TOP > なりきり > 特別と普通

特別と普通

最終更新 2018/02/19 15:29:28
レス数 245
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス245中:1-20

1:普通の男子 2017/03/14 21:05:19 作成

普通な俺と特別な恋人の普通で特別な生活。

何の取り柄もない俺だけど、好きって気持ちは誰にも負けないから。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

227:佐々木優也 2018-01-07 20:50:11

うん、そんなに時間経ってないよ。
(すぐに目を覚ますのは職業柄不規則な生活だからだろうかと思いながらも答え、やはりまだ眠たそうな様子に微笑んでしまい。頬に手を伸ばされると小さく欠伸を零して相手の言葉に頷いて)
そうだね、寝ようか。

228:越川 希緒 2018-01-08 12:43:10

うん。ベッド、行こ。
(優也の膝から身体を離すと、ゆっくりした動きで立ち上がり、優也の手を取りリビングを後にして。ベッドルームに移動すると、一瞬、先程ふたりで倒れ込んでしまった光景を思い出したが、眠さのほうが勝っているようで緊張はせず、クローゼットから適当なTシャツとハーフパンツを取り出せば優也に渡し、自分は下着だけで寝ようと衣類を脱ぎ始めて)
これ、パジャマに使ってね。オレは…これで寝る。

229:佐々木優也 2018-01-09 18:36:55

(手を引かれるとその温かさに眠気がやって来て、また欠伸をして。ベッドルームに案内されると、渡されるまま着替えを受け取り、さて着替えようかという時に相手が服を脱ぎ出しそのまま寝ると言うような雰囲気だったので慌てて腕を掴み受け取った着替えを押しつけて)
いやいやいや、ダメでしょ!俺は平気だから希緒がこれ着て。体調崩したりしたら大変だし。

230:越川 希緒 2018-01-10 21:27:46

いいの、いつもハダカで寝てるから。
(身に着けていたものを、下着一枚以外ぜんぶ脱ぎ捨て床に落とすと、突きつけられたシャツとハーフパンツを、まぶたをこすりながら再度優也の手に持たせて。完璧に室温管理されているため今まで裸でも問題がなかったことを知っているため、よろよろとベッドに上がると、大きなタオルケットをめくり、もぞもぞと中に入って)
ほら、優也ー早くおいで。

231:佐々木優也 2018-01-14 02:42:11

えぇ…本当に?………分かった、ありがとう。
(考えられないと思いながらも、さすが芸能人は違うなぁと改めて感心すらしていて。脱ぎ捨てられた服を纏めて邪魔にならないように置いておくと、渡された服に着替えて、先にベッドで待つ相手に声を掛けられればクスッと笑い隣に寝転んで)
はいはい、お邪魔しますねー。

232:越川 希緒 2018-01-15 17:33:59

も、寝る……
(隣に優也が来たことで少しベッドがきしんだ揺らぎで、ゆっくりと目を開ければ、かなりの近距離に優也の顔があることに気付くが、眠たさのほうが勝ってしまい、再びまぶたをとじて。それこそ職業病か、隣にどんなに愛しい人がいても、眠れるときであれば眠ってしまう性質らしく、あっという間に不快睡眠に陥ってしまい、無防備な寝顔を晒して)

233:佐々木優也 2018-01-18 22:49:10

ん……おやすみ。
(再び目を閉じた相手に果たしておやすみの挨拶は聞こえていたかどうか怪しいところだが、多忙の相手がこうしてゆっくり休めるのは良い事だと満足げに頷いて。無防備な寝顔に悪いなと思いつつも止めることは出来ず、唇へと軽く口付けを落とすと目を閉じ眠りについて)

234:越川 希緒 2018-01-19 00:26:57

(願ってもなかった幸せな空間で、深い眠りを貪り幸せな夢を見ていたが、これまた職業病なのかあっさりと眠りは浅くなってしまい、ほんの3、4時間経った頃に意識が浮上してしまい、何気なくまぶたをあけると目の前にはおそらくぐっすりと眠り込んでいるであろう優也の寝顔があり、一瞬目を見開くがなんとか大きな声は上げずに済んで)
……ゆ、優也、さん?!あれ?  あ…そか……

235:佐々木優也 2018-01-21 12:16:09

んー……。
(相手とは反対にぐっすりと眠っていては起きる気配もなく、少し身動ぎすれば相手に軽く触れてしまい、無意識ながら腕をのばしてはそのまま抱き寄せてしまうと、抱き枕のようにして)

236:越川 希緒 2018-01-22 16:20:21

……ッ!!!!!!
(治まらない動悸で呼吸が荒くなってしまわないように気を付けながら、ふと目を奪われたのは目の前の寝顔で、健やかさとともに薄く開いている口元には微かに隠微なものを感じ、思わずぼうっとしていたところ、不意に視界が暗くなり「?!」となっていれば、どうやら優也の腕の中にいるらしく、一気に顔を上気させるがせっかくのチャンスとばかりに自分からも腕を絡め擦り寄り、温かさを堪能することにして)
優也さん、いいにおいする…… あったかいし…

237:佐々木優也 2018-01-23 22:07:42

(相手を抱き締めたまま眠っていては、髪に頬を擦り付け動物とじゃれている夢でも見ているようで。次第に意識が浮上してくると、ゆっくりと目を開けるがまだ寝惚け眼で何度か頭を撫でると目も覚めてきて現状を把握すると目を見開き小さいながらも早口で口にして)
き、希緒……俺、何で希緒抱き締めてんの?うわ、ヤバいどうしよう!希緖可愛すぎる…!

