TOP > なりきり > りんごあめ【非募集】

りんごあめ【非募集】

最終更新 2017/06/08 21:38:41
レス数 42
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス42中:1-20

1:47 2017/06/04 23:09:59 作成

うん、やっぱ心ぽかぽかしてあったかい。
物好きな55サン待ち。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

24:冬樹 2017-06-05 21:37:20

んっ……、ねぇ、そろそろ交代。俺にも痕付けさせて。(己にはあまりにも不釣り合いな言葉を掛けられようと、相手からの言葉なら甘んじて受け入れてしまい。再度肌が甘く痛むと眉を寄せるも、相手の肩を押して少し距離を開けると一度軽く唇を触れ合わせてから強請り)

ごめん、遅くなっちゃった。俺も今仕事終わったところ。(ぎゅう)

25:諒 2017-06-05 23:01:59

ンむ…たくさん付けていーよ。(小さなキスとともに交代、と言われるときょとんと目を丸めつつも小さく笑って口角上げ。余裕そうに小さく笑い漏らしつつ首元を晒して)

おかえりィ、ちょっとだけ寝ちゃってた…頭痛い、(ぎゅう)

26:冬樹 2017-06-05 23:16:39

……今の言葉、忘れないでね。(悪戯に微笑んだ後、色っぽく晒された首筋に唇を押し当て。微かな水音を立てながら繰り返し口付けを落とし、唇で柔らかく食み)

ただいま。頭痛い?ごめんね、起こしちゃって。(心配そうに眉を下げ頭を撫で)

27:諒 2017-06-05 23:23:20

…は、ン…くすぐって、ェ…(首筋の薄い皮膚を甘く食まれる感覚は擽ったく、小さく身体を捩りながらももっとと相手を求めるように相手の首の裏へ手を回してグイグイとこちらへ引き寄せ)

ううん、俺が冬樹に会いたくて勝手な起きたから大丈夫。それ、きもちィ…。(掌に擦り寄り)

28:冬樹 2017-06-05 23:34:17

ん……。(吐息と共に漏れ聞こえる声にはぞくりと背筋が震え、昂る熱がより一層深く相手を求めて引き寄せられるまま首筋に甘く噛み付き、立て続けにそこへ労わるように下を這わせ)

そっか、ありがと。(額に口付けし)可愛い……諒くん、(頭を優しく撫でる傍ら耳に唇を触れさせながら囁き)

29:諒 2017-06-06 00:00:33

は、ァ…っ…んは、冬樹こーふんしてる…?(少し余裕無さ気に見える相手を見て、にやついて勝手に上がってしまう口角をなんとか抑えようとしながらうっとりと愛しそうに相手を見つめて)

ン、わ…っ…耳、ぞわぞわするからやァだ…(薄く頬染めつつそれを隠すように首を横に振り俯いて)

30:冬樹 2017-06-06 00:23:37

……ん、興奮してる。(素直に頷いて見せると首筋に舌を這わせ)

へぇ、苦手?(顔覗き込み)

31:諒 2017-06-06 00:29:21

ふ、素直でかわいい…っ…ここにも、痕付けて?(素直に頷いてくれる辺りが可愛くて思わず笑い漏らしつつよく見える首筋を指差して)

苦手…うん、ちょっとだけ弱いから苦手かも。(ぎゅう)

32:冬樹 2017-06-06 00:42:58

良いの?そんな見えるとこに付けちゃって。(示された場所に唇を這わせながらも、一先ずは直ぐに痕を付ける事無く窺うように問い掛けて)

俺は此処弄られてる気持ち良さそうな諒くん好きなんだけどな…。(耳元に触れながら唇重ね)

33:諒 2017-06-06 00:51:51

うん、濃く付けちゃって?みんなに自慢するからいーの。(キスマークを隠すつもりはないようで、相手を抱きしめる力を強めながら無邪気に笑い。先程痕を付けてもらった箇所を確認するように自分の首筋に触れ)

