TOP > なりきり > 大人の御伽BAR

大人の御伽BAR

最終更新 2017/05/02 02:33:38
レス数 24
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス24中:1-20

1:マッドハッター(オーナー) 2017/04/22 23:22:18 作成

ここは女という性別のないBL御伽の世界。この世界の住人は皆、性に飢えていて気持ち良いことが大好き。
そんな住人の皆様が相手と出会う場となるのがこの『大人の御伽BAR』です。

〜募集〜
従業員、客共に募集。
客となるには特に条件はない。強いて言うなら、性に飢えていることだな。気分が向いたら来てくれたらいい。
しかし、従業員になるには以下の条件がある。
多忙期以外は頻繁に顔を出すこと。新規様が当店になれることが出来るようにすること。BARに来るメンバーは絡みのない人でも記憶するよう努力すること。
従業員にはオーナーであるマッドハッターが店にいない時に店を仕切って欲しい。オーナー不在時の新規様の参加許可を出すことも行って欲しいと考えている。

〜CPについて〜
・お一人様2CPまで使用可能。
・属性は流れで決めろ!とオーナーのマッドハッターは思っているので属性での縛りは禁止。
・参加時に『不思議の国のアリス/マッドハッター』と作品名とキャラ名を記入して欲しい。同じ作品の同じキャラが2人いるということは禁止する。『赤ずきん/狼』、『三匹の子豚/狼』と作品が違えば別人と判断する。
・本来の作品から性格や設定を変えても良い。(例:『赤ずきん/狩人』狼とは親友である。赤ずきんのことはあまり好きではない)
・先程の例(例:『赤ずきん/狩人』狼とは親友である。赤ずきんのことはあまり好きではない)のように自分の作品の登場人物に対してどういう思いを抱いているか参加時のプロフに記入してもよい。親友、犬猿の仲などの設定ならば加えてもよい。(その場合、後から来た者は先人の設定に従う)しかし、恋人(一方的に好きとかは面白いから有り)や家族設定を付け加えるのは無し。
白雪姫と王子など、恋愛設定のある作品は同じ作品のキャラとして相手のことは知っているが恋愛設定は無しとする。

〜BARでの注意〜
客と従業員は勿論、客同士、従業員同士、性行為に及んでも良い。
基本、1対1で絡むこととする。ドッペルもなし。(従業員が新規様の参加許可を出す場合は別)相手との絡みが終わるまで他の者とは絡めない。しかし、どうしても絡みたい相手がいる場合、今度相手して欲しいと話しかけに行ったり、3Pなどを提案しに行くことは可とする。断られても文句は無しだ。
相手が現れるのを待っている者がいるのにその相手が好みではないからと無視することは禁止する。食わず嫌いは駄目だよ。
この相手以外とは交わりたくないとお互い思える相手が見つかったら、BARから離れ別のスレッドに移ってくれ。祝福する。
BARで知り合い恋人となったが、お互い他の者とも交わりにBARに来るというのも有りだ。その場合、交わる相手には恋人がいることを伝えること。
BARで人間関係が拗れたとしてもオーナーと従業員は責任を負わない。全て自己責任だ。
最後に、BARでの法律はオーナーであるマッドハッターだ。マッドハッターが店の迷惑となると判断した者はBARへ入ることを禁ずる。

〜BARの設定〜
カウンター席(相手が見つかるのを待つ時、雑談をする時に使用)
個別席(相手が見つかり雑談する場合に使用。また、お触り、キス、フェラ程度ならば個別席使用可。しかし、他の客、従業員から見えている設定)
ソファー(こちらも他の客、従業員から見えている設定。がっつり本番まで可。見えているけどね)
個室(ベッドもあり、ホテルの一室みたいなもの。他の者から見えない。)
用途によって使い分けてくれ。

プロフについては後程マッドハッター(オーナー)のプロフを載せるのでそれを参考にしてもらえれば大丈夫。

そのうちイベントも行えたらと思っている。
質問があればオーナーのマッドハッターまで。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

