TOP > なりきり > 目隠しと子守唄(非募)

目隠しと子守唄(非募)

最終更新 2017/07/18 20:20:18
レス数 79
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス79中:1-20

1:審神者 2017/07/16 01:32:33 作成

570の鶴丸様をお待ちしております。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

61:榊 2017-07-17 19:06:47

(すいません、変換ミスしていたみたいです。上記は自分です。

62:鶴丸国永 2017-07-17 20:01:24

大丈夫です、わざわざご連絡ありがとうございます!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

うん?
(部屋に向かう途中で名前を呼ばれると後ろを向いて首を傾げ、何かあったのだろうか、大丈夫だろうかと心配そうにしていたがいつもは言われない言葉に驚いたが楽しそうにけらけら笑い)
…おお、珍しいなあ。そういう驚きはどんと来い、だ。もちろん甘えてくれ。

63:榊 2017-07-17 20:13:55

ん…甘えたいし、甘やかしたいし、鶴と一緒にいたい気分なんだ。
(急におかしなことを言ったから心配させてしまったかもしれない。けれど、甘えたいと言えば楽しげに笑った相手に表情を緩め。握られた手に力を込め、部屋に着けば、手探りに襖を開けて中に入り)

64:鶴丸国永 2017-07-17 20:29:18

…そうかい。なら君の隣にいよう、今日は特別仕事があるようではないしな
(今日任されているといえば出陣部隊の編成くらいで、相手の要望には答えられそうで、笑顔を浮かべて部屋に入った途端簡単に相手を抱きしめてよしよしと頭を撫でて)

65:榊 2017-07-17 20:42:41

…はぁ
(部屋に踏み込んだ瞬間、ふわりと抱き締められ頭を撫でられれば、力を抜いて深く息を吐き。こちらも鶴丸の細い腰に腕を回せば存在を確かめるように抱き締め、相手の首元に顔を埋めては、吐息交じりに)
鶴。——『もっと』、甘えてもいいか?

66:鶴丸国永 2017-07-17 20:49:43

……ああ、勿論。…お好きにどうぞ、主殿。
(首元に顔を埋められ、相手の温もりを感じられることに笑顔を浮かべて、吐息に乗って言われた言葉に小さく笑顔を浮かべては断るはずもなく受け入れて)

67:榊 2017-07-17 20:57:53

…、
(相手からの許しが出れば、言葉の代わりにとでも言うように顔を上げ、鶴丸に口付ける。薄い唇に己のそれを触れ合わせれば、中に入りたいと舌で軽く舐め、見えなしないものの熱を孕んだ瞳を向けて。その間にゆっくりと膝を折り、畳へ腰を下ろして)

68:鶴丸国永 2017-07-17 21:01:50

(唇を舐められれば開こうとするが膝を畳んで相手が腰を下ろした為、それに合わせて自分も座れば今度はこちらから唇を重ねて開き舌を迎え入れようとして)

69:榊 2017-07-17 21:10:56

鶴、…鶴。
(相手も同じように腰を下ろし、再び唇が合わされば深く口付けて。甘く感じられる相手の舌に舌を絡め、上顎を舐め上げては、粘膜の触れ合う快楽に小さく息を荒げ。あぁ、獣のようだ。鶴丸の口内を蹂躙しながら、そんなことを考えた)

70:鶴丸国永 2017-07-17 21:23:41

…あるじ、……っ
(こうやって触れられること自体もう慣れたことだが、どうやっても興奮しているらしい相手に当てられこちらも簡単に興奮してしまえば口内を蹂躙されただけで息が上がりゆっくりと自分から唇を離し。)

71:榊 2017-07-17 21:32:09

…帯、外せるか。
(息継ぎをするためか離れた唇、己のそれを舐めれば微かに甘い味が残っていて。息の上がっている相手をゆっくりと押し倒せば、手探りに鶴丸の衣の帯を解こうとするも上手くいかず、もどかしさに眉を寄せてしまい。そっとそう囁き)

72:鶴丸国永 2017-07-17 22:03:18

…ああ、そういうことか。
(ゆっくりと押し倒されれば笑顔を浮かべて相手を受け入れようとしていたが、急に体を触られなんだなんだと見ていれば思いがけないことを囁かれ思わず笑い、早く言ってくれればいいのにと思いながら恥ずかしげなく帯を解いて前を広げてから相手の手を取って肌に触らせ)

73:榊 2017-07-17 22:11:47

…格好つかないな、
(思わずと言った風に笑われれば少しムッとしてそう言い、目が見えれば、全部自分で出来たのになぁ、なんて考え。衣擦れの音と、取られる手、触れる恋刀の肌。ちゅ、と音を立てて胸元に吸い付けば、何度か軽い口づけを落としていき)

74:鶴丸国永 2017-07-17 22:33:24

気にしないでくれ、俺も君に散々してもらっている
(どうせ目が見えれば全部自分でできたなんて考えているんだろうと予測していて、そんなこと自分としてはどうでもよく。音を立てて吸い付かれると、びくりと肩を揺らし軽い口づけをされることで触られていることがしっかり理解できて恥ずかしくなり)

75:榊 2017-07-17 22:50:45

ん…、…何だ、緊張してる…か?
(気にするなと言われればそれまでの事なので、それ以上何を言うでもなく、相手への愛撫を続け。滑らかな肌に手を這わせ、脇腹を撫で上げながら、キスの合間に探り当てた胸の飾りに幼子の如く吸い付き。びくりと震えた相手の体に力が入っているように感じられれば、舌で乳首を転がしながらあやす様に腰を撫で)

76:鶴丸国永 2017-07-17 23:23:05

いや、…、その、君に触られているのに、意識してしまう
(これを緊張というのだろうか、と困ったような表情で、愛撫が続く中胸の突起が吸い付かれぎゅっと瞳を瞑り、腰をあやすような撫で方にまだこんなに触られることに慣れておらずくすぐったそうに体をよじらせて)

77:榊 2017-07-18 08:44:21

…鶴
(何度も肌を重ねているのに初心なことを言う鶴にどくりと鼓動が跳ねる。擽ったいのか、逃げるように体をよじらせる相手を逃さまいと身を寄せ、鶴丸の手を取れば己の胸元に触れさせて。どくどく、常より早い鼓動がわかるだろうか)
…俺も、同じだ。だから、大丈夫。

78:鶴丸国永 2017-07-18 09:12:55

…、!
(身を寄せられたことで逃げられないことがわかり逃げないようにして、手を取られたことで首を傾げていれば触らせられた胸が早鐘を打っていれば目を見開いてからすぐに笑顔を浮かべて)
……はは、っそうか、

79:榊 2017-07-18 19:23:36

…鶴、今は気持ちいいのだけ追っていればいい。気を楽にしていろ。
(相手の和らいだ声と先程より力の抜けたように感じる体にそう囁けば、緊張も、羞恥心も、早く忘れさせてやろうと相手自身を膝で刺激し。身を伏せ首元から胸元へ軽い口づけを落としながら、手は相手の胸へ這わせ、先程吸ったことにより残った唾液を塗り込めるように愛撫して)

80:鶴丸国永 2017-07-18 20:20:18

ぅん、…、はっ、……、あるじ、
(優しい言葉に笑顔を浮かべて、先程までの緊張が無くなればゆっくりと目を瞑って、胸の突起を愛撫され、更には膝で自身を押されると小さな声を出して)

レスを書き込む