2016-06-30 01:06:26

>>59 樹さん
本当何もないじゃないっスか。
樹さんって普段何食べてるんです?
カップ拉麺やコンビニ弁当とかも美味しいですけど毎日毎食は体に悪いっスよ。
(キッチンに買ってきたスーパーの袋を置き、手を洗ってから準備を始めるが冷蔵庫も食器棚もスカスカで調理器具も最低限基本のものしか置いておらず眉を顰め。今回はこれで十分なのだが相手の生活が色々と心配になり、キュウリやハムを慣れた手つきで切りながら問うてみて)

61:峰岸 紫吹 2016-06-30 02:33:03

≫仲原
そうですけど、……そんな所で、どうしたんですか。
(思ってたより具合の良さそうな顔色にホッとし気の抜けた声でおかえりと言われると照れ臭そうに軽く頭を下げつつ、ドアの前で座り込んでいる理由の方が気になると不思議そうに首を傾げながら尋ねかけてみて)

≫三崎
……もう、大丈夫です。気に掛けてくれて、有難うございました……。
(もう怒りは収まり気分も落ち着いたようだったがやはり今の交流だけでは心を開くこと出来ず元の控えめな性格に戻ってしまい、勿論殴ることも遠慮すれば相手が目を瞑ってる間にそそくさと2人分のゴミを捨てて逃げるようアパートの方へ駆けて行き)

62:清水 虎太朗 2016-06-30 08:34:03

>>50峰岸
――やだ(頭を撫でていれば落ち着いたような表情を見せる相手に気付き首を傾け覗き込むように相手の顔を見ていると。はっと我にかえったような表情の後に繰り返された言葉に、なぜ僕がそんな面倒なことしなくちゃいけないのと短く答え。自分がやったことだというのに、ふいっと顔を背けて。目線を反らした先にひらひらと飛ぶ蝶を見つけて、ぼやっとそれを見ていれば。コンビニへいくつもりだったことを思いだし、一人でもなんだし…と相手を誘ってみて)…コンビニ、朝ごはん…買うんだけど、行く?

>>52三崎
――はあ、遠い……やっと見えた(頑張れ、と応援してくれる相手に嫌そうに声を漏らし。ぐだくだと歩いていれば目の前に見えたスーパーに安堵の声を漏らし。入口からはいれば店内を見渡しお目当てのコーナーを探しに。ペット、と書かれたコーナーを見つければ瞬きし。あった…!と嬉しそうに相手を見やれば服の裾を掴み先ほどの気だるげな歩きはどこへやら引っ張りながら歩きだし)

>>53仲原
(よろしくお願いいたします早速絡ませて頂いきます!)
(目が覚め、動く気がせずベッドの上でぐだぐだとしたいればいつのまにかお昼が過ぎ。のそのそと着替えを済ませ、久しぶりに服でも買いにいこうかしらと扉を開け鍵をかけて歩き出せばすぐ隣の部屋の前で座り込みうつらうつらとしている相手を見つけ。うん、温かいもんね気持ちわかると一度立ち止まりそう思えば一度頷き。さあて、洋服探しだと相手から目線を逸らせば前を通りすぎ)

>>54
――ありがとございます、もういい(今までなんとなく怖くて抱いたことのなかった猫が腕の中にいとも簡単にすっぽりと収まれば不思議そうに猫を見つめ。ゴロゴロと喉をならしていることに気づけば嬉しそうに口元を緩ませ。ぎこちない腕で抱いていたせいかすぐに疲れが出て相手へと一歩寄って猫を引き取ってくれと言葉をかけて)

63:仲原 樹 2016-06-30 19:06:50

恭介
カップ麺とかもあるけど、ほとんど喫茶店で賄いもらってる〜。マスターのご飯美味しくって。
(相手の料理をしている姿にさすが手馴れてるな〜とのほほんと思い何もない自分のキッチンから美味しそうな匂いが漂ってくるのと包丁の規則正しい音に睡魔が襲ってきてウトウトしつつも相手の料理姿を眺め。自分の食生活を聞かれると当然のように自炊せず他人任せな生活をしているのを隠くそうともせず素の自分をさらけ出し)