6:チェシャ猫 2017-04-23 13:28:12

やっほー。帽子屋は相変わらず血色悪いね。
ンー…頻繁にィ?約束は出来ないなぁ、俺が暇な時来てあげる~。逆を返せばずっと暇ならずっと入り浸っちゃうってことだけど~…まぁ、俺らしく気儘にやらせて?でもここは居心地良さそうだし住み込みもありかなあ
(血色の悪さに似合わぬ笑顔で迎え入れられるのも馴れたもので相手を知らない人が相手を見れば体調の心配でもするのかな?と下らない事を考えながら相手の両頬を掴むとムニムニと揉み。頻繁に来いとも聞こえる問いかけに相手を物ともせず人当たりのよさそうな笑顔で回避し、雰囲気の良いバーの室内を見渡しながらする気など毛頭もない住み込みの話をし、話を変えては肩に置かれた手に合図するようにポンポンと手を置いた後カウンター席へと向かい)
…それにしてもバーを始めるぐらいだからちゃんとお酒は作れるんだよねぇ?全部紅茶だったら笑い話も良いところだよ。帽子屋らしいとも言えるけどねぇ。何にせよ俺にも一杯作っておくれよ、どうせまだお客さんは来てないようだしさ?

7:参加希望 2017-04-23 15:26:14

プロフ
『アラジン/ジーニー』
容姿:褐色の肌。漆黒の髪は月明かりに照らされ少し紫に見える。背中まであり、髪を一本の三つ編みにし束ねている。瞳はアメジスト色。身長は172cm。服装は褐色の肌を際立たせる黒い透けたハーレムパンツ。黒の透けた半袖のチョリブラウスを着ている。顔の半分を隠すように黒のレースの布で鼻から顎のラインまでを覆っている。金のコインベルトをしている。筋肉はある程度着いておりくびれもある。ヘソも見えているがヘソピアスはしていない。
性格:気まぐれで、我儘。自分の思い通りにならないと分かると途端にどうでもよくなる。ランプの精霊であるため、いろんな人の願いを叶えてきたせいか無駄に面倒見はいいが適当。「さぁ?」「しらねー」が口癖。
備考:アラジンとは不仲。お伽話では最後に自分を自由にしてくれたとあったが、現実は自由には慣れなかったから。その証拠に両手首に金の腕輪がはめられている。3つめの願いを叶え終えれば二度と同じ主人の前には現れず主人の記憶は消されてしまうためアラジンと会うことは二度とない。BARへはランプを通じて通えるようになっているが基本ランプを擦られ新しい主人が見つかればそいつの願いを叶え終えるまでランプからそのBARへは行けない決まりになっている。

はぁ、…やっと来れた……。
あいつと二度と会わないと思うとほんと嬉しいわ……酒飲みたい…。
(新しい主人が見つかってしまいしばらくこの店には来れなかったがやっと3つめの願いを叶え終わり解放されたのか久しぶりに訪れたBARには入ればカウンターに座り机に頬杖をついて足をブラブラと揺らし首をコキッコキッと鳴らし首が凝っていたようで


参加希望です!よろしくお願いします!

8:マッドハッター(オーナー) 2017-04-23 18:14:51

>チェシャ猫

血色悪いのは照明のせいじゃない?
まあ、暇な時に来るのでもいいよ。君の言う通りここは居心地がいいから自然と足を運んじゃうはず。
君は住み込みとかする気ないだろう。でも、もしも住み込みするなら俺とドキドキ共同生活だよ。
(両頬を掴まれムニムニと揉まれれば嫌そうな顔をして。血色の悪さは自覚があるが認めたくなく、適当に素っ気なく答え。相手はチェシャ猫だから気まぐれで仕方ないかと折れ、居心地が良いと言われれば嬉しそうにそうだろうと微笑み。住み込みの話は絶対にその気はないなと思い苦笑し。しかし、チェシャ猫との共同生活は実現したら面白そうだなと思い目を輝かせ。お酒をきちんと作れるのかと問われれば自信満々に先程練習していたカクテル、ミモザを差し出して)
フフッ、紅茶以外も作れるのさ!カクテル作り練習したからね。ほら、ミモザだよ。

9:マッドハッター(オーナー) 2017-04-23 18:35:40

>ジーニー

おや、お客様かな?
何だか疲れた顔をしているね。ウチの店で癒されていってよ。お酒ね。直ぐに飲みたいならウィスキーのロックとかどう?
(店の扉が開く音がすれば、ばっと勢いよく体を向け。相手を出迎えれば、疲れた様子の相手を見て少し心配して。そっと相手の頬に手を添えて優しく撫でて。直ぐに相手に提供出来そうなお酒を提案し)

ジーニーさん、参加希望ありがとう。よろしくお願いします。

現在3名なのだがどうしようか?一応、裏メインでドッペルなしなので、ジーニーさんに接客する従業員を決めてもらうか、3人で3Pか……ジーニーさんとチェシャ猫くんの意見が聞きたいな。

