TOP > なりきり > 【進撃】▶きょうてきがあらわれた!【エレリ、非募集】

【進撃】▶きょうてきがあらわれた!【エレリ、非募集】

最終更新 2017/05/24 00:02:45
レス数 67
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス67中:1-20

1:リヴァイの中の人(みよ) 2017/04/08 22:33:48 作成

いつもお世話になってるりなさんよろしくお願いします!

▶あらすじ
休日は家に引きこもって画面に食いつく、重度ゲーマーのエレン。そんなある日、エレンの家に宛名無しでゲームカセットが届く。恐る恐るプレイしてみると、それは戦闘系のアクションゲームだった。エレンは難なくステージをクリアしていき、敵キャラクターを開放していく。すると突然画面が光り、部屋中を眩しく照らした。落ち着いた光の中目を開けると、そこには開放したはずの強敵キャラクター『リヴァイ』の姿があった。

▶設定
【大学生ゲーマーエレン×ゲームキャラリヴァイ】
エレンは実家から出てアパートにひとり暮らし、平日大学後にバイトを掛け持ちしていて、結構稼いでいる。バイト代は殆どがゲームへ注ぎ込まれている。一通りの家事はできる。彼女経験なし。得意なゲームはアクションとFPS。
リヴァイは戦闘系アクションゲームの強敵キャラクター。ゲーム中では、冷静沈着、残忍酷薄、戦闘において情などいらない、な戦闘狂。しかし現実に出てきてしまうと、知らない世界だからかそこそこ感情を顕にするようになる。黒いスーツ、目元に白い包帯、日本刀を使い戦っている。見た目は20代だが実年齢は不詳。

▶その他
現実とゲームの世界が入り混じる"異世界"な感じにしてみました!戦闘のことしか頭にないリヴァイさんがエレンにホイホイされたらいいな~とか、子供みたいに何にでも興味を示したらいいな~とか、思ってます!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

49:エレン 2017-04-30 14:40:37

ぅ、良かった...リヴァイさんのこと傷付けてなくて..
(自分の選択を曲げない相手からは、戦いを繰り返してきたからこ
そ伝わる男らしさがあり、頬を軽く叩いて濁すことなく話される
と嬉しさに頬が赤くなって、自分は熱くなるとすぐに周りが見え
なくなるため、気付かぬうちに相手に嫌なことをしていたら謝る
だけでは許されないと思っており、ホッとして頬を緩ませて、)

男同士は..ここ、使うんですよ...
(自分の服を口元に置いて、男を誘うような甘い声を溢されると身
体に熱が集まるのは抑えられそうになくて、キスの先を知らない
らしい相手に教えるためにゆっくりとした口調で呟けば、相手の
様子を確認しながら、ゆる、と指を出し入れさせ、時折指を曲げ
たりし、)


___________________________________________________
連絡ありがとうございます!把握しました!

50:リヴァイ 2017-05-01 01:08:17

お前に何かされて俺が傷つくわけないだろう
(自分は相手に好意を持っているし相手も自分を思ってくれているので、何をされても自分は平気だと思えて、ましてや今まで自分は誰かに心身ともに傷つけられたことなどないので、それも含め心配ないと感じ)

う、ぁ...それ、びりびり、する..ぅ
(優しい声で言われ一瞬息を呑むと、先程とは違った感覚に襲われて視界がチカチカと煽り、触れられることなどないそこを指先でかすめられると、こそばゆさ交じりの快感が頭の中を支配していて)


─────────────────────────
ありがとうございます!
お待たせしました^^;

51:エレン 2017-05-03 07:44:07

でも..駄目です、..何かあったら言ってくだいね
(お前に何をされてもいい、と言われ、胸が熱くなるのを感じるが
ゲームの中の人物であった相手は、戦い以外で自分を表現するこ
とが少なかったのではないかと考え、自分が相手を傷付けていな
くても感じたことがあれば伝えてほしいと思って、一緒に過ごし
ていくなかで、相手がまだ知らない感情を共有し合えたら良いと
も思い、相手をぎゅ、と抱きしめて、)

はは...また、すぐイっちゃうんじゃないんです、か
(初めてのはずなのに確かに快楽を感じ取る相手を見ると、少し残
った理性までも削り取られるようで、知識としてあるだけの最も
敏感な所を見つけるため、熱い内壁全体に指を這わせば、少し膨
れた部分に指を押し当てて、)


____________________________________________________
いえいえ!!
また2日ほど返信出来なくてすみませんでした..!

52:リヴァイ 2017-05-03 20:55:58

あぁ...嘘を吐く必要もないからな
(嘘や偽りは自分を守るものとして前から多用してきたが、相手なら自分を攻撃してこないし信頼できると分かっているので、せめて自分も正直でいれたらと思い、抱きしめられればまだ子供の温もりが少し感じられて、目をつむって頭を相手の首筋に預けて)

