TOP > なりきり > 或いは数奇な愛の始まり

或いは数奇な愛の始まり

最終更新 2017/11/28 13:21:35
レス数 45
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス45中:1-20

1:366 2017/03/03 12:11:08 作成

然る国、然る街、然る屋敷。
貴族と盗人の奇譚、始まり始まり。


募集スレで御声掛けいただいた368様をお待ちしております。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

27:ジャンルカ 2017-04-01 23:07:33

今月中は御連絡をお待ちしたいと思います。

28:ジャンルカ 2017-05-01 06:50:59

1ヶ月お待ちしましたが御連絡が無い為、大変申し訳ありませんが打ち切りとさせていただきますね。
短い間でしたが楽しいやりとりが出来て嬉しかったです。有難うございました。

29:スレ主 2017-05-01 07:47:55

再募集させていただきます。
以前募集告知スレにて投稿した内容を下に再掲致します。

------------------------------------------------------

ファンタジーな世界観にて御相手をしてくださる方を募集します。

貴Cは完攻で豪奢な屋敷を構える若き貴族、当Cは完受で富める者からしか奪わない盗人。
舞台はとある国の地方都市で、魔物の襲撃を食い止める高い塀の中で平民階級以上の者は豊かな暮らしを送っている。だが身寄りの無い孤児や奴隷(この国の植民地である隣国出身の人間)などには人として生きる権利が無く、貴族に買われて死ぬまで働かされる運命。
最近、貴族階級の邸宅に夜な夜な盗みに入る不届き者がおり、高価な宝石や芸術品を奪ったり奴隷を逃がしたりと巷を騒がせている。盗人の正体は当Cで、とうとうある日貴Cの屋敷に侵入。
しかしそれを予見していた貴Cの罠に掛かり捕らえられ、貴Cは当Cを監禁調教(目的は更生でも、自分好みの奴隷にする為でも)………のはずが、だんだん打ち解けてお互いを意識し合い恋仲に。
最初は痛み<快楽な調教生活、恋仲発展後はイベントも挟みつつ甘々に過ごしたいなと…都度相談し合いながら無理なく楽しく進められましたら幸いです。

御相手様への条件は背後様が成人済みである事、2日に1度はレスに時間を割いていただける事(多忙時はもちろんその限りではありません。リアル優先で)。
貴Cは当Cより背が高い事、年齢が離れすぎていない事、金の亡者ではない事、実は愛情深い事。…をお願いしたく思います。

以下、盗人の設定になります。苦手な要素がございましたら修正可能ですし、此方が条件として挙げたようにご希望の追加要素があれば是非是非仰って下さい!

名前:ジャンルカ(本名は無く、所謂通り名。愛称はルカ、ルッカなど)
年齢:26歳

外見:
日に焼けた褐色の肌に、紫銀の短髪。瞳は薄い空色で、目尻に向かい緩やかに吊り上がっている。若干目が大きく童顔に思われるのを気にしてか、顎には薄く無精髭を残して年齢相応な顔立ちを主張。襤褸布を幾つも組み合わせた軽装を纏う身体付きは鍛えられてガタイがよく引き締まっている。襤褸布は頭部にもバンダナよろしく巻いている。口を開けた際には白く尖った八重歯が覗く。身長は176cm。

性格:
気っ風がよく兄貴肌で、困っている人間は見過ごせない性質。反骨精神に満ちプライドが高い。少々頭が悪い為に知恵を巡らせるよりは自分の勘に頼って行動する事が多い。貴族は皆私利私欲に塗れているという偏見に囚われ憎んでいるものの決して頭が固いという訳では無いので、己の価値観を揺らがせる事態に直面した際は葛藤しながらもそれを受け容れようとする。

備考:
隣国出身の人間で少年期を奴隷として過ごしていたが、主人の隙をついて逃げ出して以来同じような境遇にある奴隷を解放して回ったり、貴族が独占している財産を奪って貧しい人間に分け与えながら都市から都市を点々としていた。
女を抱いた事はあれど今のところ性癖はノーマル。奴隷時代の経験から痛みには滅法強く幾らでも耐えられると自負しているが、快感にはすこぶる弱く気持ち良い事の前には自制心が利かなくなる。堕ちる過程で耐喘ぎから女々喘ぎに。

ロルテスト:
ったく…何だこの罠、屋敷の中で猪でも放してんのかよ?(草木も寝静まる真夜中——街中で日に日に数を増やしている警邏の目をかいくぐり今夜の標的である貴族の屋敷に忍び込んだのはほんの少し前の事。今こうして片足首に縄が巻かれた状態で逆さに吊られているのは中庭の窓から邸内に降り立った瞬間、そこに仕掛けられていた括り罠に見事掛かってしまったからに他ならず。派手な音を聞きつけた住人が此方に来る前に縄を解こうと格闘したところで成果は無く、腹筋が疲弊してきたのもあり吊られながら忌々しげに独りごちて)

萌:
愛無し→愛有り/シリアス/ギャグ/監禁〜軟禁/調教/恥辱/噛み癖/お仕置き/ペッティング/暴力/開発/嘔吐/束縛/独占欲/嫉妬/目隠し/媚薬/狂愛/緊縛/甘イチャ・ほのぼの/仲直り前提の喧嘩/完治前提の怪我や病気/中出し/失禁/メスイキ/淫語/射精管理/口淫/絶倫/多喘ぎ/潮噴き/雌扱い/快楽責め などなど