10:チェシャ猫 2017-04-23 21:21:07

帽子屋

勿論。今まで通りあっちにフラフラこっちにフラフラするよ
(カウンターの席に着き、頬杖をついて待っていると出されたカクテルグラスをワクワクした様子で見つめ、カクテルの名前を告げられるとステムを持ち上げ少しグラスを揺らすとスンスンと先に匂いを嗅ぎ、広がるオレンジの香りに自分の苦手とする柑橘系であると気付くと苦い表情を浮かべ。わざとなのかなぁ?と悩みつつ折角作って貰ったが飲まないでおこうとコースターに一度戻し、カクテルの話題から話を逸らして)
ミモザねぇ…綺麗なオレンジ色…。キミの作る紅茶は絶品だからこの得体の知れないこのカクテルも美味しいのだろうねぇ…。帽子屋は名前の通り…確か帽子も作るのが上手かったはずだけど今はそっちはどうしているんだい?良ければ俺にも似合いそうな帽子を見繕ってくれないかな?あぁ、そうだ。帽子を繕って貰えるのならドキドキ共同生活も考えなくもないねぇ

俺は3Pでも何Pでも良いよ~。人任せだけどこれこそ気儘なにゃんこライフ~にゃははー


>ジーニーさん

ジーニーさん、よろしくお願いいたしまぁ~す。絡めた時にさぁ~俺の願いも1個でいいから叶えてよ~あと魔法の絨毯ってのも乗ってみたいなー

11:マッドハッター(オーナー) 2017-04-23 22:30:09

>チェシャ猫

(カクテルの匂いを嗅ぎ苦い表情を浮かべる相手を不思議そうに見つめていたが、猫は柑橘系が苦手だったと思い出し慌ててコースターに戻されたミモザを手に取り、自分でグイッと一気に飲み干し。お酒に弱く、しばらくすると頬を赤くして目がとろんとして。帽子屋の仕事の話になると途端にボソボソとした声になり。チェシャ猫に似合う帽子を考え始めれば気分が乗ったのか早口で喋り出し。帽子を作るのは今も好きだからチェシャ猫のために繕うのは問題ないのだが、そうしないと自分との共同生活は考えてもらえないのだと思うと頬を膨らませて拗ねて見せ)
うん?……うわー、ごめんね。柑橘系のカルテルを君に出してしまうなんて。
帽子屋は今は趣味程度なのさ。決して辞めたわけではない。チェシャ猫にはピンク色のベレー帽がいいな。猫耳をはやしてもいいね。
えー、帽子を繕わないと俺とドキドキ共同生活してくれないの?

チェシャ猫は3Pオーケーなんだね。了解!
また誰かが来て人数増えるかもしれないし、臨機応変に決めよう。
流れに身を任せるのも悪くないよね。

12:チェシャ猫 2017-04-24 01:07:08

…あー、バレちゃった…?んわ、一気飲み~
(相手に飲めない事がバレてしまうと申し訳無さそうに苦笑を浮かべ、捨てるであろうミモザを自分は飲めないものの勿体無いなあと思っていると予想していた場所とは違う相手の口元へと運ばれるグラスに視線注ぎ、一気飲みする相手に最初こそ驚くものの感心した様子でパチパチと小さな拍手を行い。ボソボソと喋っていたかと思うと徐々に早口で話していく様子に相手の帽子作りへの熱意を感じ更には自分に合ったデザインを早速提案してくれた事に流石だなぁなんて考えていると目に映る相手はほろ酔い加減で。拗ねた様子で共同生活の話をする相手が頬を膨らますことにより頬の赤みがより強調されたように見え、一言「もう酔ってるなんてバーのマスター失格だよ、帽子屋」と言いながらフフフと笑い相手の頬に手を添え)
猫耳付きとは流石帽子屋、中々良いアイディアを出すもんだねぇ、俺っぽいしとても気に入ったよ。でも俺的には帽子屋がワンダーランドで被ってたあの帽子、あれも好きなんだよね。
ンー…そりゃまあ今の生活も悪くないからねぇ、他人の家を渡り歩く生活は気分屋の俺にぴったりなんだ~。それにさっきはあれほど早口で話して興奮していたのにもう繕う気が失せちゃったって言うの?

