TOP > なりきり > 人生は絵画より奇なり

人生は絵画より奇なり

最終更新 2018/11/15 19:10:51
レス数 278
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス278中:1-20

1:とある画家 2017/06/14 23:33:37 作成

竹林のなかに建つ、古くて無駄に広い日本家屋に独りで住み、自宅で日本画から洋画までの絵を描くことを生業にしている、まもなく40歳に手が届くような男です。
このたびは召使いとは名ばかりの「稚児」を雇いました。

さて、どんな生活になりますでしょうか……


希望:従順、素直、馬鹿正直、健康、少し小柄、臆病、泣き虫、若干不器用、一生懸命
お断り:受けたがり、受け受けしい、メンヘラ、不健康、生意気、あからさまな構ってちゃん、ツンデレ、悲愴設定、下品、過度のドジ

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

260:彰 2018-09-23 02:09:37

優しいですよ。
(冬樹の複雑な思いを知ること無く微笑みながら言えば、綺麗になりさっぱりとした体でふわふわのタオルに包まれると、ふぅと一息ついて。特に服を着なくて良いと言われては、戸惑うものの肩から掛けたタオルを体に巻き直してはそのまま相手の部屋に向かうことにして)
はい、分かりました。冬樹さんさえ良ければ、このまま行きますよ。

261:冬樹 2018-09-23 14:31:09

おいで。
(主人に見つかればだらしのない格好でいるなと叱られるかもしれないが、経験上、一度満足した主人はその後しばらく眠ることを知っているため、気にせず彰を伴い廊下へ出て。彰を気遣いながらゆっくり歩き自室に着くと、鍵のかかっていない扉を開け室内に彰を通し、かぶれを予防するパウダーを取り出して)
彰、このパウダーをはたくから、その布団の上に仰向けになって。脚を開き膝を立てて。

262:彰 2018-09-25 01:44:09

失礼します。
(特に人とすれ違うことも無ければ、相手の部屋の前でペコリと頭を下げてから部屋に入り。物珍しくてキョロキョロと見渡していると、声を掛けられそちらを向いて。風呂場では平気だったが、足を開き膝を立てたりしたら、下半身が丸見えだと恥ずかしさはあったものの、相手がこちらを気遣ってやってくれているのは分かっているため言われるままの姿勢になって)
これで、良いでしょうか?

263:冬樹 2018-09-26 11:50:21

うん。辛い体勢でごめんね。
(仕方がないとは言え、あられもない格好をさせてしまい申し訳ないと思いつつパウダーを片手に近づき、脚の間にしゃがみ込めば、小振りな性器が視界に入ってしまうが、なるべくそこに集中しないよう意識を逸らしながら、パウダーのついたパフを取り出し、性器とその下にあるちいさな袋を丁寧にはたいていって。更にその奥のすぼまりにもはたく必要があるため、空いている手で尻たぶをぐっと開きそこにもパフを当てて)

264:彰 2018-10-03 22:55:42

いえ、大丈夫です…。
(恥ずかしがっているわけにはいかないと目を閉じて息を吐くと、肌の上をパフが撫でていく感触が擽ったくて少し身じろいでしまい。いけないと思い何とか耐えようとしながら、開いていた足を手で押さえ閉じないようにして)

265:冬樹 2018-10-04 10:10:21

えらいね、彰。
(性器もすぼまりもまだ可愛らしく綺麗であることに、心のどこかでそれを羨む気持ちがあるのは、やはり主人に愛されたいという思いが強いからか…と、自己分析をしながらも、男しか知らない身体にされてしまったせいか、彰の身体に興味も沸くが、それこそここで手を出しては主人に殺され兼ねないと治療だけに専念するが、ふと手が性器に触れてしまうと、少しなら…と治療らしからぬ手で触り始めてしまって)

266:彰 2018-10-04 22:18:43

あ…ありがとうございます。
(褒められると戸惑いながらもやはり嬉しいので照れてしまい。そろそろ終わっただろうかと思ったところ、自分の性器に触れた相手の手がまた違う動きをしたため思わず腰が跳ねてしまい)
…っ、冬樹…さん?

267:冬樹 2018-10-07 11:07:41

…え。あぁ、ごめん。パウダーが落ちてしまうね…
(彰の性器を指先でいじり続けていると、ふと弱々しい声で彰から名前を呼ばれたことで、はっと我に返り、焦っているのがばれないようにしながらも、慌てて手を離して。開きっぱなしにしていた彰の両脚を閉じて床に戻し、仰向けにしてやるとバスタオルを引き寄せ、下腹部を隠すようにふわりと掛けて)
少しここで休んでおいで。もうしばらくしたら夕飯になると思うから。

268:彰 2018-10-09 21:10:44

あ、いえ…大丈夫です。ありがとうございました。
(戸惑ってしまったが、手が離れると他意は無いのだろうと思い微笑んで。姿勢を正されバスタオルを掛けてもらい、休むように言われればありがたくお言葉に甘える事にして、軽く目を閉じると初めての行為に緊張していて分からなかったが疲れてしまっていたらしく寝入ってしまい)

