TOP > なりきり > 練習から始まる恋。【非募集】

練習から始まる恋。【非募集】

最終更新 2016/09/10 23:11:38
レス数 32
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス32中:1-20

1:名無しの萌語り 2016/09/02 18:44:46 作成

.

最初はお互い軽い気持ちだった。
人生初の恋人が出来たのは良いものの、キスからの進展がなかなか出来ず悩んでいるところ「練習台になってあげようか?」なんて学校でも経験豊富だと有名なアイツに言われたから……。

けれど「練習」という名目で行為を重ねていく内にお互い本気になり始めてしまって…。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

14:三条直斗 2016-09-04 20:03:12

っ…
(相手が机に座りボタンを外し始めれば脱ぎ掛けのシャツから胸の突起がちらりと覗き、体育の授業などの着替え時に同性の裸は見慣れている筈だが今目の当たりにしている其れはいつもと同じ感情では見れず直視出来ずに視線を伏せ。しかし妖艶な雰囲気を醸し出す相手にキスを求められてしまえば理性が敵う筈もなく再び視線合わせ、机に座っている相手の肩に手を置き少し身体を屈ませてゆっくりと唇重ね)

15:辻井 啓 2016-09-05 00:02:07

ん、…っんう。…、は。
(ゆっくりと相手の顔が近付くと気恥ずかしさから目を瞑り、重ねられた唇に食む様に何度か角度を変えると唇の隙間に舌を這わせて割り開いて、口内に侵入して。相手の舌に自分のそれを絡め付けて時折吸い付いたりと気持ち良いように舌を蠢かせ。その間にも肩に置かれた腕を下ろさせて今度は直接胸に添わせて自ら背中を動かして突起を擦り付けて恥ずかしそうに微笑んで)
あっ、ん。気持ちいから此処弄って…?

16:三条直斗 2016-09-05 13:45:44

ん…っ、…
(舌を器用に絡める相手に最初は圧倒されてしまいされるが侭だったものの徐々に応えるように遠慮がちながらも舌を自分から絡めたり下唇を甘噛みしたりし始め、相手が洩らした声を聞けば本能的にもっと聞きたいという思いが出てきて胸の突起へ添わされた手を動かし慣れない手付きで突起の先端を弄ったり撫でたりし)
……こう?

17:辻井 啓 2016-09-05 20:03:52

……、ん…。ふふ
(相手の舌や歯を口で感じ、その恐る恐るといった様子に何事もそつなく熟す相手よりも自身の方が得意な事がある事に少し嬉しさを感じて小さく笑い。しかし直ぐにやんわりと撫でられていた胸に強めの刺激を与えられては自身が強請ったにも関わらず眉を下げて驚いて。そもそもビッチとしての素質があったのか感じやすく、相手の首に手を回して一度唇を離すと耳元に囁き)
あ…っ、じょーず……ん、ん。

18:三条直斗 2016-09-06 19:18:37

っ、…なんか…辻井すげえエロい…
(首に手を回された事により距離が一気に近くなり耳元で囁く相手の吐息と声は色気に満ちていて擽ったいような感覚に僅かにビクっと反応し。相手も自分と同じく興奮してきているのが分かればもっと自分の手で感じている姿が見てみたいという気持ちが出てきて、円を描くようにくるくると胸の突起とその周りを撫でたり優しく摘んでみたりして)

19:辻井 啓 2016-09-06 20:48:57

ふは、…ぁ、あっ。ん、びっくり、っ…した?
(熱の籠った声が相手から発せられ、普段勉強を教えて貰った時との違いに、それを引き出した初めてが自分である事に優越感を抱き。悪戯っぽく尋ねながらも練習台だと己をいさなめる時には優しくも積極的になった相手の指遣いに頭は働かなくなり、相手の返答を聞く前に口元にある相手の耳朶を甘噛みして窪みに舌を這わせて)

20:三条直斗 2016-09-08 17:51:07

!ッ ん …
(耳を刺激されると擽ったいような気持ち良いような初めての感覚にぶるりと僅かに身体震わせ、ボタンが全て外れ大胆にはだけたシャツから覗く可愛らしい胸の突起を優しく指で弄りながら次はどうすればいいのだろうかと既に興奮と緊張で回らなくなっている頭で考えれば耳元へ顔を寄せる相手に恐る恐るといった様子で問い掛け)
……ここ、舐めてもいい?



