TOP > なりきり > 運命を仕組まれた少年達の楽園【非募】

運命を仕組まれた少年達の楽園【非募】

最終更新 2017/07/15 08:36:49
レス数 21
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス21中:1-20

1:渚 カヲル 2017/07/04 00:05:02 作成

【募集板で僕を見付けてくれたシンジ君専用。】

―――――――――――――――― 5th×3rd.

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

3:渚 カヲル(背後) 2017-07-04 09:04:29

移動ありがとうございます!
少し病んでる設定をやってみたくて…。宜しくお願いしますっ。

そうですね、ざっくり考えているのは…

アパート住まいのシンジ(独り暮らしでも家族と暮らしていてもどちらでも可)の隣に越してきたカヲルは挨拶の際に一目惚れしてしまう。同時に同じ学校の転校生。学年はカヲルが一つ上。容姿のせいで特に女子からは直ぐに人気者になったが、シンジ以外には興味がなく時間があれば教室へ顔を出し朝も待ち伏せたりすることは屡々。

みたいなのを考えてます!

4:碇 シンジ(背後) 2017-07-04 14:57:51

設定ありがとうございます!
ではシンジは一人暮らしということにしておきますね。
一つ上となると呼び方に先輩をつけましょうか、それとも漫画通りにくん付け〜呼び捨ての方が良いでしょうか?
その流れでしたらば、シンジの方は初めは普通に接していたものの押しの強さに引くようになり、露骨に嫌そうな顔をして避けるようになる…ということで大丈夫でしょうか。

5:渚 カヲル(背後) 2017-07-05 18:34:32

遅くなりました…、すいません。

呼び方はお任せします! 渚先輩か渚君がいいのかなぁ。
そうですね、その感じでお願いします。もちろん、最終的には落ちてくれると嬉しいですが(笑)頑張ります!

監禁してしまったところからか、もっと日常生活を楽しむかどちらがお好きですか? 監禁して、最後まではせずシンジ君の事だけ気持ちよくさせる行為の後に一度は解放するというのも楽しいかもしれませんが…。

6:碇 シンジ(背後) 2017-07-06 07:09:39

いえ、全然大丈夫です!私の方も遅れがちですし…!

了解です!では初めは先輩呼びをしつつ心境に合わせて変化させることにします。
ツンツンしながらも気付かない内に惹かれていくようにしたいです。こちらこそ可愛いシンジ君ができるよう精一杯やらせていただきます…!

良ければ初めは監禁時よりも少し遡って、いつもの光景というところから始めてみたいと思いますが、良いですか?そうすると監禁前と監禁後の心理の変化が考え易いかなあと…
それもいいですね、以降シンジは困惑しつつ完全に逃げたりすることはせずに、じわじわと快楽に落ちていく具合でよろしければ!あ、でもそのときの展開次第ということでも良いと思います!

7:渚 カヲル(背後) 2017-07-06 18:01:47

優しいお言葉ありがとうございます!

では、呼び方や展開などは成り行きで決めていきましょう!とても楽しみです。
もし、ご希望でしたら他のサブ伽羅も出せますので言ってくださいね?

例えば、レイやアスカに告白されるシーンや担任のミサトや保健医の加持にもちょっかい出されたり、クラスメイトのトウジやケンスケも(笑)

8:碇 シンジ(背後) 2017-07-06 23:23:06

私もお待たせしてしまうことがあるかと思いますし、お互い無理のないペースでやりとりできればと思います!

サブキャラもですか、皆好きなので出てきてくれたら嬉しいです!おお、ミサトさんも加持さんも役どころぴったりですね!トウジ好きなので是非いてほしいです…
あ、加持さんが保健医なら、カヲル君を撒こうとして保健室に逃げ込むってのも面白そうですね。
って、随分と私得ですが大丈夫でしょうか??ご負担にならない範囲で…!
一応こちらのシンジ的には、レイがちょっと特別な位置にいる具合で…ただし恋愛というより、母胎回帰におけるそれのような特殊な感情…で、カヲル君と比較したり何なり、というのは有りでしょうか?