萎:
終始愛無し/死亡/四肢切断/肉体破壊/大スカ/過度グロ/ボディピアス/喧嘩別れ/浮気行為/修復不可能な喧嘩/恋仲発展後のDV・鬼畜行為/女体化/アヘ顔/過度確定ロル

30:スレ主 2017-05-10 19:56:32

上げ

31:スレ主 2017-05-18 18:48:11

上げ

32:スレ主 2017-06-01 13:56:35

上げ

33:スレ主 2017-06-16 22:21:05

上げ

34:スレ主 2017-06-22 18:48:28

上げ

35:スレ主 2017-07-06 19:02:11

上げます

36:スレ主 2017-07-16 00:52:33

あげます

37:スレ主 2017-07-29 10:15:21

上げます

38:スレ主 2017-08-07 10:17:24

上げます。

39:Warning: Illegal string offset &◆HGqXNxmVoM 2017-08-07 10:39:00

いい加減しつこい
諦めたら?需要ないのわかってるのに何回も上げまくってキモい

40:スレ主 2017-08-07 17:07:18

そうかもしれませんね。後日削除依頼を出そうかと思います。
御助言ありがとうございました。

41:スレ主 2017-10-12 22:22:16

削除依頼よりも、募集上げをしつつ気長にスレを埋めていった方が良いかなぁと悩んだ末、このままにしようという結論に至りました。

せっかく作った設定が いつかどなたかの琴線に触れたらなという疚しい気持ちも勿論あります(笑)

というわけで、引き続き募集上げさせていただきます。

42:スレ主 2017-10-17 17:46:51

上げます

43:スレ主 2017-10-26 16:44:54

上げます

44:スレ主 2017-11-14 23:44:05

上げます

45:スレ主 2017-11-25 18:52:30

上げます

46:名無しの萌語り 2017-11-28 13:21:35

 
CMスレを拝見して参りました!
やや遅レス気味ですが、よかったら参加希望です。少なくとも週一のレスは約束します。


名前:ライナス・クリスフォード
年齢:24歳
外見:
日に焼ける事のない白磁の肌にブロンズの柔らかなミディアムヘア。瞳は角度に依ってエメラルドグリーンからビリジアンくらいまで色彩を異にする翠眼。吊り眉の切れ長垂れ目。ウイングカラーシャツにアスコットタイを締め、ベストを着用。来客や外出時はジャケットやロングコートを羽織る。183センチと長身。肉体労働はあまり好まないが貴族間での乗馬や狩猟の交流は行う為、身体は引き締まってはいる。
性格:
素は口数が多くは無く、また、良くも悪くも物事に対する執着心が薄い。表向きは社交的で立ち振る舞いも穏やか、口も立つので他の貴族とも遜色無く渡り合う。面倒事は避けて通りたい事なかれ主義で、労力を割かずに事を収めるのは金というツールを使うのが一番楽だと思っている。大抵の人間は金で動くと言う事を幼い頃から目にしている為あまり他人を信用しておらず、後々は貴Cにのみ心を許すように。
備考:
クリスフォード家若当主。両親が数年前に事故で他界した際に家督を継ぎ、現在は他家との商業取引に加え魔物の討伐隊の塀外派遣による報酬金等で財力を伸ばしている。
気紛れに奴隷を購入しては自身の邸宅で小間使いや庭師、警備兵として雇い、敷地の隅に住まわせるなど破格の待遇を取る。雇った後は奴隷とは必要以上の対面や会話を避け、奴隷側からは「変わった主人だが悪くない」としか思われていない。深く関わらないが故に、十分な貯蓄が出来次第自立していく奴隷がほとんど。
所謂義賊の噂は耳に届いており、その内自身の屋敷にも侵入するだろうと踏んでいたが、それ以上の興味は全く無かった。捕らえられた貴Cの姿を見て直感的に「欲しい」と感じた為、自室で監禁する事に。

萌:甘〜激裏/開発/調教/焦らし/玩具/媚薬/視姦/放置/拘束/目隠し/射精管理/結腸/尿道/二輪挿し/潮噴き/尿道/多喘ぎ/自慰強要/その他萎以外
萎:
死/四肢切断/嘔吐/重暴力/重スカ/修復不能な喧嘩や怪我、病気/汚喘ぎ


サンプルロル
思ったより早かったな。……二人だけ俺に付いてくれ。お前達は持ち場に戻って良い。
(罠に掛かった相手を捕縛に向かう警備兵達の喧騒は屋敷内の自身の耳へも届き、普段ならば彼等だけに任せる所ではあるが折角だし顔の一つでも見ておくかと中庭へと降り。十数名がその場に駆け付けるのを制止すると万が一共犯が居た時の事を考えて最小限の人数だけを残し、罠に掛かったままの無様な状態の相手の背後から歩み寄り声を掛けると傍らの男に指示を加え、指示された男がぶら下がる相手の身体を反転される最中にもう片方の男には灯りを掲げるように顎で促して)
生憎と猪は狩る趣味しか無い。──此方へ向けてくれ。


検討宜しくお願い致します。

レスを書き込む