TOP > なりきり > 君がため

君がため

最終更新 2018/06/10 11:46:00
レス数 53
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス53中:1-20

1:名無しの萌語り 2017/06/29 23:15:39 作成

ここは古びた日本家屋、詳しい説明は後程

あっしはとある場所に出入りしている商人、共にゆるりとした生活をしてくれる人はいませんかい?
同居でも只遊びに来てくれるだけでも歓迎いたします
同居の際は和室と洋室と一部屋ずつ空きがありますので選んでくだしゃんせ、物置にしてる部屋(和室)でもいいでっせ


以下注意
来客としてでも同居人としてでも出入りは自由ですが背後含めキャラは酌を交わしたいので成人済みでお願いしますね。その為タグを付けさせて頂きます
当方成人済みで仕事をしていますが自由の利く職場故昼間にも顔を出します、睡魔には勝てませんので早朝や夜中は来れない事が殆どです

もし、同居してくれる方や遊びに来てくださる方が現れても一日一レスしてくれとは云いんせん、あっしも出来る保証はありんせん
只時間に余裕があるとしょっちゅう一人でロルを回してしまいますんで怒らないでくださると嬉しいです、そのロルはスルーして頂いて構いません
その際にスレを上げていてもそれは返答の催促ではありんせんのでご安心を


>>1~ >>2は家の説明、自己紹介と萌え萎えを記載してますんでお目通しいただければ幸いです


それではゆるりと生活し始めんす
気が向いた方は遊びに来てくだしゃんせ
それでは

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

35:馨 2017-07-15 16:03:52

あっしも好きですよ、意外性にも弱いです。ではお互いに悪かったと言うことで丸く収めましょお。
短くても分かりやすいのは魅力的ですが展開のことを考えるとどうしても長くなってしまいんす、どうすればいいのやら(遠い目)
何故でしょう、素直に喜べないのはあっしが捻くれているからでしょうかねぇ(笑)
いいじゃあないですか、多少の加虐愛は沢山の人に好かれますから(笑)
酷く卑下するつもりは無いですが…一人で埋めるのに何日掛かるか考えてましたからね、来ていただいてとても有難いでっせ。ドヤァが似合うとまで言われると使いたくなる(笑)


鶏?鶏が戦う……、動物同士で争うんですかい…?
(鶏が出てきたことで益々解らなくなれば家畜同士の餌の争奪戦しか思い浮かばず眉を寄せ。指の動きに擽る動きを連想させるも背を流す行為にマッサージがオプションでつくなんて利用したことはないが風俗店を思わせるも口にはせず、そう言えばと部屋を探していると言っていたその日相手は自分のことより他人を慰めることに集中していたと思い出しサービス精神の多い人なのだと感心し。羞恥心を捨てきれてはいないので申し訳程度に手拭いで前を隠して相手へと顔を向ければ既に全裸で小さく笑えば浴室の扉を開き中へと足を進め、湯を手でかき混ぜ温度を確認してから風呂桶に汲んで湯を肩へとかけ)
どうでしょうねぇ……、擽るのはお手柔らかにお願いしんす。
ええ、これは洗濯機で洗える物なんで。毎日は洗わなくてもいいようですがこの時期汗をかくんでどうも気になってしまうんでねぇ。
おや、お早い。それでは入りましょうか。ちぃと熱いかもしれんせん、逆上せないようにしてくだしゃんせ

36:名無しの萌語り 2017-07-22 20:48:09

たぁだいま
(土間を抜けて帰宅早々に居間に倒れるとそこまで疲れてはいないくせに動きたくないと頬を畳に寄せて届きもしない扇風機へと視線を送り。下駄を脱ぎ捨て寝ていては何にもならぬと這うように座布団まで移動すればその傍らにあった扇風機まで手が届き、弱めの風に設定すると心地よい風のお陰でその場でうとうとと睡魔に誘われたが入浴は済ませたいと面を取り頬を叩き)
……駄目だ。風呂は済ませよう

37:名無しの萌語り 2017-08-02 17:39:22

八月……なんですよねぇ……。
(台風の影響なのか鉛色の曇り空にどんよりと気分まで落ち込むのを回避せねばと洗濯物を畳んでから部屋の掃除をし。座卓の下に落ちていた飴玉に気付いて指でつまみ上げると小袋の中から取り出すも少しばかり溶けており、やや眉を下げたが口に入れてしまえば同じ事と咥内に放り)
甘い。

38:名無しの萌語り 2018-02-16 22:47:10

……さてと。
…っぁ……、く……ぅ。
(全ての作業を終えこれ迄の時間をのんびりと寛いで過ごしていたが、居間から自室へと向かう為に立ち上がり広縁へ出ようとした矢先、濁点が付くような鈍い声を上げてその場に踞ると右足の小指を押さえ。壁に向かって文句を言うのも筋違いだと理解しつつもやり場のない怒りをぶつけながら自業自得で八つ当たりされる壁に謝罪し)
あなたにこの痛みがわかりますかい……、壁、すみません…、自業自得ですね…

39:名無しの萌語り 2018-06-09 10:04:32

しっかし、暑い…。
こうも暑いと溶けちまう……。
(洗濯したばかりで真っ白の布団カバーの皺を伸ばして物干し竿に引っ掛けていく。天気も悪くなく、この気温為らば どうやら容易に乾いてくれそうだ。普段着の浴衣やら甚平も手洗いしたものや洗濯機に詰め込んだものを篭に入れてハンガーに掛け並べていく。庭に真っ白のシーツや揺れる浴衣、見映えは良いのではなかろうか。さてさて と、濡れたこれらが乾くまでは己は のんびり過ごすだけ。準備した水出しの茶を縁側まで持ってくれば座布団の上に座し茶を啜る。)
まったりだねぃ。

