TOP > なりきり > 凍り付いた心(R18、攻め募集)

凍り付いた心(R18、攻め募集)

最終更新 2017/06/27 07:20:39
レス数 106
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス106中:1-20

1:ユーリー 2017/05/30 10:37:25 作成

男性でも女性でも恋愛、結婚から妊娠に至るまでが可能になった未来の物語…

小さな国の山奥の城、そこにはとても美しい王子様がいました。

王子様は、明るい性格と、持ち前の色気を利用して、男性や女性を誘惑しては抱くことを繰り返していました。
王子様は、は欲しいものなど、簡単に手に入ってしまうため、とてもわがままに育ち、毎日のようにパーティを開いては男や女を侍らせていました。

齢20の頃。王子様の両親は海難事故により、亡くなってしまいました。酷く悲しみ、閉じこもるようになってしまった王子様。

王子様は次第に、心が凍りついてしまったかのように、笑わなくなり、毎夜パーティに訪れていた友人達も来なくなってしまいました。

心配になった家臣は、国一番の占い師にどうすれば良いか占って貰いました。
占い師は、王子が愛した者に愛された時、凍り付いた心が温もりを取り戻すと告げました。

けれど、そんな人は現れないまま、3年が経ったある日の夜、他国から旅で来た青年が、道に迷い、王子様のいる城を訪ねてきました。
今晩はここに泊めてほしいと…


城は街から離れているため、王子様は城に泊まることを渋々許可することに。

王子様より三つ年下で、大人しめではあるものの、好奇心旺盛な青年は、王子様を強引に外に連れ出し、色々な景色を二人で見ていきました。

すると、徐々に王子様には笑顔が増え、互いを特別に思い合うようになりました。
凍り付いた心が温もりを取り戻し始めると、2人は惹かれあい、恋に落ちていきました…

ひきこもり王子様×旅の青年

条件

無言で放置しない
半角カタカナ、無駄な漢字、無駄な記号の乱用(本体同士なら可)
ロルのみは✕
最低でも2日に1回コメできる人(放置する際は一言お願いします。)
自分勝手にストーリー展開しない

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

88:ルーク 2017-06-21 22:11:35

そう?
(パクパクと食べる相手を見て微笑みながら自分も食べ進めて)

89:ユーリー 2017-06-22 09:19:48

うん!美味しいもの食べてる時って、世界一幸せだなぁ
(相手の言葉に頷いて、あっという間にオムレツを平らげてしまって、美味しかったと再び言って)

90:ルーク 2017-06-22 14:13:15

食いしん坊だなぁ!
(相手が早々と食べ終えてしまうと自分も急いで平らげ、上記を言うとごちそうさまと述べ)

91:ユーリー 2017-06-22 17:29:22

お行儀悪かったかな?気をつけてはいたんだけど
(相手の言葉に、ハッとしたように上記を問いかけて、どこかしょんぼりとしていて)

92:ルーク 2017-06-22 22:20:25

いやいや。あんまりにも愛らしかったから
(しょんぼりとする相手にそうではないと笑いながら話すといつのまにか本音をこぼして)

93:ユーリー 2017-06-23 00:01:18

あ…愛らしい…僕にはとても似合わない言葉だよ…
(昔から好奇心が旺盛で、両親の手を焼かせたじゃじゃ馬だったため、愛らしいなどと言われると、どう反応するのが正しいのかわからずに、恥ずかしそうに俯いて)

94:ルーク 2017-06-23 07:09:25

いや、俺は愛らしいと思うよ?今恥ずかしそうに俯いているのとか。
(恥ずかしそうに俯く相手は本当に愛らしく、そのことを述べて)

95:ユーリー 2017-06-23 07:55:36

や、やめてよー…
(そんなこと言われ慣れて無いため、顔を真っ赤にしながら、やめてと笑いながら告げて)

96:ルーク 2017-06-23 21:29:01

可愛いなぁ…
(照れている相手に微笑めば上記をしみじみと述べ)

そうだ!ここで話すのもなんだし、俺の部屋か外で話そう!

97:ユーリー 2017-06-24 23:18:16

いいの!?外は寒いから、もしいいなら中でゆっくりお話したいなぁ
(相手の提案に、嬉しそうに微笑むと、またしんしんと降り始めた雪に、中がいいと告げて)

98:ルーク 2017-06-25 05:54:41

わかった。じゃあ、早速行こうか!
(中が良いと言うので移動しようと思ったところここ3年は誰も入れてないことを思いこうして誰かを部屋に入れられるようになったのも相手のおかげだと思いながら相手の椅子の横に立ち手を差し伸べて)

99:ユーリー 2017-06-25 18:57:29

ありがとう…ルーク王子。
(差し伸べられた手をとり、ふわりと笑ってからありがとうと告げて、立ち上がると、少しくすぐったい感情が心によぎり、照れたような笑を浮かべて)

100:ルーク 2017-06-25 22:45:05

いえいえ
(相手の表情は久しぶりに見るものでひとつひとつ嬉しくこちらも笑ながら相手をエスコートして)

101:ユーリー 2017-06-26 13:08:33

ルーク王子、あれは何?
(手を繋いだまま、窓越しに見えた白いキツネを指さして問いかけて)

102:ルーク 2017-06-26 20:49:36

ユーリーの故郷にはキツネはいた?
(指さした方を見ると雪に紛れてこの辺にはよくいる白いキツネが居り、相手の故郷について問いながら種類も教えて)

あれはキツネの中でもホッキョクギツネっていうやつだよ。

103:ユーリー 2017-06-26 21:56:31

きつね、ううんいなかった。あれはきつねって言うんだ…
(相手の問いかけにふるふると首を横に振り、目を輝かせると窓に手を当てて見つめて)

104:ルーク 2017-06-26 22:10:10

…明日にでも近くに行ってみようか。
(まるで子供のような反応に少し止まってしまうがそんなに興味があるならと上記を提案して)

105:ユーリー 2017-06-26 22:31:57

うわぁ…近くで見てみたい…きつね…きつね、僕の国では、あまり発音しない組み合わせだから難しいなぁ…き、つね…
(あんなに可愛い動物を間近で見れるのだと思うと、嬉しそうに笑い、きつね、きつねと何度も発音を練習して)

106:ルーク 2017-06-26 22:39:53

やっぱりユーリーは可愛いね
(きつねと発音するその姿が男であるのに可愛くそんな相手ともっと話したいと思えば繋いでいた手をひっぱり行こうと合図して)

107:ユーリー 2017-06-27 07:20:39

あ、ありがとう…
(相手に可愛いと言われると、どう反応していいかわからずに、とりあえずありがとうと告げて、部屋に行く途中も、何度もきつね、きつねと言いながら発音を覚えようとして)

レスを書き込む