TOP > なりきり > 『  甘美と恋情  』 / 非募集

『  甘美と恋情  』 / 非募集

最終更新 2017/07/04 19:37:20
レス数 77
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス77中:1-20

1:12 2017/03/07 21:07:36 作成

俺に甘やかされてくれて、尚且つ甘やかしてくれるおっさんだけな。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

59:雪永 匡祐 2017-04-16 17:52:43

…ああ、足りるけど?
(相手の号令を傍らに口を開く事はせずただ手を合わせているだけだったが、これでも相当譲歩した結果で。横目にアンバランスに割れた相手の割り箸を見遣りながら、そんな様子さえ愛らしいと感じてしまっている自らに呆れつつ割り箸を割り。一口大きく口を開けて米と焼肉を一緒に頬張り咀嚼していたところ、隣からの声とちらちらと弁当に向く視線から言わんとしている事を感じ取り、意地悪く口角を上げて答えながらも弁当を相手の目線の高さにまで掲げ)

60:瀬下 譲 2017-04-16 20:08:39

そう…それなら良かった。
(相手に何も言っていないのだから己の気持ちが伝わっていなかったとしても仕方がないことではあったが、いい大人として大学生相手に強請るのは小さなプライドが邪魔をして素直に言い出せず、相手を一瞥しては一言告げて微笑むに留まり。それでも分けて欲しい気持ちを諦めきれず、弁当が目下から己の顔の辺りまで持ち上げられた事に気付かないようで相手が弁当を動かす動きに釣られてしまえば己の弁当を頬張りながら己の視線もまた連動して移動していて。咀嚼を繰り返し嚥下すれば己の気になる思いを乗せてまた短い言葉で問い掛けて)
美味しい?

61:雪永 匡祐 2017-04-16 23:53:04

…っふ……はは、かぁわいいなぁおっさん。
(相手の視線が弁当を追うのを見て居るところまではまだ我慢できたのだが、窺うような問い掛けにはついに我慢ならず小刻みに肩を揺らし。空いている手で頭をわしゃわしゃと撫で回すと、耐え切れないとばかりに笑みを漏らしながら呟き。手を離すと箸で一口分焼肉と白米を摘まみ、相手の口元に持って行き)
ほら、食ってみろよ。

62:瀬下 譲 2017-04-17 19:22:53

え、いいのかい!?んん、君がそこまで言うなら…貰おうかな。
(手放しには喜び難い状況に何とも言えない微妙な表情を浮かべながらもあまり表情を表に出さない相手の笑い顔を見られたことは他意なく純粋に嬉しく感じられ、相手の手により乱され静電気やら何やらでグシャグシャになっていく頭に比例して己の表情も弛んでいって。不意に口元へ己の内心で欲していたものが近付いてくれば目を丸くさせ、みるみるうちに年甲斐もなく目を輝かせては箸に乗せられた焼肉と白米と相手を見比べて、己から言い出したことでは無いことを良いことに年下へのお強請りを正当化しつつ少しの戸惑いをみせながらゆっくり己の方から箸へと口を寄せれば口を開いて相手の箸を口に含み)

63:雪永 匡祐 2017-04-18 21:09:03

…美味いだろ。
(撫でる程に柔らかく弛緩する表情を見て、そんなにも撫でられるのが好きだったのだろうか、と見当違いな事を考えながらつられて頬が緩むのを感じ。口元に箸を運んでやれば顕著に表情は明るくなり、こんなにも素直に表に出ているというのに年上の矜持を守りたいのかまるで相手の方が譲歩したような言葉を聞くと、思わず小さく笑ってしまい。弁当を口に含んだのを確認すると、両手で優しく相手の頬を捏ねながら問い掛け)

64:瀬下 譲 2017-04-19 00:17:17

ん…ふふ、うん。美味しい。…君はエスパーだったりして。僕のして欲しい事が解るんだもんなあ…
(相手もまたこの美味しさを感じているのだと思えば益々気分が良くなり、咀嚼しながら笑みを深め。とはいえ相手の両手によって食べる姿を直視されてしまいそうな状態に若干の照れ臭さを感じれば思わず眉を下げてはにかむも、舌で相手から与えられた焼肉を存分に堪能してから呑み込んで、頬を弄ぶ相手の手の片方に己の手を重ねてから顔を其方へ向けては礼でも述べるように相手の手に唇を触れさせつつ目線だけを相手に遣り、そのままの状態でこもった声で独り言のように呟いては目を細めて相手を見つめ)