俺基本的にどんなプレイも好きだよ~帽子屋も好きなのかな?ま、この館建ててる時点で変態確定だけどねぇ
そうだねぇ、臨機応変に決めよ決めよ~。このバーに今後どんな人が来てわいわいいちゃいちゃ出来るか今から楽しみだよ~、アリスも早く来れば良いのにねぇ
うん、悪くないと思うよ。俺もいつも流れ次第だし~

13:マッドハッター(オーナー) 2017-04-25 00:25:20

>チェシャ猫

猫耳付きの帽子、絶対に繕う。ワクワクしてきた!うん?ワンダーランドの時の帽子は大事に部屋に飾ってあるよ。あの帽子が好きとはチェシャ猫、見る目あるね!
(相手にアイディアを褒められれば気分を良くしてやる気を出し。酔っていることもありハイテンションとなり、さらに自分のトレードマークでもあったワンダーランド時の帽子を好きだと言われればご機嫌となり。帽子を繕う気はあるため、首を力強く振って相手の言葉を必死に否定しようとして。拗ねて膨らませた頬は萎め、その代わりか唇を尖らせて少し恥ずかしそうに思っていたことを話し。しかし、後に相手が話してくれたことから勘違いだと分かったので照れて謝り。気ままに人の家を渡り歩く相手の今の生活は彼らしく良いなと思い微笑み。赤くなった頰に添えられた相手の手は冷たく、心地良いなと思い目を細め。一杯で酔っている自分に向けられた言葉に苦しそうな声を出すが美味しいお酒が作れれば大丈夫なのだと主張して)
違うんだ。ごめんね……俺とそんなに一緒に住みたくないのかと思って悲しくなっただけ。でも、チェシャ猫は俺と暮らすのが嫌なわけではなく今の暮らしが好きなんだね。いつでも俺の部屋に来ればいいよ。散らかっているけどね。
うっ……すぐ酔っちゃうけど美味しいお酒は作れるよ!

そうだね。どんなプレイも好奇心でやってみたくなるね。やだなー、変態って本当のことなんだけれども照れちゃうじゃないか。
それでは、流れに合わせていくことでよろしく。

14:チェシャ猫 2017-04-25 13:18:55

凄いやる気だねぇ、俺の帽子繕って貰えなかったらあの帽子貰おうかなと思っていたのに。でも俺にピッタリのを繕って貰えるようだし、そっちの方が俺に似合いそうだからワンダーランドの時の帽子屋の帽子が貰えないのは少し残念だけど諦めるとするかな。
(ワンダーランド時の帽子が貰えると決まっていたわけでは無いというのに元々貰える気でいたような口ぶりで本当はワンダーランド時の相手の帽子を貰う計画であったことを告げ。コロコロと変わる相手の表情を見ては微笑み。自分の手の冷たさに目を細める姿を捉えると、相手のネガティブ思考についての話をしながら頬を一撫でしたあと指を滑らして首筋へと移動するとそこから顎下へと指先で撫で最後に相手の下唇に触れ、ニンマリとしたスマイルを見せ。下唇から手を離し、その腕でも頬杖をすると今夜の話をし又も自信満々に美味しいお酒を作れると主張する相手に忠告も添えカクテル作りをお願いし)
帽子屋は随分とネガティブ思考なようだけど俺が帽子屋と暮らすのが出来ない程、お前さんのことが嫌いだったらこの店には当然来ていないしましてや従業員に志願するなんてもってのほかだとは思わない?100万歩譲ってお店に来ても冷やかしに来る程度だよ。
いつでも良いのなら今夜早速お邪魔しようかな、散らかっていても俺は気にしないよ。帽子屋の部屋は帽子で埋め尽くされているのかな?
ではもう一杯作っていただこうか。今度は柑橘系では無いやつを

15:三月うさぎ 2017-04-25 23:24:47

『不思議の国のアリス/三月うさぎ』
容姿:白髪でふわふわしたウルフヘア。目は少しつり目だが、幼さを感じさせる少し大きめで、色は赤。肌は白く体は華奢。服は布も多く高価そうなものを身につけているが着崩して敢えて首元や胸元を出している。モノクル着用。
身長は163cmと小さめ。
性格:基本何を考えているのか分からない。自由奔放でちょくちょくどっか消えてはフラリと戻ってくる。
何かに縛られるのは苦手らしく、髪型や服装を見て分かる通りたまに頓珍漢な振る舞いもする。
本人曰く極度の寂しがり屋で「兎は寂しいと死んでしまうと言うだろう?だから寂しくないように色んな人から愛を貰ってたんだよ」と何人もセフレを作っては切り捨てている。
備考:縛られるのは苦手と言いつつも、マッドハッターの相棒としての立ち位置に気に入っているらしく基本彼からの頼みは頷く。

