TOP > なりきり > 【アメコミヒーロー】Wooohooo!!!!【非募集】

【アメコミヒーロー】Wooohooo!!!!【非募集】

最終更新 2018/05/14 17:19:54
レス数 150
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス150中:1-20

1:スパイダーマン 2017/07/25 02:00:29 作成

前のところが埋まっちゃってたから、新しく立てたよ。見つけてくれるといいんだけど。
…ここが無駄にならないことを祈ってるよ。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

132:ウェイド・ウィルソン 2018-02-23 22:51:27

ピクルスが無くても全然美味いと思うけどな。(スパイダーマンが隣で食べている姿はよく見ていたが、こうしてマスクの無い姿を見るのは滅多に無い経験、同じ人物であることは分かっているのだが、何だか別人みたいで新鮮だと。それに、いつも思うのだが本当美味しそうに食べる。今日は特に、鼻から上が見えているからか、余計にそう感じるのであろう。そんな彼を見ていて飽きず、夢中でバーガーに食らいついている姿を観察しながら、此方は合間合間にポテトを食べ進め。それにしても何故こうも毎回口元にケチャップを付けて気付かないのか、この少年は。そんな所も可愛くて好きなのだが。口に残っているポテトを飲み込めば、相手の口元に向かって指差をし。)ピーター、そこ、付いてるぜ。




(デッドプール)
oh......Jesus…!分かってねぇな、自分がどれだけ魅力たっぷりのぷりぷりプリティなお尻で俺ちゃんを惑わせてるのか!…まぁいいや、その話は今度ゆっくりしようぜ。もちろんベッドでな。んで?俺ちゃんの何が聞きたいって?(1度は未遂ではあるがレイプ紛いなことをしたと言うのに、何故もっと自覚してくれないのか。しかもスーツの下はノーパン。ハッキリくっきり身体の線が出ているし、もし他の奴に狙われたらどうするのだろうか、なんて…とりあえずせっかく相手が自分に興味を持ってくれているのだからここは応えてあげようと、話を戻して。)

133:ピーター・パーカー 2018-03-01 01:04:21

まぁ、それもそうなんだけど。(空腹は最高のスパイス、と言う言葉があるけれど、実際美味しく感じるのだから凄いと思う。ふと相手がこちらを見ていることに気が付き。何?と口に出そうとした時相手がこちらの口端を指さした事で何か付いていたのだと悟って。示された方の口端を指でなぞるとべっとりと付くケチャップ。以前もこんなことがあった気がする。あの時は相手の指で取ってもらった…と余計な事まで考えてしまってそれを振り払うように目を閉じため息を1つ。顔は以前そうなったように赤くなってしまっていないだろうか。ケチャップを指から舐め取り、大体綺麗になったその指でポテトを1つ口に押し込み)ん…、…あぁ、ほんとだ。アリガト。前にも付いてるって言われたことあるんだよね。食べる時に変な癖でも付いてるのかなぁ。



(デッドプール)
僕なんかに惑わされる奇特な奴って君ぐらいのもんでしょ…っていうか本当に反省しないよね。(相手は妙に自分を性的に見てくれているらしいが、正直一般人に聞けばそんな事を言う人間は殆ど居ないだろう。相手を納得させる為に統計でも取ってやりたい気分になりつつ、以外にも相手から話を戻してくれて。それが自分の考えを見透かされているような、折角自分が諦めようとしている要因の一つを潰されたような。僅かな苛立ちが心に浮かんで。態と答えにくいであろう質問をぶつけて見せて)…そうだなぁ。じゃあ君が今まで付き合った女の人の人数とか?

134:ウェイド・ウィルソン 2018-03-02 01:12:37

腹が空いてる分、がっついて食べるからじゃねぇの?逃げやしないんだからもっと落ち着いて食えよ。俺は見てて面白いけど。(高校生だと言うのに、大人と関わる事が多いからなのか英雄と言う肩書きを背負っているからなのか、態度や口調が大人びて見えたり…まぁ背伸びしてるようにも見えるのだが、そんな彼のこういう所を目の当たりにすると、やはりまだ子供だな、なんて思い、更に指摘されたのが恥ずかしいからなのか、微かに頬を赤くして誤魔化すようにポテトを口に含む姿も幼く見えてしまい、そんな彼を可愛いと感じる自分はだいぶ変態的であると思うのだが、それを言うとまたツンケンするかもしれない。可愛いと言う言葉は飲み込み、代わりに違う言葉を使って。飲み物を一口、再びバーガーを手に取れば残りすべてをあっという間に平らげてしまい。)




