TOP > なりきり > 暦家の4つ子ちゃん【2】

暦家の4つ子ちゃん【2】

最終更新 2017/12/09 14:56:02
レス数 56
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス56中:1-20

1:秋人 2017/05/13 19:23:37 作成

完スレおめでとう!
春、夏これからも宜しくね!!
リア重視、体調悪かったら返さなくていいからね!
無理せず、ゆっくり待ってるねーーーーー

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

38:秋人 2017-08-29 16:24:19

アハハ、十分解れたけど…どうする?入れてみていい?
(充分に孔を指で解すと身体の上に倒れて来た春を胸元で受け止め、春の身体を抱きしめように身体をずらしてベッドに寝かせると今度は自分が上になり、天井を仰ぐ自身を春の太股に擦り付けながらこれからもっと先に進むかどうかを聞いて)


※冬樹は飛ばすね!

39:春也 2017-08-30 14:23:48

い、れる…?
(もう脳に酸素が足りていないらしく、身体を秋人の好きなように動かされても、抵抗することもなくされるがままでいたが、気付けば秋人の顔が間近にあり、ふわふわした感覚のまま見つけめていれば尋ねられた言葉の意味がわからずきょとんとして。しかし太腿に触れるものの正体を知れば、はっとなり目を丸くして)
秋ちゃんのおっきいよ… はいる、かな…?

40:秋人 2017-09-07 13:30:30

ん~どうだろう、多分入ると思うけど初めてだし痛かったら我慢しないでちゃんと言ってね
(春の疑問には疑問で返し、春は初めてなようだし優しくエスコートしなければと怖がらせないようにと笑みを浮かべれば自身を後孔にピタリとくっつけれるとゆっくりと数センチだけ入れてみて)
どう?痛い?


冬樹は飛ばすね。

41:春也 2017-09-08 11:49:36

ひゃっ… あ……っ …… いた、くはない… で、も… なんか…ヘン…っ…
(あまり触れられることのない箇所に、隙間なくなにかを押し当てられている感覚に戸惑っていたが、どうやらそれが少し入ったのがわかると、今度は徐々に開かれていくような感覚に小さく悲鳴を上げて。ちょっとした痛みはあるが、まだ快感や欲求よりは異物感が大きく、次を待って)


【夏くん、忙しいのかな… 秋ちゃん、お相手してくれてありがとう!!】

42:秋人 2017-09-14 13:58:50

春、力抜いてね?大きく息を吸ってー
(言葉で気を紛らわせながら徐々に自身を埋めていき、力を抜いた瞬間を狙い一気に自身を全て入れるとちゃんと呼吸が出来て落ち着くまで待つ事にし。気を反らすように脇腹を擽ってみたり)



夏ー待ってるからねー!それまで春と秋でイチャイチャしてるね!冬樹は飛ばすけど気にしないで。
流石に半年とか音信不通になるようだったら、春には御免だけど…四つ子終わりになっちゃうかなぁ

43:春也 2017-09-19 16:35:59

ふ、あ…ッ……… お、く…っ……  んっぅ……
(感覚としては随分と入ってきているようだったが、どうやら今初めて全部が埋まったらしく、体内の奥のほうまで異物感が届いたことに、不安げな声をあげたが、くすぐられたことの反射で思わず上体が跳ねてしまい、そのおかげで自分でナカの摩擦を生んでしまい、意図せず甘い悲鳴を上げて)


【うん、秋ちゃんが決めたことなら、それには従います。夏くんも、無理しないでね。待ってるよ!】

44:秋人 2017-09-29 23:51:01

痛い思いせずにもっと気持ちよくしてあげるね
(春の気持ちよさそうな声を聞くともっと気持ちよくさせたいという気持ちが強まり、春の腰を持つとゆっくりと引き抜くかと思えば前立腺だろうと思われる場所を突いて)



春、遅くなってごめんね!

45:春也 2017-10-04 11:20:09

んああッ…!
(顔を埋めている枕を両手でぎゅっとつかみながら、揺らされる身体に同調する浅い呼吸を繰り返していたが、秋人がなにかを変えたのか、突然、脳天まで駆け上がるような強烈な快感に、意図せずびくりと身体を震わせ、家内の兄弟に聞こえてしまうことも忘れ嬌声を上げて)
まっ…! あ、あき、ちゃ…っ… そ、れ…なに……っ…



【気にしないで!】

46:秋人 2017-10-12 19:17:24

ん?ここ?
(知ってはいるが知らないふりをしてわざと前立腺に強弱をつけて当てて。春の甘い声に気を良くし、他の兄弟にも聞かせてやろうというように春から枕を取り上げて)
いっぱい声出した方が気持ちいいよ

47:春也 2017-10-14 10:51:47

や、ぁっ、あ…っ… ああっ
(腰だけを高く上げられた恥ずかしい姿勢で、次々と襲ってくる快感に身体を震わせ、そそり勃ったままの自身からはだらだらと蜜を垂らしながら、悲鳴のような声を上げていれば、不意に枕を奪われてしまい、一瞬だけ我に返ったがぐずぐずと泣きそうな顔のまま背後を振り返ると、ふるふるっと頭を左右に振って見せて)
そんなの、はず、かし…っ まくら、かえし、て…?

