TOP > なりきり > 機械仕掛けの搾取【非募集】

機械仕掛けの搾取【非募集】

最終更新 2017/10/19 00:12:15
レス数 99
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス99中:1-20

1:新参者 2017/07/28 06:56:10 作成

 
募集スレの653様をお待ちしております。
一応設定を書いておきますね。

 
工場内には動き続ける機械の音と、水の音と、それから男たちの喘ぐ声が響いていた。

【設定】
一番近くの村からも1日歩かないとたどり着けないような森の奥に、関係者しか知らない工場があった。
厳重なセキュリティチェックをクリアして中に入れば、そこは一般人にとっては信じがたい光景が広がっている。
どの男も体の自由を奪われ、ある者はこすられ、ある者は薬の注がれたプールに浸され、ある2人は…
目的は分からないが、どこからかたくさんの男たちを連れてきて搾精し続ける工場に囚われた、新参者と古参者の話。
 

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

81:柊 2017-09-01 14:51:01

 
……待つの飽きてきた。別にこのまま放置しても十分罰になるんだぜ。何時間後か知らんけど、柊が帰ってきてお前を助けてくれるかどうか賭けてみるか?
(一応耳だけはBGM代わりに痒みを訴えているだけにしては艶の乗った声を聞き流していたが、悲鳴や嬌声だけならばここの工場に努めていればいくらでも聞けるためさほど心は動かされず、全くスマホから目を離さないまま背を壁につけて寛ぎだし、半分はポーズだが半分は本気で引き上げることを視野に入れて一つ提案をしてみせ。久しぶりの得物だが、これで希望を得て耐える道を選ぶのであれば、それはそれで面白いかもしれないと考えつつ、だらけた姿勢のまま視線をちらりと向けて)

ひ、っぎ!ぐ、あ゙あ゙あ゙ぁ、!ガっ!ぎ、あ゙ア゙ッ!ぃ゙、ァがぁあ゙!っ――…
(相手の言葉の最後の一瞬で舌を噛まないよう出来たのは幸運で、バイブを押し当てられていた縁はかろうじて傷付くことなく飲み込んだが、広がってもいない乾いた内臓を強引に、かつ早く乱暴に抉られるのは慣れていたとしても拷問めいていて。苦痛しか篭もらない悲鳴がピストンにより途切れ途切れになり、目も口も閉じられず声も涙も涎も零しながら背を反り返らせ。生理的な防御反応から腸液が分泌されるものの痛みの程度は殆ど変わらず、閉じている結腸を開くように押し上げられたかと思えば、次にはまた壁を擦り上げながら縁まで引かれて、激痛のあまり一瞬意識を飛ばしかけ)
 

82:坂崎省吾 2017-09-03 19:02:30

 
あ゛、あぁ、あ゛、かゆい、ぁ、ひ、ぃぃ…
(顔は涙や唾液、鼻水なんかですっかりぐちゃぐちゃになった顔を従業員に向け。本来ならば触れて欲しくてたまらずにねだっていたが、どうしようもなくこの地獄のような工場の従業員に頼むのが嫌で。すがるような視線を一瞬だけ向けると視線を外し、腰は犬が交尾で腰を振るかのように腰を震わせ、必死に胸の先に触れようと手を伸ばして手枷と首輪をがちゃがちゃ鳴らしていて)

あは、痛そ。さすがにこの太さはダメだったかなー
(相手の悲鳴を聞くと深い笑みを浮かべて結合部を見つめ。このまま相手の悲鳴をBGMにしていてもいいのだが、それでは作りたての機械の性能がわからないと仕方なしにローションを取り出し。もちろんそのローションもただのローションではなく、熱さと疼き、更に感度を高めるいわゆる媚薬効果の含んだものであり、それを知りつつたっぷりと相手の後孔やモノ、バイブにかけていて)
 

83:柊 2017-09-04 18:09:06

 
あっはは、不様ー。じゃあ頑張りたいみたいだし、俺は退散しようかね。これはおまけな
(もはや何の体液で濡れているのかもわからないほどになっている顔を笑いつつ、一瞬だけ向けられて逸らされた視線と、一人どうにかしようと足掻く様から、それでも逆らうんだなと目を細め。言葉通りスマホを仕舞い立ち上がって出て行く準備をしながら、何の変哲もない事務用品のダブルクリップを二つ取り出して、いっそ良いことをしてやっていると言わんばかりの笑顔で相手に近付き、手錠の鎖が微妙な長さのせいで満足に触れられていない相手の胸の先を挟み込もうとして)