ひゃうっ?!
(じわじわと身体を蝕む快感に耐えていると急に全身を貫くような衝撃が走って、背筋が勝手に撓ると「いっ..いまの、なに」と逆にちょっと冷静になってしまって、それでも意味不明の新たな快感に頭の中は渦巻いて)


───────────────────────
大丈夫です!b
忙しい時は連絡なくても平気ですから気にせずに(^▽^)/

53:エレン 2017-05-04 01:04:17

へへ..嬉しい、です
(気持ちを伝えることに同意してくれると、自分を信頼してくれて
いるのが伝わり、嬉しさに落ち着かなくなるようで、抱きしめて
首元に相手の頭が預けられれば、さらに相手を近くで感じ、服越
しに伝わる人肌に安心して「もう少し..このままでも良いですか」
と、相手の小柄ながら筋肉質な身体を離すのを躊躇い、尋ねて、)

ふ..びっくりしちゃいましたかね...ココ、気持ちいい?
(身体を揺らし、高い声を上げる相手はこの感覚が何か理解出来て
いないらしく、反応を見れたことに口角を上げずには入れなくて
弄っている蕾が相手に見えるように、膝を相手の胸に引き寄せさ
せれば、再度、前立腺に指を押し当て指を引っ掛けたりして、)


___________________________________________________
いつも、ありがとうございます〜!

54:リヴァイ 2017-05-05 13:00:26

...子供みてぇだな、お前は
(ころころと変わる相手の表情や声色が幼い子供のそれと重なって、抱きしめられると愛らしいという気持ちと共に愛しいという気持ちも込み上げてきて、自分を抱きしめながらだんだんと呼吸が落ち着いていく相手には「お前が望むなら、いくらでも傍にいてやる」と、正直なところ自分も落ち着くのだが素直には言えず、少し偉そうにして)

うあ、ぁ..んっきもちい...きもち、けどッ
(厭らしい笑みと指先で瞬く間に翻弄され、相手の問いに答えるように一言口に出してしまえば、頭がそれを理解して余計に意識してしまい、体制を変えたことによって自分の痴態が見えて、顔を真っ赤にしながらも制止の声を掛けることが出来ず)


────────────────────────
こちらこそ!ありがとうございます!

55:エレン 2017-05-06 19:09:55

え、子供みたいですか..!?
(子供みたいだと言われれば、20歳過ぎたんだけどなぁ、と不満
そうに口を尖らせながらも落ち着いた相手に比べると自分はまだ
まだ子供だと納得して、許しをもらい「そんなこと言われたら..、
離せなくなりそう..」と、相手の精一杯の言葉を噛みしめれば、相
手を自分の膝に乗せて再度、ぎゅう、と抱き締め直して、)

気持ちいいけど、..?
(秘部が見える事に顔を真っ赤にしつつも、抵抗しない相手は与え
られる刺激や攻められることに慣れていないんだと考えて、指を
二本に増やし蕾を拡げれば、相手の自身に沿って舌を這わせて、
相手の反応を見るために顔に視線を向けると、相手の潤んだ目に
背が粟立ち粟立ち、問いかけ、)

56:リヴァイ 2017-05-06 23:45:17

俺からすればお前なんて十分子供だ
(自分の感覚では相手はまだまだな子供で、しかし世界の事をさておいても自分より学があると思うと、完全に餓鬼と思うことは出来ず気持ち優しめに子供と言って、離せなくなると言われぬいぐるみのように抱かれると「離さなくてもいい..」と聞こえるか聞こえないかぐらいの声で呟いて)

っ..はずかし、から...見んじゃ、ねぇ..
(答えるように促され、頭に血が上るように熱くなりもはや顔に火が付きそうで、それでも相手に嘘は吐けないと感じれば反らしていた目を相手に向けて、絞るように言い切ると握っていた相手の服を相手の顔に押し付けて視界を塞ぎ)

57:エレン 2017-05-07 16:53:14

う...いつかリヴァイさんに大人になったって、言わせたいです...
(見た目は若々しい相手だが、自分より多くの大変な思いをしてき
たんだろうと確かにそうだなぁ、と思い、だが相手に釣り合う人間になりたいのが本音でポツリと呟くが、それも拗ねた子供のよ
うになって、消えてしまいそうな声で言われれば「ッ、あぁ..もう
反則ですって..」と、相手と顔を向かい合わせ、何度か啄むキスを
して、こうしているとまるで恋人になったみたいだと自惚れて、)

