TOP > なりきり > 真夜中のサーカス団

真夜中のサーカス団

最終更新 2016/09/22 17:23:25
レス数 204
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス204中:1-20

1:団長 2016/09/17 21:15:57 作成

さァさァみんな、集まって。
暗い暗い、森のその向こう、
煌びやかなサーカステントの裏側へ。

舞台を成功させたなら、優しく抱いてあげましょう。もし失敗したのなら——……

----------

ダーク・裏要素強め、サーカスのお話。
募集はサーカス団員、どんな事情でも、人間でなくても歓迎。
レス頻度・出入りは自由。のんびりでも、忙しくて抜けることになっても、また再参加可能。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

186:団長 2016-09-21 10:18:34

>ドーリィ
これはご褒美じゃないよ
(なのに随分気持ちよさそうだから、ね?そう楽しげに、歌うように告げて軽く振り返る。相手の焦った顔に笑いが漏れた、本当に効いているようだ。このまま放置しようと、調教部屋を出て)

187:ドーリィ 2016-09-21 10:49:16

>団長さん
っやだ、団長さんっ…!(呼び掛けるもすでに遅く、相手は調教部屋から出ていってしまった。幸い手は自由で、足をもいで追いかけようかとも考えたが自分には腕力も武器もなくとりあえず手だけで這うように扉の前まで動き)

188:団長 2016-09-21 12:35:47

>ドーリィ
さて、いつ帰ってあげようかな
(相手は足を動かせないようにしてあるし、まさか部屋から出てくることはないだろうと考え。見回りと団員たちの練習の調子を聞いて回って、終わったら戻ってあげようか。その間は自分で慰めるなり耐えるしかない、いい薬になるだろうと小さく笑い、歩みを進め)

189:キキ 2016-09-21 14:11:20

団長:
…わからない。
(やっぱり団長は皆が言うような冷徹なんかではない。こんな一団員の自分を慰めてくれるのだから。撫でられる心地よさに大人しく目を細め、ただ団長の質問だけは何とも言えず黙って首を横に振り)
だが、他の奴らとは…違う気がする

リツ:
(随分と高い場所から落ちたというのに笑みを浮かべてる相手に頭でも打ったかと若干眉を寄せるが、未だに起き上がれないでいる相手に手を差し出そうともせず)
…ひどい?
落ちなければいいだけだ

ドーリィ:
さぁな。
団長の傍は心地よいだけだ。幸せ、とかは考えたことがない
(関わりたくないが、苦手と言ったのにも関わらず変わらずベラベラと話かけてくる相手にちゃんと答えてやり)
お前俺との間を縮めたいのか?

190:ドーリィ 2016-09-21 15:29:47

>団長さん
んうぅっ…はぁ…(勝手に再生してしまう体はぺニスの傷すら治してしまい、これじゃイけないなぁとため息をつく。ふと部屋の奥にいる仕事仲間達に目をつければ檻に近づき、足を差し出して)
…噛んでいいよ、ほら


>キキ
…そうか、そうだね(それは十分幸せなことだと思うが、本人が自覚していないのなら仕方ないと笑い)
んー…縮めたい、というより興味だねぇ。キキはただでさえ人を寄り付けないし

191:団長 2016-09-21 16:05:01

>キキ
…そう。
(わからない、と静かに口にした相手に、小さく呟く。きっとこれで、お前は優しいと、猫など被ってないと自分の考えを強く言ってしまえば、彼はそれを受け入れて、自分を殺してしまうかもしれない。だから、それ以上何を言うわけでなく、続いた言葉にきゅっと相手を抱く手に力を込め)

>ドーリィ
(あらかた考えていた仕事を終え、さてドーリィの元に戻るかと部屋へ足を進め。高みまで上げて、頂上に着く前に叩き落とす。我ながら悪趣味なことをしたなと考えながら部屋の扉を開け、中に入り)

192:ドーリィ 2016-09-21 18:16:25

>団長さん
(ちょうど足を食われ手錠から抜け出したところで団長が帰ってきたのに気付き、また放置させられるのではと顔を引きつらせ)
…おかえり団長さん

193:団長 2016-09-21 18:40:32

>ドーリィ
…なにを…っ!
(部屋に入った途端、鉄臭さが鼻について小首を傾げた。こんなに匂うほど痛めつけてはなかったと思うのだが、と。躊躇しながらも奥へ進めばドーリィの声が聞こえ、猛獣たちに足を食われている相手を見つけ駆け寄り)