紫吹
ん〜とね、誰かご飯くれる人いないかな〜って待ち伏せ中、かな〜?そんな時に偶然紫吹くんか通りかかってくれたんだ〜、運命だね〜。
(おかえりの一言に照れる相手にへへ、と笑みを浮かべおかえりって言われたらただいまって言わないとだーめ、と冗談半分で言い、その後自分がここにいる理由を告げては相手に回りくどくなんか頂戴と伝えては首をこてん、と傾けてニッと笑い)

虎太朗
…こたちゃん?素通りかよ〜、寂しいな〜。
(半分夢の中の意識の中で目の前で誰か止まったなと気配を感じ重たい瞼を開けると隣人の相手で素通りしようとする相手の服の裾をクイッと引っ張り内心止まってはくれないだろうと思いつつも運が良ければ止まってくれるかなと首を傾げ、お出かけ?引き止めてもいい?と目で訴えながらも大きくお腹の音を鳴らして)

(/お、ありがとう〜。鬱陶しいかもしれないけどよろしく〜。)

64:峰岸 紫吹 2016-06-30 19:46:52

≫清水
なっ…、やだって…!はぁ?意味わかんないっ…
(頭を撫で続けられると気持ち良さそうに目を細めて堪能していたが自分の言葉への反論に思わず度肝を抜かれると顔を歪めながら混乱したように目を泳がせ、ぼけっと余所見していたかと思うと急にコンビニへ行こうと誘ってくる相手に一瞬面倒くさそうな表情浮かべたがコンビニならすぐ帰って来れるし行ってもいいか…と考え渋々賛成し)
…えぇ、んー…まぁ、コンビニならいいけど。

≫仲原
はぁ……仲原さんは、野良猫か何かですか…。
(相手が年上であるためか冗談でも指摘をされるとビクッと怯えて控えめに「ただいま、です…」と言い直したが、誰かが通りかかるまで待っていたという行動に人慣れした野良猫感を感じて思わずツッコミを入れつつ背負っていたリュックからビニール袋を取り出すと先程コンビニで買ってきた商品を眺めてどれか食べたいものはあるかと尋ね)
えと、…裂けるチーズと板チョコとグミしか、持ってないんですけど。食べたいものあります…?

65:仲原 樹 2016-06-30 20:55:34

紫吹
あはは、にゃ〜んって鳴いたらエサくれる?ていうかさ〜、仲原さんだなんてお硬いお硬い。樹でいいのに〜。ね、しーちゃん。
(野良猫と言われるとへらへらと笑い対して可愛くもない猫の真似をしては相手の呼び方にんん?と違和感を覚えさん付けなんて柄じゃないよと気軽に呼んで欲しいことを伝えては自分は勝手に相手のことをあだ名で呼びはじめ。おずおずとただいまと言う様子に怖がらないで〜と間延びした声で慰めていると相手から食べ物を恵んで貰いパッと顔を輝かせては口を軽く開けチョコ食べさせてととことん甘えて)
わ、いいの?じゃあチョコ貰おうかな〜、ありがと。

66:峰岸 紫吹 2016-07-01 00:11:22

≫仲原
ぇ、でも…呼び捨てはちょっと…。樹さんも、呼び方統一してください。
(呼び方の指摘に困った表情を浮かべると猫の真似には触れず頭の中で色々悩んだが年齢関係なく信頼度的に呼び捨ては出来ないと思えば名前にさん付けすることにし、先程から紫吹くんだのしーちゃんだの呼び方がコロコロと変わる相手にも指摘し返しつつ怖がっている事が気付かれビクッと慌てれば素早くチョコを渡し逃げるよう自分は部屋へ戻ろうとして)
一応俺のお昼だったんですけど、それ…全部あげます。では、これで。

