TOP > なりきり > 《非募集》奴隷の君に蕩けるような愛を

《非募集》奴隷の君に蕩けるような愛を

最終更新 2017/07/23 08:35:11
レス数 138
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス138中:1-20

1:バイヤーD 2017/06/25 13:31:29 作成

紳士淑女の皆様お初にお目にかかります。
私、奴隷市場のバイヤーをやっておりますDと申します
突然のキャラ口調申し訳ありませんね?

…さてさて、現代において差別はいけないことだ、みんな平等であらなければならないのだ、と皆様教育されていることと存じますが、残念ながらこの世にはまだまだ「奴隷」と呼ばれる者は多数存在しているのです。

掃除や調理などを担当する「生活奴隷」
農作物の収穫やらエコのなんやらを担当する「環境奴隷」
その他にも奴隷はたくさんいます。

……そう。
慰み者として扱われる「性奴隷」と言われる者まで……


__________________________
募集スレでお声掛けいただいた434様!
お待ちしております!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

120:ユーイ 2017-07-19 22:46:33

…はい。……もうすぐ、かぁ。
(謝らないでと言う相手に頭を撫でられては一瞬目を丸くするも頷いて、もうすぐ海と聞けば楽しみになり相手の鼻歌を聞きながら外を眺め、海が見えると窓に顔を近付けて)
…ご主人様、海ですよ、海!

121:杉本大吾 2017-07-19 23:37:06

キラキラして綺麗……ね?
(相手に釣られて窓の外を見ればキラキラと夕日に染まりオレンジ色に輝く海に柄にもなく子どものような笑みを浮かべ相手に同意を求めて)

122:ユーイ 2017-07-20 15:51:06

はい……綺麗です。
(振り返り相手の子供のような笑みに見入ってしまい、ハッとして視線を海に戻すと同意して。海に足でも浸けられたら気持ち良さそうだなとぼんやり思って)
楽しみですね。

123:杉本大吾 2017-07-20 18:41:22

…さぁ、着いたよおいで?
(ニコッと笑みを浮かべれば相手の手を引き車からおり、少しばかり早歩きになりながら砂浜に繋がる階段を駆け下り広大な海を目の前にすれば息を飲んで)

124:ユーイ 2017-07-20 19:25:38

あ、はい…っ…
(車から降りると階段を駆け下りる相手を転ばないように気を付けながら追い掛けて。隣に並んで海を眺めては夕陽を反射させ赤くなる海に言葉を失い暫く黙っていては、ポツリと零し)
………来て、良かったです。綺麗な海が見られたから。

125:杉本大吾 2017-07-20 20:53:00

そうだね、君と来られて良かった…
(横に立つ相手と海を交互に見てから、何処か嬉しそうに小さく笑い全く無意識のうちに相手を見つめながらポツリと呟けば、また海に視線を戻して)

126:ユーイ 2017-07-20 22:28:40

そう、ですか?……それなら、良かったです。
(自分と来られた事を良かったと言ってくれる相手に微笑んで、穏やかな時間の流れを共に海を眺める事で楽しんで。何時までもこのような感じで過ごせると良いなぁと思い、潮風に靡いた前髪を払い)

127:杉本大吾 2017-07-21 13:16:21

さぁ、おいで?
……えい!
(しばらくゆっくりと海を眺めていたが突然相手の手を引っ張ればそのまま海の中にザブザブと入っていき、パッと手を離せば軽く水を相手にかけて)

128:ユーイ 2017-07-21 18:02:45

えっ?わわっ……なんっ、ぷはっ!
(急に腕を引かれ海に入ると、何かと尋ねる矢先に水をかけられ。顔にかかると呆然として、顔の水気を手で拭うと思わず笑ってしまい)
っふ、ははっ…。どうしたんですか、ご主人様。

129:杉本大吾 2017-07-21 19:30:10

……っ、
(不意に見せられた相手の笑顔にキュンとし、心を奪われればのか軽く目を見開き薄く頬を赤く染め動きを止めれば、じっとその笑顔を凝視して)

130:ユーイ 2017-07-21 21:28:49

あ、その…すみません。笑ったりして。
(じっと見つめられたことで、何か気分を害してしまったのだろうと思い慌てて頭を下げると、再び顔を上げては僅かな頬の赤みに気付き)
ご主人様…?少し顔が赤い気がしますけど…暑いですか?

131:杉本大吾 2017-07-21 23:28:26

……あ、暑くない!
(頭を下げる相手に顔を上げてもらおうと手を伸ばしたがそれより先に相手が顔を上げ、自分の頬が赤いことを指摘されればさらに頬を赤く染めそれを隠すようにバシャバシャと相手に水をかけて)

132:ユーイ 2017-07-22 12:06:08

そうですか?…うわっ、ちょっと……ご主人様待って下さい!
(暑くないと否定されると、勘違いだったかと思い直して。また水を掛けられると顔を手で隠して守ろうとしては、今度は自分も相手に1度だけ軽く水を掛けてみて)
お、俺もやっちゃいますよ……?

133:杉本大吾 2017-07-22 12:38:24

いいよ、一緒にやろう?
(相手に水をかけられ少し驚き動きを止めるも、不意にプッと吹き出し余程面白かったのか目に涙を浮かべつつ笑いながら一緒にやろう、と再び水をかけ始めて)

134:ユーイ 2017-07-22 20:23:46

あははっ、はい!ご主人様
(面白そうに笑う相手に誘われれば、こちらも笑って相手に従い水を掛け合って。久しぶりにこんなに楽しい時間を過ごしては、子供のようにはしゃいで)

135:杉本大吾 2017-07-22 22:18:01

……ふぅ……疲れた……
(それから暫くお互いに水を掛け合ったり波打ち際を走ったりと楽しみ、どさっと砂浜に大の字になれば笑いながら大きく息を吐いて)

136:ユーイ 2017-07-22 22:33:47

っ、ふふっ、でも楽しかったです。
(隣に座ると相手の服に付いた砂を払い、楽しそうに笑って。それから同じように砂浜に転がると空を見上げたまま呟いては相手の方を見て)
ご主人様、連れてきてくれて、ありがとうございます。

137:杉本大吾 2017-07-22 22:52:01

…勘違いしないで、これはあくまで僕が来たかったから来ただけなんだからな、
(隣に寝転ぶ相手の笑顔にふいっとそっぽを向けば耳まで真っ赤にしつつ、まるで自分自身にも言い聞かせるかのようにそう呟いて)

138:ユーイ 2017-07-23 01:00:30

はい、分かりました。
(本心だろうとそうでなかろうと、言われた言葉には頷いて返し。耳まで真っ赤な様子には、流石に照れ隠しなんだろうなと気付き敢えて突っ込むことはせずにいて)
…でも、やっぱり楽しく過ごせたから、ご主人様にはお礼を言わなきゃと思ったんです。

139:杉本大吾 2017-07-23 08:35:11

あっそ…
(楽しく過ごせたからお礼を言いたいと言う相手に、楽しんでくれたんだと安心すれば徐々にそれは安心から喜びへと変わっていき、そっぽを向いたまま嬉しそうに笑って)

レスを書き込む