TOP > なりきり > 【紅様専用】Never Let Go【オリジナル】

【紅様専用】Never Let Go【オリジナル】

最終更新 2017/05/09 02:13:19
レス数 26
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス26中:1-20

1:923 2017/04/26 08:42:05 作成

募集板で声かけていただいた紅様、お待ちしております。

よろしくお願いしますね!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

8:紅 2017-04-27 01:14:02

そう言っていただけて何よりです...!
了解しました、以下萌え萎えになります。かけ持ちしていただいて全然問題ありませんよ!どうかお気になさらないでください。

萌え:誘い、甘え、素直、色っぽさ、Mっ気、媚薬、軽い病気、少々の重い愛、喘ぎ、飲酒、...
萎え:グロ過多、スカ、セックス過多

差し支えなければ、参考にしたいので主様の萌え萎えも教えていただけると有難いです!

9:923 2017-04-27 01:36:39

萌え萎え把握致しました!
ありがとうございます、確認不足ですみません…!

こちらの萌え萎えは、キャラに関してとお話の内容とか混じってますが、一応こんな感じです

萌え
男らしい、ガタイ良し、切甘、嫉妬、緊縛、調教、飲酒、媚薬、など

萎え
女っぽい、受け受けしい、喘ぎ過多、流血、グロ、スカ、死ネタ、重度の病み、など

基本的に萎え以外ならなんでも萌える雑食です!笑

プロフ作成したら載せますね!

10:紅 2017-04-27 14:35:57

雑食...!同じくです。笑
了解しました、妄想が膨らみ続ける一方なので忘れないうちに一旦プロフ出しておきますね。よろしくお願いします!

弥勒院 景虎(みろくいん かげとら)
180㌢/75㌔/30代半ば

容姿:灰がかった黒い髪で、表舞台から去ってからは伸びがち。爛々とした不敵な雰囲気を持っていた目は、伏し目がちで少々哀愁を帯びており公人であった面影は見られないほどぎらついている。鼻筋が真っ直ぐと通り横顔では日本人らしくないような印象。
普段は暗い、地味な和装に羽織。懐に常に短剣を隠し持っている。
左の脇腹に刀傷がひとつある以外はハリのある艶肌で、肩幅の広い筋肉質。

性格:正義感が強く、身を呈し信念を貫く。派手で情にあつく愛情深いが、その分政界での裏切りや切り捨てにやられて現在は人とあまり関わりを持たずに大人しく過ごしている。
もともと遊び人であったため正しい生活を送っていたわけではなくひもじい思いはしていないが、遊ぶ金もなく没頭する事もないため情けない男に成り下がっていることが一番不満。

備考:元政府の人間。政権に対する反乱騒動の末政界から不当に追い出される。敵対派に政界復帰の道を絶つため財産もおおかた奪われ、細々と暮らしている。全てをかけて守っていたものが無くなり、放浪してこれから先の宛も今の所ない。

11:923 2017-04-27 18:30:03

景虎さんステキです…!!!
文句一つない完璧な息子様で若干ビビっております。そしてドンピシャなだけに変な汗が止まりません笑笑(((キモい

こちらのプロフ作成名前に一つ確認なのですが、舞台は遊郭ということで吉原かなぁと漠然と考えておりまして、まぁ男だから陰間茶屋とかそういうお店かと思ってます。
で、吉原といえば廓言葉かと思ったのですが、お好みでしょうか?(わっち、とか、ありんす、とか。そういう言葉遣いのことです!)もし使うなら、普段は廓言葉で、慣れてきたらたまーに素の言葉が出てしまったりしようかなと企んでおりました。

12:紅 2017-04-28 04:00:02

そうでしたか!!それは安心しました…趣味が似通っていそうでワクワクが止まりません。笑

そうですね、陰間茶屋あたりが都合がいいかと思います。廓言葉もすてきです!