わ、..でも、俺...リヴァイさんの全部見たい..ダメ...?
(林檎よりも赤くなった相手を見ていれば、渡した服で顔を隠され
てしまい、恥ずかしがる相手を見たいのは仕方ないと思いつつ素
直に答えてくれたことが嬉しく、指の動きを止め、空いている手
で相手の太ももを撫でて、)

58:リヴァイ 2017-05-07 23:37:09

はっ、そりゃ楽しみだな
(相手が文句なしの大人になったら自分はどうしたらいいのか分からなくなりそうで、しかもそうやって相手が大人になるまで自分は傍にいれるのか不確かなところもあり、大人になったと言える日が来ればいいなと思いながらうわごとのように言って、声を聴かれたのか急にキスをされれば一瞬ぽかんとしてしまって、すぐに「おい、急にするな..驚いただろうが」と言うものの顔はさほど驚いておらず)

...ダメって言わせる気、ねぇくせに..
(足の輪郭をなぞりながらおねだりするように言われると、これなら否定できない、というのを知っているような態度だと思って、実際自分はそんな風に問われるといいえとは言えなくなってしまうので、相手に押し付けていた服をもう一度自分の口元に戻しながら呟き)

59:エレン 2017-05-08 21:14:50

だから...どこか行っちゃったりしないでくださいね
(軽くあしらうようする相手を見ていると突然現れた相手は、目を
離したすきに消えてしまいそうだと思って、出会ったばかりでは
あるがずっと一緒にいたいという気持ちがあり、感じる不安に眉
を下げながら笑って、驚いたと言う相手の顔はいつもと変わらな
い様子で、そんな無表情な相手が面白く「ふふ..すみません、じゃ
あ...キスしますね」と、頬に口付けて、)

そうですよ、正解...
(自分がねだるとあっけなく折れる相手が可愛らしく、この手は使
えるな、なんて企んだりして、相手が服を口元に戻すのを見れば
指の動きを再開し、ばらばらに指を動かし拡げるようにして、)

60:リヴァイ 2017-05-08 23:50:35

...あぁ、そうだな
(どこへも行かないでと言うものの、儚げに笑う相手の方が今にも消え入りそうで心が痛み、出来ることなら相手の傍でずっと平和に過ごしていたいと感じて、自分もつられて眉を下げれば頭を優しく撫で、笑われてむすっとする間もなくまたキスをされると、完全に口上手な相手のペースに乗せられていて「馬鹿、言えばいいってモンでもねぇ」と相手の調子に乗らないように、自分に言い聞かせるみたいにして)

ぅ、ん..くぁ
(表情が多彩な相手は何かを企んでいるのか少しだけ意地悪そうな顔をしており、それが自分にとってはたまらなく心臓がぎゅーっと潰されるような感覚がして、でもその感覚が心地よく虜になりつつあって、後ろに触れる相手の指も無意識のうちに自分から求めるように締め付けて)

61:エレン(りな) 2017-05-10 20:40:12

連絡失礼します!
1週間ほど返信が遅くなるか、返信が出来ないです…!
把握よろしくお願いします!

62:リヴァイ(みよ) 2017-05-10 23:51:42

連絡ありがとうございます!了解です!

63:エレン 2017-05-14 01:30:03

じゃあ..ゆびきりですね!
(どこにも行かないと言ってくれる相手も眉が下がっていて再度胸
が痛くなるが、頭を撫でられると気持ちも安らぎ、約束だと言わ
んばかりに元気よく小指だけを立てて相手に向けて、調子に乗る
なと怒られてしまえば、恋人のようなやりとりが楽しいと初めて
知り「えー!こういうの、嫌じゃないでしょ?」と、相変わらず
自信ありげに言って、相手の頬を指の背で撫で、)

すっげぇ..後ろ、きゅうきゅうしてる...
(声は小さく溢すだけの相手だが、指が締め付けられることでしっ
かりと感じてくれていることがわかり、指を圧迫される感覚と甘
い声が自分の限界が近付かせていて、三本に増やし蕾の入り口を
何度も擦れば、胸の飾りを緩く引っ張ったりして、)


____________________________________________________
把握ありがとうございます!

64:リヴァイ 2017-05-14 22:32:51

..指切り?切るのか?
(小指を立てこちらに向けられ指切りと言われるが、生憎自分は指切りを知らず言葉のまま受け取るしかなく、放り投げられていた刀を抜こうとして、頬を撫でられ幸せそうに問われてしまい、そんな相手には突き放せるほど薄情になれず「嫌じゃねぇから困るんだろ…」と、目を伏せて)

ばか、ぁ...いうな、よ
(実況するようにわざわざ口にしながら増えた指で浅い所を擦られ、その指を余計に意識してしまうともう頭の中まで溶けていき、身体だけが素直に反応して)