67:三崎恭介 2016-07-01 00:30:50

>>61 紫吹
ちょ、紫吹…っ
行っちまった…。
(大丈夫ですという言葉を聞き怒っていないのだと分かるとホッと安堵するも束の間、先程の素であろう強気な口調から自分の知る相手に戻ってしまい目を開けると相手は既に背を向けてアパートへと戻っており。呼び止めようとも思ったがあまりしつこくしては本気で嫌われかねないとその行動を断念せざるを得ず、残念そうに溜息をついては自分も部屋へ戻り)


>>62 虎太朗
こらこら、そんな引っ張んなくても逃げねぇから。
さて、どれにしようか。
(相手にとっては重労働な徒歩の買い物も目的地のスーパーにつくことでよくやったと褒めようと頭に手を伸ばすが、スッと相手が離れ先程までぐだぐだと歩いていたとは思えない程元気になって相手に苦笑いを浮かべ。真っ直ぐペットコーナーへと向かい種類豊富なカリカリや猫缶を前に猫って贅沢だなという思いはさて置き相手の方を向いて問いかけ)


>>63 樹さん
店員の特権スね。
そのマスターに敵うかどうかは分かりませんけどどうぞ。
(相手の話すマスターも食生活を配慮してでの賄いではなかろうかと思わないでもないがそれは言わないでおき、とき卵を薄く焼いてキュウリとハム同様に細長く切りトマトも半月型に切るとゆがいた麺を二つ分の皿に分け具を彩りよく並べ、仕上げに付属のたれをかけると相手の目の前に置き)

68:仲原 樹 2016-07-01 20:44:50

紫吹
しーちゃんが嫌なら無理強いはしないけど。ありがと〜、しーちゃんもう行っちゃうの?て、しーちゃんにも用事とかあるよね、ごめんね〜、引き止めて。
(お菓子を両手いっぱいにもらうと足を進める相手に引き止めるようなことを言うも相手にも都合というものがあると思いへらりと笑って軽く手を振りまた会ったらお世話してねと冗談を言いつつも相手を見送り)

恭介
へへ、まあね〜。
(相手の憶測や店長の思いをわかっておらずただ単に甘えており相手の料理が出来上がるとのっそりと起き上がり目を輝かせてはいただきまーすと1口食べ、あまりの美味しさに箸が止まらず)
うま。恭ちゃん美味しい…、毎日作ってほしいくらい。

69:三崎恭介 2016-07-01 23:40:47

>>68 樹さん
……お…大袈裟っスよ。具切っただけだし。
ま、まぁ樹さんの食生活心配ですし飯くらいなら…。
(相手の隣に腰をかけ頂きますと手を合わせてから冷やし中華を食べ始めるが隣からの絶賛の声に目を丸くして。麺とタレは市販のもので味付けも何もない具を切っただけで味の評価をされても複雑な気分だが、毎日作ってほしいと言われては世話好きの面が出てしまって満更でもなさそうにし)

70:清水 虎太朗 2016-07-02 01:15:51

>>63仲原
……にゃー?(服の裾を引っ張られるとそれを感じたのか立ち止まり。此方を見上げお腹を鳴らしながら目で訴えられればじいっと相手を見下ろし。なんだか…と猫のような雰囲気を相手に感じとれば目の前に座り込み猫の耳の横を撫でるように横髪を指で撫でればそう呟いて首を傾げて。猫缶がまだ家にあったよなあ…などと考えつつ首を傾けて相手を眺め)

>>64峰岸
(困惑したような表情を浮かべる相手に気が向いたらね、と言わんばかりに肩を竦めてみせ。渋々ながらもコンビニへ同行することに賛成してくれた相手に目線を向けて1つ頷き。スリッパを引きずるようにまた歩き出し、折角着いてきてくれるんだから何か話そうかなあ…と思いつつそういえばと思い出したように呟いて)お昼から雨だって、ザアザア降り…

>>67三崎
これ、…あーこれも美味しいかな。――わ、これも!(じっとコーナーを見つめながら目についた物を取るもどうも目移りするらしく気に入ったものを幾つか手に取れば最後に 猫が絶対大好きなおもちゃ と書かれたなんとも言い難いものを手に取れば、自分のご飯はどこへやらご満悦の様子でレジへと向かおうとするも、そういえばと思い出したように相手に問いかけて)きょーすけさん、何が欲しいですか?