40:名無しの萌語り 2018-06-09 10:20:39

失礼するよ。
部外者といえばそうなのだけれど、遊びに来てはいけないかい?人数に関して読んだつもりなのだけれど落としがあったら言っておくれ。

41:名無しの萌語り 2018-06-09 10:29:02

おやおや、いらっしゃい。
覗いてくれたことに先ずは感謝しまっせ。
何も面白いことなんて出来ませんが是非に遊びに来ておくんな。

42:名無しの萌語り 2018-06-09 10:55:51

そうかい、それじゃあ遠慮なく。
言わなければならない事といえば名前や略歴くらいかねぇ。

43:名無しの萌語り 2018-06-09 11:25:03

言いたくなければ聞きませんが、名無しの権兵衛さんって呼ぶことに…。
外見やらは教えて下されば しかと覚えまっせ。

44:我妻 2018-06-09 11:57:28

権兵衛だなんて厳めしい名は嫌だねぇ…ふむ、そうさな、名乗るくらいはしようか。


────────
髪は細く黒いストレート。前髪は顎にかかる程に長く後ろは襟足程度。二重瞼で何処か気怠げに薄く見開かれており睫毛は量は無いが長さはある。口の左下に二つ並んだ黒子がある。
172/55と小柄の部類に属しているが気にしてはいない。

昔から和装が多く、また女物の柄が好きでシャツの上の羽織に女の着物を使う事も。
────────

45:一 2018-06-09 12:24:39

くっく…、権兵衛なんていい名だと思うんですがね。
あづま?わがつま?……ま、何にせよ、教えて下さって有り難うござんす。我妻さん。

苗字ならばあっしも苗字でいきましょおか。
にのまえ、一と書いて にのまえ。以後、お見知りおきを。

46:我妻 2018-06-09 12:52:46

あづま、だよ。
よろしく頼むよ一君。にのまえなんて洒落た名だねぇ。

なんとなく家屋の雰囲気なんかが目に留まってね。友人としてなら会えるんじゃないかと思った次第さ。今日は君一人かい?

47:一 2018-06-09 13:43:50

あづまでしたか。
そいつぁどうも。我妻もなかなか粋な名前ですよ。

前に屋根を共有していた方は友人の所を渡り歩いていたそうですから、今日は……と言うよか大概あっし一人ですよ。

48:我妻 2018-06-09 15:37:18

おやそうかい?
そう言って貰えると嬉しいものだ。

そうか、旦那一人かい。それならこれを一緒にどうだい?
(するりと風呂敷から酒瓶を出し銘柄をちらつかせ吟醸は嫌いかと様子を伺い)

49:一 2018-06-09 19:18:04

ほお……。ちょいとお待ちに。
(たぶん自分等は居間に居るんだろうからその奥にある台所からグラスを盆に乗せて戻ってくると卓袱台の上に置き。積まれていた座布団を相手に渡すと向かい側に腰掛けて盆と一緒に持ってきた鯣を広げ)
有り難く頂戴しますね、…鯣しかないんで肴は此れで。

50:我妻 2018-06-09 19:24:11

良いねぇ、肴らしい肴じゃあないか。僕は好きだよ。
(栓を開け、袖が引っかからないよう気をつけながら酒を注いでいきふわりと華やぐように香る其れにさぞ合うだろう鯣に口角を上げ)

51:一 2018-06-10 09:49:11

そいつぁよかった。
(口角を僅かに吊り上げて注がれた酒を見、乾杯とグラスを軽く当てて音を立てるとまずは一口口を付け。ほんの少しでも喉を通る熱さに酒なんだと改めて認識して息を吐き出し)
久々に飲むと矢張り旨い……、お兄さん、酒は好きなんですかい?

52:我妻 2018-06-10 10:10:50

そうさねぇ、手酌酒はあまり好まないから店で多少ね。
(ふっと笑い乾杯の後に口をつければじんわりとアルコールの熱が喉に反応しはふりと一つ溜息を吐き。酒はあくまで嗜む程度として、相手にふわりと笑みをむけ)
君は酒は飲まないのかい?久々というならそう思うのだけれど。

53:一 2018-06-10 10:54:08

おやおや、贅沢ですこと。
(手酌が嫌とは自分には無い考えで驚く。ぐいっと酒を煽るとグラスを空にし、鯣へと手を伸ばすと足を口に運んでから酒瓶に手を伸ばすと持ち上げて自分のグラスへと注ぎ入れ。半分ほど入れると元の位置に戻して鯣を咀嚼していき)
…毎日じゃあ有り難みがないんでね。酒は偶にが一番ですぜ。

54:我妻 2018-06-10 11:46:00

おやそうかい?
ただ独りで飲む酒は侘しいから避けているだけだよ。たまにどうしようもない程になれば自宅で酔い潰れるなんて事もあるさ。
(自分の酒の飲み方を贅沢と言われる事があるなんてと口角を緩く上げるだけではあったが気分によって手酌も御構い無しだと汚い飲み方さえあるのだと笑うと一献飲み干し。鯣を囓り噛みしめると人と酌み交わすのは楽しいと上機嫌で。)
やあ、いい心地だ。

レスを書き込む