194:ドーリィ 2016-09-21 19:00:56

>団長さん
っえーっ…と…抜け出したくって…えっと…(怒られるとは思っていたがまさか駆け寄られるとは思っておらず、しどろもどろになりながら答え、足に神経を集中させ手早く治そうとし)
っほら、すぐ治る、ね、団長さん、大丈夫だから。この子達は、悪くないから

195:団長 2016-09-21 19:06:59

>ドーリィ
…度が過ぎているよ、ドーリィ。
(治るのは重々わかっているが、両足を猛獣たちに喰わせるのはやり過ぎだ。治癒能力が高いとは言え、限度というものがある。普段怒るときよりも尚低い声で言うと、まだ治りきらない血だらけの相手の足に自分の服を破いて巻きつけ、即席の包帯にして止血し)

196:ドーリィ 2016-09-21 21:16:04

>団長さん
んっ、ごめんなさい…(心配されるのは怒られるより辛く、素直に謝る。服を汚さなくても放っておけば治ってしまうのに、と不思議そうな顔で止血されていく足を見つめて)
…団長さんの服、汚れてしまうよ?

197:団長 2016-09-21 21:28:10

>ドーリィ
…いい。明日の公演は非番の団員の服を借りる
(流石に裂けて袖がなかったりする服で客の前には出られない。相手の足からは今だ血が止まりきらないようで、包帯代わりの服が血に濡れていくのを黙って見つめ)
…ドーリィ。僕はもう、君に調教もご褒美も、あげないことにする

198:ドーリィ 2016-09-21 22:24:00

>団長さん
それならよかっ…え?(調教もご褒美もない、そう言われれば顔を青くして団長にすがり、そこまで怒らせてしまったのかと慌てる。ここでまで捨てられてしまったら、と思えば恐怖で体が震え)
っ嫌、団長さん、なんでっ…!

199:リツ 2016-09-21 23:04:21

団長

うっ…それは。でも今日はご褒美、ですよね?
(他の団員なら強く言い返すが団長相手には言葉が詰まり顔を赤くし。相手の言う通り気持ち良くなってしまう体が恨めしく)


ドーリィ

やめて…見ていいからぁ、
(傷口に爪を立てられると顔を青くし、緩く反応してるだけだし誤魔化せると自分に言い聞かせながら下半身を隠す手を避け)


キキ

うぅ…落とした、くせに…っ、
(頭を打って額を切り血が出過ぎてクラクラし少し治るまで待とうと地面に伏したままで、見慣れている周りの団員は無視してやる事をしていて)

200:リツ 2016-09-21 23:47:40

ん、どれどれー(手が退けられると足の間に入り込み、ぺニスを見て。服越しには微妙にしかわからず、少し考える素振りを見せてから躊躇いなく相手のぺニスに触れ、緩く起ち上がっているのに気付き)
…勃ってる…みたいだけど?

201:リツ 2016-09-22 07:51:49

ドーリィ

ん、ちょっと…!っ…それは、そういう作りの服だからですよ。
(考える素振りを見せる相手にバレていないかとホッとしたのも束の間で掴まれるとビクッと体を揺らし、慌てて誤魔化そうとし)

202:ドーリィ 2016-09-22 08:01:55

>リツ
…ふぅん、変わった服の作りもあるんだねぇ(納得した様子で頷き、そうかそうだねと言いながらするっと下だけ脱がし直接ぺニスを見て)
…で、これは服の作りのせいなのかい?

203:ドーリィ 2016-09-22 08:02:03

>リツ
…ふぅん、変わった服の作りもあるんだねぇ(納得した様子で頷き、そうかそうだねと言いながらするっと下だけ脱がし直接ぺニスを見て)
…で、これは服の作りのせいなのかい?

204:リツ 2016-09-22 08:23:11

ドーリィ

(納得した様子の相手に胸を撫で下ろし、後は適当に話してこの話題は有耶無耶にしようと思っており。まさか脱がされるとは思っておらず顔を真っ赤にして)
ぁぅ……これは、っ…ドーリィさんが、触ったから…

205:ドーリィ 2016-09-22 17:23:25

>リツ
ふぅん、じゃあもう少し試してみようかなぁ(楽しそうに笑って言えばぺニスを見つめたまま先程の傷痕に強く爪を立て)

レスを書き込む