TOP > なりきり > ダメ男拾いました。(非募集)

ダメ男拾いました。(非募集)

最終更新 2018/04/25 00:04:23
レス数 286
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス286中:1-20

1:世話焼き大学生 2017/07/15 01:48:49 作成

駄目人間なオジサンと世話焼きな大学生の、ちょっと変だけど賑やかな日常の物語。






花浦 直 (ハナウラ ナオ) 22歳/170cm/58kg
何処にでもいる平凡な大学生。少し変わったところといえば母親のように世話焼きなところで、友人からもよくオカンと揶揄われる。
暗めの茶髪で癖がなく、好青年といった清潔感のある髪型。まだあどけなさは残るものの年相応の顔付でイケメンや美形の類ではないがそこそこ整っている。運動が苦手であまり筋肉のつかない体質が若干コンプレックス。
家事炊事なんでもお任せあれ。高校生の頃から一人暮らしをしているため料理も得意。ただ虫は大の苦手で蜘蛛など発見すると友人を呼びだすほど。


萌え萎えはごく一般的。死ネタとか痛そうなのとか、度を超えた喧嘩とか裏時の露骨表現とかそういうの。
追加設定とか修正とかあったら遠慮なく言ってね!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

268:蜂谷 亜賢 2018-03-14 17:00:15

なにって、何度も言わせんなよ。
(背中を流してんにきまってんだろーと、そろそろふてくされた声を出しながら、声音とはうらはらに優しい手つきで背中を撫で続けて。せっかくだからボディソープも使って洗ってやるかと、その体勢のまま手を伸ばしボトルを取ろうとすれば、足元がぬれていることもあり、すべってしまい、直の身体を正面から押しつぶしそうになってしまって)
わあ!

269:花浦 直 2018-03-15 01:02:56

俺の思った感じと違……うわあ!?
(何度も聞くなとふてくされてしまおうがこの洗い方は絶対に違うということだけは解り、普通にやってもらおうとするが自分に寄りかかった状態で相手が足を滑らせると、此方にも体重がかかり一緒に後ろに倒れ、咄嗟に相手の肩を掴みながら目を開けると裸での密着に硬直して)
大丈夫で……、………ッあ、

270:蜂谷 亜賢 2018-03-20 15:01:25

いてて…っ……
(倒れ込む瞬間、目をつむってしまっていたようで、膝を強打した痛みに気付き目を開けると、どうやら直を組み敷き、むしろクッションにしてしまったらしく、素肌同士が振れているという事実にも、さすがにはっとなり身体を起こすと直に向かって手を伸ばし、身体を起こしてやろうとして)
わ、わるい!ハナウラナオ。どっか痛くしてねぇか?

271:花浦 直 2018-03-26 11:03:14

だっだいじょう……ッ
(何が起こったのかピシリと体が固まってしまうが、謝られハッとして慌てて自分も起き上がろうと手をついたところ、倒れた時に手首をついてしまったらしく鋭い痛みが走り一瞬だけ顔を歪ませ、すぐについてない方の手で起き上がれば笑って誤魔化して)
びっくりしたー
気をつけて下さいね

272:蜂谷 亜賢 2018-03-27 16:09:27

あぁ、ごめん。…っと、オレ先に出るな。おまえはゆっくり浸かってこい。
(突然のアクシデントでお互い妙な空気間になってしまったし、自分は不意に触れた相手の素肌に、なぜか変な緊張感を持ってしまったため、直の身体を起こしてやると、手首を痛めていることには気付かないが、なんとなくバツが悪く感じ、バスルームをあとにしようとして)
…麦茶でも飲んで、あたま冷やそ……

273:花浦 直 2018-03-30 10:11:55

は、はいっ
(起こしてもらうと先に出ると言われ反射的に返事をし、立ち上がり浴槽に足を入れ湯船に浸かり、変な空気になってしまったことをどうしようとは焦るものの先程のことを思い出すとどうしようもない羞恥に襲われ、口元までお湯に浸かればぶくぶくと泡をたてて頭を冷やそうとして)

274:蜂谷 亜賢 2018-04-04 17:22:04

……なんでドキドキしてンの。
(逃げるように脱衣所に出ると、バスタオルにくるまりあたまをガシガシと拭きながら、なぜか高鳴ってしまった心臓に、みずからつっこみを入れて。相変わらず全裸のままでリビングに向かおうとしたが、下半身が軽く反応していることに気付き、これはさすがに恥ずかしいと下着だけを身に着けて冷蔵庫に向かって)
あー、もう、意味わかんない~!!

