TOP > なりきり > 小さな傷と大きな痛み

小さな傷と大きな痛み

最終更新 2017/07/13 03:35:30
レス数 22
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス22中:1-20

1:藍澤 奏斗 2017/06/11 22:35:30 作成

募集板の299君 待ってるよ。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

4:藍澤 奏斗 2017-06-12 00:16:10

(pl:ありがとうございます!今後の展開についてなのですが、序盤藍澤は優君に対しての愛情等は芽生えてはおらず完全に体目当てとして距離を縮めてきますがそちらは大丈夫でしょうか?また度々このように展開相談させていただきますが宜しいでしょうか?ご了承頂けましたならロルテの続きから始めたいと思います!)

5:優 2017-06-12 00:45:13

序盤は体目当て、という感じで全然大丈夫ですよ!体目当てだと分かっていても、優の藍澤先生への想いは消えません。
展開相談の方も大丈夫です。このような感じで度々相談し合い、楽しめていけたらなぁ…と思ってますので!
ロルテの続きから、どうぞ宜しくお願いします!

6:藍澤 奏斗 2017-06-12 02:01:25

(pl:ありがとうございます!では続きから始めさせていただきます!これからどうぞ宜しくお願い致します!)


_____


それが普通だと思うけどな…ん、ちょっとしみるけど我慢だよ?
(ソファへと腰掛けたことを確認すれば棚の扉を開け消毒液と絆創膏、ガーゼにコットン等簡易的な手当に必要な元を一式取り出せばそれらをトレーに乗せつつ、痛いのは嫌という発言に困った様に苦笑しつつソファへと歩み寄り。相手の隣に持っていたものを置けばふわりと跪き怪我を診るべく膝の裏へ指を滑り込ませればそっと少しばかり持ち上げ、鮮血に混じって見える校庭の砂などの付着に一瞬眉を顰めてしまい。はっとしたように表情をいつもの柔和なものに戻せば、手際よくコットンに消毒液を浸せば傷を刺激しないよう優しく患部を撫で消毒していき)

7:優 2017-06-12 02:56:07

こちらこそ宜しくお願いします!お互いに楽しみましょう!




ーーー
っ……怪我して痛いのは嫌だけど、先生が俺の事治療してくれるんだもんね。それは嬉しいから、少しは痛いのも我慢出来るな。
(消毒液の浸ったコットンが患部に触れると沁みるような痛さに思わず体を強張らせると同時に縮こまるように少しだけ足を引っ込めてしまい。しかし相手からの治療を受けているという事実に少なからず嬉しさを感じていたからか一度引っ込めた足を再び伸ばしては患部が消毒されていく様を見つめながらも自分の目の前で跪いてまで消毒をしてくれている相手の姿へ時折視線を向けては機嫌が良さそうに言葉を告げて。それでも直ぐに自分の特異な体質を思い返せば表情を曇らせ)
でも、俺も皆と同じ体が良い…。

8:藍澤 奏斗 2017-06-12 23:30:38

手当てするのが僕の仕事だからね…はい、おしまい…よく頑張ったね
(極力優しくはしたもののやはり傷が傷なだけに消毒液の刺激は避けきれなかったらしく、痛痛しく強張りすり抜けそうになる足に困ったような申し訳なさそうな表情が一瞬現れ。粗方消毒し終えれば大きめの絆創膏をそっと貼ってやり顔を上げ、ふわりと柔和に微笑めば一度優しく髪を撫で。するとみるみるうちに曇る相手の表情に少しばかり面を食らってしまうもすぐにいつもの表情へと戻り、髪に触れていた手を滑らせ頬を包み込み)
相庭は痛いの嫌いでしょ?だから、神様がその力をくれたんだよ…痛いのが少しの時間で済むように、って。そう考えたら、なんか素敵じゃないかな?

9:優 2017-06-13 00:15:59

神様…?そっか、神様は俺にだけ特別にこの力をくれたのか。そう考えたら素敵な事に思えてきたかも。大きな怪我しても、直ぐに治っちゃうんだもんね。
(手当ての痛みを我慢した事へのご褒美とでもいうように頭を撫でてもらえた事や相手の温かな手の平で自分の頬を包むよう触れてきてくれた事に喜びを感じると先程まで浮かべていた表情が次第に柔らかな笑みを含んだ物へと変化し声を弾ませるように楽しげに言葉を告げ。チラリと壁に掛けられた時計を見るとそろそろ体育の授業も終わる時間が近付いている事に気付き、相手のいる保健室から出なければならない事に名残惜しさを感じながらもゆっくりとソファから立ち上がり)
先生、消毒してくれてありがとう。何だか元気出てきた。