65:エレン 2017-05-17 20:50:08

あ、ちょ..リヴァイさん!その切るじゃないです...!
(ゆびきりと言えば相手は刀の柄に手を掛けており、物理的に指を
切ろうとしていて、そういえば相手は約束があっても無いような
世界で生きていたのだと思い出し、あわあわと慌てながら相手の
手を握って、自分の自惚れに気を遣ってくれていたとしても嬉し
くて「それは良かったです...!」と、相手が嫌じゃないならもっと相手をからかってみたいなんて思ったりし、)

言ったらリヴァイさんが..すげぇ可愛いんですもん
(相手が普段よりさらに可愛く、素直になると話し、現に自分が言
葉に出すことによって身体を震わせるのが可愛らしく、背がゾク
とするのと同時に自身が重くなるのを感じれば、熱く息を吐きな
がらファスナーを下ろして張り詰めた自身を取り出し「リヴァイ
さん...挿れても良いですか..?」と、先端を相手の蕾に先走りごと
擦り付けて、)


____________________________________________________
お久しぶりです…!
あと5日くらい遅くなりそうです!

66:リヴァイ 2017-05-18 22:59:26

...?
(違うと手を握られるとますます分からなくなってきてしまうが、それでも相手の指を切るのではないのだと分かると少し安心して、弱く立てられた相手の指を見て真似るように自分も小指を立ててみるものの、違っていたら間抜けだなとどこか思って、嬉しそうにニコニコされると自分が相手に特別甘いことを自覚して「もう急にやるなよ」と念を押し)

んなわけ、ねぇだろ..!
(男でましてやこんな自分に可愛いなんて華奢な言葉は到底似合っておらず、聞いているだけで耳がぞわぞわこそばゆくなって、羞恥も勿論少しの不服が混ざって眉間をしかめるものの、他の事に気が逸れたせいで全然圧がないことに自分も気付いていて、苦しそうに震えながら熱を持った自身を当てられると「む、むりだろ..そんな、の」と言いつつ後ろは相手を元求めていて、目のやり場に困ったのか視界がきょろきょろと動いてしまい)


───────────────────────────
お久しぶりです!
了解です!こちらのことは気にせず!
私も遅くなることがあるかもしれないので(;^_^A

67:エレン 2017-05-21 15:52:38

そう、こうやって...約束を守るための、おまじないです
(ゆるりと小指を持ち上げる姿は、何だか小さな子どもが真似てい
るようで先程の緊張は解れて笑みが溢れ、小指同士を絡めてゆび
きりの童謡を歌えば、本当に歌の通りにするわけではなく約束を
少し強固にするものだと話して、念を押されるも相手を前にすれ
ばちょっとの我慢も出来ないと思い「俺..絶対言わないでやっちゃ
うなぁ...」と、反省しておらず、)

そういうのが可愛いんですよ
(否定をするものの、少し顔を赤らめ不満そうに眉を寄せることこ
そが愛らしくて、可愛いと言ってしまうのだと喉元に口付けて、
視覚と共に感じる自身に無理だと声を震わせ、視点が定まらない
相手だが、蕾は擦り付けた自身を中に促すように収縮しており、
限界まで高められた欲は止めることができず「ふ..無理じゃないで
すよ...ゆっくりしますから息はいて」と、相手を落ち着かせるよ
うに髪を撫でれば、自分の欲が先走らないようにゆっくりと腰を
進めて、)


___________________________________________________
本当にありがとうございます!

68:リヴァイ 2017-05-24 00:02:45

約束...か
(相手の指が絡まり歌と共に小さく腕を振られて、じっと大人しくそれを聴いていると何だか落ち着き、決して固く握られたわけじゃないその指が絶対に離れないような気がして、嬉しさと共に少し頬を緩めて、頭では分かっていてもついついやってしまうことは誰にでもあるし、相手の言いたいこともとても分かるけれど、こんなことを何度も続けられたら身も心も持たない自信があって、「言わないと、反射で殴るかもしれねぇな」と少し圧をかけて、でも実際そんなこと出来ないと心の中では思って)

う..っも、お前が言うことは、心臓に、わるい
(自分がどんな顔をしようとも相手は可愛いと言ってきそうな勢いで、可愛いなんて言われ慣れていないせいかその言葉を聞くたびに鼓動が煩くなり、相手の動き一つ一つに身体がびくっと反応してしまって、まるで何かを教える先生のように優しい声で声を掛けられ、言われるままに焦る呼吸を落ち着かせ「あ、あっ...く」と時折声を溢しながら、なんとか息を吐いて、それでも感じる熱に今にも呼吸の仕方を忘れそうで)


─────────────────────
返信遅れてしまってすみません!
もしかしたら金曜まで遅れてしまうかもしれないです><;

レスを書き込む