275:花浦 直 2018-04-05 00:17:32

冷やしといた方がいいよね
(床についた手首を撫で、腫れたりはしていないが念のため風呂から上がったら湿布を貼ることにして、相手と顔を合わせるのが気まずい気もするがのぼせてしまうため、風呂場から出るとバスタオルで体を拭き部屋着に着替えて)

276:蜂谷 亜賢 2018-04-05 20:15:13

(冷蔵庫からボトルを取り出し、キッチンにあった適当なカップになみなみとそそぐと、まずはぐいっと一気に飲み干して。はあーっと息を吐き出すも、いまいちスッキリした気にはならずモヤモヤしていれば、直が風呂から出てきた音が聞こえたため軽く肩をいからせたが、いくつか咳払いをして頬を叩き、今まで通り気丈にふるまうことにして)
さ、さーて… むむ麦茶でも、飲むか。

277:花浦 直 2018-04-07 01:08:22

あのー…
蜂谷さん、お風呂良かったんですか?
(濡れた髪にタオルを当て水滴を取ると着替えてからリビングに戻り、相手がそわそわしているのには気付いたが、何せ元々落ち着きのないイメージなせいか特に不審には思わず、風呂上がりの少し火照った顔色で相手を覗き込み、途中で出ていってしまったが良かったのかなと気になっていて)

278:蜂谷 亜賢 2018-04-10 17:01:22

え?あ、あぁ、もともとシャワー派だし。
(麦茶に無理矢理気持ちを集中させているこちらの気も知らずに、上気した顔でひょこっと覗き込んでくる直を、なるべく自然に…と思いながら、結果大袈裟になってしまった動きで避けながら、なみなみと注いだ麦茶をごくごくと飲んで)
んー、麦茶、うまいな。うん。

279:花浦 直 2018-04-11 23:46:40

…?
俺髪乾かしてくるね
(あからさまに避けられたような気がして不思議に思い首を傾げ、何かしてしまっただろうかと気にしながら、濡れたまま過ごす訳にもいかないためタオルで髪を抑えながら洗面所へ行きドライヤーで髪を乾かし)

280:蜂谷 亜賢 2018-04-13 10:10:55

……行ったか。
(麦茶を飲み干すことに時間を掛けている間に、直が洗面所に行ったのを確認すれば、空になったグラスをテーブルに置き、詰まっていた息をふぅと吐いて。ドライヤーの轟音が響くのをぼんやり聞いていると、今更ながら特にすることがない自分の髪も濡れていることに気付き、なんとなく洗面所を覗きに行って)

281:花浦 直 2018-04-13 22:41:36

あ、蜂谷さんも乾かします?
濡れてるでしょ
(ドライヤーのスイッチをいれ髪へ温風を当てること数分、短いため時間をかけることなく大方乾いてきた頃に、洗面所へと覗きにきた相手が鏡に映り振り向き、湿っているように見える相手の髪を見ると乾かすつもりで手招きして)

282:蜂谷 亜賢 2018-04-14 00:06:25

……えっ?!
(ちらっと覗きに行っただけのつもりだったのが、なぜかそれがバレたらしく声を掛けられてしまうと、びくっと肩を揺らしたが、ごまかすのもおかしいし…と、近くまで行って。今までドライヤーは美容院で使ってもらうか、世話好きな彼女が使うかしかなかったため、ドライヤーを手渡されるのかと思いふるふるっとあたまを振って)
いや、いい。オレ、自分で使ったことないから。

283:花浦 直 2018-04-14 23:48:47

俺が乾かしますよ
ここ座って
(自分の髪が綺麗に乾いたことを確認してからスイッチを切り相手を振り向いて、ドライヤーを使ったことがないというのは驚きだが最初から自分でするつもりだったためにこりと笑って、小さなイスを洗面所の前に移動させると手招きをして呼び)

284:蜂谷 亜賢 2018-04-17 10:17:41

……いいの?
(なんともありがたい申し出だが、本当にそれに乗っかっていいのだろうか…?と、しばらく様子を窺っていたが、直に意地悪を言っているような雰囲気も感じられないため、そそっと近寄れば、すとんと椅子に腰掛けて)
これでいいか?

285:花浦 直 2018-04-23 15:58:34

はい、いい子
(少しばかり警戒しているようにも見えたが椅子に座るのをにこっと笑ってみてはつい子供扱いし、ドライヤーのスイッチをいれ髪に指を通して乾かし始め、表面は既に自然に乾いているところもあったが中の方は湿っていて温風を当て丁寧に乾かし)

286:蜂谷 亜賢 2018-04-23 23:50:50

……… 。
(器用な手つきでこちらの髪のあちらこちらと指を差し入れては温風を当てていくのを、肌で感じれば、心地いいと感じながらも、本当に直の手先の器用だな…などと感心しつつ、髪を触られるのは、なぜか睡魔を呼び寄せるため、その場でうつらうつらし始めて)

287:花浦 直 2018-04-25 00:04:23

(面倒臭がりのようだが髪がそこまで傷んでいないことは乾かしていて分かり黒い髪も艶がありさらさらしていて、彼女に手入れしてもらっていたんだろうかと考え、きっと世話を焼いてたんだろうなーと知りもしない彼女の境遇に同情ながら乾かし終わると肩をぽんぽんと叩き)
はい終わったよ

レスを書き込む