TOP > なりきり > 白き奇跡と黒き呪縛

白き奇跡と黒き呪縛

最終更新 2017/03/19 10:23:30
レス数 139
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス139中:1-20

1:オルガ 2017/02/12 19:21:49 作成

その国は、奴隷貿易で栄えていた。中でも最も盛んなのは、所謂、性奴隷。
富豪の注文で性奴隷になるためだけに生まれさせられた当C。容姿、体つき、感度諸々、遺伝子操作で主人好み。更には黒魔術的な何かで、項の魔法陣と主人が持ってるダイヤの指輪が連結しており、いつでも発情させられるように。
そんなある日、脱走に成功した当Cだが行くあてもなくとりあえず遠くへと街を彷徨っていると、異国から来たという貴Cと出会う。
最終的には主人からダイヤの指輪を奪ってハッピーエンド!

的な設定で、攻め様募集させて頂きます。
異国から来た方であれば、ただの旅人から魔法使いまで何者でも構いません。特に厳しく設定は設けないので、お気軽に考えて下さいませ。

参加希望して頂ける方は、プロフとロルテへの返信を記載の上、コメントお願いいたします_(_^_)_
では、良縁を願いまして。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

121:オルガ 2017-03-10 21:31:02

何か、俺とあなたが出会ったのって...、
(相手の背中を見ながら着いてきたが、ふと思ったことを口に出していて。___運命みたいですね。最後の一言を言う前に我に返っては、それに自分でも驚いているように目を丸めながら、だがすぐ顔を真っ赤にしては顔を伏せ。俺は、あくまで奴隷という身分。この人と共に生きたい気持ちは山々だけど、いざとなれば、この人を守る為にも、俺が。俺がこの人を裏切らなければ。そう頭では理解している物の、無意識に相手の服の裾を掴んでは、少し歩く速度を速め。)

122:ヴェラル 2017-03-11 13:00:34

?どうかしたか?
(言っていた言葉を区切ってしまった上に俯いてしまった相手に首を傾げながらきいて)

123:オルガ 2017-03-11 17:43:58

いえ、何でも。
(相手が首を傾げると少し眉を下げ、笑みを浮かべながらそう告げて。少し弱気になったかと首を振り、平静を保って。)

124:ヴェラル 2017-03-11 18:34:52

…オルガ、俺たちは行動を共にする身だ
なんでも言いたいことは隠さずに言ってくれ
(寂しそうな悲しそうな笑みを浮かべる相手に歩いていた足を止め相手に振り返りながらそういい)

125:オルガ 2017-03-12 00:45:30

っ...そんな簡単に、...簡単に、行動を共にとか言わないで下さい!
俺は......奴隷、なんですよ?
(一度思い出すと余計な事まで思い出してしまい、奴隷の頃の恐怖などから少しヒステリックを起こしてはそう言い。薄っすら涙を浮かべながらつい踵を返して行く当てもなく走り出してしまって。)

126:ヴェラル 2017-03-12 08:04:30

おいっ
(相手を引き止めようと手を伸ばしたが間に合わず手は空中を掴んで短く舌打ちをすると相手の後を追いかけて)

127:オルガ 2017-03-12 13:55:52

っ、......!
(息が切れるのも気付かないほど走り続けながら、頭の中では嗚呼、嫌われてしまった、と懺悔の念に囚われ。不意に相手と出会った時のように通行人にぶつかってしまい、謝ろうと顔を上げると見たことのある顔で。相手の方もお前、何処かで見たことがあるような、なんて言うものだから恐怖心で震え、過呼吸気味になり。)


___
今更ですがホント急展開すぎすみません!
やった後に言うのもですが、気に食わないようでしたらなんなりとお申し付け頂ければと。

128:ヴェラル 2017-03-12 19:46:00

(相手を怒らせてしまった自分に怒りがこみ上げるが、まだ街を出るまでにはいたっていなく相手を探すのが先だと周りを見渡しながら走って)


----------

展開、助かります!
付いて行きますよ笑、こちらも何かあれば展開させていただくので笑

129:オルガ 2017-03-12 20:03:44

すぃ、っませっ......!
(取り敢えず謝ってみようと声を絞り出すが、上手く音にならず。思い出した、この人が奴隷商の、俺を主人に引き渡した奴だ。逃げろと本能が叫び、慌てて立ち上がって逃げようとした瞬間、腕を掴まれ顔を覗き込まれ。お前、カラコン付けてるのか?そう聞かれヤバイと思うも、やはり声が出ず助けを叫べず。)