10:藍澤 奏斗 2017-06-13 22:15:44

そう…すぐに、ね……あはは、そりゃ良かった。なんかあったらまたおいで、力になるから
(此方のかけた言葉によって明るさを取り戻した様子の相手に一応教師の立場にいる為かほっとしつつもどこか嬉しそうに目を細めていたものの、とある一言にピクリと眉が一瞬動きを見せ意味深げに呟き。名残押しそうにしつつも元気だと言ってのける相手に普段よりも楽しげな笑顔で応え、ぽんぽんと軽く頭を撫でてやれば優しくそう耳元で囁き。くすくすと悪戯した後の子供の様に小さな笑みを零しながらそっと相手から離れ)
ほら、授業おわっちゃうよ

11:優 2017-06-13 23:36:28

(耳元で囁かれた事で微かに肩を震わせて体を反応させてしまうが、自分の力になってくれると言ってのけたその言葉に笑顔のまま力強く一度頷き。自分から離れてしまった相手の姿を残念そうな表情を浮かべながら見つめるも授業に出ず教師に怒られてしまう事を避ける為にも廊下へ続く扉へ近付くと扉に手を掛けて引き戸を開け。しかし廊下へ出る前に一度相手の姿を振り返ると軽く首を傾げさせ)
また明日、来ても良い?俺の怪我がちゃんと治るんだって証拠、先生に見せたいし。

12:藍澤 奏斗 2017-06-14 00:05:22

もちろんだよ、いつでもおいで
(笑顔で明るかったはずの相手の表情にどこか寂しげな色を見つけてしまい少しばかり困惑した様に苦笑を浮かべ扉へ向かう後ろ姿を見送り、ふと振り向いた相手に一瞬驚き目を丸くしていれば投げ掛けられたのは無邪気な質問で。ふわりと柔らかな微笑を浮かべて小さく頷き、相手の体質の真偽を知る機会をまさか相手から与えられるとは思ってもおらずいつの間にやら口元には歪んだ笑みが浮かんでしまい、それを隠す様に手の甲で覆いつつゆっくりと背を向けて)
見せてくれるのか…そうか、それは…楽しみだね…

13:優 2017-06-14 00:35:41

来て良いの?それじゃあ俺、今日の残りの授業も頑張れそう。先生、ありがとう!また明日来るね!
(自分からの問い掛けに対してそれを拒否するでもなく容易く受け入れてもらえると余程嬉しかったのか相手に向かい子供らしい仕草で別れの挨拶をするよう軽く片手を振り。明日も好きな相手に会える口実が出来た為に保健室を後にする事が先程までよりも寂しくなくなれば開けていた扉を潜り廊下へ出て。保健室内にいる相手に向かい軽く頭を下げ再び挨拶をしてから扉を閉めると授業へ戻る為に校庭へ向かい)

14:藍澤 奏斗 2017-06-16 00:28:56

……単純…ま、そこがいいんだけどね…
(此方の思惑に気付きもしない素直で無邪気な相手を見送れば浮き彫りとなる己の醜さに思わず溜息が溢れ、ふらりとソファに座り込めばそのまま寝そべり。欲望を抑えつけ続けた為かショートし熱を持ち始めた額に手の甲を当て、精神を落ち着かせるように深呼吸をしつつ小さく呟き。かわいい我が生徒の再来のみを楽しみとしてしまったが故もはや仕事をする気にもなれずそのままそっと目を閉じ寝息を立て始め)

15:優 2017-06-16 00:59:28

(明日もまた相手と出会える事を考えているだけであっという間に残る授業も終われば放課後になり、帰る為の身支度を整えるとクラスメイト達と軽く言葉を交わしてから鞄を持ち教室を出て学校を後にして自宅へ帰り。自宅ではいつの間にか眠っていたのか夜が開け翌朝になっていて、そそくさと学校へ向かう準備を一通り整えてから昨日擦りむいた場所を覆うよう貼ってくれた絆創膏を剥がし傷が綺麗に治っている事を確認した後に家を出ると生徒達が行き交う通学路を通り校舎へ入り、すると教室へ向かう事なく一目散に保健室へ向かえば軽く扉を叩き)
先生、いるー?

16:藍澤 奏斗 2017-06-21 00:56:00

ん、んー?なに…会議まだでしょ…俺朝弱いんだってば……?
(朝一誰もいない保健室のベッドで朝の職員会議まで二度寝をするのがいつの間にやら習慣になっており、この日も例に漏れずシワになるからと白衣とワイシャツを脱ぎゆるめのインナー姿で寝入っており。規則正しく寝息を立てていれば扉を叩く音に意識を引き戻され、寝起きの為少しばかり機嫌が悪そうに呟きつつ取り敢えずというように白衣を羽織り。ふらふらとした足取りで扉へと向かえばゆったりとした動きでそれを開け、そこにいた人物を上手く認識できずぐいっと顔を近付け。暫く見つめていればぼやけていた視界もクリアになり)
あぁ、相庭か。おはよう、今日は早いな?