いやぁ……久しいなぁ…マッドハッターの匂いがする……
マッドハッターが居るって風の噂で聞いて来たんだ。審査宜しく。出来れば店員が足りないのなら店員もやるしそうじゃないなら客として通わせてもらうよ。まぁ、マッドハッターの元で働いてみたい気持ちは正直あるんだけどね

16:マッドハッター(オーナー) 2017-04-26 23:45:57

>チェシャ猫

アハハ、狙ってたんだ。ダメだよ。チェシャ猫にもあの帽子はあげられない。あれは、俺の一番の自信作だからね。そのかわり、チェシャ猫にピッタリの素敵な帽子繕うから楽しみにしてて!
(どうもあの帽子を貰う気でいたらしい相手に残念でしたと言い笑い。あの帽子は絶対にあげられないと両手でバツを作って見せ。しかし、欲しいと思うほどに気に入って貰えたことは素直に嬉しく、相手にピッタリの帽子を繕うという気持ちをより強めて。相手にネガティブ思考のことを言われれば目を伏せてシュンとし、相手の指が自分の顔を触れていくのを感じながら話を聞き。帽子はもちろん、いろいろな怪しい物や不思議な物で溢れた自分の部屋を思い出しながら楽しそうに笑い。今度は相手が喜んで飲んでくれるカクテルを作ろうと考え、自分も甘くて美味しいためお気に入りなカルーアミルクを提案し)
うん……そうだね。俺は少しネガティブなところがあるのかもしれない。でも、良かった。チェシャ猫が俺のことをよく思ってくれていることが聞けて。
うん、いつでも俺の部屋においで。紅茶と美味しいクッキーを焼いて待っているよ!
よし、リベンジカクテルはカルーアミルクでどう?

17:マッドハッター(オーナー) 2017-04-26 23:52:20

>三月ウサギ

やあ、久しぶりだね!君は絶対に来てくれると思っていたよ。店員でもお客でも、君の好きな方を選ぶといいよ。また一緒に楽しいことをしよう。

18:三月うさぎ 2017-04-27 09:54:10

ん~じゃあ店員さんするね。マッドハッターと一緒に居れば面白い事が起きそうだし、寂しくないしね((ニッコリと微笑んで握手を求めるように右手を差し出して

»マッドハッター

19:チェシャ猫 2017-04-29 01:34:54

勿論、俺への特注の帽子も楽しみにしておくけれど、一番の自信作ねぇ…。そう言われるとついさっき諦めたとは言えますます欲しくなっちゃたな~。ンー…帽子屋の家にドロボーでもしにいこうかな
(一番の自信作というキーワードに惹かれ、冗談のような口振りで言うも眼は本気であることを証明するような目力で見つめ、舌舐めずりをすると口角を上げ三日月目になり。部屋の話へと変わるとイヤらしいほどの笑顔もやめて相手の楽しそうに笑う表情に注目しこちらも笑顔を返すように自然に笑って。自分も一度飲んだことのあるカクテルの名前が出てくるとそれなら飲めるよとニコニコと微笑み。動物的第六感など存在しない為ただの予想からお客の来る来ないに関する適当なことを口走り)
紅茶だけでなくクッキーまで焼いてくれるとは益々楽しみだよ。
カルーアミルクか…なら、俺はミルク少なめで頼もうかな。帽子屋はすぐに酔ってしまうようだしミルク多めなのかな?良ければ帽子屋も何か飲みなよ、まだお客は来ないようだからね

20:眠りねずみ 2017-04-29 03:34:52

『不思議の国のアリス/眠りねずみ』
容姿/薄墨色のストレートヘアは程好い長さに、比較的綺麗に切られてはいるもののぴょこぴょこはねた寝癖でプラマイマイナス。白い体は線が細くいつも眠たげなたれ目は黒目がち。唇は赤く優しげな緩い弧を描く。大きめの黒ぶち眼鏡をしていて、左の目元には小さな黒子有り。身長173cm。仕事の際には肘の前まで袖の折られた黒いワイシャツに緑のネクタイ、黒いズボンを着用。
性格/眠くなったら寝る。その信念は仕事中でも揺るぐことがない我が道をひた走る超絶マイペース。のほほんとした天然呆けな性格ととろとろ眠たげな話し方で話していると気が抜けるゆるふわ系男子。優男。酒にはめっぽう弱くノンアルコールのカクテルを好む。無論肴はチーズ。
備考/色事の最中に無意識のうちに相手の身体に噛み痕を付ける癖がある。事後に一応謝るがどういうわけか直らない、否直さないのかも知れない。アリス溺愛、隙あらばどうにかしちゃいたい。


