TOP > なりきり > brother complex 【reversible/兄募集】

brother complex 【reversible/兄募集】

最終更新 2016/12/12 10:47:04
レス数 0
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス0中:-

1:弟 2016/12/12 10:47:04 作成

弟side

(時は今より100年以上前、国はイギリス。)
僕と兄さんは施設で育った。マザーは優しくて、同じ年頃の子供が沢山居て、大家族みたいだった。兄さんとはそこで出会って、瞳が同じ色をしていたからきっと本当の兄弟だって信じてた。でも、理由はそれだけじゃ無くて、身体に、そう、脇腹に僕の痣と同じ形の痣が兄さんにもあったんだ。だから、本当の本当に兄弟だって思ってた。
ある時、僕らが11歳と16歳になった時、農場を営む老夫婦に養子に迎えられた。おばあちゃんもおじいちゃんも凄くいい人。
でも、四人家族の幸せはそう長く続かなくて、僕が14歳になった日におじいちゃんが亡くなった。それからひと月と空けず、追うようにおばあちゃんも息を引き取った。遺された僕らは一生懸命ふたりで農場を切り盛りして、おばあちゃんとおじいちゃんが残してくれたお家で暮らしていた。
そんなある時、僕ら兄弟の関係が一変する出来事が起きた。村人の親睦を深める、班長会議でぶどう酒を飲み過ぎて帰ってきた兄さんが僕に……キスをしたんだ。元々唇の合わせっこのようなキスはしていたけど、熱く舌を合わせる大人のキス。

それから僕らは………


◻︎募集
孤児の義兄弟同性愛で兄を募集します。
基本的にリバーシブルで、受け攻めはその都度雰囲気で決めたいと思います。(抜きっことか前戯が多いかと。)
兄の条件としては、弟を溺愛していることだけ。
容姿はブロンドと緑がかった瞳で弟と統一して下さい。性格はしっかりしていて頭が良く面倒見がいい、そんな人で。

弟は純粋なわんこのイメージで、頭足らずな部分が多々あり、兄無しでは生きていけないようなブラコン。
精通済みですが、処女で童貞の為、初々しい描写になると思います。(苦手な方はご遠慮ください。)

◻︎お約束
・2日1レス目安でやり取りのできる背後成人以上の方
・一週間無返信でキャラリセ
・プロフの美化OK
・ロルは80字以上、全角希望で現在形
・背後会話可能な方
・相性があるので応募が一件の場合も選定有※ご了承ください
上記ストーリーと募集をよく読んだ上で、プロフとロルテと萌え萎えを明記し、ご応募ください。



◻︎弟プロフィール
リル Llyr(18)※兄とは5歳差

容姿/ 艶やかなブロンドの髪。前髪が長く7対3に分け、3の右側を耳に掛けている。若干前下がりの髪型で、直毛では無く癖でふわふわとしたウェーブが掛かっている。瞳は緑色で色白の肌によく似合う。兄に会うまでは一際目立っていたので好きでは無かったが、共通点となり今では気に入っている。ぱっちり二重に高い鼻、薄い唇は一般男性よりもピンク色をしており、瞳の下にはそばかすが散っている。服装は白いシャツにクリーム色のベスト、茶色系のチェック柄パンツ。成長期で180㎝と長身、痩せ気味で猫背。

性格/ 無邪気で人懐っこい性格。喜怒哀楽がはっきりとしており、気に入った人や信用のできる人をとことん信頼し、疑う事をしない。わんこのように忠実で従順。兄のためなら自分を犠牲にしてもいいくらい兄が大好き。

備考/ 羊やヤギを飼育している農場(主に織物やヤギのミルクで乳製品の加工等)を営み、平屋の小さな家で兄と二人暮らし。幼い頃両親と共に奴隷として悪業者に売買される寸前で奪還し、その途中施設のマザーに出会い保護される。奴隷の印として脇腹に焼印を入れられ、今でもそれは残っているが、当時の記憶は本人的に思い出したくない、忘れたい記憶であまり覚えておらず、それといった特徴もない痣になったので忘れ去っている。
兄とは最初に出会った頃から惹かれつつ、行動はいつも一緒で後を付いて回っていた。養子に引き取られる際も、本当は弟一人のはずが離れ離れになりたく無いと抗議し一緒に引き取られた。
兄は最早親代わりのような存在で、勉強も思春期の感情のコントロールも精通も兄が教えてくれた。

萌え/ ストーリー重視、甘々、束縛、ヤンデレ、ドS思考、キス、キスマーク、甘噛み、言葉攻め、誘い受け、青姦、騎乗、多ラウンドその他
萎え/ キャラ崩壊、修復不可な喧嘩、放置、無視、受け受けしい、まぐろ、ビッチ、モロ語その他

◻︎参考ロル
(今夜は兄は家を代表し、村の親睦会に出掛けており、一人で留守番中。羊の毛で作った兄の匂いが仄かに香る膝掛けを抱え、オレンジ色の温かみがあるランタンを灯し、本を読んでおり。突然玄関先で鍵を開ける音と荒々しい足音が聞こえ、愛しい兄が帰宅したのかと嬉しそうにばたばた掛けて行くとそこには頬を紅く染め、ぶどう酒の匂いを漂わせた彼がいて。心配そうに眉を垂らし、近寄るといつものように抱き締めて頬に唇を寄せて。)
兄さん、おかえり。


以上


長文をお読みいただき、ありがとうございます。
以前のものを条件を変え、立て直しました。
ご質問、不明な点はお気軽にお尋ねください。
素敵なお兄さんに出会えますように、良きご縁があることを願ってます。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

レスを書き込む