TOP > なりきり > 文句あるか[カラ一]

文句あるか[カラ一]

最終更新 2016/10/29 23:10:02
レス数 77
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス77中:1-20

1:一松 2016/09/18 23:30:41 作成

普段下ネタ言いながらもじつは純粋、キス1つで顔が真っ赤になる
そんな一松の相手をしてくれるカラ松を募集

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

59:一松 2016-10-23 08:39:16

っ…何も言ってねえだろ、クソま…っひ、ゃ
(よくこの状況でそんな事を言えるなと若干沸き立つ苛立ちに睨んでやろうとしたら、突然耳元で囁かれ途端つい上擦った声を漏らしてはつい力が抜けてしまい、その拍子にガタンッと物音を立ててしまって)

トド松
はー?何でそうなるのさ、シコ松兄ひゃッ!
(ドライモンスターなんて呼ばれむっと顔を顰めてはシコ松だたんて言い返していると、突然の物音に驚きそんな時だけは早くチョロ松に飛びついては背後に隠れて)

60:カラ松 2016-10-23 10:00:17

っ...!す、すまないっ...調子に乗った
(相手の上擦った声を聞けば胸の鼓動が早くなり。落ち着け!俺の下半身!← と心の中で叫んで。チョロ松とトド松の会話が耳に入れば一気に青ざめ)

チョロ松
うわっ...!びっくりした...え、なに...猫?
(音がした押入れに視線を向けて。今押入れから音したよねと後ろに隠れる相手に聞いて。ちょっとトド松見てきてよと押入れの方へ押して)

61:一松 2016-10-23 11:52:59

…っ、……
(自分の出した声に羞恥心は増したのかぶわっと耳元まで顔を赤く染めて。声を漏らさぬよう手で口をぐっと押さえては外の会話なんて聞こえてないぐらい自分の中で動揺しきってしまい)

トド松
し、知らないよ…猫松兄さんが猫でも連れ込んだんじゃないのー……
は?ちょ、やめてよ!ふつーここは可愛い弟の為に兄が行くもんでしょ!?
(チョロ松に言われ自分も襖の方に顔を向けては、見に行けと背中を押され慌てて相手の腕を掴み。寧ろ行けと相手の手をぐいぐいと引っ張って)

62:カラ松 2016-10-23 16:45:02

はぁ...
...!?おぉぉ、おいっ!来るぞ!!
(相手の可愛さにうっとりとため息つくがふと我に返ると少しずつ近づく足音に気が付いて。なんとかこの状況を切り抜けるためにはこれしかないと思えば、相手に猫の鳴き真似しろと頼んで)

チョロ松
可愛かねぇよ!このドライモンスター!僕だって嫌だよ...!!なんか変な虫とか出てきたら嫌だし...
(嫌だと言うもやはり気になっていて。1度向かうものの、やっぱり嫌だと襖を開けるのを躊躇して)

63:一松 2016-10-23 17:42:13

は、はぁ?んな、急にっ…
(来るぞなんて言われれば身構えて襖の方を見て、こんなところをみられればこのまま窓から飛び降りてやろうかな…なんと自棄になっており。そんな時急に猫の真似なんてしろと言われ戸惑いながらも、ぴょこんと耳を立てると恐る恐る襖の奥に向けて鳴き真似をし)
にゃ…にゃーお…

トド松
はぁあ?虫ぐらいで何ヘタレたんのさ、このチェリー松!虫ぐらいでてきたらガスバーナーででも燃やしちゃえば…ん?なんだ、やっぱ猫じゃんか
(そんな事を言いながらも自分から開ける事なくぐいぐいと相手の背中を押しては、ふと聞こえてきた猫の鳴き声になんだと呆れては正体が分かった途端恐怖心も興味もなくなって)

64:カラ松 2016-10-23 19:50:05

(あまりの可愛さに悶えて← 可愛いと言えば睨まれるのは目に見えてるため、無言で抱きしめれば死ぬかと思ったと零し。そして外の兄弟らが此方に興味がなくなり安心した様子で一息ついて)

チョロ松
チェリー松ってなんだよ!人のことばっかり言うけど、トド松も同じだからね!?
...なんだ猫か...!
(自分の事を棚に上げて自分のことばかりディスってくる相手に少し腹が立ち、怒り気味に返せば本当に性格悪いよねと軽く睨みつけ。押入れの中の正体が猫だとわかれば安心し、猫ならそっとしておいてあげようと思い)