おはよう帽子屋。…うん?もう夜?気にしない気にしない、ところで君、お店やってるんだって?お酒は飲めないけど僕も参加したいんだ、いいかな。ざっくりプロフだけど何かあったら何なりと言ってよ。それじゃ、検討よろしくね。

21:三月うさぎ 2017-04-30 01:17:13

くぁ~((欠伸をしながらバーのカウンターに座れば「暇だなぁ」と呟きながらお酒を飲み始め

(レス蹴らせていただきます!絡み文投下です!)

22:マッドハッター(オーナー) 2017-04-30 13:28:12

>チェシャ猫
ダメだから!絶対にあげないからね。
ドロボーだって?それならば、盗まれないように帽子を抱いて寝ることにしよう。
(ますます欲しくなったという相手の言葉を聞き、しまつたという顔をして。泥棒に入るというのは流石に冗談だろうと思ったのだが、相手の三日月目を見て本気かもしれないと不安になり。大事な帽子はしっかりと抱いて守ろうと決め。紅茶とクッキーを楽しみにしてくれると言う相手にさらに笑みを深め、ただの紅茶とクッキーではつまらない、媚薬でも仕込んでおこうかと企み。ニヤニヤと笑って企みを口にして。早速、相手の希望通りのミルク少なめのカルーアミルクを作り始め。もう少し酔っているが甘いカルーアミルクは大好きで、客が来て酔っ払って接客することになってもそれはそれでありだと考えて)
フフッ、楽しみにしていて!紅茶とクッキーには……何か仕込んでおこうか?
ミルク少なめね、了解。うーん……カルーアミルク、俺も飲もうかな。お客様がいても飲むけどね。

23:マッドハッター(オーナー) 2017-04-30 13:48:53

>眠りねずみ

やあ!眠りネズミくん。プロフ問題ないよ。お酒は飲めなくても大丈夫。俺もお酒は弱いからね。
眠りねずみくんはお客様?それとも従業員?そこだけ教えて欲しいな。

>三月ウサギ

ここは基本、1対1だから既に会話を始めている俺やチェシャ猫と絡む場合は混ぜて欲しいと言うことを伝えてね。
眠りねずみくんのように新しく来た人と絡もうと言う場合は先にいる三月ウサギから話しかけてあげて欲しいな。
絡み文だけだと誰と絡みたいのか分からないので。

24:眠りねずみ 2017-04-30 16:28:44

>> マッドハッター

ありがとう帽子屋。そうだねえ、出来るなら従業員をやってみたいんだ、シフト中でも寝ちゃうけど。お客様が居るときは頑張って起きてるからさ、お茶会仲間のよしみに免じて大目に見てくれない?

25:チェシャ猫 2017-05-02 02:33:38

>帽子屋
ダメ、絶対なんて言われるともっとも~っと欲しくなるねぇ。
帽子じゃなくて俺の事も抱いてよ帽子屋ァ~…。
…な~んてね~、俺抱きたい派だから帽子の心配より夜這いの心配しときな、ね?
(相手のしまったと後悔したような表情を見るとからかいがいがあるな~と思い、そうだと閃けば粘着性のある色っぽい声で自分の事も違う意味で抱いて欲しいと熱っぽい視線絡めて言い。少し間を空けては冗談であることと帽子より自分の心配をしときなよ、といつも通りにゃははと愉快に笑いながらに述べ。紅茶やクッキーに何か仕込むらしい相手の考えは長い付き合いでも中々読めないなとクスクスと笑いながら実際何を入れられても野生の第六感と猫の時の嗅覚で何とかなるだろうと余裕なのかカルーアミルクを作る相手の表情見ながら自分好みの変わったクッキーについて話し。酔っても接客するという相手にハッキリとダメであると言うも逆の考えもしてみて)
ほぉー、それは楽しみ。食べてビックリパンドラクッキーに飲んでビックリパンドラティーか。クッキーには煮干しを入れてくれれば俺からは花丸をあげるよ
ダメなマスターだねぇ。でも逆に接客熱心というべきかな?酔っても接客はするんだから

レスを書き込む