9:渚 カヲル(背後) 2017-07-07 14:25:49

そんな風に言って頂けると本当に嬉しいです!
背後様も無理はなさらないようにしてくださいね? あと、何かご不満や気になることがあれば遠慮なく仰って下さい!

もちろん大丈夫です。元々、たくさんのキャラで楽しめたらと思っていたので背後様と楽しめるなら嬉しいです!……と言っても経験値は低いので非似なら申し訳ないです。

レイの件も了解です! では、早速ですが始めても大丈夫ですか? たまたまを装って一緒に登校する感じで始めたいと思ってます(笑)

10:碇 シンジ(背後) 2017-07-08 06:37:27

ではお互いに何か気付いたことがあれば伝えるということで、お願いいたします!
わあ、ありがとうございます…いえいえ、とても楽しみです…!
はい、よろしくお願いいたします!学校までは徒歩での登校ですね?

11:渚 カヲル 2017-07-08 23:14:26

やぁ、シンジ君。君もこれから登校かい? それなら一緒に行こうよ。いいだろう?

(この街に越してきたのは1週間前のこと。お世辞にも豪華とはいえない質素なアパートに必要最低限の荷物を運び入れた後に近所へ挨拶に行くことに。近所と言っても片隣に同年代の学生が住んでいる以外には上下も空き部屋だと大家に聞いていたため、適当な菓子を持って訪問し。中から出てきた少年に目を奪われ、純真無垢で美しい瞳にぞくぞくと身を震わせる程の衝動を受けた日から彼を忘れる事は出来ず今朝も少年が出てくるのを待ち伏せ、偶然を装い声を掛けて。)

 ̄ ̄

では、一度下がりますね?宜しくお願いします!

12:碇 シンジ 2017-07-09 14:50:15

(玄関を出るとかけられた声に顔を上げ、その場にいた相手の姿にぴたりと足を止めて。またかと、どうせ自分を待ち伏せていたのだろうと、初めてのことではない為に驚きもなく、よく飽きもせずに自分に構ってくるものだとある意味感心もしつつ呆れ半分に目を細め。無言で相手から視線を外すとドアに鍵をかけ、鞄にしまうとようやく相手に顔を向け)
そうやって僕を待っててくれなくていいって言いましたよね、前に。…同じアパートっていったって、学年も違うんだし…

 ̄ ̄

ではこちらも失礼いたします。よろしくお願いいたします!

13:渚 カヲル 2017-07-10 01:01:54

一人で行くより一緒の方が楽しいと思わないかい? 少なくとも僕はシンジ君と居られて嬉しいけど。
(相手の反応や言動はお構いなしに近付き、返事など端から聞くつもりはないと言うように隣へ。横に並んでアパートから学校への通学路を歩き、他愛もない話を振ってみて。)
シンジ君はお昼、お弁当を持ってきているんだね。僕も食べてみたいな、君の手料理。

14:碇 シンジ 2017-07-10 14:58:25

別に……僕といても何も面白いことないと思うけど。
(当然のように隣歩いてくる相手には目もくれないままそっけなく返し、相手を置いていこうと早足になって。本気なのか冗談なのか、男である自分の手料理を強請られては心地悪さを感じ、不審げな表情で相手を一瞥し)
外で買うより、自分で用意する方が安いからってだけです。先輩になら僕じゃなくたって、弁当作ってあげたいって人たくさんいるんじゃないですか?