65:雪永 匡祐 2017-04-19 01:13:26

へぇ、欲しかったんだ?素直に言えば良いのに。
(手の中で嬉しそうに緩む表情も照れ臭そうにはにかむ表情も、ついうっとりと見入ってしまう程に愛おしくて堪らず。その上掌に唇を押し当てて来る様子は何処か年相応の色香さえ孕んでいて、絡んだ視線を逸らせないまま息を呑んで相手を見詰め。その最中にぽつりと溢れた言葉の矛盾は見逃さず、悪戯に口角を上げて指摘するものの、そんな様さえ愛らしく思えてしまえば、意地悪な振る舞いを貫く事も難しく。徐に相手の方へ顔を寄せると、鼻先同士を触れ合わせ頬を緩ませて)
俺が特別なんじゃなくて、おっさんがすげえ分かり易いからだって。

66:瀬下 譲 2017-04-19 19:25:08

う…、んん…聞こえないなあ。
(己が単純な人間だとは思いたくないのか、明らかに相手の言葉が聞こえている反応を示しながらも視線を斜め上に上げて幼稚にもわざとらしく素知らぬ振りをして、数拍置いてから相手へと視線を戻してはどうしようもなく優しげな相手の表情がそこにあり、僅かに目を開いてから触れ合う相手の鼻先に己の鼻先を左右に微動させて擽りながら可笑しそうに笑って。矛盾点を指摘されると内心ギクリとしながら、相手に己の本音が漏れた事に対する照れ臭さに苦笑いを浮かべつつ年を重ねる毎に頼み事がし辛くなるこの年ならではの悩みを呟いて)
…欲しいものを欲しいってなかなか言えない年齢になってるからなあ…君はまだまだワガママ現役世代なんだから言って良いんだよ?欲しいものがあったらね。

67:雪永 匡祐 2017-04-20 00:53:24

言えなくてもおっさんは大丈夫だろ。今みたいに俺が分かってやるから。
(先程食事を始めたばかりだというのに気づいた時には空腹よりも相手から与えられる温もりに意識が傾いており、擦れ合う鼻先に眉を寄せながらもくすくすと笑い。頬を両手で優しく包むと、唇をゆっくりと啄み何処か自信満々に告げて。その上続けられた言葉には愛おしむように目を細めて相手を見詰め、唇同士が軽く触れ合う程の距離で囁き)
…俺も今は別に欲しい物ねぇし。

68:瀬下 譲 2017-04-20 19:22:46

ふふ…いよいよ涙腺も弛んできたなあ…、雪永くん、これからもどうぞよろしくお願いします。
(触れ合う唇同士、相手の掌から伝わる温かさや相手から与えられる言葉の温もりにどうしようもない心地よさを感じれば小さな吐息を漏らしつつ瞳にじわり温かなものを感じてはずずと鼻を啜りながらふわり微笑んで。食事そっちのけで相手の唇へと己もまた愛撫をしてやりたくなれば少しだけ顔を相手の方へと近付けて相手の柔らかい筈の唇へ視線を集めて唇同士を更に触れ合わせようとするも、己の望まない返答を聞けば動きを止めて。相手の言葉が本心なのかどうか試そうとちょっとした悪戯心が芽生えれば、肩を落とし視線は相手の唇へと向けたまま演技下手ながらに精一杯の悲哀の表情を浮かべ言葉を濁し)
…そう?残念、それなら…止めとこうかなあ…無理強いするのも、良くないから。

69:雪永 匡祐 2017-04-24 01:29:14

…なぁに泣いてんだよ。だっせぇなぁ。
(相手の漏らす吐息が心成しか震えている事に気付き、違和感を覚えて様子を窺おうとした時告げられた言葉に面食らったように目を見開いて。顔を覗き込んでみれば瞳が僅かな涙に濡れているのが分かり、その何処と無く艶めいた表情に息を呑み。こんなにも純粋に相手の表情を綺麗だと感じたのは初めての事で、引き寄せられるように潤んだ目尻へ唇を寄せると、今更改めて“よろしく”なんて返すのは照れ臭さに憚られ、心境とは裏腹に軽口を叩きながらさらりと優しく髪を撫で。例え相手が演技をしているとしても、意識は完全にそれが演技か否かというよりも相手に悲しげな表情をさせた事に傾いていて。一瞬狼狽を露わにしたが徐に両手で相手の頬を包むと、一度唇を柔らかく啄んでから言葉を紡ぎ)
…馬鹿、そうじゃねぇよ。俺にはおっさんが居るし、これ以上欲しいと思う物はねぇって事だから。ンな顔すんな。

