TOP > なりきり > 渦中の2人【非募】

渦中の2人【非募】

最終更新 2017/04/12 20:09:21
レス数 13
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス13中:1-13

1:主 2017/04/01 18:14:37 作成

「可愛い可愛い俺の弟………行かないでくれ……」


『兄さん。俺はずっと前から兄さんが好きだよ』





設定

現在、兄35歳、弟30歳と2人ともいい歳をしており、弟は既に妻子持ち。兄もお見合いやお付き合いをしていた女性がいたが、結局最後は破縁するばかり。
兄は10代の頃、実の弟と体を持った過去を引きずったまま、弟に未練たっぷりで中々前に進めずにいると、たまたま引っ越したマンションが、奇しくも弟の家庭とお隣で___




条件
・ロル50〜
・背後成人済み
・無言放置厳禁(三日空きなら可)




お相手様はもう決まっています。
お待ちしております。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:主 2017-04-01 18:16:00

名前/海原 那津 (カイハラ ナツ)
歳/30
容姿/175cm。元々色白なのだが、サッカーをしていたこともあり、褐色がじんわりと染みついている肌。体質的にあまり肉が付きにくく、すらっとした細身。黒髪のショートボブ。学生時代は垢が抜けきれずアイランが綺麗な三日月を描いている愛嬌ある顔だったが、20あたりを過ぎてからだいぶ垢も抜け端正な顔たちになっている。きらびやかなのを着るよりも、和モダンやレトロな服を好む。
性格/見た目からして大人しい印象を持たれがちだが、割と親しい友や家族には甘えがちで、じゃれたりもする。人懐っこく、誰にでも物腰が柔らかい故、奥底にある本心を出さない。結構嫉妬深い。昔些細なことでも顔に出やすいと指摘されたことがあるので、真顔にはあまりせず、人としゃべる時はいつも微笑んでいるばかり。妻子を大切にしている反面、中々結婚をしない兄のことが気がかりでいる。
備考/結婚指輪を左手に常備。未だ兄を思いつつも、このままでは兄の足枷になりうると思い早めに結婚。昔から自分ばかりが兄を好きなのだと勘違いしている。今はホテルビジネスに勤めており、ちょくちょく違う場所にへと転勤していたが、部署も変わり拠点も落ち着いてきた。子供は双子の女で、父子と3人顔が似ている。


萌/拘束/無理矢理/独占/声抑え/目隠し/玩具/多R/薬/射精管理/噛みつき/泥沼/縋り/策士/欲情/隠れ恋

萎/大スカ/流血/死ネタ/病気/過度な暴力/汚喘ぎ



絡み文

こんにちは、隣に越してきた海原ですけど…………えっ、兄さん!?(引っ越しの準備や片付けも終わり、後は近所の挨拶だけだがそれは妻に任せておこうとしたが、子供を寝かしつけたいので行ってきてと頼まれ渋々隣の家のチャイムを押せば、現れた相手に目を見開き

3:主 2017-04-02 15:36:24

募集板>>781様お待ちしております。

4:781 2017-04-03 01:30:11

スレ立てお疲れ様です、ありがとうございます。
そして遅 く な り ま し た !!
申し訳ありません。プロフが中々定まらず…!
どうぞ、ご確認ください…。

名前/海原 亜貴 (カイハラ アキ)

歳/35

容姿/身長172cm。学生時代は水泳部。屋内プールと言うこともありあまり日焼けはしていないが健康的な程度の肌色。弟と同じく体質で肉は付きにくく、更に今は外にもあまり出ないため細さに拍車が掛かっている。髪は肩にかかる程度と少し長め。何かの尻尾よろしく後ろで一つ結びにして仕事に励む姿が見られる。服装は緩く、着心地重視。落ち着いた色の物を好む。

性格/見た目通り大人しく、落ち着いた性格。優しく面倒見が良い反面、面倒事を押し付けられることも多い苦労人。生まれついてのゲイであり、事ある事にじゃれ付いてきた可愛い弟に劣情を抱き拗らせた結果、体の関係を持つに至った。弟を昔も今も愛しているが昔体の関係を迫ってしまったという後悔や罪悪感、同時に結婚して家庭を持っている弟に未練と安堵を覚え…、と非常に複雑な二律背反を抱えている。

備考/弟の結婚後、1度両親の勧めでお見合い、結婚するも夜の営みで妻に勃たなかった事が原因で離婚。バツイチ。弟は優しいから普段通り接してくれているだけであり、何処かで嫌われているのだろうと考えている。現在Webデザインの仕事をしており、、在宅ワーカー。




萌/シリアス/無理矢理/喘ぎ少なめ/玩具/薬/噛みつき/所有痕/NTR/泥沼/両片思い/セフレ的関係


萎/汚物系/メインの死/修復不可能な病気・怪我/汚喘ぎ






[ロルテ?]

