TOP > なりきり > 写しと写しの暮らし【悲募】

写しと写しの暮らし【悲募】

最終更新 2017/04/10 22:49:09
レス数 20
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス20中:1-20

1:名無しの萌語り 2017/03/29 19:22:02 作成

 
758様待ちです。一応設定をコピペしておきますね。

設定
主命により20××年にやってきた貴Cだったが、任務を終えたにも関わらず帰れなくなってしまった。
本丸と連絡もつかずに途方にくれる中、貴Cより先に帰れなくなっていた別本丸の山姥切国広に出会い、2人で現代の暮らしを始める。
共に暮らすうちにお互いに惹かれていき…と、ゆくゆくは恋人になれたらと。
 

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:名無しの萌語り 2017-03-29 20:01:33

ま……まさか了承頂けるとは…!言ってみるものです…。
募集スレにて、山姥切国広で挙手した者です!

早速…挙手した際にも提案させて頂いた事なのですが、攻め側は卑屈爆発しているよりかは国広の傑作であるという自覚のが強い方が良いかなと思うので、当方の山姥切国広は最古参で審神者からの信頼も厚い初期刀という事にしたいのですが…どうでしょうか。

3:名無しの萌語り 2017-03-29 20:24:16

今回は挙手していただきありがとうございます!
よろしくおねがいしますね 

いいですね!かっこいい山姥切国広が見られそうです!
それならこちらは卑屈っぽく…自分がここに送られて帰れなくなったのも本丸に捨てられたと考える少し面倒くさいタイプでどうでしょうか?
できるかどうかはちょっと不安ですが。
 

4:名無しの萌語り 2017-03-29 23:38:38

私も正直山姥切はおろかとうらぶのなり自体が久しぶりで出来るかちょっと不安ですが…まぁ、2人でなんとか頑張りましょ!
難しいなら卑屈通常程度の装備でも構わないですし!

ところで同じキャラで名前を呼ぶ時紛らわしい!と言うことですし、攻めを山姥切、受けを国広、で呼ぶというのはどうでしょうか。
なんなら現世の任務ですから偽名を使っているということでもいいのではないでしょうか。苗字は同じで、名前がくにひろ、ひろいち、と違う……とか。

5:名無しの萌語り 2017-03-29 23:57:40

 
ありがとうございます!ひとまずドロップらしく(?)地かそれ以上でがんばります!

そうですね、そのほうがわかりやすいですし…2人合わせて山姥切国広で攻め受けはっきりしますね!
苗字はなんとなく山姥切だから山切とか切山とかかなぁと勝手に思ってます。
名前の方は普段国広と呼ばれてるこちらが国広を頂いてもよろしいですか?
 

6:名無しの萌語り 2017-03-30 00:04:06

おお!名字!個人的に切山の方が私は好きですね…当て字で桐山とか霧山とか…普通っぽい名前に出来なくもない!
名前の方はそれで構いませんよ!こちらがひろいちならば、初期刀、一番最初の刀ということでいちを…と言うことに出来ますし。

…同じ字でもひろかずはちょっと一般人が過ぎるので没ですね( ˘ω˘ )

7:名無しの萌語り 2017-03-30 05:48:54

 
個人的には桐山の方が和風っぽいかな、と思います。
いいですね!ぎこちなくひろいちって呼んでぎこちなく返事するところとか容易に想像出来ます!
 
一番最初はロルテに書いたような、山姥切を見つけるところから始めたいのですが、いかがでしょうか?
 

8:名無しの萌語り 2017-03-30 06:16:26

では桐山国広と桐山弘一、でどうでしょうか。
うわぁおらワクワクすっぞ!笑

おお!良いですね…、ってそういえば募集スレでロルテを返していなかった…!申し訳ないです…。そしてちょっと今から出掛けなければならないので先ロルの方、あちらで記載したもののコピペで構いませんので貼っておいて頂けますか?

9:国広 2017-03-30 06:21:57

 
いいですね!ちゃんと人っぽい!

了解しました!少し改良して投下させていただきます!
よろしくお願いします!

!…待て!!
(大分現代での暮らしにも慣れてしまったある日。現代の服に身を包み、フードを深く被って人に紛れて買い物に出ていると、少し前までいつも着ていた衣服に身を包んだ、自分と全く同じ顔をした人物を見つけて。まさかとは思いつつも今は一筋でも帰れる希望があるならと、相手の背中を追いかけて肩を掴んで)
 

10:名無しの萌語り 2017-03-31 18:56:20

ありがとうございます!ではでは本体は失礼させて頂きますね!
また何かありましたらお声かけください!