(デッドプール)
………さあ?俺ちゃんこう見えても意外とモテちゃうから何人と付き合ったかなんて覚えてない。それにワンナイトラブとか、一々覚えてられないだろ?あっ、でもスパイディと出会ってからは誰とも付き合ってないし、誰とも寝てないよ?(話を戻したのは自分だが、相手からこう言った質問が来るとは思っていなかったのか、思わず間が空いてしまい。正直、適当に答えることも出来るし、はぐらかす事だって出来るのだが、相手の事を想うのであればそれは真摯的では無く、それにどう答えた所できっと相手は良い顔をするわけが無さそうだと。それなら人数なんて覚えていなくとも正直に答えてしまった方が良いのでは無いのかとアッサリと口を開き。)

135:ピーター・パーカー 2018-03-07 02:43:08

お腹が空いてる時は早く満たしたいと思うのは当然だし、そういう時口に入れるものが大抵美味しいのがいけないんだよ。(こちらの言い訳じみた言葉に簡潔に食べ方のせいだろうと言う相手。ちゃんと理解はしているのだ、しかしそれを自覚するのは癪だし、自覚した所でそうそう直せるものでは無く。食べ物と空腹の所為だと責任転嫁を。軽く頬を膨らませると拗ねた表情でポテトを2、3本一気に摘み、反論されても答えられませんとばかりに自分の口に押し込んでしまう事にして。その後相手がバーガーを食べ終えてしまうのを見れば自分も残りのバーガーを腹に片付けてしまい。あとは飲み物とポテトの山を残すだけになり。ぽつりと呟いた質問はこれまで避けていた話題で)
…ウェイドはさ、同性の相手を好きになった事ってある?



(スパイダーマン)
……ま、普通そうだよね。最後のは聞いてないんだけど。(聞いたのは自分だし、その答えも分かっていた筈、しかし返ってきた言葉につきりつきりと胸が傷み、少しの息苦しさを覚えて。それはなんとか相手のクズさを探して見つけて、諦めようと頑張っている自分の汚さに対してか、それとも最後の一言でまた諦められなくする相手に対してか。それともその両方か。深く息を吐き出すと視線を伏せ、ぽつりと呟くように言葉を紡いで。)

136:ウェイド・ウィルソン 2018-03-09 01:18:05

あるぜ。付き合った事はないけどな。絶賛片思い中的な?同性ってだけで壁があんのに、他にも色々…っつーか、俺の性格に難ありだし…なかなか本気にして貰えてないみたいで、ちょっとヘコみ気味。…っていい歳したオッサンが気持ち悪いよな。(自分の食べ方に責任転嫁をし、尚且つポテトを口に押し込むその子供の様な姿にハイハイと呆れたように相槌を打つもその表情は楽しそうに笑みを浮かべていて。そんな和やかな空気の中、少しの沈黙があった後にお互い避けていただろう話題が、相手の口から小さく漏れ。おずおずとした口振りは勇気を振り絞った、そう言う風にも見え。もちろん自分の答えはyesに決まっているし、隠す必要も無い、むしろ自分を意識させるにはちょうど良いタイミングかもしれない、そう思い口を開いたはいいものの、ウェイドとしてこんな事を言うのは初めてな上にそれを当の本人に…。途中で何だか逃げ出したくなった気持ちを抑えるように今度は自嘲気味に笑い。)



(デッドプール)
でも知りたそうだった。…じゃあさ、俺ちゃんからも質問なんだけど、スパイディはいつになったら俺ちゃんのこと、好きになってくれんの?(小さなテーブルを挟んでの相手との、この近くもなく遠くもない距離がもどかしいと感じるのは自分だけだろうか。相手の今の表情を読み取る事は出来ない、けど声色の変化には気づける。呟くように吐き出された言葉はいつも通りの相手の反応なのだが、トーンダウンしている声色は自信無さげに聞こえる。こんな質問をしたのはこの青年だと言うのに困ったものだ。このもどかしい距離を少しでも縮めたい為か、もう少し自分を見てもらい為か、テーブルを挟んで正面に座る相手の両手を手に取りキュッと握ってみて今度はこちらから質問を。)