71:峰岸 紫吹 2016-07-02 02:25:48

≫三崎
…….はぁ、どうしよう…。
(相手が着いてきていない事が分かれば駆け足で階段を上り若干震えた手で部屋の鍵を開けて入ると扉が閉まった途端腰が抜けるようその場で座り込んでしまい、決して相手の事は嫌いじゃないのだがあの安心感のある空気感が素が出る原因だと思い込み今後からも警戒しなければと心に決め)

≫仲原
はい、俺もお腹空いたんで帰ります。ぇ…次は、違う人にお世話してもらってくださいよ…
(引き止められそうになるとギクッと冷や汗を垂らしぎこちなく足を止めたが直ぐに自分の予定を理解して解放してくれたためホッと安心すると最後の最後まで冗談を言う相手に苦笑して素直な返事を返しながら階段を上って自分の部屋へと戻っていき)

≫清水
え、……やなんだけど。もうすぐ昼じゃん…
(ゴミ捨てだけに外に出たつもりがコンビニへ行く事になるなんてと内心溜め息吐きながら渋々相手に着いて行ってたが、昼から雨が降ると聞いた途端足をぴたっと止めもうすぐ昼だし降られたら困ると眉間に皺を寄せながら呟き遠回しに帰ろうと伝え)

72:仲原 樹 2016-07-02 10:33:18

恭介
切っただけでこんな美味いもの作れるって…恭ちゃん魔法使いだ。だよね~いやだよね~って、いいの?毎日美味しいもの食べられるって俺幸せものじゃん。
(料理の工程は全く知識がないため相手の言葉を鵜呑みにしてしまっているためきょとんと相手の顔を見てはこの子強い…と間抜けなことを考えてしまい。毎日飯をくれと言ってみたものの断られると思っていたので持っていた箸を行儀悪く咥えながら空いた手で相手の両手を掴みありがとうと回らない口で言い)

虎太朗
…に、にゃー?わぷ、くすぐったい。
(まさか立ち止まってくれるとは思わず更に目の前で座り込みで目線があえば相手が猫の鳴きまね下に対して思わずこちらも反応してしまい。するりと髪を撫でられるとくすぐったさに身じろいで視線が感じ相手のほうを見るが何を考えているのか分からず、こたちゃーん?と声をかけてみて)

紫吹
あちゃ~、怖がらせたかな?…うま。
(階段を昇っていく後ろ姿や先ほどのびくついた様子から相手に悪いことしちゃったな~と反省しもらったお菓子を一つずつ味わって食べるもお腹の減りは収まらず仕方がないとのっそり起き上がり一旦部屋に戻ると財布と携帯を手に持ちカギをかけ外へ出ようと歩き出し)

73:三崎恭介 2016-07-03 12:21:01

>>70 虎太朗
あんま無駄になりそうなの買うなよー。
俺は別に…まず虎太朗の飯買わなきゃだろ。俺もついでに買い出しする。
(多種多様なペット用品を前に目移りする気持ちは分からないでもないが、はしゃぐ姿を余所に大量買いや無駄なものを買わないかと多少心配でその様子を見守り。暫くして効率的とは言い難いが満足した様子でレジに向かう相手に待ったをかけスーパーに来た目的を言いペット用品の入った籠を相手からパッと持つと食料品売り場へと向かい)