48:秋人 2017-10-21 18:26:45

だぁめ、じゃあこうしてあげる
(恥ずかしいと言う春から一度自身を抜くと身体を自分に向かせてから再び正常位で自身を埋めて抱きしめて身体を密着させ、これならば先程よりは恥ずかしくないだろうと思い)
春、キスしてよ

49:春也 2017-10-24 13:25:38

え…?
(もうほとんど力がはいらなくなっている身体を、いとも簡単に表に返されると、景色が変わったことに一瞬きょとんとしたが、目の前に秋人の姿が見えれば、すがり付くように抱き着いて。再び徐々に自分のナカを埋められていく感覚に涙を流しながらも、上気した顔のまま秋人の唇をむさぼって)
うん…っ ん……

50:秋人 2017-10-29 13:22:51

ん…
(キスをしてもらっていたが春の涙を見て、少ししょっぱい涙を舐めては目元に何度も軽く口付けしつつ腰は変わらずに優しく動くが刺激が強いのは今はやめておこうと前立腺には触れないように浅く突いて、春の反り立った自身を手でやんわりと包んで上下させて)
春、大丈夫?

51:春也 2017-11-05 00:03:31

ん… だ、いじょぶ、
(自分と肌を重ねている相手だからか、そうしている相手が秋人だからかはわからないが、なんにせよ顔が見えると落ちつくらしく、相変わらず呼吸は荒いならがらも、目を見ながら言葉を返して。自信を触られると一瞬目をつむったが、すぐに秋人に視線を戻し不安そうに見上げて)
ね、秋ちゃんは?ちゃんときもちいい…?

52:秋人 2017-11-12 14:10:52

うん…春のナカは気持ち良くて抜くの勿体ないぐらいだよ
(流石に余裕はないのだが初めての春に対して赴くままに突いてしまうと春が辛いだけだということは分かっているので我慢して。気持ちいいと言われれば硬くなった自身を春の内壁に擦り付け)
こんなだよ?気持ちよくないわけない

53:春也 2017-11-13 10:51:15

あ、ぁ、ああっ…!
(こちらからの質問に返ってきたのは、言葉ではなく頭がおかしくなりそうなほどの強烈な快感で、びくんと身体をゆらしたのち、こすりつけられるたびに喉が枯れそうなほどの声を上げながら身をよじっていれば、あっというまに自身の限界を感じ、泣きそうな声を出して)
あ、きちゃ…っ、それダメッ… も、ぅ…イきそ…っ…!

54:秋人 2017-11-21 20:44:42

だぁめ、次は俺の質問に答えてくれる?
(イキそうだと伝えてくれれば、意地悪に春の自身をきつく握り射精出来ない様にしてしまい、しかし自身は構わず強めに突き上げながら耳元で囁くように質問をして)
春の職場に来た男の話、春はそいつとこんなことしちゃうつもり?

55:春也 2017-11-25 23:15:09

し、つもん……っ…?
(当然年頃なのだから、自分で自分を慰めたこともあるが、他人にここまで触られたこともなければ、体内に誰かを受け入れたこともない。それを同性の兄弟から受けているのに、涙を流しながら打ち震えていれば、聞こえた言葉に涙目を開いたが、理解とともにまた顔を赤くし、しかも無意識でナカを締め付けて)
そんな…しないよっ… だって、食事しよう、て… 言ってただけだし…

56:秋人 2017-12-05 00:14:16

知ってる?食事イコールHだよ!
(食事だけで済むと思っている春は甘いと食事に行けば決まってその後もオーケーだと思われる事だってあると話し。少し乱暴に突きながら自身を扱いて強い刺激を与えてイカせようとして)
こんなこともしちゃうんだよ!

57:春也 2017-12-09 14:56:02

え…?そう、なの……?
(秋人からの思いがけない発言に、もしかして自分だけが無知なのかと恥ずかしくなり、目を丸くしたが、すぐに襲い来た強い快感に、言葉は継げなくなってしまい、荒い息だけを吐いて。身体を揺さぶられる衝撃に、とうとう眼尻から流れ落ちた涙をそのままに、秋人の身体にしがみつこうと手を伸ばして)
あっ、あき、ちゃ、んっ…っ…イ、イく…っ… ぁ…っ!!

レスを書き込む