137:ピーター・パーカー 2018-03-09 03:22:12

別に気持ち悪いとは思わないよ。僕も居るんだよね。同性の、好きな人。でもそいつがさ、なにかに執着する様な奴じゃないんだよ。執着してるように見えるけど、多分手に入れたと思ったらすぐに興味をなくす様な、そんな人間で。…そいつは僕の別の側面を見て好き好き言ってくれてるけど、本当の僕はすっごくつまんない平々凡々な奴だから、飽きられるのも早いと思うんだ。告白した瞬間に振られるのも、受け入れられたと思った数日後に飽きたって振られるのも、僕は嫌だ。……だからさ、告白はしないって決めてるんだ。(こちらがムキになって紡いだ言葉にいい加減な相槌、和やかで楽しい空気が流れていたものの、こちらが紡いだ一言でそれは一気に微妙な居づらいそれに代わり。でもきっと、この会話は絶対に必要なものだと。いつもの様に、自分の事が好きなのだと言う相手。胸がずきずきと痛み、苦しささえ覚えて小さく息を漏らして。これを口にする事でこの先相手との縁が切れることすら覚悟している、寧ろそうなって欲しいとすら思っている節があり。デットプールに対しては口にしたことが無い、しかし相手への恋心を自覚したその時からずっと考えていたことを口にして。言い切った時、自分がどんな顔をしているか分からず。上手く笑えていると良いと思う。出来れば表情が崩れないうちに相手の目の前から消えてしまいたいと。へらりと笑って立ち上がると自分の分のトレーを持ち、相手に別れを告げて)
…ごめんね、こんな話して。そろそろ僕用事があるから…またね、ウェイド。


(スパイダーマン)
まさか。そんなワケ無いよ。……あれ?気づいてなかった?僕、君の事友人としては結構好きな部類だよ?(知りたそうだった、何故、どの辺りがそう映ったのだろう。酷く乾いた軽薄な笑いが漏れ。握られた手をやんわりと解き、その言葉がどういった種類のものか分かっているくせに、首を傾げてわざとすっとぼけた言葉を紡ぎ。今の自分はさぞ相手にとっては嫌な人間に映っているだろう。どうせならそのまま嫌いになってくれればいいのにと願っていて)

138:ウェイド・ウィルソン 2018-03-12 02:05:16

(一通りの気持ちを告げられたかと思えば、それは自分が期待していたような言葉では無く、絶対に無いと言うような決意。己に対しての言葉なのだろうか、100%そうだとは言い切れないがきっとデッドプールの事なのだろう。耳から入ってきたのはこれはつまり簡単に言えばフラれた、そう言うことになるのだろうか。そう理解した途端に脳みそをぐわんぐわん揺らす感覚、ドクンドクンと心臓は波打ち、さっきまで楽しい雰囲気で満たされていたのに、いきなりこんな結末、あまりにも酷すぎやしないか。あれだけ好きだと言っても伝わらない思い、それはきっと今までの自分が積み重ねてきた結果の報い、因果応報、結局はそこに行き着くわけで、ここでいくら信じてくれとすがり付いたところで相手にはきっと見苦しい奴だと思われるだけかもしれない。でもじゃあなんでそんな辛そうに笑うの、だとかなんでわざわざ俺に話しかけたんだ、だとか、なんでこんな話をするの、謝るのと一瞬にして疑問が脳裏に浮かび上がり、またねと小さく別れを告げ、横を通り過ぎようとする相手の手を思わず掴み。何だかそうしないといけない気が、またね、なんて言葉は有って無いような、そんな気がして。)ピーター待って。そんなの、納得いかない、いつも話を吹っ掛けておいて逃げるなんて卑怯だろ、俺から逃げないで。



(デッドプール)
…そうやって流すなよ。結構真剣に聞いたんだぜ、なぁ、いつになったら俺のこと、好きになってくれんの?(こちらが1歩近づけばその分1歩下がって、1歩近づけば1歩下がっての繰り返し、君の事なんか嫌いだなんて言ってくれた方がまだ諦めが着く…かもしれないが、いつもやんわりと距離を置かれるだけ。再び同じ質問をゆっくり、言葉を区切りながらそれでいて強調するように口を開き、ガタリと椅子から立ち上がったと思えば相手の隣に詰め寄るように立ち、これまた再び相手の手を握って)