ん…絶対変な顔、してるじゃん。(気持ち良さそうな自分なんて思い浮かべたくもなく、相手の唇啄ばむように口付け)

34:冬樹 2017-06-06 00:57:12

ふ、可愛い。なんて自慢してくれるの?(愛でるようにそこを繰り返し唇で食みながら、相手の言葉の方が気になってしまい首を傾げて問い掛け)

してないよ。トロンってしてて堪らなくなる顔してる。(くす、と微笑んで頬から耳元へと唇を這わせ)

35:諒 2017-06-06 01:16:13

俺の恋人が付けてくれた、俺が冬樹のものって印なんだぞ…って自慢する。(相手の髪を優しく撫で、柔らかいそれを手櫛でとかしながら実際に自慢気に上記述べ。その後に少し照れたように笑い。)

あ、…んもー…そんなン言われたら恥ずかしくなる、じゃん(ふる、と震えつつ耳を赤く染めて恥ずかしそうに)

36:冬樹 2017-06-06 01:24:27

……好きだよ、諒くん。好き、大好き。(無邪気に胸を張る姿と、照れてはにかんで見せる表情全てに心が揺さぶられ、堪らない気持ちが口を突いて溢れ。髪を撫でられる感触に目を伏せながらも両手で相手の身体を抱き締めて)

耳、赤くなったよ。(くす、)少しだけ弄っちゃだめ?(耳元へ吹き込むように囁き)

37:諒 2017-06-06 07:14:31

ン…俺も好き、だーいすき。ずっとくっついてても飽きないくらい、好き。(好意の言葉が寄せられると頬の赤みが濃くなり。相手の背へ腕回してぎゅうと強く抱き締めつつそのまま相手の方へ体重をかけてソファの方へ倒れ込もうとし)

っ…ちょっとだけ、なら…(ぴく、と震えながら小さく頷き)

38:冬樹 2017-06-06 11:07:23

……愛してるよ。(返される言葉に頬を染め、気恥しさのあまりくすくすと肩を揺らして笑い。されるがまま体をソファに沈め相手を見詰めて一瞬の沈黙の後、徐に相手の頬へ指先を滑らせながらぽつりと呟き)

ん、分かった。ちょっとだけにするね。(こくりと頷いて耳朶を口に含むと舌先で耳殻をなぞり)

39:諒 2017-06-06 17:07:20

...聞こえなかった、もっかい。(酷く嬉しい言葉が聞こえてくると身体の熱が全て顔に集まってくるのを感じ。相手の上に覆いかぶさって、相手を真剣に真っ直ぐに見つめ。)

ン...ぅ、...(もどかしさに体を捩らせつつ懸命に声抑え)

40:冬樹 2017-06-06 17:17:19

もう、ほんとに聞こえなかったの?(悪戯っぽく口角を上げて問い掛けるも、相手の首元に腕を回して引き寄せると耳元で囁き)愛してる。

声聞かせてよ。(耳朶甘噛みし)

41:諒 2017-06-06 17:48:00

...ふ、...うれしい...俺も愛してる。愛してる冬樹。(自分のわがままに答えてくれる相手の優しさと愛の言葉に嬉しさか堪えきれず幸せそうな笑を漏らし。相手の上にどっかりと乗っかってしまえば足をバタバタとばたつかせ)


...ふ、ン...ぅ..わか、った...(素直に小さく頷いて)

42:冬樹 2017-06-08 08:48:44

おはよ、諒くん。最近急に忙しくなっちゃって、来れなくてごめんね。返事はゆっくりになるけど、少しずつ来るように頑張るから。
諒くんもお仕事頑張って(ちゅ)

43:諒 2017-06-08 21:38:41

こんばんは、冬樹。
謝らなくていいよ、こんなとこ暇潰しくらいに来てくれればいいから(すり)
うん、頑張るね。ありがと。(ちゅ)

レスを書き込む