___
そう言って頂けますと此方も助かります...!
ありがとうございます。素敵な方に恵まれました( ´ ▽ ` )

130:名無しの萌語り 2017-03-12 20:44:37

オ………リュオンっ
(変な男に絡まれている相手を見つけると、内心で慌てながら2人に近寄り相手の腕を掴みながら名前を呼んでしまいそうになるが、咄嗟に浮かんで名前を呼んで)

-----------

こちらも、偽名使ってしまいました…
いえいえ!それはこちらのセリフです

131:オルガ 2017-03-12 22:51:30

っ゛!!
(聞き覚えのある声に反射的に振り向くが、聞こえた名前に心当たりはなく。普段通り冷静であれば、バレてしまわないように配慮してくれたんだと思えるはずだが、ぐちゃぐちゃの脳内ではそんな余裕などなく。更には勝手に昔の恋人の名前ではないか等という結論にまで至ってしまい。)
だ、誰ですか...?
貴方も、おれのこと、わ、すれた......?

___
なんか今更水臭いといいますか、笑
取り敢えず改めまして?今後もよろしくお願い申し上げます!

132:ヴェラル 2017-03-12 23:07:13

…こいつは俺の連れです
何か用でしたか?
(相手のようすに混乱しているのが明らかで、しかし相手の腕を掴んだままの男がいるために詳しくは言えず、とりあえず相手を強く引いて男から離してキツく睨みつけながらいい)

-----------

そうですね笑

ですね!こちらこそ!
よろしくお願いします

133:オルガ 2017-03-13 21:30:11

(思いの外強い力で引かれ、奴隷商の手が離れたことに安堵するも、相手に怒られるのではないかと怯えて。恐る恐る奴隷商の顔を見てみると、ぞっとするほど闇の深い笑みで此方を見た後、いいや?と含みのあるような言い方をするものだから、悪い予感がするも自分ではどうすることも出来ず。)

134:ヴェラル 2017-03-13 22:00:15

……失礼します
(しばらく無言で睨みつけていたが、このままいても意味がないとぶっきらぼうに一言だけ言い放ち、相手の手を引きながら歩き出して)

135:オルガ 2017-03-13 22:14:39

ご、め、なさっ゛...。
(去り際の相手の一言があまりに淡白で、やはり怒っていると怯えて。引かれながら取り敢えず歩いているものの、その足取りは決して軽いとはいえず。口からはひっきりなしに呼吸音と謝罪の言葉を述べて。)

136:ヴェラル 2017-03-13 22:17:25

オルガ、落ち着け
(安全だと思われる人気の多い通りへでて、少し歩いたところにあった脇道へいくとようやく相手の名前を呼び顔をみて)

137:オルガ 2017-03-13 23:04:36

!......あ、ぅ。
(自分の名前を呼ばれると何とも言えない気持ちになり、だが瞳を捉えられると真っ直ぐ相手を見ることに慣れていないためしせんを泳がし。落ち着けと言われどうにか落ち着こうとするが、やはり呼吸はまだ僅かに荒く、相手に対しても少し警戒していて。)

138:ヴェラル 2017-03-13 23:28:32

(まだ落ち着けていないような相手をみると抱き込むように相手を抱きしめて、リズムをつけて背中をポンポンと叩いて)

139:オルガ 2017-03-18 23:17:28

っ、は、ヴェラル、さん...?
(息が整ってくると今度は嗚咽が湧き始め、少し掠れた声で再確認するように相手の名前を呼びながら、胸元に顔を埋め。)

__
遅れてすいません!!汗
本当にすみませんがインフルにやられてしまいまして、また少し期間を頂くと思います。お気持ち宜しければ是非おつきあいいただきたいです!
何度もすみません(( _ _ ))

140:ヴェラル 2017-03-19 10:23:30

あぁ、俺だ
(徐々に落ち着いてきた相手になるべく柔らかい声で答えて、頭は撫で続けていて)

----------------

インフルですか、無理はなさらずに

レスを書き込む