……!…お前…、山姥切国広…か…?

(一通りの任務を終え、さて自分の本丸へと帰ろうかと思っていたものの…、何故か指定の場所にやって来ても帰れないままで。どうしたものかと途方に暮れ、何とかしなければと打開策を考えながら自分の拠点へと戻る道すがら、ふと腕を掴まれ引き留められて。訝しげな表情は腕を掴んだ人物の顔を見て驚きに変わり。自分と同じ顔、同じ声。たまたま顔が似ている一般人ということも考え、抑えた声で、最低限の言葉で訪ねて)
 

11:国広 2017-03-31 20:57:29

 
あぁ、そうだ。よかった、これで帰れる…
(返ってきた質問に相手が間違いなく自分と同じ刀であることがわかるとひとまず安心して。相手の様子を見る限り、自分のように長期に渡って帰れなくなったわけじゃなさそうだと感じ、これで長かった現代での生活から離れられると思い安心した顔でつぶやいて)
 

12:弘一 2017-04-01 00:10:39

待て、……もしかしてあんたも帰れないのか?
(その返答に相手も自分と同じ刀剣であると理解し、安堵した様に息を吐き。帰り方が分かるかを訪ねようと口を開きかけるも、続いた相手の言葉に眉を顰め。これで帰れる、と言うことはもしかして、いやもしかしなくても相手も帰れないと言うことだろう。頭痛がして来るような錯覚にぐ、と眉間を押し、深い溜息を漏らして)

13:国広 2017-04-01 01:31:42

 
…かれこれ半年近く、こっちで暮らしている。
(安堵して表情を崩したのも束の間、相手の言葉にぴしりと体の動きをまるで石のように固めて。相手は確かにあんたも、と言った。自分が帰れるならそんなことは言わない、それはつまり…と、相手の状況を察して深いため息をついて。自分がこの時代で過ごした月日を頭で数え、それを口にして。糠喜びをしたからか先ほどより声のトーンを落としつつ、ひどい顔をしているであろう自分の顔を同じ顔の相手に見せぬようフードを引っ張って)
 

14:弘一 2017-04-05 19:04:39


…半年……。…取り敢えず、何処か入らないか。

(こちらの言葉にぴしりと固まるとみるみるうちに顔を青ざめさせる相手の姿に、聞くまでもなく相手も帰り方を知らないのだと理解して。そしてその口から出た言葉は更に自分の気分を落とす物で。半年、自分の兄弟とも本丸の仲間とも会えずに1人で生活してきた相手を思うと同情を禁じ得ず。しかし道端で同じ顔の2人、それも目立つ容姿の者が話しているとそろそろ周りの視線が煩くなってきて。相手の腕を引き、取り敢えずどこかの喫茶店でも入ろうと提案して)
 

15:国広 2017-04-06 22:14:47

 
あぁ…それにしても何故俺が2人も帰れなくなって…俺たちが写しだからか。どこに行っても結局それは変わらないのか…
(相手の言葉を聞いてなんとなく周りの様子や視線に気が付けば、腕を引かれるがまま歩みを勧めて。同じ山姥切国広という刀剣が、同じ時間に帰れなくなることになにもないと考えきれず、自然と思考は自分が写しと呼ばれる存在ということで。ブツブツと卑屈な独り言を呟き、それが更に人の目を集めていることに気づきもせず)
 

16:弘一 2017-04-07 00:03:34

……いや、他にも帰れなくなっている奴は居るだろう。そのうち他の刀剣も見つかるかも知れない。…大体、主が俺をこのまま放っておく訳が無いからな。絶対戻れるさ。
(相手の手を引いて歩き出せば俯き、ぶつぶつと呟かれる卑屈な独り言。特に相手の言葉はそのまま自分のコンプレックスをちくちくと刺激するもので。本丸に来て最初の頃、主がいい加減にしろと爆発した気持ちが、今ならわかる気がする。溜息を漏らしつつ、頭は何処までも冷静で。この任務が本丸に通達された時、刀剣の指定は無かった。自分が来たのは偶然、厳正なるくじ引きの結果だ。つまり、ここに居たのは自分でなかったかも知れない。そう考えると帰れなくなったのは歴史修正主義者の所為か、政府の所為か…まぁ「山姥切国広」に問題があったとしても、そうでなかったとしても、自分達以外の刀剣が見つかる可能性は高いだろうと。帰れるときっぱり断言してみせると少し脇道に入った場所にあるこじんまりとした喫茶店に入って。)