70:瀬下 譲 2017-04-26 19:36:37

え、あ…!失礼だな……ん、ほら泣いてない。
(相手が己との接触を拒んだのかと思いきや、全くの正反対の言葉が返ってきては不意打ちを食らった様子で目を丸くさせ息が止まるような感覚に陥りながらも吸った息をゆっくりと吐き出して。相手の前では強くありたい理性的な感情が強く働き、感情に素直な涙を含み潤んだ双眸を掌で乱暴に擦り涙を拭えば顔の表情筋全体が弛んだでれた表情を浮かべて。相手の首に腕を巻き付かせれば、身体を捻らせ身を乗り出しながら相手に身体を寄せて。目を閉じ唇を触れ合わせるだけの優しいキスを贈ると、瞼を伏せたまま顔を突き合わせた状態で囁き声を漏らして)
全く…君はいつも最後の最後に僕を喜ばせてくれるんだから。…焼肉弁当もいいけれど……君のその言葉だけでもお腹が一杯になってしまいそうだよ。

71:雪永 匡祐 2017-05-01 09:06:09

また返事遅くなっちまって悪い。いっつもおっさんの厚意に甘えちまって申し訳ねぇんだけど…今週中には返せると思うから、もう少し待っててくれねぇか。できるだけ早めに返す。…俺も、あんまりあんたと疎遠だとな…わりとしんどいし。
好き勝手言っちまって悪いな。

72:瀬下 譲 2017-05-01 20:31:27

謝る君を見られるなんてね…録画しとけば良かったかな…?…ふふ、なーんて。分かってるよ、大丈夫。ちゃんと待ってるからやるべき事をやっておいで。
頑張った分、たっぷり甘やかしてあげるから。うん、これでしんどいのもちょっとは楽しみな気持ちに変わってくれると良いなあ。

73:雪永 匡祐 2017-06-12 12:47:11

…久し振り、だな。全く、どの面下げてのこのこ戻って来てんだって感じだろ。言い訳もできねぇ。一ヶ月も放置しちまって悪かった。想像以上にあんたの優しさに寄っ掛かった結果だ。まだ待ってくれてる、なんて虫のいい事考えてねぇけど、謝る事だけはさせてくれ。本当に悪かった。
正直なところ、予想以上に忙しくなっちまったのが来れなかった理由だ。それに伴って体調崩してたり、な。何より、期間が空くにつれてロルが書けなくなったりして、俺自身のモチベーションも下がってた。情けねぇ。あんたを待たせてるのは分かってたのにこの様だ。
もしかしたら、あんたはあんたでまた新しい場所を手に入れてるかもしれねぇ。それなら今更戻るのは迷惑になるかも、なんて都合の良い逃げる為の口実も思い浮かんだんだが、少し過去の遣り取り遡って見たらあっさりあんたに会いたい気持ちの方が上回っちまって、行動せずにはいられなかった。…俺の甘えも此処まで来ちゃ救いようがねぇな。
万が一、まだ戻って来てくれる気があるなら…って思ってる。謝る為なんて言っといて、結局はそういうわけだ。けど、この気持ちを押し付ける気はねぇ。見てくれたとしても返事はくれなくても良いし、面と向かって切り捨ててくれても構わねぇ。一応は、そういう心持で居る。臆病な奴で悪いな。ただ、少しの希望くらいは持たせてくれ。願う事くらいは、許してほしい。
矛盾して悪いが、もし読んでくれてるなら、この文章があんたの重荷にならない事を願ってる。

74:瀬下 譲 2017-06-12 19:04:38

わわ、雪永くん。本当に久しぶり…!
何だかスゴく頑張ってたみたいだね…お疲れ様。うーん…君が苦しんでる時に何も声をかけられなかったのは悔やまれるなあ…。
うん、君と話が出来なかった間のことや今の気持ちや思いは理解しました。ううんと…この際だから連絡が取れなかった経過の所は飛ばしちゃって今の君の言葉で判断しようかな。
まったく…優しいのはどっちなんだろうね。すごーく丁寧に言葉を選んでくれてるのが見てて分かる。それだけでも僕は君の気持ちがはかれると思ってるんだけれど…ふふ、また戻ってきてくれてありがとうね。嬉しいよ。