65:一松 2016-10-23 20:48:20

……っはぁ
(どうなるかとドキドキとしていたが、襖の向こうの2人はどうやら此方にもう近づいて来る様子もなく、息をついては安堵して)

トド松
僕のチェリーは兄さんとは違って可愛いんだもん。
はーぁ、チョロ松兄さんのせいでなんか喉乾いちゃった、
何か持ってきてよ、チョロ松兄さんっ
(最初飛びついたのが嘘みたいに表情は普段通りで。睨みつけられることに怯むことなく目を細めては薄く笑みを浮かべ。ソファーへと戻り腰を下ろすと、チョロ松に向けてそんな事をお願いし)

66:カラ松 2016-10-23 22:28:06

ふぅ…なんとか切り抜けたな
(お前のおかげだと笑みを浮かべお礼を言って。しかし外に二人がいる以上押入れからは出られないため、早く出ていってくれなんて思っていて)

チョロ松
なにいってんの!?可愛くないから!みんな同じだから!童貞に可愛いとかないから!!
…はぁ…?自分でとってきなよ…
(相手の発言に早口で言い返すと大きなため息をつき、ツッコミどころ多すぎて疲れたと言いながら床に座って。逆にこっちが持ってきてほしいくらいだよとボソッと呟き、絶対持ってこないからねと強く言えばそこら辺にあった雑誌を読みはじめて)

67:一松 2016-10-23 23:22:51

別に…じ、自分の為だし…
(お前のおかげなんて言われるが照れ隠しで素っ気なく返してしまい。だが危機を乗り切ったはいいが抱き締められているのもそろそろ限界で、本気で頭が爆発しそうなのでさっさとどっか行ってくれないかと願っており)

チョロ松
うわー…必死、必死すぎるよチョロ松兄さん…
はぁ…兄さんにお願いした僕が馬鹿だったよ、折角今度の合コン1人来れなくなったらチョロ松兄さんだけこっそり誘ってあげようとしたんだけどなー
(早口に言い返されるとやはりこの三男だけどうしても童貞臭いな、と内心悪態をつき。予想通りの返事にもとより期待はしておらず、喉が渇いたのも事実で仕方なく立ち上がると部屋を出ようとしながらポツリと独り言のように呟いて)

68:カラ松 2016-10-24 22:03:32

キスしていいか(←)
(相手の願い届かず、一度離れると肩を掴んで真面目な表情で上記を述べ。今すべきことではないのはわかっているんだが、したくて堪らないんだと迫って)


チョロ松
ごご、合コン…!?ちょ、今合コンって言ったよね…!?
(さっきまでの態度とは一変、そのワードを聞けば思わず大声をあげてしまい。慌てて口を押さえると相手の近くへ行き小声で話はじめて)

69:一松 2016-10-24 23:12:30

!は、はぁ?なっ…なに言ってんだよ、急に…
(襖の向こうで騒がしい2人に早く出て行かないかと聞き耳を立てていると、突然肩を掴まれそんな事を言われると目を丸くし。段々と顔が赤くなっては口ごもり)

トド松
うん、言ったよ?せっかくチョロ松兄さんならどうかなって思ったけど、仕方ないね〜…
(必死そうな相手とは対照的に澄んだ瞳で特に動揺もせず答えて、そう言いながら携帯を弄り歩みを止めていた足を再び進めようとして)

70:カラ松 2016-10-25 07:17:52

そりゃ、こんな狭い所で2人きりなのに我慢なんて出来ねぇだろ
(これでも頑張って我慢してるんだぞと苦笑いして。甘い声で相手の名前を呼び頬を撫で)

チョロ松
ちょっと待って!行くから!飲み物取りに行くから連れてって?(←)
(急いで相手の腕を掴むと必死に。なに飲みたいの?なんて態度をコロッと変えて)

71:一松 2016-10-25 18:24:42

そ、れは……
(襖越しに気づかれていないとはいえすぐそばには兄弟がいるわけで、戸惑っていたが自分の名を呼ぶ声に一瞬息を飲んでは、返事をする代わりにきゅっと目を閉じて)

