TOP > なりきり > 柔和な依存

柔和な依存

最終更新 2017/10/16 17:18:40
レス数 232
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス232中:1-20

1:607 2017/07/19 21:45:22 作成

610様、お待ちしております。


西洋か和風の世界観で主人×奴隷、ちょっと興味がありますのでお相手様次第ではDom/Subユニバースを取り入れてもいいかなと思っています。

有名な財閥の息子、家督を継いでからというもの学生の頃のように騒いで刺激を求めることはできず、仕事をしながらもどこか暇を持て余している当C。別居している父親からの訪問ととに光の宿らない瞳ながらも目を惹く美しさを持つ奴隷の貴Cを連れてこられる。
ざっとした設定となってしまいますが、こんな流れから奴隷を溺愛する主人のお相手をしてくださる方を募集します。

とにかく甘やかしたがり、愛したがりで他人には触らせない喋らせないの狂愛ぶりですので苦手な方はお気をつけください。最初からこちらも狂愛するわけではありませんので、突っ返してくださって構いません。ただ最終的には主人の言うことしか従順に聞かなくなる子になってくださると有難いです。


条件
・PLは成人済み女性
・共依存関係、激甘に抵抗がない方
・できれば1日1レス。1週間音沙汰なしでさい募集させていただきます。
・ロルは100文字以上。ある程度のムラは大丈夫ですが、豆、短ロル、終止系ロルは冷遇です。
・PLで展開相談可能な方
・募集逃げ、無言放置厳禁。


ロルテスト、簡易プロフを提出してお声がけください。質問の際は質問のみでも大丈夫です。多数の参加者様がいらっしゃる場合、スレを先に立てさせていただくことになります。

主人(お名前は後で決めさせていただきます)
183cm/27歳
容姿
緑色の瞳に銀髪、浮世離れした容姿と雰囲気を持ち、装飾物は好んでつけない。だが貰い物は多いため、耳は開けているし偶につけている。銀髪をうなじが隠れるほどまで伸ばしているため仕事中は結んでいる。普段は下ろし、くせ毛の髪をそのままにしているため印象はあまり良くない。目つきが悪いわけではないが、四六時中眼鏡やコンタクトをつける必要はないくらいの視力のため、普段眼を細めることが多く偶に怖い印象を与えてしまう。銀髪をは対照的に黒の服を着ることが多く、肌について締め付けてくる服が嫌いだからという理由で少し大きなシルエットのものを好む。筋肉質ではなく、細身。脱げばある程度ついているがスポーツをしていたことはない為そういうつき方はしていない。

性格
注目されることが嫌い。だが生まれ持っての目立つ容姿とその家柄のせいで目立たないわけがなく、家督を継いでからは会合やパーティに参加しないレア者として有名になってしまった。面倒くさがりも相成って本当に参加することは少ないが、幼少期からお世話になっているところや恩がある人が来ている場合は一応行く。
財閥に生まれたからといって特別扱いされることも嫌いで、普通の学校に通い大学も出ているので頭はいい。汗を掻くことが嫌いなせいで運動は嫌い。できないわけではないがやらない。優しく大らかな性格で、なかなか怒ることはないが仕事については厳しく、仕事の日は終わってからもイライラしていることが大半。
父親から何度か奴隷をもらったことはあるが、金持ちの生まれとしては珍しく差別的なものが嫌いな為普通に家で過ごさせていたがそれに怒った父親が奴隷を売り飛ばすということが何度かあった。お気に入りはとにかく自分の隣に置いておかないと気が済まない。

ロルテスト

───あー…、とりあえず風呂、入ろっか
(急に連れてこられてしまった奴隷、簡単な説明をしてまるで嵐のように去ってしまった父親を追おうとするが車で出て行ったあと、電話をかけてもこうなってしまった限りはどうすることもできず。ただ縮こまって端に座っている全裸の少年を視界に入れ、小さくため息をついた後、少しだけ悩んでから近づいて羽織っているパーカーを肩にかけてやり、目線の高さを同じにするべく正面にしゃがみできるだけ怖がらせないように声を掛け、反応してくれるのを待ち。)

コピペさせていただきました。質問などありましたらお願いします

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

214:アル 2017-10-10 22:38:50

…あ、歩く!
(髪を撫でられればその優しい触り方に目を細め、歩けるか聞かれれば今無性に歩きたい気分で強く頷くと道も分からないのに主人を引っ張るように先導して力強く歩いて。外の世界を歩いている自分に感動し)
す、すごい……ぼ僕…歩いてる!!

215:ルイ 2017-10-10 22:52:21

ふふ、よかったね。…アル、あんまり先に言っちゃダメだよ迷子になったらどうするの
(手をつないでいるとはいえ相手が道を知っているわけではない為これ以上あまり引っ張られてもダメだろうと自由にはしたい為手は離させないようにぎゅっと掴んで)

216:アル 2017-10-12 16:34:16

あ……
(迷子になると言われれば道を知らない自分が先を歩いてどうするのだと我に返り速度を落として。いつも通りの歩幅と速度で歩き、反省するように少し俯き加減になって歩き)
ごめ……

217:ルイ 2017-10-12 16:51:51

…ああ、ごめんね怒った訳では無いから、……俺か見える範囲なら、好きにしていいよ
(俯き加減で、反省しているらしい相手に少しだけ申し訳なくなると商店街が見えてきたところで少しだけ足を止め、優しく髪を撫でてやってからちゃんと説明して許可を出し)