戻ってきてくれたら、って一度去ってるみたいなニュアンスがあるからあまり好きじゃないな。僕としては君の事をこの部屋で待ってた身な訳だし…というか僕が甘えられる人なんて君ぐらいだって知らないだろ…、あほ雪永くん。君がまだ僕のことを甘やかしてくれるって言うなら僕は君にまた甘やかして欲しいって思ってるんだよ。はは、おじさんが言うような言葉じゃないね…参ったな。
まあだから、ね?僕は君にずっと思いを寄せたままだって事だよ。また話ができるならすごくすごく嬉しいことなんだから。
よし、僕の今の気持ちは伝えた。これを見て君がどんな反応をするのか…ちょっぴりドキドキしながらのんびり待ってます。

75:雪永 匡祐 2017-06-21 23:32:33

まさかあんな早く返事貰えると思わなかった。ふは、愛されてんなぁ俺。直ぐ返せなかったけど、この10日間結構何回も眺めてた。やっぱあんたには敵わねぇよ。あんだけ毎日毎日しんどいって思ってたのに、たった一回返事貰っただけで鬱々としてた気分が大分和らいだ。
礼を言うのも嬉しいのも俺の方。全部終わって落ち着いた時此処での思い出しか残ってなかったら…って若干不安に思っちまったけど、今あんたが居てくれて良かった。ありがとうな。

ふは、そりゃ悪い。まさかこんな殺し文句が貰えると思わなくて、すっかり油断して読んでたら危うくにやけるとこだったぜ。勿論、あんたがそう望んでくれんなら願ってもねぇ事だ。また俺の腕の中に居てくれ。

76:瀬下 譲 2017-06-22 18:42:54

もう、今頃気付いたの?気付くの遅いよ、雪永くん。
はは、照れくさいけど僕のちっぽけな言葉で少しでも君のお役に立てたなら…それはスゴくスゴく嬉しいことだよ。
それにね、忙しい時なんて絶対起きることだし…それを知らない僕じゃないさ。これでも僕だってれっきとした警察官なんだからね。大丈夫、また忙しい時が来たとしても…ってこの様子だと今も忙しいのかな?ちゃんと栄養のあるもの食べてぐっすり寝て、身体に気を付けるんだよ。
…と、脱線しちゃったけれど…僕はね、君が忙しい時でも君と僕の作った思い出をここで護りながら待ってるからさ。

改めて言われると恥ずかしいな…。んん、こんなおじさんで良ければまた甘やかしてください。それから、いつでも頼って欲しい。
これからもよろしくね、雪永くん。

ふふ、それじゃあ…どうしようか?またあの続きから始める、って事でいいのかな?

77:雪永 匡祐 2017-07-03 11:56:07

悪かったって。愛されてんのは分かってるけど、なんつーか…再確認?
あんたも分かってねぇな、ちっぽけなんかじゃねぇよ。毎日頑張る糧になってるし、来れない間だってたまに此処眺めてあんたからの言葉読み返してる。すげぇ力になってんだぜ。
ふは、気を付ける。暫くは返すペースも遅くなっちまうと思うんだが…のんびりやってってくれると嬉しい。ほんと、あんたには感謝してるよ。こんな俺を待っててくれてありがとな。

ん、こっちこそよろしく。

そうだな、前回の続きから始めるか。けど今少しずつ前の読み返して状況掴み直してるとこだから、もう少し待っててくれ。次辺りで返せるようにするから。

78:瀬下 譲 2017-07-04 19:37:20

そっかそっか。君に元気を付けられるのはご飯だけじゃないんだね…なーんて。はは…ごめん…なんというか…やっぱり暖かい言葉は照れてしまうね。つい軽口言って誤魔化しちゃうよ。

ふふ、了解。のんびりやるのは得意だよ。君の事なら尚更。待つ時間だって楽しく感じてきてるくらいなんだから。雪永くんもありがとうね、忙しい中こうやって顔を出してくれて。すごく嬉しい。

うん、この前の続きは君の方で時間が十分取れそうな時にでも構わないよ。さーて、そろそろお茶の準備でもしとこうかな。

レスを書き込む