139:ピーター・パーカー 2018-03-14 22:19:20

…知らなかった?僕、最初から卑怯で、後ろ向きで狡い、ダメな奴なんだよ。デッドプール。
(室内でもフードとキャップを被っている相手、俯きがちな姿勢から表情を伺い知る事は出来ず。これでもうこの関係はおしまい、間接的に自分の好意も、応える気が無いことも、思っていた事を全部伝えてしまった。きっと相手も自分に興味を無くすだろう。崩落すると分かっている山に登らないのと同じ様に、見込みのない相手に好意を向けたって無駄だと遅かれ早かれ気付いてくれるだろうと。そう思っていたのに引き止められ告げられたのは予想外の言葉で。卑怯だって事ぐらい、自分が一番わかっている。だけどここで逃げずに相手の言葉を待ったところで何が変わると言うのだろうか。言葉を紡ぐ内、ぐしゃりと作っていた笑みが崩れてしまえばせめて涙は見せないようにと唇を強く噛み。まだ笑えているうちに逃がして欲しかったのに、それすら許してくれない。最後の一言はバーガーショップのBGMと話し声に紛れて、相手にしか届かなかっただろう。相手の本名ではない、その姿ではずっと呼ばなかった名前。それに対して僅かでも動揺を見せてくれたなら、少し緩んだ手を無理やり振りほどいて逃げてしまおうと。店を出るまでは辛うじて早足、店を出てからはダッシュで。歩いたとしても追いかけては来ないだろうけれど、その事実に気付きたくも無くてひたすらに走り。自分の体力で漸く疲れたと感じられた頃、路地裏に入って深く息を吐き出して。じわじわと滲む涙を隠すように蹲り、自分に言い聞かせるよう呟いて)
…大丈夫、最初から期待してない、信じてない、だから別に傷ついてなんて…、……興味を無くされるよりは、ずっといい、だろ…ッ、


(スパイダーマン)
…君が、下品な単語使わずに女の子口説けるようになったら…、かな。(立ち上がり、まるでこちらを追い詰めるように回り込んで手を握られれば、逃がさないと言われているようで。それでも逃げなくてはならないと。視線を下げ、相手の顔を見ないようにしながらいつもの戯けた口調でこれから出来るか、それとももう出来るのか、自分も判断出来ないような事を口にして)

140:ウェイド・ウィルソン 2018-03-16 22:24:42

…っ、…!…くそ、…(握った手を離さまいとしていたも、BGMと賑やかしい喋り声に掻き消されそうになったその言葉と、必然的に相手を見上げる形になった時に見えた相手の苦しそうな表情と、しっかりと耳に届いたデッドプールと言う自分の名。こんな相手の姿を望んでなんか居なかった。デッドプールと呼ぶ声も、やっとの思いで吐き出したような声音で、スーツ姿では無いこの格好で初めて呼ばれたというのに全然嬉しくもない。むしろ心が痛いくらいだ。離さまいとしていた手は自然と力が緩み、その隙を突かれてか逃げ出すように店を後にする相手を追い掛けようと席を立つも、追い掛けて掴まえたところでどうすればいいのか…結局その場に立ち止まり。何事かとこちらをジロジロと見る客の視線も話声も、こちらの気も知らず軽快に流れる不愉快な音楽も、普段ならば腹を立てていただろうがそんな気さえ起こらず。ただやはり納得行かないのは確かなのだが、1度頭を冷やした方が良いかもしれないとトレイも片付けず店を後に、ひとりになれる自宅を目指し、裏路地へ。)



(デッドプール)
んー…でも俺ちゃん女に興味ないから、代わりにスパイディを口説くって言うのはどう?(自分が女を口説いた所で目の前にいるこのヒーローが自分を果たして好きになってくれるだろうか?答えたノーに決まってる。少し考えるような態度を見せた後、相手と視線が合うように片膝をついた状態でその場にしゃがみ、握っていた手を離したと思えば今度は自分の左手で相手の右手を取り、恋人同士がするような指を絡ませ合った繋ぎ方をして。)