15:渚 カヲル 2017-07-10 23:38:46

君はとっても興味深いから、一緒に居るととても楽しいよ。
(明らかに面倒だと体現する相手のことなど何のそのと言った様子で楽しいと言い切り。相手以外、食事を含むその他の事は全くといっていい程に興味がない自分にとって他の人間が作ったものなど意味がなく訳が分からないと言うように首を傾げて。)
…? 何で君以外が作ったものを食べなきゃいけないんだい? 僕はシンジ君が作ってくれたものを食べたいんだ。

16:碇 シンジ 2017-07-11 07:42:34

何でって…僕の作ったものを食べたいって方がおかしいだろ、特別美味しいってわけでもないのに。
(自分が相手に興味を持たせる要素など見当もつかず面白がられているのかと溜息をつき、質問の意図を理解できないといった風に問い返されては答えに窮して困惑で眉根を寄せ。このままだと何だかんだと相手のペースに飲まれそうだと、逃げるように足を早め)
もう、先に行きますね。

17:渚 カヲル 2017-07-11 23:26:00

あ、シンジ君。今日もお昼、一緒に食べようね。
(何を言っても帰ってくるのはいつも否定をする言葉のみだが、全く折れることもなく早足で自分を置いていく相手へ昼の約束を取り付けて。結局は別々に登校することになり、つまらない授業を受け。)

鈴原:
碇ィ~、おはようさん。なんや朝から辛気臭い顔しとるなぁ。あ…例のもやし先輩か?
(同じ暮らすの友人が登校してくるといつもの様に大きな声を上げて手をひらひらと振り)

18:碇 シンジ 2017-07-12 08:17:45

(相手は更に追ってくるかと思えば今回は引き下がってくれたようでほっとしながらも、最後に投げかけられる言葉によると昼もしっかり自分のところまで来るつもりのようで辟易とし。そんな思いで顰め面をしたままクラスに着くと親しい友人の挨拶が聞こえ、表情を和らげて挨拶を返すも、話しながら呆れたように息をつき肩をすくめて)
おはよう、トウジ。まあ…そんなところ。何であんなに馴れ馴れしくしてくるのか、僕にはさっぱり分からないよ。

19:鈴原 トウジ 2017-07-14 01:19:34

モッテモテやのにあの人、センセにお熱やからなぁ。女子がズルい言うとったで。
(呆れ果てた相手の飯能が可笑しくてからかうようにニヤニヤと口角を上げて笑い。しかし余りにげんなりとした様子に、肩をぽんと叩き慰めて。)
……ま、あんま気ぃ揉まんこっちゃな。あ、久々にカラオケでも行こや。パーっとな!

20:碇 シンジ 2017-07-14 14:44:54

よせよ、からかわれてるだけだって。ズルいって言われても……替われるもんなら喜んで替わりたいよ。
(鞄を机の上に投げるように置きながら、冷やかしのような言葉にうんざりとした感情を隠さず大げさな溜息をつき。しかし肩を叩かれると顔を上げ、気晴らしの提案に顔を綻ばせて、その誘いに乗りもう一人の友人の姿を探して)
カラオケかあ、いいかも。行こうか、ケンスケも誘ってさ。

21:鈴原 トウジ 2017-07-14 18:59:18

トウジ:
まぁ、確かに変な人やけど悪い人やなさそうやしエエんちゃう。あ、でも何かいらんこと言われたら言えや?がつーんと言うたる!
(明らかに嫌な顔をして見せる友人とは逆に声を上げて笑った後、慰めるように肩を数回ぽんぽんと叩き。もう一人の友人も誘おうという提案に、勿論だと頷き手を振り呼んで。)

ケンスケ:
おはよう。なんだよ、碇朝から浮かない顔して……ああ、例の。放課後? オッケー。
(いつも元気な関西弁の友人の隣で対照的な表情の相手を見ると原因は直ぐに察しがつき苦笑いを。放課後の誘いに快諾して。)

22:碇 シンジ 2017-07-15 08:36:49

はは、ありがと。まあ自分で何とかするよ。
(陽気に笑い声を上げながらも気遣う言葉もくれることに気持ちもいくらか安らぐようであり、軽く笑ってみせ。眼鏡をかけた友人がこちらにやってくると、気落ちの原因を言わずとも当てられたことにうなだれ、ただそれならば話が早いと、周りを気にするように身を少し屈め二人に顔を近付け、声の音量を下げて話し)
二人して、そんなに分かりやすいかな…まあそういうアレでさ、終わったらすぐに行くってことでいいかな?先輩に捕まらない内に…

レスを書き込む