269:冬樹 2018-10-10 11:50:03

…これから、彰はいろんな人を惑わせていくんだろうね。
(彰自身に自覚はなさそうだが、生まれ持ってのものだろう不思議な魅力に、主人への忠誠も揺らぐほどに惹かれてしまった自分を自虐的に笑いながら、そのあどけない寝顔を眺めて。よく眠っている彰を起こさないよう注意をしながら物を片付けると、そっと部屋を出て洗濯室に向かい、彰の下着や衣類を手にし自室に戻って)

270:彰 2018-10-15 22:08:30

………ん………
(冬樹の呟きは耳に入ること無く、穏やかな寝息を繰り返し立てていて。暫くして寝返りをうつとうっすら目を開けて、自分の部屋でない事に気付き瞬きを繰り返すと、今までの事を思い出して慌てて体を起こし。そこへ、着替えを手にした冬樹を見付けるとペコリと頭を下げ)
あ、あのっ、すみません…僕知らないうちに寝ちゃってて。

271:冬樹 2018-10-18 21:11:44

あぁ、大丈夫だよ。…疲れて当然だもの。
(部屋に戻ると、彰がちょうど目を覚ましたようで、寝ていたことは気にすることはないと笑顔を見せながら、持ってきた下着と衣類を手渡して。傷はあるだろうが、痛む様子も見せないことから、今回はそこまで重症ではないだろうとほっとすれば、髪を撫でて)
おそらく夕飯ができているよ。着替えたらダイニングに行こう?

272:彰 2018-10-21 22:21:41

はい…。
(頭を下げて着替えを受け取るとベッドから下りて。僅かに怠さや傷の違和感が残るものの、冬樹の処置のお陰で動けない程の痛みなどは無く、着替えを終えると髪を撫でてくれる手に目を細め)
お待たせしました。冬樹さん、色々ありがとうございます。

273:冬樹 2018-10-25 16:51:38

今日は肉じゃがとお刺身の献立だそうだよ。彰の好きな食べ物はなに?
(あいかわらず律義に礼を言う彰に、ふふっとほほ笑み応えれば、そのまま部屋を出てダイニングに向けて歩き始めれば、料理は専門の使用人がいるため、彰の好きなものも伝えておこうと尋ねて)

274:彰 2018-10-28 13:27:51

わぁ、美味しそうですね!
(献立を聞くとお腹が空きましたと小さく笑ってみせ、好きな食べ物については施設にいた頃は好き嫌いする事もなくただ食べる事に必死だったからなぁと思い返し、ハッと表情を明るくさせると)
僕、シチューが好きです。

275:冬樹 2018-10-29 11:13:53

シチューだね、わかった。今度作ってくれるようお願いしておくね。
(ここでの生活は、主に仕えることがメインであるため、学校や友たちと遊ぶなどということはほとんどできず、楽しみが少ないため、唯一の楽しみといっても過言ではないのが食事で。まだ彰にはそんなことは言えないため、ふふっとほほ笑んで見せて。ダイニングに着くと食卓の上には2名分の食事がセットされていて)
さぁ彰、おすわり。あたたかいうちにいただこう。たくさんお食べよ。

276:彰 2018-11-03 10:23:40

良いんですか?ありがとうございます。
(シチューが食べられると嬉しそうに表情を綻ばせると、微笑む冬樹に礼を述べ。すっかり懐いたようでダイニングまで行くと用意された食事に改めて美味しそうだと目を輝かせてはお腹が鳴り。恥ずかしさに俯いては、促され席に着き両手を合わせ)
……いただきます。

277:冬樹 2018-11-09 19:00:32

今日のおかずもとても美味しい。
(炊き立ての白いごはんをふたつの茶碗によそいそれぞれの前に置けば、彰の隣にすわり、彰に次いで両手を合わせると、箸を持ち食事を始めて。初めての「仕事」の後とあって、食欲をなくしてはいないだろうかと彰の様子をときどき窺いながら、あたたかい食事を堪能していれば、主人が動き始めたような音に気付き、なにか言いつけられるだろうかと視線を止め、耳を集中させて)
…ご主人様が起きたかもしれない。

278:彰 2018-11-14 01:00:23

あ…ありがとうございます。ん………美味しい。
(ご飯をよそってくれた冬樹に礼を言い食事に箸を伸ばし。1口食べると美味しいと笑みを浮かべ箸を進め食事を進めていくと、主人が起きたかもと言う冬樹に同じように耳を傾け箸を置き)

279:冬樹 2018-11-15 19:10:51

気にしなくて大丈夫。ゆっくりお食べ。
(自分と同じように、主人の気配を気にし始めた彰を見れば、せっかくの食事くらいはゆっくり食べさせてあげたいと、彰には笑みを見せて。夜の主人の行動は、また絵を描き始めるか、酒を飲むかなことがほとんどで、酒と言われたら彰に持って行ってもらったほうが喜ぶだろうと考えて)
夜は、ご主人様がお酒を召し上がることがあるんだけど、そうなったら彰に準備を頼んでもいいかい?

レスを書き込む