…っ、ガぁあ゙!!ぅ゙ぐ、ひぎ!あ゙ぁ゙ぐ…!つ、っかは…ふっ……ぐ、ぅ、ァぐ…!ぁ゙あ!
(飛びかけた意識は次のピストンで引き戻され、酸素が足りなくなりながら痛みに喘いでいたが、ローションがバイブなどを伝い少しずつ体内に塗り広げられ滑りが良くなると、息を吸う余裕が生まれて苦悶の表情のまま胸を激しく上下させ。だがそれも熱と僅かな快感が呼び覚まされる内にまた浅くなり、酷い痛みはまだ残っているにも関わらず、ただキツく締め付けるだけだった孔はバイブに吸い付き始め、緩くだが前も反応しだして)
 

84:坂崎省吾 2017-09-06 03:21:32

 
は、あ゛…っ、や、やめ、やめろ、いやだ、いやだ、いやだ…!!
(いっそ出て行ってくれた方が、一人の方が目を気にせずに動くことができると早く出ていってほしいと遠くで考えていて。ふと、視界に影が差して相手の近づいたことに気づくと同時にその手に握られた2つのダブルクリップにも目がいって。この状況、あの笑顔、その位置、考えられることはこんな状況でも一つしかなく、強いかゆみに襲われている胸の先がそんなもので挟まれたらと強い恐怖心と、些細な期待に瞳を揺らし)

全く、痛いところだけ見ていてもこっちは面白くないんだけどなぁ…ほらほら、撫でてあげるから頑張って?
(緩く反応を見せたとは言え、その様子はとても快楽を感じているとは思えず。ため息をつきつつそう愚痴ると、ローションまみれの緩く立ち上がったそれに手を這わせ、上下に扱き始めて。時々先端に指を引っ掛けてピンと弾きつつ、このまま痛がっていたらどうしてやろうかなどと思考を巡らせていて)
 

85:柊 2017-09-06 17:46:08

 
まーだ理解してねぇかな。やめろって言われてやめるわけないだろ?
(否定ばかり繰り返す口にここも要教育だよなと考えつつ、拘束した腿に膝を乗せ両腕を束ね掴んで上に引き上げることで胸元を開けさせ、薬のせいかすっかりと立ち上がっているそこを、最大限広げたクリップでパチンと音が鳴りそうなほど勢い良く挟み込んで。もう片方も同じように挟み込んでから、バネの強さを確かめるように軽く捻ってみせて)

づぅッ、ぁ゙…!もう、しっ…わ゙け…ぅ゙、ァ、はっ!ぐ、んん゙!あ、ひぃ゙う、ァあ゙あ゙…!
(溜め息の気配にビクリと身体を震わせ反射的に謝罪を口にするが、耳は殆ど働いていなかったために何を言われたかは理解しかね。それでも前を扱かれると痛みから逃れるように快楽を拾い集め、媚薬の効果もあってかすぐに形を変えて弾かれても倒れず跳ねるだけになり。サイズが大きすぎるという苦痛は残っているために声は濁りがちになるが、身体はきっちりと後ろでも快楽を追い始め、身を横たえる台に爪を立てて)
 

86:坂崎省吾 2017-09-09 04:50:43

 
っ、ひぎぃっ!?あ゛、んぁ……んぎぃいっ!はぁっ、うあ、あ゛あ゛あ゛…!
(一つ目がばちんと音を立てて胸の先端を挟み込むと涙をにじませて悲鳴を上げるが、痛みとともにかゆみのある場所にようやくきた刺激に体は喜び、震え。1つ目でもかなり来ていたにもかかわらずあいた片側にもう一つが挟まれると仰け反りながらまた声を上げて。ずっと痒く、散々焦らされていたその場所に強すぎる刺激を受けたせいか2つ目が取り付けられた瞬間に軽い絶頂を迎えてしまって)
 
んー…後ろが慣れるまで、もうちょっと前の快楽を与えてみるか…
(しばらく手でしごいていたが、扱くよりも何か使ったほうが早いと判断していつも手近に置いていあるオナホールを探し。しかし別の従業員に貸し出していることをすぐ思い出して顎に手を添えて少し考え、何か閃いたようでしばらく相手を放置して適当な従業員に電話をかけ始めて)
もしもし、僕だけど。誰かいいの空いてない?
 