>>71 紫吹
紫吹ー、今時間あるか?
(昼を過ぎ時間に余裕ができた頃、管理人室で戸棚を整理しているところ父親がやってきて少し離れた繁華街のショッピングモールまで使いを言い渡され、何でそんな所までと文句を言いたくなるがピンと何か思いつき用件を聞くと相手の部屋へ向かいインターホンを押して)


>>72 樹さん
そりゃ素材が良いっスからね。
別に一人分も二人分も変わんねーから……、あと行儀悪いです。咥え箸はいけません。
(からかっているのか純粋に凄いと思われているのかどちらにせよこんな事で棚上げされるのはどうも素直に喜べず、当たり前のことだが自分の腕ではなく素材が良いと付け加え。分かり易く喜ぶ相手に少し気圧されながら大した事はないと伝えるが、箸を咥えてお礼を言われるとまるで母親のように注意して)

74:峰岸 紫吹 2016-07-03 14:47:36

≫仲原
(一旦部屋へ戻り自分も軽く昼食を取って家でゴロゴロしようと考えていたのだが、風呂に入る準備をしようと浴室に足を踏み入れた瞬間買い忘れしていたものを思い出すとちょうど私服姿だしもう一度スーパーにでも行こうと急ぎ足で部屋から出てきて)

≫三崎
……別に、ありますけど…。
(今日は朝から気疲れした…と脱力した様子でベットに寝転がりながら携帯を弄って気怠そうに過ごしていたが、滅多に押されない自分の部屋のインターホンが押されると驚きで飛び上がり慌てて応答しに行くが今朝の相手だと分かると一気に緊張感がなくなり明らさまに溜息つきながら何か用かと尋ね)
なんですか、…家賃の回収ですか?

75:三崎恭介 2016-07-04 23:11:19

>>74 紫吹
家賃はこの前もらったよ。じゃなくて…暇なら繁華街のショッピングモール行かねぇ?
あのほら親父に遣い頼まれたんだけどさっ、一人で行っても詰まらねぇっつーか…、あそこお前がよく着てるパンク系のショップとかあるから興味あるかと思ってさ。
(インターホンを鳴らし待つ間、最悪顔を見た瞬間に逃げ兼ねられないと不安だったがなんとか取り合ってくれたことに安堵し。率直に誘ってみるが相手の事なので即答で断るだろうと考え、相手が何か言う前に遣いであることと相手の好みの話を持ち出してはどうかな?と再度問いかけて)

76:仲原 樹 2016-07-05 01:41:03

恭介
へへ〜、やった。ありがとね〜、あ、ちゃんと食費は出すから〜。
(咥え箸を注意されると素直にやめてこれからちゃんとした食事が取れると思うと自然に笑みがこぼれ。2人分となると食費が重なることからご飯を作ってくれるので食費はまかせろと告げてはニッと口角をあげて)

紫吹
ん?しーちゃん?どっかいくの?
(階段から降りてくる相手の姿にさっき帰宅したばかりなのにこれから友人とでも遊びに出かけるのかと若いっていいな〜、元気だな〜と思っていては無視させることを前提として声をかけてみて)

77:峰岸 紫吹 2016-07-06 16:22:47

≫三崎
…きょ、今日は、部屋着…だし……久々の休みだから…その。
(相手の口から出たショッピングの誘いに思わず眉間に皺を寄せると朝あんな事があったというのに何故こんなにも交流を深めようとしてくるのかと逆に怪しみ始め、自分が好きそうだというお店には正直興味あったが久々の休日なのに今から態々お洒落をして出掛けるのが正直面倒くさく、言いずらそうに目を泳がすが遠回しに断って)

≫仲原
っ!……ぁ、はい。石鹸切れてたんで…
(一階へ降りて来たところで未だ外にいた相手に声を掛けられると「まだ居たんですか」という驚きと呆れが混ざったような表情を向けたが、無視はすることなく一旦足を止めると切れていた石鹸を買いに行くのだと伝え)

レスを書き込む