141:ピーター・パーカー 2018-03-17 00:34:03

……こんな事になるなら、あの時抵抗せずに最後までされてた方が良かったかも、……なんて、ね。(胸の苦しさと激しい自己嫌悪、相手を好きだと認めたくない気持ちと何より強い恐怖心がぐちゃぐちゃに混じって吐き気がする。しかし暫く涙を流していれば心も冷え、頭の中も落ち着いてきて。いつだったか、相手が自分に手を出そうとしたことがあった。その時は全力で拒絶したが、今になって見ればあの時身体の関係になってしまっていた方が幾らかマシだったかも知れない。あの一件の所為で彼とのそういう行為を意識してしまって、自慰の時に尻を弄るようになっているのだから本当に救えない。1度きりで飽きられたとしても何かしらの思い出には出来たろうし、セフレにされたとしてもその関係に甘んじて自分の想いを消化することも出来ただろう。自嘲気味に笑ってその願望を口にしてみるも、今更口に出して何になるのか。そう言えばあの時に彼に告げた『最後までしたら関係は終わり』と言う言葉ももう意味は無いだろう。自分でその関係を終わらせてしまったのだし。そろそろ涙も収まってきただろうし、目も1度も擦っていないから赤くも腫れぼったくもなっていない。少しべたべたして気持ち悪いけれど、それは何処かの公園の水道で洗ってしまえば良いだろう。一先ずこの路地裏から出ようとのろのろとした動作で立ち上がって)



(スパイダーマン)
…却下。僕男に口説かれる趣味は無いもの。(以前は普通に女の子を口説いて居たのに、興味が無いなんて口にする相手。堂々とゲイだと公言しているようなその言葉にため息を吐き出しつつ、指を絡ませるようにして繋がれた手。こちらからは決して握り返そうとはせず、そっぽを向いてぽそりと)

142:ウェイド・ウィルソン 2018-03-21 00:51:38

……うるせぇな。(バーガーショップから出れば日はすっかり落ちNYの街はネオン色に染まっていて。それでも路地裏は薄暗く不気味な雰囲気、こんな所を利用するのはチンピラやストリッパーくらいだろう。ただ近道なのと人目に触れないと言う点でよく利用している道ではある。しんとしたこの場所で、自然と頭に浮かぶのは相手のこと。そう言えば最近は仕事も無ければスパイダーマンやピーターのことばかりを考えている気がする。何故こうも上手く行かないものなのか。いつも同じようなやり取りを…まるで堂々巡り。でも確かに自分に好意はあるのだ。暫く会わない方が良いのかなんて考えるもあと一歩、相手との繋がりを終わらせたくはない、きちんと話さないと。そんなことばかり考えている為か、自宅を目指すつもりがいつの間にか足取りは相手の住むアパートの前。「おいおいストーカーだけは止めとけよ、笑えないぜ」そう真面目に突っ込む吹き出しに良い応えが思い浮かばなく悪態をつく他なく。相手に会ってしまえば嫌がられるかもしれないと踵を返し。)



(デッドプール)
じゃ、なんで手離そうとしないの?興味ないんでしょ?俺ちゃんの目をちゃんと見て言ってよスパイディ。(興味が無いと言い、握り返しこそはしないも恋人繋ぎしている手を解こうとしない相手。ここで ハッキリ目を見て言われてしまえば結構ショックであろうが、そっぽを向かれると言うことは心理上後ろめたい事がある時や嘘を着いた時などに表れたりするのだから、本当はそうじゃないのかも。なんて少しの期待を込め。)

143:ウェイド・ウィルソン 2018-04-30 00:03:19

もう1ヶ月以上経っちまったし、来てくれるか分かんねぇけど…とりあえず上げとくかな。
ピーターに会いたいのは確かだけど、なんつーか…重荷にはなりたくないから俺に嫌気がさしたんなら言ってほしい。そうじゃなければ俺はいつでも待ってる。…なんてな。
…言ってて恥ずかしい…。

144:ピーター・パーカー 2018-05-02 09:29:28

…別に嫌になった、とかでは無く、て…
あぁー…、もう…!!何かさ、ほら、今拗れに拗れてるじゃない?まぁ僕が拗らせてるんだけど!
次どう進めたら良いか、わかんなくなっちゃって…、悩みに悩んでたら日が過ぎてー…1ヶ月?
相談すればよかったんだけど、どう切り出したらいいかも分かんなくて…さぁ…、……どうすればいいと思う?僕ら。いっそ一思いに襲ってくれた方が解決する気はしてるんだけど。

145:ウェイド・ウィルソン 2018-05-02 23:48:52

!!ピーティー…!!会いたかった会いたかった会いたかったっ…!(姿を見れば一目散に駆け出し正面からギュウッと抱き締め)
それならそうと言ってくれよ。俺ァてっきり毎度の事で嫌んなったのかと…レスしようかしまいかずっとウダウダウダウダ悩んでて…でもそうか、俺がヘタレ過ぎたんだな。慎重になり過ぎたってやつだ。ピーターのその言い方だと、もう遠慮しなくても良いってことだろ?