_________

昨日は来れずすいません…!;

21:辻井 啓 2016-09-08 19:44:01

ぁ、あっんん。ん、んぅ…ん、なめて。
(耳朶に一度吸い付いてから離れては、小さく頷くと肩をはだけさせてリストカットの後の残る手首辺りを見せないようにワイシャツを留めて。今迄の性行為の相手から成される行為に確認される事など無い上に、ゆっくりと行われる行為では理性を飛ばす事も無く頬は熱を持ち。相手の動きを待ちながら経験から無意識の内に足を相手の股に優しく擦り付け、太腿に感じる質量と熱に、湿っぽい溜息を吐きながら相手の顔を見て緩く微笑んで)
たってる…三条くんも、すごいえろい顔。

__________

いえいえ、お気になさらないでください!

22:三条直斗 2016-09-08 21:15:32

っ…
(熱を持った其処に相手の脚が擦り付けられるとぴくりと反応し初めての体験で全てにいちいち反応を示してしまう自分に対して慣れた様子の相手に恥ずかしくなり顔を隠す様に胸の突起へと舌を這わせ、ぎこちない動きではあるがゆっくり優しく周りを舐めてはツンと尖った其れを口に含み口内でチロチロと舌先を使って刺激しながら、滑らかな肌が気持ち良く脇腹辺りを撫で、ふとボタンは全て外しているのに脱いでいないシャツが気になり胸の突起を刺激している合間に問い)
服…って、脱がないもんなの?

23:辻井 啓 2016-09-08 21:45:22

あ、…ッん、ぁ、……ひゃんっ
(脚で相手の小さな反応を感じ取ると機嫌良さそうに口元を歪めて離すことなくゆっくりと一定の間隔で擦り。温かい舌で胸の敏感な部分を舐められる感覚と背徳感に背筋を震わせ相手の肩辺りのシャツを握り締めて耐え。口内に収められた突起を舌先で責められ、同時に弱い脇腹を撫でられると喘ぎ声が高くなり刺激から逃れるように身体をくねらせて。服を脱がない事を指摘されると声が裏返り目線を泳がせて言い訳を考えてしどろもどろに答えて。これ以上言及されない為に相手のベルトへと手を伸ばして片手で器用に外していき)
えっ……ああ、えっと、もし人が通った時とか流石に裸だと言い訳しにくいかなって

24:三条直斗 2016-09-08 22:48:10

あ…そっか、ごめん…
(リストカットを隠す為の言い訳だとは思わずこの状況に熱が高まるばかりでもしも誰かが入って来たらという事を考えず気の利かない発言をした事に申し訳なくなりすかさず謝り。相手がベルトを外し始めればそれ以上は喋らず再び胸の突起へと舌這わせ時々音を立てながら吸ったりしながら自分も相手のベルトへ手を伸ばして外し始めるも、緊張のせいか慣れない事をしながらのせいか上手く外せずもたつき)
あれ…っ、人の外すのって難しいな…

25:辻井 啓 2016-09-08 23:17:50

あっ、あんまし、吸うの、だめっんっあぁ
(相手の唾液によっててらてらと光り、赤く腫れた突起を見て己の体によっても煽られてながら時折そこを強く吸われると目を蕩けさせて小さく首を振って。慣れた手つきでベルトを外ぜば、同じように外そうとするが上手く出来ない相手を純粋に可愛いと思ってクスリと笑ってはその手に自身の手を重ねて誘導するとベルトが外れ。目の前の机を指差してもう一方の手で相手の肩を押して)
あっん、ん、一旦待って。んっ、…フェラ、したげる。あっち座って?

