TOP > なりきり > 地下世界の奥の奥(非募集)

地下世界の奥の奥(非募集)

最終更新 2017/01/06 20:15:10
レス数 16
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス16中:1-16

1:名無しの萌語り 2016/12/27 18:40:44 作成

閲覧注意!
お相手様をお待ちしています。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:百夜ミカエラ 2016-12-28 21:59:18

(地上の任より帰還したその身を清める暇も無いままに同僚からの「言伝」に従って砂埃で汚れた靴を幼い頃より通い慣れた道程へと差し向けるにつれて胸中で肥大する嫌悪感を奥歯を擦り合わせて噛み殺し。取り出した懐中時計の時刻は日付の変更線を疾うに過ぎながら昼も夜も無い家畜の子供達のぎこちない笑顔を無言で遣り過ごしつつ目指す先は瀟洒な邸宅の主の寝室、嘗ての己と同じ境遇の少年の手で扉が開かれるほんの一瞬に鬱憤を溜息に変えて吐き切り緩く被りを振ると扉を潜らずに足を止め部屋の最奥にて待つ相手へと敵意を剥き出しにした視線を向けて)──…それで、僕に何の用だ。







取り敢えずはこれで。

3:フェリド・バートリー 2016-12-29 00:47:50

さて、そろそろかな……。んー、なんでもないよ~。そろそろ頂こうかと思ってね。…そう、いい子だ。(寝室とは名ばかりの人間を真似て揃えただけの家具は豪奢屋敷の造りに合わせ、高い天井から垂れ下がる薄いレースの天蓋に覆われたキングサイズの寝台が奥にひとつ、その手前には邪魔しない程度に設えたソファとテーブル。その張り皮の上で緊張状態のまま隣に座する薄い栗毛をした少年を前に零した独り言は待ち人の訪れを足音から察知してのもので、聞き返す丸い榛色に笑顔で振り向き細い肩を掴めば吸血の合図、牙を突き立てた傷口から溢れる血液を遠慮なく嚥下する表情は恍惚を帯びて。飲み切れず垂れた紅が衣服を濡らす頃、部屋の手前で立ち止まる足音と開かれる扉を至極愉快げに待ち侘びながら痛い程突き刺さる殺意に等しい視線を身に受け、彼が目撃したことを察し漸く引き抜いた唇は紅をさした如くに。解放の言葉をかけた後、背徳感がゆえの愉悦に染まる表情を恥じて足早に彼の隣をすり抜ける少年を見送る間に唇の紅を舐め取り、依然微動だにしない彼へ広げた掌を振って。)おやおや、早かったんだねぇ。いらっしゃい、ミカちゃん。久しぶりの地上はどうだった~?君の天使くんは見つかったかい?










スレ建てありがとね~、ミカちゃん。
どうにも初回で掴めない部分もあるけど、不要な部分は蹴るなり削るなり上手くやってよ。

4:百夜ミカエラ 2016-12-29 11:05:17

(懐から取り出した銀時計で目視した時刻は指示通り、来訪を予期して・或いは歯牙にも掛けず捕食を行う底意地の悪さに眉を顰め駆け来る少年の為に逃げ道を開けてやり。急いた足取りが縺れ胸へ衝突した肩を咄嗟に支えたものの己を見上げる榛色もまた怯えのそれ、取り繕い謝意を述べる後ろ姿を一瞥して見送った後傍仕えの子供に扉を預けたまま木枠に軽く指を掛けて贅を尽くした部屋内の最奥、丁度の華やかさに決して見劣りしない冴え冴えとした美貌を生理的な嫌悪感を隠さない渋面で見据え、その唇から紡がれる揶揄にも似た声調には軽く牙を剥いて威嚇)用件を言え。貴様と雑談する気はない。

5:百夜ミカエラ 2016-12-29 11:11:53

拙いな。長い描写が回せない。
慣れていないのはお互い様だ。何かあれば言え。

6:フェリド・バートリー 2016-12-29 21:52:32

こわ~い。そんな顔してるから逃げちゃったじゃない。まぁ、さっきの子も可愛いけど、やっぱり昔の君には適わないなぁ。家族のための自己犠牲……。なんて美しい家族愛だろう…!ああまでして逃がした優ちゃんは人体実験に使われて。泣けてくるよねえ。なのに君には彼を救えるだけの力がない。だったら、どうすればいいと思う?(時間通りの来訪と最高のタイミングで居合わせた少年とを重ねただろう昔の姿を卑しい唇で揶揄、成長を続けても尚、変わらず透けるような金の糸は天所の中央高くに吊るされた年代物の照明具によって青年の持つ輝きを一層増すようで、人知れず刺激される嗜虐心が腹底で蜷局を巻き。精巧な人形とも思しき外見以上に危うい精神を揺さぶるのは地上戦、新宿で暴走を見せた黒髪の少年。年端もいかない側仕えの子供を人間離れした紅玉を僅かに眇てひと睨みすれば反射的に起こる震えを体温調節のそれと匂わせ罪悪感を刺激しつつ、脚を組んだ膝へ片肘を立て内に丸めた手の甲で顎を支えて獲物の侵入を待とうか)それに君が入らないと、彼はずっとそこで立っていなきゃいけなくなる。寒そうだよねえ、こんなに震えて。