146:ピーター・パーカー 2018-05-06 04:37:49

…悪かったよ、待たせてごめんね(困った顔でため息を吐きつつ、苦しい、と相手の腕をぺしぺし)
そうだね、言うべきだったってのは分かってるんだけど…そこは君と一緒だよ。迷惑にならないか、嫌われないかってうだうだかんがえちゃってね。…うーん、まぁ、これ以上したら友達じゃなくなるとかなんとか言ったけど、もう友達とは呼べない関係になっちゃったしね。うっかり最中に好きとか口走ったり、なんだったら自分の記憶にもしっかり残るくらい連呼してくれたら少しは楽になるんじゃないかな。

147:ウェイド・ウィルソン 2018-05-07 00:59:04

満足するまで離さねぇ(苦しいと叩かれた腕を緩めはするも、今まで会えなかった分、相手に触れていたいのだと抱き締めたまま。)
まさかピーターからそんな言葉が出てくるなんて…寂しかったのは俺ちゃんだけじゃなかったのか。
…じゃあ、ピーティー、また仕切り直しってことで。今度は我慢しねぇ。(抱き締めた状態から体を離したと思えば額にキスをひとつ。ひょいっと軽々と抱きかかえお姫様抱っこすれば寝室のベッドへ運んでいき)

148:ピーター・パーカー 2018-05-12 23:20:45

…そ。なら早く満足して貰えるようにしないとだね。(諦めた様な事を言ってみせるも口元は笑ったまま、自分からも相手の背に手を回し、とん、とん、と軽く背中を叩いて)

…それじゃあ、ベッドに到着した辺りで拗らせた方の僕にでもなっておけばOK?抵抗するし嫌とも言うけど、…君はそういうのにも興奮しようと思えば出来るでしょ?(軽々持ち上げられて僅かに不満げな表情を見せつつ、すぐにこの状況を楽しむように普段のへらりとした笑みで笑って見せて。)

149:ウェイド・ウィルソン 2018-05-13 20:01:16

ん、オーケーオーケー。
嫌よ嫌よもなんたらとか言うしな。ツンデレってやつ?それってスゲー興奮しちゃう。(バタリと開かれた扉、殺風景な部屋の中にキングサイズであろう大きさのベッドがひとつ。電気も付けずに薄暗いままに姫抱きした相手と一緒に部屋へと入ったと思えばベッドへと一直線。未遂で終わった事はあるが、きっと今回は最後まで。まだ理性に余裕はある。ゆっくりと優しく横の状態のまま相手をベッドへと降ろして。)

150:ピーター・パーカー 2018-05-14 03:22:51

…そうそう、僕あれから自慰の時に後ろも弄ってるから。勘違いしてくれてもいいし、弄ってるって気付くでも…まあ、好きにしてよ。(思ったよりも殺風景な部屋の真ん中に鎮座しているでかいベッドに目を瞬かせ。この大きさのベッドは初めてで、降ろされた時の感触が自分の家とは段違いにいい事に感心して。どういう風に始めるべきか、ごろごろと転がりつつ、ふと思い出した事をぽつり、軽くズボンの上からするりと自分の尻を撫で、悪戯っぽい笑みで告げて)

151:ウェイド・ウィルソン 2018-05-14 17:19:53

わお…マジかよ。て言うかそれって誘ってんのか?本当ピーター、エロすぎ。それじゃ、俺の好きにさせてもらうかな。(相手を降ろしスプリングの効いているベッドへこちらも足を掛ければ、思いもよらぬ相手からのカミングアウトに目をパチくり、驚くも、明らかに襲って下さいとでも言いたげに見えるその姿に興奮を覚え。パーカーを床へ脱ぎ捨てれば、ギシ、と軋む音を鳴らしながら相手を組み敷く様に跨り、上から相手を見つめ。前に組み敷いた時はお互いスーツで顔など見れなかったが、改めてこう見ると筋肉質ではあるがまだ少し幼さが残っているように思える。横暴で乱暴でイカれてるのがデッドプール。だが、やはり好きな子、ましてや初めてであろう相手には優しくしてあげたいと思う。頬に手を滑らせその柔らかさを味わいつつ、額や鼻先、首筋に触れるだけのキスを落としていき。)

レスを書き込む