218:アル 2017-10-12 19:01:28

…うん…
(いつものように優しく撫でられると嬉しそうにして、許可が出たものの人が沢山見えてくると主人の背後に隠れ。人の視線が怖く、主人の手をギュッと握って様子を覗い)

219:ルイ 2017-10-12 23:02:14

…アル、あのお店入ろうか。人、少ないしcolor売ってる
(結局人がいると怖がって自分の後ろにいるため何か人が少ないお店はないかと思えばちょうど雑貨屋が見え、相手に優しく声をかけてそちらに足を運んで)

220:アル 2017-10-13 16:14:49

うん…
(主人が向かう方向にある店だろうと人が少なそうな店を選んでくれたのかなと嬉しくなり、少し小走りになるように走り。雑貨屋の入口から中にどのぐらい人がいるか気になって覗き)

221:ルイ 2017-10-13 16:37:52

…大丈夫、ちょっとしか人はいないよ。……おいで、アル
(ドアを開けて、相手が中にいる人を確認するように覗き込んでいることに小さく笑ってから声をかけ着いてくるように告げ)

222:アル 2017-10-13 20:01:32

うん…
(人が少ないと聞けば周囲を見渡しながら主人の後を離れないようにくっついて店の中に入り、見たこともないものがいっぱいで主人の行動をジッと見つめ様子を伺って)

223:ルイ 2017-10-13 20:11:43

……ああ、これいいね。…アル、どう?
(相手の手を握ったまま店を回っていれば赤を基調としたシンプルなcolorを見つけ、相手に見せてその首に合わせ楽しそうに笑顔を浮かべて。きっと嫌でも自分からのものであれば嫌がらずに受け入れるのだろうと思うと少し寂しくなり)

224:アル 2017-10-13 21:10:59

これ…を、ぼ僕に?
(主人が自分にと選んでくれた赤い首輪を見てこれがcolorというものなんだなと見つめ、自分で持ってみて首に当てて見せ主人の笑顔に自分も嬉しくなり口元を緩め、近くにあった鏡で自分の顔と首まで映る様子に照れて頬を赤く染め)
に…似合う?

225:ルイ 2017-10-13 21:56:49

……うん、可愛い。似合ってるよ
(口元を緩めている姿があまり見れるものではないため嬉しそうで、さらりと其の髪を触りながら笑顔を浮かべ、早くそれをつけて自分のものになればいいのに、と珍しく相手への視線が優しいものではなくDomとしての欲望を孕ませたもになっていて)

226:アル 2017-10-14 11:21:06

………!!?
(前から主人の感情や表情を気にして生きて来たこともあり、いつもの優しい主人の視線が変わった事には敏感に気づきその視線が自分に向けられていることにゾクゾクして顔を真っ赤にしながらcolorを主人に返すと気を落ち着かせようとした時にティーカップが手に当たり、落ちる寸前でキャッチして)
((ビックリした…))

227:ルイ 2017-10-14 12:28:45

…!大丈夫?…怪我、ない?
(瞳に気づかれているとは思わず、マグカップを落としかけたことで冷静に戻って。割ったとしても弁償すればいい話だが、心配そうに相手のことを見つめ怪我をしていないのならいいけど、とその小さな手を取って見つめ問いかけ、過保護すぎると言われてもおかしくないくらいの雰囲気で)

228:アル 2017-10-15 10:49:21

わ…割らなかった…よ……
(割れていない事を主人に報告するべく両手に収まったティーカップを見せ、とても心配をしてくれた主人の心配そうな表情に安心させるように目を細めて笑みを浮かべて。主人がいつも自分にやってくれるように片手で主人の頭を優しく撫でれば逆に心配そうに顔を覗き込んで)

229:ルイ 2017-10-15 11:18:18

……ん、よかった。
(割ってないとマグカップを見せられれば心底安心したように息を吐いたが、相手がいつも自分がしているように自分の髪を撫で、心配そうなひとみをむけてきていることに気付いて小さく笑ってしまい)

230:アル 2017-10-15 18:35:31

(笑って笑顔を見せてくれた主人にホッとして自分も少し口元を緩めて、まだちゃんと笑えないが小さい笑みを見せ。持っていたティーカップを元の位置に戻すと次は何を買うのか興味深々で主人の行動を待つ忠犬のように見えない尻尾を振って見上げ)

231:ルイ 2017-10-15 19:25:56

…うーん、ほか、に……。
(雑貨屋でcolor以外に買うものがあっただろうかと思いながら、ふとマフラーが見えるとああそんな時期か、と気づいてどうせなら相手が寒くない様にとまるで忠犬の様に待っている姿に可愛らしさから微笑んでしまいながら相手の手をとってそちらにいき)
…マフラー、買ってあげる。何がいい?

232:アル 2017-10-16 14:33:57

(飼ってくれるという沢山の色とりどりのマフラーを見渡せば、主人とマフラーを交互に見ながら一つ一つマフラーを手にしては頭を横に振り。綺麗な緑のマフラーを手にすると主人の前にそれを見せて、恥ずかしそうに何故それを選んだかを口にして)
……こ、これ…ご、ご主人様の…綺麗な目の色と…一緒……。

233:ルイ 2017-10-16 17:18:39

……、それでいい?
(自分で選んでそれを見せてくれたことも嬉しくて微笑んでいたが、まさか自分の瞳と同じ色、と綺麗な緑色のものを選ばれるとは思わず驚いてからすぐに顔を綻ばせ)

レスを書き込む