13:923 2017-04-28 08:04:52

背後様に倣う形で申し訳ないのですが、プロフできましたので載せますね

吾妻 惣右介(あづま そうすけ)
源氏名 夜菊(よぎく)
170㌢/60㌔/20代半ば

容姿:流れるような艶やかな黒髪を伸ばし、結い上げられるようにしている。年齢を感じさせない艶肌と幼げな面立ちに似合わぬ凜とした佇まいは見る者を惹きつけやまない。
煌びやかな衣装を普段は纏っているが、客がいない時は楽なのでもっぱら男の格好をする。外で客にあっても気づかれにくい。
線が細く、肌は白い。どちらかといえば柔な方で、女装して仕舞えば年齢はおろか性別も偽れる。

性格:身は売ったものの、心までは折れておらず、一筋通ったものを持っている。
竹を割ったような性格で、笑顔を絶やさない。下からも上からも好かれている。
純粋さと淫乱さを併せ持つ。

備考:元は下級武士の子だったがとある事件に巻き込まれて一家離散となりかけたところを、父が長男である自分を売ってなんとか家族を存続させた。最初は売られた事が辛かったが今はなんとも思っていない。訳ありな客が通いつめ、政治やら生き方やら相談しそれを解決していくため、女郎の頃は傾城の名を馳せ、一気に花魁へとのぼりつめる。


変えたほうがいいところなど何かありましたらなんでも言ってください!

14:紅 2017-04-28 17:35:22

プロフありがとうございます、とっても素敵です…背後的にめちゃくちゃに可愛がりたい感じです!!笑
景虎にも、大事にしろと伝えておきます…

上の通り、今のところ全く不満はございませんのでまた追々何かあればお願いするかもしれないです。こちらの方に関しても何か、こういう要素があればとても萌える・やりやすいなどありましたらぜひお聞かせください!主様の趣向を汲み取るためにも何なりと仰ってください。

ストーリーについては予め軽く打ち合わせて置いた方が多少やりやすいかと思うのですが、どう致しましょうか。

15:923 2017-04-28 21:05:22

そんな風に言っていただけてとても嬉しいです…!
どうぞ末長くよろしくお願いしますね

今のところはないので、もしあったらその時にお伝えしますね〜^^

そうですね、どうしましょっか…
例えば、景虎さんが昔、兵として服役していた戦争で助けてもらった事があって、それをずっと覚えてて、惣右介は憧れてた、とか…?
私の空っぽな頭からはこんな案しか浮かびませぬが…、背後様は何かご意見ありますでしょうか??

16:紅 2017-05-01 16:46:38

日が空いてしまいすみません、ケータイ紛失してしまっていました…お待たせしてしまいごめんなさい。
ひとまず連絡させて頂きました、もう少々お待ちくださいませ!

17:923 2017-05-01 17:06:10

こちらは大丈夫ですよ!お待ちしてますので^^

えっ、大丈夫だったんですか…!?!?携帯紛失はただならぬ出来事ですね…

18:紅 2017-05-02 05:16:02

はい、なんとか見つかりました…すみませんでした。

そうですね、服役していた流れ素敵だと思います!こちらはその時の子だと覚えていなくて後々わかってくるストーリーがあっても面白いかなと思いました^^*

19:923 2017-05-02 09:56:34

よかったですー!
安心しました^^

いいですね!じゃあ、覚えてるのは惣右介の方だけということで!後々わかるって感じでお願いします。
展開ですが、ご希望のものあります?こんなネタやりたいとかでも大丈夫です!

20:紅 2017-05-02 17:17:13

はい...!ご心配おかけしました(´;ω;`)

そうですね~、まずはとりあえず再会...といいますか、出会いのシーンがいいでしょうかね。最初の景虎はきっと、ちょっとやつれててギラギラした怖いお兄さんみたいな感じだと思うのでそういったところから始められたらいいかと思います!
あと、初めて訪れる時はおそらくあまり手は出さず可愛い男の子をよしよしするためだけに遊びに行くだけにしようかと思っていたのですが、よろしいでしょうか?
もちろん性的に可愛がらせてはもらいます!(イチャイチャ程度に)

21:923 2017-05-02 23:08:21

いえいえ!大丈夫ですよ^^
携帯戻って来て良かったですね!