トド松
えー、ほんとー?あ、僕やっぱり甘いもの食べたい気分になって来ちゃったからアイス買って来て欲しいな、とびきり美味しいやつ
(きゅるんとあざとい笑顔を浮かべると、ちょろいチョロ松ならこのお願い聞いてくれそうだと思うとアイスを買って来てと頼み)

72:カラ松 2016-10-25 22:28:49

…可愛い
(目を瞑る相手を愛しそうに見れば、頬を軽く押さえたまま唇を落とし。何度も角度を変え吸い付くようにして)


チョロ松
うっ…わかった…
(合コンを餌にコキ使われてんなとわかっているものの、やはり合コンには行きたいためか逆らえず。買ってくればいいんでしょと適当に返事すれば襖を開けて。合コンの話、嘘だったらまじ容赦しないからなと軽く睨み付ければ部屋からでていき)

73:一松 2016-10-26 08:22:07

んっ…、…
(生まれてこのかた童貞な自分がふざけ目的でない口付けなんて初めてで、顔を真っ赤にし普段とは違いしおらしく口付けを受け入れては緊張した様子で相手の服の裾を摘んで)

トド松
…あはは、いってらっしゃ〜い
(自分よりも目つきの悪い相手に睨まれると僅かに表情を固まらせながらわかってるよ、と返事をしてはチョロ松を笑顔で送り出し。またソファーに座りスマホでも触って待っていようと思ったが先程から何故か人の気配があり、1人になった途端怖さが来たのか襖から顔を出しては階段下を覗き込み)
チョ、チョロ松兄さん、もう行っちゃった〜…?

74:カラ松 2016-10-26 22:22:07

ん、ふぁ…んんっ…
(相手から伝わる緊張。それを少しでも和らげようと頭を撫でながら舌を絡ませ)

チョロ松
…んー?何ー?
(上から聞こえる声に玄関から大きめな声で返してやり。他に買ってくるものあるの?と聞くも、相手の声は何かに怯える声だったため疑問に思い)

75:一松 2016-10-26 22:57:12

っ…ふ…ぁ、…
(口内に入ってきては自分の舌と絡み合う相手の舌により一層緊張は増してしまうが、撫でられたことで落ち着こうとし。下を噛まないように口を薄く開けながら微かに声を漏らして)

トド松
や…やっぱり僕もいく!
(1人でこの部屋にいるのは怖くなったのかそう声をかけると携帯と財布だけ手にしては廊下を駆け下りてはチョロ松のもとに行き、適当な言い訳を考えて)
チョロ松兄さんに買い物任せるとダサいの買ってきそうだしさ

76:カラ松 2016-10-27 22:27:45

っ…は、…ん…
(微かに漏れる相手の甘い声に興奮は増すばかりで、抑えていたものがそろそろ限界のようでもっと近くへと抱き寄せれば口内を激しく犯し)

チョロ松
…とか言って、本当は怖くなっただけなんじゃないの~?
(夜中に一人でトイレにも行けない相手が物音がする部屋で一人お留守番などできるはずがないと思い、ニヤニヤと笑って。相手にダサいと言われればうるさいなと悪態つき)
アイスにダサいとかないでしょ

77:一松 2016-10-29 07:26:45

ん、んッ…っふ…ぅ
(より一層激しくなる舌の動きにそろそろ苦しくなってきたのか、相手の胸板あたりを軽く叩いては訴えて)

トド松
は、はぁ?そんな訳ないじゃんっ
(図星だったのかビクッと肩を跳ねさせるものの否定して、自分も靴を履いて)
あるよ、チョロ松兄さん選ぶもの全部ダサくなるもん

78:カラ松 2016-10-29 23:10:02

んっ、は…すまない…苦しかったか
(軽く胸元を叩かれると名残惜しそうにゆっくりと口を離して。舌舐めずりをしニヤッと口角をあげればごちそうさまと述べ)
どうやらチョロ松たちは出掛けたようだな

チョロ松
まぁ…なんか気味悪かったしね
(それでも誤魔化し続ける相手にバレバレだってと笑うも、自分もあそこに一人でいるのはいい気がしないだろうなと想像して)
ダサいんじゃなくて、ベーシックなの…!

レスを書き込む