………え?………え、なつ…何でここに…。
(頼まれていた仕事を漸く終わらせ、伸びをしつつ時計を見、徹夜をしてしまったと悟り。あまりしない様にしていたのに、と困ったように目を擦りつつ、寝る準備をしていたところに鳴り響いたインターホン。目を擦りつつ戸を開け。ぼんやりとしてその声を聞いていたものの、その驚いた様子と聞き覚えのある声に顔を上げ…、そこに居た人物にタダでさえ徹夜明けで機能していない頭が働く事を放棄してしまい)

5:海原 那津 2017-04-03 10:06:57

お待ちしておりました…!
建てたものの、もしや気づいていないのではとそわそわとした気持ちでいましたので、来てくださり良かったです。
Pfありがとうございます。随分と可愛らしいおにいさんでこれからの進展が楽しみです!
不備ございませんので、これからよろしくお願いします!!


______






引っ越してきたんだよ。兄さんこそまさか隣だったなんて…
(正月などの行事でさえ皆連絡のみで会えずにいたので、こうして対面するのは5年ぶりくらいでいて、偶然とはいえ兄の姿を見てこみ上げてくる喜びがあり、本当に嬉しそうに微笑み相手の腕に触れ「少し部屋にお邪魔してもいい?」と眠そうにしていることも分かっている上で、今しか踏み込める時はないと思いながら子首傾げ

6:海原亜貴 2017-04-06 01:27:36

返信疎らで申し訳ない…。もう少しで仕事が落ち着くのでそうしましたら小まめに出来るかと思います…!
こちらこそどうぞよろしくお願いします…!



______









あ、あー…、そう、そうだな。そう言ってたな。隣かー…こんな偶然あるんだな。
(ふわりと微笑む相手の笑みに暫し目が釘付けになり、その言葉が耳に入らず通り過ぎていく様な錯覚。しかし腕に手を置かれるとすぐにはっと我に返りやんわりとその手を除けて。ここ5年ほど実家に集まることは無かったし、知らせが来ても行かないようにしていた。何のために、ここまで会わないように務めてきたと思っているのだと自分を律して。お隣さんとはいえ、ここの壁は厚く声は聞こえない、自分も部屋を出ないようにすればそうそう会うことも無いだろうと。…首を傾げる相手の可愛らしさに早くもその決意が揺らぎそうになりながら、ふいと視線を逸らして「散らかっているから…」と言葉を絞り出して)

7:海原 那津 2017-04-07 01:26:06

いえいえ。こいらは大丈夫ですよ!
レスぺ了解しました!!
お仕事ファイトです(ぐっ)

______



他人じゃないんだし、散らかってるくらいなら大丈夫だよ?なんなら俺が片付けてあげる
(目をそらされ、やはり自分は兄から嫌われているのだと胸が傷んだが、ここで食い下がったらずっとこのままな気がしてしまい柄にもなくずいずいと迫り、家族という特権を使い玄関に無理矢理上がり「…それに、折角会えたから話したい」とポツリ呟き、お邪魔しますと明るい声でリビングにへと上がり、昔と変わらず必要最低限な物でまとまった飾り気のないシンプルな落ち着いた部屋で散らかっているとは程遠く綺麗にされており本当にあげたく無かったんだなと感じれば頬を掻き、いちいち落ち込んでいたら限りがないので部屋をうろつき、テレビ棚に置かれてある小さなサボテンに目が移り、くすくす笑い)
あ、懐かし〜…兄さんの部屋にあったやつだよね?まだ枯れてなかったんだ…

8:海原亜貴 2017-04-07 15:55:27

(´;ω;`)ううぅ…ありがとうございます…
お待たせしてしまう事、申し訳ないです。
ーーーー


えっ、いや、悪いし、ぁ、あー………
(ぐいぐいと言葉で押し切り、あっという間に部屋に上がってしまった弟に引き留めようとした手は虚しく空を掻き。仕方なく相手を追って部屋に戻るも、元々物が少ない部屋、散らかっている訳など無く、先程の自身の言葉と矛盾していて。気付かれただろう、どう言い訳をしようか、と内心頭を抱えていればふと話題はテレビ台の所にあるサボテンに移り。あぁ、と小さく声を漏らせば僅かばかり視線を和らげて。高校か、大学か…、誕生日プレゼントにと弟から貰ったもので。……なんだか、弟の分身の様で枯らせなかった、なんて言えない。近くに寄って軽く戯れるように鉢植えをこつ、と爪で鳴らして)
あー…うん。なんか愛着が沸いちゃってね。貰ったものだから無闇に枯らすわけにはいかないし。

9:海原 那津 2017-04-07 18:22:47

こちらに対するお気持ち大変ありがとうございます(深々)
あまり気負いなさらず!お互いゆったりとしたペースで続けられたら幸いですので!

