TOP > なりきり > だって、好きだから

だって、好きだから

最終更新 2017/07/10 08:31:44
レス数 6
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス6中:1-6

1:ストーカー 2017/07/04 15:27:46 作成

こちらは487様をお待ちしております。

【シチュ】
貴Cの隣に引っ越してきたのは常識外れの引き篭もりのストーカー。貴方が留守の間に合い鍵を作り、あれこれを奪ったりあれこれを設置したり。そして貴方が飲む物すべてに薬を仕込み、寝静まった頃に睡眠姦を行うストーカー。なので貴方はいつの間にか非処女。

絡み最初としては、何度目かの犯行に及んでいる内に目を覚ますか、我慢できなくなったストーカーに拘束されながら犯される。の二点か、その他お好みで選択頂けます。

貴C様に希望を申し上げますと、なかなか恋愛感情は目覚めず、いつも抵抗するけど当Cに過度な暴力は振るえない方(お人好し、気弱、おとなしい、などのあまり暴力を好まないキャラに当てはまる方)を希望します。当Cが自分が痛いことは嫌いですので
そして、大スカをもしかするとプレイに含めますので大丈夫な方。
嫌な割に喘いでくれる方。(泣きが入るとものすごく萌えます。

以上が当てはまると嬉しいです。




【ロルテ】

はぁ、は…ああっ、いいっ!○○くん、可愛いっ、こんなに小さい口で僕のくわえてっはぁっ興奮するっぅ!あくっ、出る、出る出すよ!い、くぅうっ!!

(いつも通り相手の部屋に難なく侵入し、抵抗のない相手の口を指で開いてはもうすでに限界まで膨らんでいるペニスを突きいれ、頬裏を掻いたり口の中の熱を堪能していたが、我慢ができなくなれば相手の頭を掴んで喉奥を突き、反射的に押し返してくる肉に尿道口をひくひくと震わせながら押し返し、ぐっと一際強く喉奥に突き入れるとそこで止まり射精して)

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:ストーカー 2017-07-04 15:53:07

この度は趣向色の強すぎる募集に応募いただきありがとうございます!

ストーカーのプロフは下に載せますので、変更したい点などがあればお気軽にお申し付けください!
一戸建てかアパートかで悩んでいるのですが、一戸建てだと二階立てで階段を上がって逃げる優一くんを捕まえてその場で、というシチュも萌えますし、アパートなら壁が薄いということで盗聴しやすいしベランダから侵入できるなとも思いますので、どちらか好きな方があれば!

よければプロフと、お好きな始まり方があればそのロルを、募集時で良ければコピペしてくださいお願いします。


【プロフ】
白端 純也(しろはた じゅんや)
27歳185cm72kg
黒髪で髪の長さがバラバラの短髪。目は大きく鼻筋は整っていてひとつひとつのパーツは爽やかな顔立ちに思えるが、目元には隈があり目線は下寄り。身長は高いが猫背。
有名大学を卒業したのだが就職浪人し、自分に自信がないことも相乗して引き篭もりになり、今は株やネットで稼いでいる。自分に自信がなくネガティブだが、優一に関することでは妄想が収拾つかなくなり、自分を受け入れてくれて好意を持たれている。両想いだ。と思いこみポジティブに切り替わる。執着心が強く欲望に忠実。絶倫
優一くんのことは高校生の時から知っており、優一くんが大学進学し一人暮らしするのを狙って隣に引っ越した。

3:487 2017-07-05 07:24:51

お選びいただいてありがとうございます!これから宜しくお願い致します!

そちらのプロフ問題ありません、理想的なストーカー像(?)です!
一戸建てかアパート、どちらも違う魅力があり悩んだのですが…他の近所にバレにくいということで一戸建ての方が可能なことも多そうかな、と考えまして一戸建ての方でもよろしいでしょうか…!
お隣さんなので、顔を合わせることがあったらこちらから短い挨拶を交わしている、という感じで考えていますが、問題無いでしょうか。もしくは顔を合わせること(そちらに気付くこと)がなく、ほとんど顔を把握していないということでも!
あと、優一には片思い中の女子がいる…という設定は有りでしょうか。ノンケを犯す感を加えられたら、の設定ですがもし主様の萎えにひっかかるようでしたら無しとしますので仰ってくださいませ…!

それではプロフ等、加筆修正しつつコピペさせていただきます。
ロルもロルテの続きからで大丈夫です、よろしくお願い致しますー!


