TOP > なりきり > (とうらぶ)誰がための未来、誰がための涙2【非募】

(とうらぶ)誰がための未来、誰がための涙2【非募】

最終更新 2017/11/17 02:14:15
レス数 1000
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス1000中:1-20

1:春夜 2017/05/01 19:02:27 作成

2スレ目突入!

背後共々これからもよろしくお願いいたします!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

F-talk
このスレッドはもういっぱいです。次のスレッドを立ててください。
982:燭台切光忠 2017-11-16 12:28:50

……僕の幸せは、あの子がっ主が幸せであることだ。たとえ皆に嫌われても邪魔者でも、あの本丸にいるのがあの子の幸せなら僕は辛くない!
(ギュッと目を閉じた後に己の本音を押し込めた後に目を開いてはそうキッパリと言い切り。それでも撫でられる手に小さく反応してしまい)




三日月(堕
「おやおや…熱烈だなぁ
(彼方の告白にコロコロと笑っては其方の方があの子を信じてやらないのだなと

983:春夜 2017-11-16 19:09:26

光忠(闇堕ち
でもそれは本音じゃないよね、
(相手が本音を押し込めたのがわかればそう言いながら相手のを自信を緩く撫でて)


(一瞬安心するももう一人の光忠が本音じゃないよねと話せば本音じゃないという言葉が頭に響いてはこれ以上聞きたくないと体を丸めて耳を塞いで)

984:燭台切光忠 2017-11-16 19:28:05

本音だよ、怖いのも…あの子が幸せであって欲しいのも
(相手の言葉に睨むのをやめず、幸せであって欲しいのももちろん本音だしみんなのことを信じきれないのも本音だと認めて。自身を撫でられればびくりと体を跳ねさせて)



三日月(堕
「これこれ…其方はあの子の主だろう?きちんと聞かねばな?
(相手が耳を塞ぎ始めれば腕を掴んで耳から離し拘束を強めにして手を動かせないようにし

985:春夜 2017-11-16 23:52:27

光忠(闇堕ち
でもそれならきっと君じゃなくても幸せに出来るんじゃないかな?
(相手がにらんできてもびくともせずにそう言いながら相手のを自身を緩く撫で続けては)

あっ
(拘束を強くされてしまえば耳を塞ぐことは出来ずこの先を聞くのが怖くて)

986:燭台切光忠 2017-11-17 00:00:16

僕が…傍にいたいだけだよ。ん、ぅぁ…寧ろ僕のせいで…あの子は不幸なのかもしれないけど
(自分じゃなくても幸せに出来ると言われればズキリと胸が痛み少し俯きながらそう零しては時折喘ぎ混じりに返して)



三日月(堕
「其方もあの子を信じてやらないのなら恋仲になんぞならなければよかっであろうに…
(不安そうにする相手の心を抉るようにズバズバと呟いてはただの主従でよかったであろう?と

987:春夜 2017-11-17 00:10:57

光忠(闇堕ち
でも僕はあの子が君を不幸にしてるいるようにしか見えないけど
(自身を緩く撫で続けて時折先端をさわりながらそう言い、君にもっとふさわしい人はたくさんいるよと話して)

僕が、光忠を不幸に
(何度も暴走して怯えてその旅に自分を折ろうとして僕らは恋仲になっちゃいけなかったのかなと思い)

988:燭台切光忠 2017-11-17 00:19:19

違うっ僕はあの子といられて幸せだ!不幸だなんて思ったことないっ…んあっ寧ろ僕がいるせいであの子を不幸にしているんじゃないかって……
(相手の言葉に主はなにも悪くないと言い切っては自分の存在意義がわからないままにいるためかそこだけは不安そうで)




三日月(堕
「…皆が混乱する原因はそなたらのせいだろう?恋仲なんぞ解消してしまえばいい……皆楽になれるぞ?
(もう一押しかと袖で口元を隠してはまるで誘うかのようにそう呟いて

989:春夜 2017-11-17 00:33:26

光忠(闇堕ち
でもそれがお互いや回りを苦しめてる原因なら恋仲じゃなくても主従のままでもいいんじゃないのだって君の幸せはそばいることでしょ恋仲にならなくても主従でもそばいれるよ
(先端を弄りながらそう話して向こうはもうすぐ堕ちるかなと思いながら他の誰かのそばにいてもあのこのそばにはいれるよと話し)

僕が回りを混乱させてるなら…僕が恋仲じゃなくなって回りが幸せになれるなら
(僕らが回りを混乱させてるなら、そうなんだ回りを混乱させてまで幸せになりタイなんで自分勝手過ぎる

990:燭台切光忠 2017-11-17 00:41:45

あ、ぅあ! ち、ぁでもっ…僕は、違うっあの子の幸せがっでもっぼくはっ
(相手の言葉と自分の心が絡まって分からなくなり始めてはブンブンと首を振って)