____________




へぇ…大事にしてもらえて良かった
(てっきり自分があげた物や思い出の品は実家に置いてきたものだと思っていたので、サボテンを見ただけでどうしようもなく嬉しくなり目を細め、次々と他の物に目移りし、一旦兄の方へと振り向けば、目が合った瞬間あの日々が遠い昔のように感じていたのに、つい最近の如く鮮明に思い出していき、急に緊張してきてじわりと指先に汗が浮かび相手からは見えないように自身の服の裾を掴み擦り、ソファにへと腰をかけ、しどろもどろに口を動かし)
最近は…その……どう?ちゃんと食べれてる?

10:海原亜貴 2017-04-10 02:22:06

ありがとうございます…ありがとうございます…(›´ω`‹ )
そろそろ本体はお暇致します!また何かあれば呼んでくださいね!

____________





(大事にして貰って、その言葉に思わず顔を上げれば相手と視線がかち合って。相手も覚えていてくれた、とそれだけが嬉しく、頬を僅かに緩ませて。しかしわかり易く動揺を浮かべながらソファに腰を下ろし、視線をふらつかせる相手に表情は強ばって。矢張り自分がした事は相手のトラウマになってしまっているのだろう。ならば、しっかり兄として接しなければ、と。心のどこかで泣き叫ぶ自分を殺しながらわざわざ子供の話題を出し、相手はもう自分のものではないのだと戒めるように)
うん…。俺は大丈夫だよ。ナツこそ、ちゃんと好き嫌いせず食べてるか?子供居るんだろ、結構そういうの、見られてるんだからなー?

11:海原 那津 2017-04-10 13:44:26

了解しました!
こちらも忍ばせてもらいます。御用の際は気軽に声をかけてください!


______



ははっ、気をつけるよ。最近顔だけじゃなく性格まで似てきて自分の分身みたいで可愛いんだ
(家族の話題をこちらからするのには気が引けていたが相手からさりげなく話をふられたことによりほっと一安心すると同時にこれが普通なんだよなとどこか胸奥が痛む感じになり、父親として可愛い娘達の話を無理に笑顔を取り繕いながら言い。こんな空気になるために押しかけたのではなく、本当はずっと前から聞きたかったことを今聞こうと思い踏み込んだのだと両手をぎゅっと握り、息を深めに吸い、先程の明るさを取り払い「あのさ」と切なげな表情で相手を見つめ)
……俺は、まだ兄さんにとって可愛い弟でいれてる?

12:海原 亜貴 2017-04-10 15:54:44

…そっか。自分の子供ほど可愛いものはないって、言うもんなぁ。

(子供の話をした途端安堵した様な笑顔を浮かべ、明るく言葉を紡ぐ相手に胸の痛みは増すようで。矢張り相手は家族と居るべきで、そう出なかったとしても自分が入る隙など無いのだろうと。コーヒーでも入れようとキッチンに向かおうと相手に背を向けると、不意に紡がれた言葉に小さく目を見開いて。可愛い、なんて言葉では言い表せない。愛してるでも生温いこの感情は口に出すべきではない、と。表情を穏やかな笑みに作り上げ、相手に向き直ると、しかし相手が嫌がるだろうと髪を撫でることすら出来ずに。)

何、言ってるんだよ。お前はいつまで経っても俺の可愛い弟に決まってるだろ。……コーヒー、淹れてくるな。

13:海原 那津 2017-04-10 19:23:10

そっか…ありがと
(嫌われてはないみたいで一先ず安心し微笑めば、これでくつろげると肘掛にぐったりと体をもたれかけコーヒーが出来上がるのを静かに待ち。こんな何の変哲もない昼間にも母さんや父さんがいない間に盛ってたりもしたなあなんて思うと、兄さんにどうしようもなく触れてみたい衝動に駆られ自分で頬を叩き気を持ち直し。兄さんが独身な今、何のために早く結婚したのがが少し分からなくなっている状態でもありあまり卑しいことを考えてしまうと取り返しがつかなくなくなりそうで、悶々と葛藤し眉間にしわを寄せ黙り込み)

14:海原亜貴 2017-04-12 20:09:21

…お待たせ。このクッキー、お得意先から貰ったやつでさ。美味しいよ。

(キッチンに着くなり座り込み、目元を覆うと小さく鼻を鳴らして。情けない、本当に情けない。弟の結婚式でさえ涙を見せず、笑顔で送り出してやることが出来たのに。この期に及んで、いや、今更、涙が出てくるなんて。目が赤くならないよう、擦らないようにと涙を流したまま、コーヒーを作り始めて。幸いなことに涙は滲む程度で、すぐに収まって。顔を洗って笑顔を作れば出来上がったコーヒー、砂糖のポットとクリームの入った小瓶をお盆に載せ、お茶請けのクッキーを添えて相手のところに戻って行き)

レスを書き込む