87:柊 2017-09-11 17:58:06

 
今の結構っつうかかなり痛い方だと思うけど…割と大丈夫そうだな?
(薬の効果が大半だろうが萎える様子を見せない下肢に目をやってピンと指でクリップを弾きつつ、自分が手を出すのはここまでだとばかりにあっさりと腕を解放し立ち上がって。もう一人が戻ってくるには早いと思われる一時間後にまたここに来るように巡回ルートを考えながら、ひらひらと手を振って出ていこうとし)
じゃあねー、新人君。狂ってなかったらまた会おうぜー

ん、ぐぅ…ッ、はっ、ァぐ!ぁ、あ、ハっ、ああ゙、ぅう…!ふ、ぅうぐっ…
(前に与えられていた刺激がなくなっても、媚薬とすでに与えられた快楽が呼び水となって熱が高まり続けるが、激痛よりは慣れた感覚ゆえに少し周囲を気にする余裕が出て。涙で歪む視界に電話をかける相手の姿を収め、誰かを呼ぶということは、今日は乗っかってくる気はないのかと回転の悪くなった頭で思いながら、更に身体から力を抜くため深い呼吸を心がけるようにして)
 

88:坂崎省吾 2017-09-13 12:55:39

 
ひっ!ふぅ、は、あ、あぁ…ぁ、ぐ…
(弾かれると体は大きく跳ね、余韻に大きく息を乱し。必死に整えようとするも追いかけ続けるかゆみがそれを許さず、ものと胸の先をかきむしりたいきもちに苛まれながら体を震わせ。出ていこうとする相手を忌々しく、そしてつい置いていかないでと縋るように視線を送りつつ、また涙をこぼして)
 
…え、マジか…いやいい、お仕置きに集中させたほうがよさそうだ
(連絡した従業員によると、大体が業務中のイきすぎの気絶やら、お仕置きやら、業務中やらで人が空いておらず。最近導入した機械はさすがにまだ慣れないかと適当に考えつつ、従業員が仕置中の誰かを連れてくることを提案するがそれを断り。電話を切ったあと仕方ないというようにあからさまなため息を作るとズボンと下着を取り払い、タブレットを片手に相手の上に跨って)
人がいないらしい。今日接待あるからするつもりなかったけれど…しょうがないな
 

89:柊 2017-09-14 18:41:39

 
ちょっと遅くなったけど、どうなってっかねぇ…
(他の場所を見回りという名のちょっかい出しに行ったところ、たまたま起きていた他の従業員の失態をリカバリーする羽目になり、気がつけばあっという間に一時間が過ぎていて。若さもあり死んではいないだろうが、脱水症状やら発狂やらの可能性はあるだろうと、軽くなった鞄に色々と道具を詰め直してから、未だ自身が投与した薬品に苦しめられているであろう者を放置した、牢獄と呼んでも過言ではない部屋を覗き込み)
新人君、ご機嫌いかがー?

ぅ、っく……ん、…!?ぁ、栄さ、まにっ、…ぉ、相手いただ、ける…とは、光、えいっ…です、ね、ぇ…、
(相手の態度から色の良い返事は得られていないようだと思っていると、いかにも本意ではないという顔と言葉を零しつつ、自身の上に跨って来たのに目を見開き。だがそんな驚愕は一瞬で引っ込め、未だ体内を穿つ痛みがなくなることはないが、少しは余裕が出来たために痛みで顔を引きつらせながらも口角を上げ、相手の気分を害さない程度に盛り上げようと、顕になった腿に巡り始めた快感により体温の上がった手を這わせて)
 

90:坂崎省吾 2017-09-17 04:20:55

 
はーっ、はぁ、あ、あぁあっ、あああああ…
(従業員がいない間によほど暴れたため、ベッドから落ちていて。しかし、それを気にする様子もなく必死にかゆみに狂い、必死に足と足をすりあわせてもものにはめられた性具のせいで大した感触は得られずに。落ちた衝撃か、あばれた勢いか、片方の胸の先端のダブルクリップはそこから外れて床に転がっており、床も顔も涙やなにかですっかりぐちゃぐちゃになっていて)
 