【プロフ】
佐久良 優一(サクラユウイチ)
大学生/19歳、175cm、58kg
黒目黒髪、緩やかな巻き毛のショート。体格は痩せ気味。
大学に通う為に一人暮らしをしている学生。たまたま空き家を持て余していた親戚からの申し出を受けて、小さめだが二階建ての家を借りている。
ようやく新生活にも慣れ、友人もでき大学でも馴染んできたところ。週に二回ほど飲食店でバイト中。文系で、大学では教職課程を履修している。クラブやサークル等には所属していない。読書好きであり、自室の本棚には本がみっちりとつまっている。ノンフィクション系。
内向的で要領が悪く、自分に自信が無い性格。そんな自分を変えなければと努力する決意をするが、それでかえって一人で抱え込んで悩むようになる。
家に越してきてからは度々強い睡魔に襲われるようになったり、家の中の物の配置が少しだけ変わってたり、朝起きると周りが汚れていたり口内に不快な感触が残っていたりと、初めは気のせいかと思っていたが、段々とそれらの違和感は強くなり漠然と不気味な不安を抱いている。
無自覚M気質で、理性の上では拒絶を示すが体はしっかり反応する。敏感体質。

【萌】拘束・SM・調教・監禁・無理矢理・拷問・拡張・射精管理・玩具・緊縛・吊り・目隠し・口虐・首絞め・嘔吐・イラマ・飲精・飲尿・お漏らし・羞恥系・鞭責め・蝋燭責め・水責め・電気責め・三穴責め・媚薬・拘束放置・録画・スパンキング・肉便器・野外・鬼畜・愛無し・依存・隷属・他多数
【萎】メインキャラの死

【ロル】
(深い眠りの中で暗く沈んていた意識は揺さぶられるごとに徐々に浮上していき、まるで体の中に泥が入っていくような不快な夢を見ながら小さく呻き声を漏らし。だが口の中にまで入っていた泥が不意にはっきりと形を作り目が醒め、何かに頭を掴まれていて何かが口の中を満たしている、それが何であるか理解できないままどくどくと注ぎ込まれる液体が口元から溢れ。夢の続きなのかと混乱し、生き物のように蠢くそれを吐き出そうと、目の前にある体を押し退けようともがきながらくぐもった悲鳴を上げ)
んぐッ……うっ、ううーッ……!!

4:ストーカー 2017-07-07 12:33:16

すみません。お待たせしました。

そうですね。一戸建てで。
あとは一人で悩んでしまう貴C様ですが、一応理由をつくる意味でも身元不明になっている方がやりやすいかと思いましたので顔は合わせているんだけど知られていない設定でお願いします!どこで盗撮されてるんだって怯えて過ごすのも萌えますし!←

片思い設定最高です。その女の子の写真とか持ってると尚良いですね。


ロルは続きで把握しましたが、少しまだ時間が取れない状況ですので、もう少しお待ちください。
今日か明日中には返しますので!

5:487 2017-07-07 14:40:30

いえいえ、大丈夫です!
なるほど、それでは把握していないということで進めます。
あ、あとスマホにこっそり盗聴アプリ(遠隔操作系)を入れられてたら分からないし逃げられないと思いました。そっちの方面にはうといので情報ただ漏れだとは思いもせずにどんどん追い詰められていく…なんてのかいかがでしょうか?

ありがとうございます、では何かのイベント時に手に入れた彼女の映っている写真を後生大事に持っておきます!財布辺りに入れて。

了解しました、続きはお時間あるときにゆっくりで大丈夫ですので!

6:純也 2017-07-09 13:28:27

はあ…っあ……は、ふ…う!優一くん、もっと欲しいって?でもごめんね。今度は下のお口の番だから

(目を瞑り長い射精が終わった後、うっとりとした顔で相手を見下ろせば、相手の咥内が蠢き再度自分のものを勃起させようとしているのだと思えば、嬉しそうにまた自身を口の中で膨らませ、一度喉奥を突いてやり、相手の望むように口淫してやりたいが、今度は下の口に飲ませる番だと残念そうに口から自身を引きずり出せば、素っ裸の相手の足下に移動し、寝ている間に散々舐め回して充分濡れている後孔に無遠慮に指を二本突き入れ、穴を広げてその間に自身をスムーズに挿入していき)

あーっ、入る、どんどん入ってくよ。見てごらん優一くん。優一くんの下のお口大きいねぇでも、ちゃんと締まるんだよ?は…ぁはあ、ふふ、お腹の裏、たくさん擦ってあげるね




──────

約束の期間を過ぎてしまってすみません。お待たせしました

盗聴も良いですね。いつでも聞けるように耳にイヤホンを常備しているはずです

7:佐久良 優一 2017-07-10 08:31:44

あ…ぐ、げほッ……う、ぇ……

(体積を増した肉塊が口内を行き来し、喉奥を突かれては苦しさに顔を歪ませながら呻いて。ようやく口からそれが出ていくと中に溜まった異物を吐き出そうと顔を横にしてえずき、解放されたと思うもそれは一瞬、足元へと動く人影によって自分が何も履いていないことに初めて気が付き、同時に侵入してくるものを感じて引き攣った声を上げ。ここは自分の部屋のはず、しかしいるのは見知らぬ男で、自分が何をされているのか理解が追い付かず恐怖で動けず、中で蠢く不快感に必死に耐えて。しかし更に太いものが中を押し分けて入ってきては驚きと怯えで目を見開き、さほど抵抗なくも拡げられていく痛みにベッドのシーツに爪を立てながら掠れた悲鳴を上げ)

っひ……ぁ…!?……あ、あぁッ…!




いえいえー、大丈夫です!

通話+メール等も盗み見ていただければと、外出・帰宅の予定も筒抜けで。

レスを書き込む