17:優 2017-06-21 02:18:07

おっ……はよう、ございます…。えっと…先生に昨日の怪我が治った証拠、見せようと思って。
(扉が開いた瞬間に出て来た相手の顔が予期していない程にまで至近距離に近付いた事に驚くと視線を泳がせ半歩後退ってしまい、しどろもどろになりながらも朝の挨拶をした後に早朝から保健室の扉を叩いた理由を口にして。しかし直ぐにも気持ちを切り替えようと軽く頭を振り前屈みになれば徐に制服のズボンの裾を捲り上げては膝を外気に晒し。昨日怪我をしていた筈の箇所には傷跡も何もなく、その部分を指先で指し示しながら相手の顔を見上げ)
俺が昨日怪我した所、ここ。ほら、綺麗さっぱり治ってるでしょ?

18:藍澤 奏斗 2017-06-27 22:47:54

あぁ、そのこと?でー、わざわざこんな早くに?そりゃご苦労様だ…
(睫毛の生え際まで見える位置に置いていた顔をぐいっと本来あるべき場所へと戻すように身体を起こし、少しばかり後退した相手を気に留めた様子もなくまだ眠気の残る思考を奮い起こすように髪を掻き上げ見上げられ一瞬交わる視線を伏せつつそっとしゃがみ込み。相手が指し示す膝をまじまじと見据えれば傷はおろかあざ一つ残っていないその肌に寝惚け眼はみるみるうちに見開かれ、眠気などなかったかのように瞳には嬉々とした光が表れて感嘆の溜息を吐けば視線だけ上に向け相手の瞳を捉え口元に薄く笑みが浮かび)
凄い…本当に治るなんて…

19:優 2017-06-28 01:20:59

言った通りだったでしょ?これで先生、信じてくれた?
(相手の顔が遠ざかってしまった事で安心はしたものの何処か残念な気持ちも湧き上がってはいたが、昨日までは間違いなく怪我をしていて治療もされていた筈の箇所に何の痕もない事を確認した相手が顔を上げるとその表情が何やら笑みを浮かべているような気がしては、自分の怪我が治った事を喜んでくれているのだろうかと思い自然とこちらの表情も緩み。膝まで捲り上げていたズボンの裾を下ろし肌を隠すと立ち上がって得意気な様子で)
俺はどんな怪我をしても、すぐに治っちゃうんだ。

20:藍澤 奏斗 2017-07-06 18:59:44

確かにすぐ治るようだね…ほんと、すごい力だ…
(得意げな表情を見せ屈託なく告げる姿にどこか困った様に微笑を浮かべ返せば裾により隠れてしまった患部に名残惜しそうに目を細め、よっと立ち上がればそれとほぼ同時に湧き上がる探究心に思考は占拠され。ふらふらとした足取りでソファまでたどり着けばそのまま腰掛け、すぐ隣の空いているスペースにぽんぽんと相手を誘う様に手招きし)
少し先生とお話しよーか?時間があれば、だけど

21:優 2017-07-06 21:35:18

先生と、お話…?
(傷跡を見せるという昨日約束していた事を果たしてしまった今となっては相手と共にいられる時間ももう終わりだと思い少しばかり寂しさが込み上げてしまい、しかし相手の方から共に話す事を提案されては思いがけぬ言葉に驚いたように言葉を繰り返し。次いで嬉しそうに大きく頷いてみせると急ぎ足で相手が腰を下ろしたソファまで近付けばスペースの空いている相手の隣へと腰掛けてから隣へ視線をやり)
先生と二人で話が出来るの、嬉しいな。

22:藍澤 奏斗 2017-07-13 01:16:53

はは、可愛いこと言ってくれるね。んーとじゃあまず質問ね…
(何一つ警戒した様子もなく素直にこちらの提案に乗ってきた相手にどことなく心苦しさを覚えるもそれも束の間で、隣に座る相手からの視線に少しばかり照れくさそうに微笑を浮かべつつそれを隠すかのようにくしゃくしゃと髪を撫で。ずっとその手を下ろしたかと思えば先程までと表情こそ変わらないものの声色が僅かに冷静なものとなり、小首を傾げつつ一つ一つ問いを投げかけ)
眠ると治るって認識でいいのかな?それとも時間経過…あ、ねぇ痛みはいつまで続いてた?治りきるまではやっぱり痛かったりするのかな

23:優 2017-07-13 03:35:30

えーっと……時間経過で治る、かな。昨日の寝る頃には、もうあんまり痛くなかったから。大きな怪我はした事ないから言い切れないけど、きっと怪我の大きさによって治りが遅かったりすると思うんだ。
(髪を撫でてくる手の平から伝わる暖かな温もりが嬉しく笑みを携えていたが頭に触れていた手が離れてしまえば名残惜しさを感じながら下ろされてしまった手を見つめ。次いで矢継ぎ早に質問される内容を耳にすれば昨夜の事を思い出すかのように僅かに顔を上に向けては天井へと視線をやると、昨夜は寝る頃には傷が治りかけていた為に傷口が痛む事もなかった事を思い出しながら問い掛けに対して答えていき)

レスを書き込む