三日月(堕
「そうだとも…皆が幸せになれる。もしそなたがこのまま本丸に戻るのが辛いのならここにいればいい…好きなだけいるといいぞ…
(優しく甘やかすかのように言えばそっと相手を抱きしめて

991:春夜 2017-11-17 00:56:21

光忠(闇堕ち
(相手が混乱し始めたを見ては後は三日月さんがうまくやってくれればと思い、細く微笑み)

僕は、僕は…
(三日月に抱き締められると自分の仲で何かが崩壊する音が聞こえ、瞳から光は消え金目だった片目は深い青色にかわり)

992:燭台切光忠 2017-11-17 01:00:28

三日月(堕
「ほら、此方においで……なにも心配いらないぞ
(堕ちたと分かれば拘束を外して抱き上げれば隣の部屋に顔をのぞかせて)
片目の龍よ、此方はもう済んだぞ




!?…ぁ…主く、ん…?
(突然の来客に固まりその腕の中の人物に固まってまるでその堕ちているだろう三日月にすがるように見えて

993:春夜 2017-11-17 01:13:01

光忠(闇堕ち
(立ちあがり確認しては堕ちてることを見ては不気味に微笑み、戻ってきて)
やっぱり大事に育てられただけあるなぁ、回りに守られてきた子ほど、すぐに堕ちるからね

(三日月にみずからすがるように抱かれていては頭はもうなにも考えていなくて、まるでお人形のようで)

994:燭台切光忠 2017-11-17 01:17:15

ある、あるじっ、主!!
(なにもしないと言われて信じて耐えていたのに、彼はもう己の声ですら反応を示さないと分かれば俯いてはまた僕のせいでと


三日月(堕
「さて、この子を連れてってよいか?皆に紹介しなくはな
(ニッコリと目が笑っていない笑みを浮かべてはそれではなと邪魔しないように去っていき

995:春夜 2017-11-17 01:27:59

光忠(闇堕ち
お人形さんみたいだったねあの子
(三日月が去っていくのを見送ってからクスリと笑いながらそう言い、もうなにも聞こえてないだろうなぁと話して)

(心が崩壊して人形のように動かずじっとしながら三日月に運ばれては)

996:燭台切光忠 2017-11-17 01:31:46

なんで…どうして……あの子を幸せに、したい、だけなのに……
(相手の声は聞こえておらず淀んでしまった瞳は紫色に陰りポロポロと涙をこぼしては精神はもうギリギリで



(広間にいた他の者たちにも声をかけては皆に腕の中にいる子を紹介しては

997:春夜 2017-11-17 01:40:57

光忠(闇堕ち
君じゃ役不足だったってことじゃないかな、三日月さんの方が適任だったりしてね
(相手の言葉を聞いてはそう言いながら、いっそのこと恋仲なんて解消して三日月さんに渡しちゃえばと、三日月さんなら君以上に幸せにしてくれるよきっととほほを撫でながら話して

(紹介されると主を奪われた刀が三日月に失礼のないように近づいてはかわいいと、新しい主だと喜んでいて)

998:燭台切光忠 2017-11-17 01:44:21

………
(ぶわりと負の気があふれ始めればもうなにも、なにも考えたくないと深く思い始めて仕舞えば瞳の色が紫から黒に寄り始めて



三日月(堕
「みな、大切にしておくれ
(優しく触れている様子を微笑みながら見つめてはそっと審神者の頭を撫でて

999:春夜 2017-11-17 01:58:32

光忠(闇堕ち
大丈夫君は僕が幸せにしてあげるよ、大事に大事に守ってあげるよ永久にね
(相手の瞳がかわり始めたのを見ては最後の仕上げとばかりにそう言いながら、抱き締めて)
だからね?一緒に堕ちよう?

(優しく触れられている間もお人形のように動かずにいて、一時的に体質が戻ったのかはたまた堕ちたからなのかわからないが新月の力を放っていては回りはそれが心地好いようで)

1000:燭台切光忠 2017-11-17 02:04:24

(相手の言葉と温もりにとうとうパリンと何かが割れて仕舞えばすりと相手にすり寄って。その瞳は完全に黒く底の見えない闇のような色になってしまっていて



三日月(堕
「ふふふ、やはり其方にはここが相応しい
(心地の良い気配を放つ相手を優しく抱きしめてはほれと茶菓子を口元に寄せて

1001:春夜 2017-11-17 02:14:15

光忠(闇堕ち
フフいい子、これで君はもう僕のもの
(完全に瞳の色がかわりすり寄ってくる相手を見ては嬉しそうに微笑みながら愛しそうに見つめては相手の自身をふたたび撫でて

(口元に茶菓子を寄せられるとゆっくりと食べてはそれは丸で自分の意思というよりかはされるがままという感じで