238:越川 希緒 2018-01-29 20:53:35

………起きてます。聞こえてます。
(擦り寄り穏やかな時間を過ごせたのはほんのわずかで、突如始まった、まるでこちらのことを可愛がるかのような動作を、心臓をバクバクさせ、目を白黒させながらじっと受けていれば、目を覚ましたらしい優也の焦った声が聞こえ、閉じ込められたままの腕の中から蚊の鳴くような声でつぶやいてみて)
…幸せ、です……

239:佐々木優也 2018-02-01 00:04:34

……お、起きてたの?
(意図せず聞こえてきたか細い声に、急に恥ずかしさが込み上げてきては抱き締めていた腕を離し。寝惚けていたとはいえ、とんでもない事をしてしまったと1人ショックを受け慌てて説明をしようとして)
び、ビックリしたよね?その、俺も幸せだけどって、そうじゃなくてその…寝惚けてて、ごめん!苦しくなかった?

240:越川 希緒 2018-02-02 00:19:30

苦しくない。むしろ超幸せ…… 幸せ…
(自分の頭に絡みついていた腕の力が抜け、自由に動けるのはわかったが、相変わらずそこから動こうとはせず、優也の胸元に擦り寄ったままで甘えた声を出して。パジャマ代わりのシャツは自分のにおいだが、その奥にある素肌から優也のにおいを感じ取れば、朝ということであっても、下腹部の生理現象が著しく感じ、急に恥ずかしくなり、ゆっくりと腰を引いて)
……っ…。

241:佐々木優也 2018-02-04 00:41:01

あ、うん……俺も幸せ。
(苦しくないと聞けば安心し、さらに甘えた声に頬を緩め擦り寄ってきた相手の頭を可愛いなと思いながらポンポンと撫でて。そうしていれば自分も落ち着いてきてのんびりとした口調で返すと、急に動き出したので支度をするのかと思いながらも、この温もりを離したくなくて抱き締めながら問いかけ)
どうしたの、希緒…もう、行くの?

242:越川 希緒 2018-02-05 21:47:00

いや、えっと……
(気付かれたくないがために、もぞもぞ少しずつ動いていたのに、あっさり気付かれてしまうと、自分の気持ちとは裏腹に下腹部はさらに熱を帯びていってしまって。それによりあっさり理性がはじけてしまい、勢いよく優也の腕から飛び出すと、あっというまに仰向けの優也を組み敷いてしまっては、はっと我に返って)
………あっ…

243:佐々木優也 2018-02-08 23:59:10

あっ…
(腕から抜け出てしまった温もりに寂しげな声を出すものの、急に視界いっぱいに相手の顔が映ると驚いてそのまま見上げるも、すぐに嬉しそうに微笑んではぎゅっと抱き締めて。その際に下半身に足が触れればその違和感にハッとして)
何だよー、希緒。…………あ、そのっ、ごめん。お、俺顔を洗いにでも行ってくるからっ。

244:越川 希緒 2018-02-13 20:09:24

ふぁ……
(気付かれたくないこともあるし、無意識ではあるが組み伏してしまったこともあり、嬉しそうな笑顔とともに抱き着かれてしまうと、その心地よさに一瞬顔がほころんでしまうが、すぐに「ダメだ…!」と身体を離そうとすれば、やはりバレてしまったようで、今度こそはダメだとがばっと上体を起こそうとしながら上ずった声を出して)
や、あれだ、オレ、シャワー浴びてくるっ… から、優也はゆっくり、して、て…!

245:佐々木優也 2018-02-18 14:24:51

あ、でもっ……
(ゆっくりしててと言われても、どうしても意識してしまいこちらもドキマギしながら体を離しては僅かに顔を赤くさせ。きっと他意はなく朝だからだろうなと思いながら上体を起こしても、ベッドから動く事は出来ずにそのまま相手を見つめて)



遅くなってごめん!バレンタインも終わっちゃったけど、気持ちはいつも希緒にあるからねー!

246:越川 希緒 2018-02-19 15:29:28

全然問題ないよ!忙しいときは無理しないでいいからね。
オレもオレも!バレンタインデイだけじゃなくて、いつでも言うよ。

優也大好き!

---


ん…っと……
(もろもろ恥ずかしすぎて、一刻も早くベッドから飛び出しバスルームに向かいたかったが、隣でこちらを見つめてくる優也が気になり、無下に振り切ることなどできず、もう一度だけ…とぎゅっと抱き着き、恥ずかしさから顔を見ないようにしながらぼそぼそと言葉を伝えて)
…ほんとは、優也とえっちしたいと思ってる。でも、流れでしちゃうとか、焦ってとかでしたくない… 今度、ちゃんとさせて?

レスを書き込む