7:百夜ミカエラ 2016-12-31 13:37:21

………、………(記憶に新しい禍々しい変貌を遂げた幼馴染の様相への言及は引き金、呼び水と知りながらも傍らで竦み上がった少年を冷ややかに一瞥すると掌中の時計の蓋を音を立てて閉じるその手で軽く幼い肩を廊下の方へと押し遣って。扉の閉まるにつれ緊張が齎す閉塞感に胸を締め付けられながら緩く被りを振って頬に掛かる髪を払うと早足に応接セットの下へ。ソファの対面には座らず、その肘掛けに指先だけ掛けて依然嫌悪感が剥き出しの青い瞳に眼前の吸血鬼を映し、胸中の激情を推し殺して淡々と一語、一語と紡ぐ言葉のその終わりには牙を剥いて敵意を示し)白々しいな、フェリド。僕はお前の話を聞かざるを得ないと判っていながら。……だが、信じるわけじゃない。優ちゃんにもしものことがあったら、

8:フェリド・バートリー 2016-12-31 20:00:16

​何かあったら、殺す?でも僕を殺したら優ちゃんは助からない。​──これ、例のものを抑制できるんだ。(肩を押された少年がこちらを伺えば頤を支える腕を外して退去の命、一礼の後身体には見合わない大きな扉を外から閉じれば絨毯を引かれた廊下から去る裸足の足音が遠退く頃、警戒心から生まれる躊躇を振り払う一連の動作も舐めるような目線で追って。漸く対のソファまで足を進める敵意の前で衣服から小さな硝子製のアンプル容器を親指と人差し指で摘んで取り出し見せつけた後、手を滑らせて組んだ脚下へ落とす動作に彼の反応を伺うも自らは拾わず、僅かでも動揺を見せたなら瞳孔を開いて碧眼を睨めつけ)ああ、手が滑った。君は欲しいよねえ、喉から手が出るほど。拾えよ。

9:百夜ミカエラ 2017-01-03 00:03:47

(日本の各地に散る吸血鬼達を招いた舞踏会を終えて、従卒、或いは傍目に恋人役として同伴した貴族の私室に戻るなり溜息をひとつ。金の巻き髪は整え編み込んで頭上で整え身に纏うのは女性物の華やかなドレス、肘まで覆うグローブを猫足のテーブルの上に投げ捨て手の甲でぐ、と口紅を拭いちらり肩越しに相手を振り返り)──悪趣味だな。貴様もあそこに集まる吸血鬼達も。



フェリド、いるか。

10:フェリド・バートリー 2017-01-03 00:19:22

(舞踏会の後、腰までが大きく開いた嫌悪の背中を隠す金の付毛をカウチに座して眺めれば投げ捨てられた手袋には一瞥をくれるのみ、脇に降りた手を一度取って拭い切れず残った油分が血液の如く伸び、振り返った唇にも同様の紅の跡に芝居じみた嘆き、崩れ尚繊細さを失わぬ容貌に満足げに口角を引き上げ膝に乗せた脚を組み換え)怒るなよ~。綺麗にしてあげただろう?

11:フェリド・バートリー 2017-01-03 00:21:30

僕の屋敷だからねぇ。勿論いるとも。
あはは~、あれかな。僕に会いたくなっちゃった?

12:百夜ミカエラ 2017-01-03 00:29:19

こんなものまで着けて、か?これじゃあまるで、僕は貴様の飼い犬だ。(寝台脇のキャビネットの上から茫と室内を照らす燭台の灯を頼りにどこまでも愉悦に弾む声の主へと向き直れば未だ人の身の証の蒼い瞳が底冷えに冷え、繊細なレースで覆われた首元に掛かる不釣り合いな赤い首輪を指先で示して。人を真似て誂えた上質の寝台の上に軽く腰を掛けて双眸眇め)……まあいい。取り敢えずは報酬だ。お前の血でも、無いよりはマシだ。

13:百夜ミカエラ 2017-01-03 00:31:41

ああ、貴様の顔でも、見ていないと落ち着かない程度には里心が付いたみたいだ。だが自惚れるな。御前は必ず殺す。

14:フェリド・バートリー 2017-01-03 00:48:05

血で飼われている君にはお似合い、だろう?(細かなレースがふんだんにあしらわれた純白のドレスに映える赤の首輪は、彼の言葉の通り飼い犬の証。屋敷の主人を敢えて避けて同じく純白のシーツへ腰を降ろす姿は絵画の如く白に溶け、一向に近付く気配の無い様子に紅玉を眇て暫く、緩慢と組んだ脚を解いて立ち上がるなり血に飢えた彼の前へ、片手を顎に添えて天を仰がせる掌を覆う己の手袋の着脱を示唆)つれないこと言わないでよ~。お預けにしたくなっちゃうじゃないか。

15:フェリド・バートリー 2017-01-03 00:50:02

殺したい、でも、殺さない?それとも殺せない、の間違いかな。愛が芽生えちゃったりなんかして?

16:百夜ミカエラ 2017-01-06 20:15:10

たまにはこっちで。
おやすみ。

17:フェリド・バートリー 2017-01-09 06:39:56

おやすみ、ミカちゃん。
そんな可愛い寝顔を無防備に晒してたら、悪い吸血鬼に悪戯されますよ。なぁんて。

レスを書き込む