はは、褒めても何もでないけど…オカズになりそうなの、写しておくよ……っ
(そう言いつつ、持っていたタブレットを天井から伸びる取り付ける用の台に取り付けて相手に見られる位置に固定し。別でもっていたリモコンでスイッチを入れれば、真っ暗だった画面にほかのお仕置き中の者の姿が映し出され。オカズというよりは、上手くできなかったらこうなるぞという脅しのような行動をとりつつ、相手のものに手を添えると自らの入口にあてがって)
 

91:柊 2017-09-19 18:30:01

 
うっわ、ぐっちゃぐちゃだなぁ
(現状を見てまるで意外なように言いながらも、思ったよりはまともな状況だったなと考え、どれだけ暴れようとも満足な刺激は得られなかったのだろうというのは簡単にわかり、未だ止まることなく水音を立てているオナホールを軽く蹴って。しゃがみ込みクリップの取れた方をもどかしく感じるだろう弱さで掻いてやりながら、話が聞ける状況かわからないが一応声をかけてみて)
少しは素直になる気になったか?抵抗しないならもっと触ってやるけど?

ぅ、…お気、遣い…ありが、たぃ…ですっ、ね……ご期待、に、ぃ…ぁ、応え、る、よう…どりょ、く、いた…し、ましょう…
(映し出された情欲を唆るよりも痛ましさを覚える映像に軽く鳥肌を立て息を呑み、媚薬の効果で萎えずにいることに安堵しながら、動揺を押し隠して半分映像から目を逸らすように相手を見上げ。力加減がうまくできそうになかったので、相手自身を包み込むようにしながらも扱き上げることはせず親指の腹で先端や括れを撫で、腿に触れていた手は後ろに回し、そう肉付きの良い方ではない相手の尻を軽く揉んで)
 

92:坂崎省吾 2017-09-21 05:51:20

 
っ!ふ、ぅぁ、あ、かい、て、かいて、くれ、ぁ…!
(長時間刺激されたにも関わらず満足に絶頂もできなかったため、性具には対して精液は溜まっておらず。軽く蹴られた性具は僅かにたまった水音を立てながら揺れ、その笹井な揺れにすら快楽を拾い上げて。その寸前まで必死に、従業員なんかにそんな懇願をしてたまるかなんて思っていたにも関わらず、かなりもどかしい胸の先への刺激にぷつと理性が一時的に切れてしまい。涙で濡れた瞳を細め、必死に掻いて欲しいとねだって)

ん…あぁ、期待してる…っ!
(体のあちこちをささやかに刺激する手の満足げに頷き、小さく吐息を漏らして。それでも表情は悠々と余裕綽々なほほ笑みを浮かべ、言葉を言い終えたと同時に一気に腰を落として。一気に自らの体を貫いたものに大きく体を震わせるも漏れ出しそうになる声は必死に噛み潰し、息を荒くしながら笑みを浮かべて)
 

93:柊 2017-09-23 00:19:27

 
んー、二十点ってとこだな。もっとかわいく言えよ、そしたらどっちも可愛がってやるぜ?
(素直な言葉が出てきたのはいいが、言い方が気に食わなくて目を細め、触れていた胸の先に爪を立てて血が滲みかねないほどの力で押し潰し。嬲る愉悦を隠さない笑みで潤む瞳を見据え、かろうじて留まっていた方のクリップも力任せに引っ張って外して)

っ、ひァアあああ!!ふっ、くゥうう、うッ…!
(過敏になっていた所を一気に熱い媚肉に包み込まれると、勝手に身体に力が入り後孔を締め付けてしまい、大きく仰け反りながら殆ど甘さだけが残った嬌声を上げて。けれどすぐに長くなった髪が音を立てるほど頭を横に振り、唇を強く噛んで快楽を堪え、バイブにより身体がろくに動かせないものの僅かにも相手を突き上げるようにし、同時に相手自身を覚束無い手で擦り上げて)
 

94:坂崎省吾 2017-09-25 07:23:39

 
あっ、~~~~~ッ!?!?!?あ、あああ、かい、かいてくらしゃ、っ、かいてください!!
(押しつぶされて襲い来る快楽に声を上げようとした刹那、上回るのではないかと思うほど強い痛みと快楽に声にならぬ悲鳴を上げながら、ここに来て初めて完全な絶頂を迎え、性具の容器に射精し。それでも体のかゆみは収まらず、ぼろぼろと涙を流しながらここに来て初めて敬語を使って)