そうですね、最初のシーンからがやりやすいと思いますので、そこからにしましょうか!

惣右介も始めは少し恐れてたけどどこかで懐かしさがあって、名前聞いて思い出して…って感じにしたいと思います。もうそこからは憧れの人ってなると思います!笑笑

他に問題なければ、影虎さんがお店にやってくるところから始めていただきたいのですが大丈夫そうですか?

22:弥勒院 景虎 2017-05-04 14:19:50

承知しました、それではこちらから始めさせて頂きます…!全部とても楽しみです^^*
改めまして、これからよろしくお願いします。背後は一旦失礼させて頂きますね。

------------------------------------

...しばらくぶりで。
(しとしとと雨の降る宵の時間。湿気が冷えた夜の空気に包まれて鬱陶しく纏わり付いてくる感覚は自分の、拭い去れない面倒で重苦しい冷めた感情とリンクして。普段より賑わいの少ない通りから外れると陰間茶屋がひっそりと門を構えており、しばらくぶりに訪れたにも関わらず愛想のいい番頭に小さく頭を下げ目配せをすると無言の注文を理解した様にかつてのように細い廊下に招かれて。常連とは楽で良いものだと呑気なことを考えながら後をついていくと美しく装飾のあしらわれた扉の前に連れられて)

23:吾妻惣右介 2017-05-06 10:39:52

…よう来なんした。
(窓から雨が降る様と、下の道を行き交う人の傘を見つめながら煙管を手に煙を薫せ、ふうと一息ついて。部屋の外からお付きの者が客が来たと声をかけたため、煙管をおいてきちんと座り直し。きらびやかな衣装は男に着せるものではなく、しかし不思議と自分にはぴったりとしており。すっかりこの街に染まってしまったと思いつつ、入って来た初めて見る客に軽く会釈して笑いかけ。)

____

よろしくお願いします!
ではこちらも失礼しますね^^

24:弥勒院 景虎 2017-05-08 18:08:45

...失礼する。
(上階の一室は月が近く薄い雨雲の切れ間からの明かりはぼんやりとしていながら力強く。幼さの残る声の主はそれに照らされてさらに妖艶な雰囲気を纏っていて、吸い寄せられるように部屋に一歩足を踏み入れると背後で番頭が静かにとびらを閉じる音を聞いて)

25:吾妻惣右介 2017-05-09 00:08:51

夜菊でありんす。どうぞよしなに
(部屋は男が入ると恭しく手をついて頭を下げ、自己紹介をして。上目で彼を見やると、何かどこかで見たような人だと思いながらもそれがどこであったのかは分からずに、そんなことを考える合間に聞いてしまおうと、彼をそばに呼んで彼のことを尋ねてみて。)
さ、こちらへ。
旦那のお名前、知りたいなァ。

26:弥勒院 景虎 2017-05-09 01:11:21

夜菊...。景虎だ、好きに呼んでくれ。
(こちらの顔を見て何か相手の表情が曇ったような気がしたが、勘繰り深くなってしまった悪い癖だろうと無駄な思慮を追いやり。名前を確かめるように繰り返しては、その儚げな美しさをよく表しているなんて思いながら近くに寄り、図らずもひやりとした顔つきになっていたのを綻ばせて名を名乗りながらつかず離れずの距離に腰を下ろし。)

27:吾妻惣右介 2017-05-09 02:13:18

景虎様…、素敵な響きでありんす。
よう似合うていんす
(ほのかに宿る彼の瞳の冷たさに少し驚くものの、すぐに微笑みを浮かべた彼を見つめて安心したようにこちらも頬を緩ませて。彼の名前を反復し、酒をお猪口に注ぐと彼に寄り添いながら差し出して。)
今宵は雨…、わっちも寂しゅうてたまらん。
ぬし様を温めさせてくんなまし

レスを書き込む