26:三条直斗 2016-09-09 01:17:00

(相手の反応が大きくなり甘い声でだめ、なんて言われてしまうと本能的に尚更責め続けたくなるも相手のベルトが外れたと同時に肩を押され掛けられた言葉に胸元から口を離し顔を上げ。その行為自体には正直胸が高鳴るものの練習に付き合ってもらう上シャワーも浴びていない其処を口に含ませると思うと罪悪感が生まれ、しどろもどろで首を横に振りながら断り)
っえ…いや、でも、そんなの悪いから…その、シャワーとか、も浴びてないし…。

27:辻井 啓 2016-09-09 09:37:46

いーよ。そゆの、気にしないから。
(遠慮する言葉を述べながらも本当は興味があるのだろうと分かる相手の態度に問答無用で向かいの机へと押しやると膝を着いて相手の下半身に顔を寄せて。ボタンとチャックを早々に外して下着の形を歪める熱に下着越しに唇を這わせて。手でも優しく摩りながら前を寛げ、其処を露出させると先端を軽く口に含んで唾液を絡めさせるように少しずつ舌を動かして。)
んっ、…ちゅ。ふ…う

28:三条直斗 2016-09-09 12:41:25

ッん…っは、…
(半ば強引に机へ座らされ手際良く事を進める相手を止める間もなく味わった事のない快楽が押し寄せ、ビクビクと小さく身体揺らし相手の温かい舌に刺激される其処は質量を増し先端からは先走りが溢れ、初めての感覚に何かに縋らないとすぐに達してしまいそうで跪いて其処へ顔を寄せる相手の柔らかい髪をくしゃりと緩く掴みもう片方の手では自分の口元を押さえて)
っこれ、やばい…

29:辻井 啓 2016-09-09 17:50:38

…ん、ふぁ…おっき…ん、ん
(口の中で未だ膨らむ其れに目を細めて根元から手で扱いて、舌に広がる独特の味に自身も興奮が増し舌先で舐め取って。吐息を漏らしながらビクビクと快感に翻弄される相手が髪を強く掴むかと危惧していたがその手は緩く相手の優しさが滲み出るもので胸が高鳴り。口元を押さえて我慢する相手を見上げて口角を上げると舌を這わせて深く咥え込み飲み込むように喉を収縮させて。)
んは、我慢ひないで、イッていいよ。

30:三条直斗 2016-09-09 19:10:29

ッそれ…っだめ だって…っ!
(相手の口内に出す事は避けたくなるべく快楽に集中しないようにしていたが静かな教室に響くその行為独特の音が耳を刺激し、器用な舌使いと締め付けるような喉の動きに早くも我慢は限界に達して相手を離そうと髪を掴む手に力を入れた時にはもう遅く口内へ白濁吐き出してしまい。すかさず謝罪の言葉を口にしながら跪く相手を心配そうに見下ろし)
!ごめん…っ、ごめん辻井…

31:辻井 啓 2016-09-09 20:10:15

…っ、んぐ。…ん、いっぱい出たね。…へ?…俺飲むの好きだし、謝んなくて大丈夫だよ。
(いつの間にか癖になっていた青臭さが口内を占めて、零さない為に唇を閉めてちゅう、と吸い上げては相手の昂りから口を離して。喉を鳴らして全て飲み込むと、気持ち良さの余韻に浸るかと思いきや申し訳無さそうに謝罪する相手に理解が追いつかず驚きながら宥めて。そんな中でも興奮した身体は疼きが落ち着かずに顔を赤らめて許可を求めて相手を見上げて、ズボンのチャックを下ろして後ろ手で自ら手を進め)
は…も、欲しい…から慣らしてもいい?

32:三条直斗 2016-09-10 21:00:28

、!う…うん。
(ティッシュか何かに吐き出すものだと思っていた為まさか飲み込むとは思わずまるでそれが当たり前かのように喉を鳴らし全て飲んでしまった相手に驚くもこれが経験の違いなのかと変に感心して。慣らしていいかと聞きながら自らの手を後ろへと伸ばす相手の様子は妙に妖艶で達したばかりの自身がまた元気を取り戻すのを自覚しながらコクコクと頷き、どうすればいいか分からず机に座ったまま見下ろしていて)
え…と、俺…も何かした方がいい?

33:辻井 啓 2016-09-10 23:11:38

そのままでいいよ。見てて?…っ、ふあ…ぁ
(頷く相手を見て許可が貰えた事に息を荒げながらへらりと笑って。初めてで、しかも好きでも無い相手を慣らすのは酷だろうと首を横に振り、慣らしている間に萎えられても困る為先程自身が座っていた机に手を着くと煽るようにズボンを下着ごと少し下ろして。指が赤くなった其処に入る様を見せ付けつつ、深くまで届かない事にもどかしく身体を揺らして。)

レスを書き込む