17:国広 2017-04-07 22:28:14

 
…随分と自信があるようだな。同じ俺のはずなのに
(まさか同じ自分という存在である相手の口から帰れると断言する台詞が出ると思っておらず、少し驚いたように俯いていた顔を上げて。この辺に住んではいるものの入ったことのなかった喫茶店内をぐるりと見回し、自分たちを気にする客が少ないのを確認してからそう言って。雰囲気から自分よりかなり練度が高いだろうとは察しており、それが理由するのかと考えており)
 

18:弘一 2017-04-08 01:11:46

 
…だって、国広随一の傑作だろう。俺も、お前も。本科が来た所で捨てられるわけでもない。写しなんて瑣末な問題だ。

(驚いた様な相手の言葉にやっと愚痴が止まったかと相手の方を見やり、僅かに口元を引き上げてそう言い放ち。壮年のマスターにコーヒーを頼むと少しだけ奥まった場所にある二人席に腰を下ろし。しかし帰れないとなると自分は少し、…いや、少しどころじゃなく困ったことになる。どうしたものかと。こちらでの生活においては相手の方が先輩だ。知らなくても2人で意見をだし、案をこねくり回していれば何か解決策を導き出せるのではと訪ねて)
……しかし、困ったな。俺は今日、帰れると思ったから生活拠点…、アパート、と言ったか。そこを引き払ってしまったんだ。新しい所を借りるにも、何か色々と手続きが居るんだろう。あまり現世には介入するなと言われているんだが…、どうすればいいと思う?
 

19:国広 2017-04-08 22:28:58

 
(相手の言葉に、目の前に居る相手が本当に自分と同じ山姥切国広なのかと信じられないものを見る眼差しを向けて。写しというのがごく些細な問題だということはわかっている。しかしそれがどうしても気になり、比較の目が恐ろしいのはどうにも避けられないことで。そう考えると同じ自分であるはずの相手の目すら恐ろしく感じ、現代に合わせて着ている白いパーカーのフードを引っ張って目元を隠して。相手の問いかけに目を合わせないままうつむきつつ、自分なりに考えたことを述べていって)
現世にあまり介入しない方がいいのは違いない…だが、俺たちのこの体が死んで刀が残る方が、俺たちがこの時代で生きるより大きな歴史改変が起きるだろう。だから、最低限の生活をするべきだろう。ひとまず、お前がいいならしばらくは俺の家に泊まればいい。
 

20:弘一 2017-04-10 03:02:43

(信じられないとばかりに見開かれる目。演練でもこう言った事を言うとこういった目を向けられる事が多くて。何故だ。何一つ間違ったことは言っていないはずなのに。首を捻りつつ、フードを目深に被りこちらを見なくなってしまった相手と、その様子に反した言葉に気遣わしげな視線を向けて。いや、言葉は最も、納得のいくものなのだ。しかし相手が辛いのならばするべきではない。加えてまだ現世の知識に乏しい自分には兄弟の振りなんて選択肢がある訳もなく。そうしている間に頼んだコーヒーとサービスのクッキーが二つ、机の上に置かれて)
……良いのか?いや、そちらが良いと言うならばこちらとしても願ったり叶ったり、だが。…あぁ、でも同じ顔が二人いると言う事の説明はどうすればいいんだ?幽霊の振りをするというわけにもいかないだろう。

21:国広 2017-04-10 22:49:09

 
家に関しては全然構わないが、そうか。その件があったな。
(出されたコーヒーの内1つを手に取り、軽く息を吹きかけて冷まし、一口飲んで。最初はそこまででなかったコーヒーの味も現代で半年程暮らせば慣れてしまい、無性に本丸のお茶が恋しくなり。これは別とはいえ、最近まで本丸にいた相手が目の前にいるからか…なんて懐かしさに思考を巡らしながらも相手の言葉をちゃんと聞き、少し考える素振りを見せて。若干ズレが生じてしまいそうな案と、ありかどうかよく分から合い案の2つが浮かべば、ひとまずそれを提案してみて)
2人で1人を演じるか…または、少し苦しくはあるかもしれないが同じ年の兄弟と言い張るか、だろうか…?
 

レスを書き込む