っはぁ、んん、ふ…接待ある、から、ぁっ、射精、禁止、ね
(やっと聞けたほぼ完全に快楽に染まった声、それから自らもかなり苦しい状況であるにも関わらずに自らに媚びようと腰を振る姿に、浮かべていた笑みをさらに深めて。しばしわざとらしく声を出して見せたが、直ぐに接待のことを思い出し。釘を刺すようにそう言うくせに相手の上で跳ねるように腰を振って。時折リモコンを操作し、タブレットの画面を別の人間に切り替えたりして)
 

95:柊 2017-09-27 18:02:45

 
んー、六十…おまけして七十ってとこだけど、まあご褒美くれてやるか
(完全に満足な回答が得られたわけではないが、絶頂の叫びを上げながらも精一杯の懇願を見せた相手に妥協して、相手の上に乗り上げ血の滲んだ右側には舌を這わせて柔らかく舐り、クリップが外れたばかりで腫れたようにぷっくりとしている左側は指で転がしたりぐっと押し込んだりして弄って。ついでとばかりに薬は回っているだろうが特に何もしていなかった中心の下の袋を握り、中の精巣を転がすようにぐりぐりと刺激し)

っっ、は、ぃイ…!ふく、ぅうう…ッ!?ぁ、
(逃れようもなく内側の全てを抉るバイブだけならまだしも、自身に絡みついてくる肉壁は確実に射精へと導こうとしていて、ほぼ無理だと内心歯噛みしながらも要求を受け入れ頷くことしか出来ず。少しでも足掻くために自分で意識的に中イキに追い込もうと呼吸を深くしていると、切り替わる映像がたまたま同室の人間が達した瞬間を映し出し、昨日も散々聞いた嬌声に思わず反応して、若干焦点の合わなくなっていた視線を映像に向け)
 

96:坂崎省吾 2017-09-30 04:21:16

 
ぁっ、ぁ、ぁああああっ!んぁ、は、んぁあっ!!
(絶頂直後で敏感な体は3箇所同時に与えられる快楽に休むまもなく体を跳ねさせて。まさかその様子を目の前の従業員以外が見ていると思わず、昨夜は見せずにいた快楽に従い乱れる様を晒していて。表情は悔しげに眉をひそめているものの決して抵抗は見せず、口の端から唾液をこぼしながら喘ぎ続け)

っん…ふふ、ぁ、なに、気になる子、いた…?
(何気なしに画面を切り替えると、突然響いた一際大きな声に少し驚いて眉をひそめていて。屈服したところなのかと別に取るに足らないいつもの声のハズだったが、下で喘いでいた相手の反応が明らかにほかのときと違っているためリモコンを操作しようとしていた手をとめて。こちらからは画面が見えないため誰かはまだわからないが、腰を振りながらわざとたずねて)
 

97:柊 2017-10-01 02:24:21

 
そういやこれ、タマも入んだっけ。あんま長時間やると熱で精子の質落ちるからちょっとだけなー
(監視員はともかく工場長の部屋でまで映像が流れているとは思わないまま、右は相変わらず舌で柔らかく転がして甘く吸いつく程度に留め、左は色付いた周りごと酷く抓ってみたかと思えば指を離し爪で強く引っ掻いたりと格差をつけて。ふと思い出したことがあったので、胸の先を軽く唇で銜えたまま言葉を発し、稼働し続けるオナホールの裾を引っ張って陰嚢もその中に押し込めば、狭くなった分だけ刺激が強く感じるであろう性器と共にシリコンがきゅうきゅうと締め上げて)

ぅく、っ…い、え……んッ、!き、のう、ふァ…っ同しつ、に、!ん、なっ…た者っ、です、ぅ…あっ、くぅ…!
(無駄に高性能なカメラゆえに全身を映し出す映像ながら表情まではっきりと伺え、まだ屈服しきっている顔ではなさそうだが、どうせ時間の問題だろうと感じて。支配者からの問いによそに向いていた意識を戻し、今なお弄ばれる金メッシュの男から視線を外して相手を見上げ、だいぶ不明瞭になりながらも画面内の人物との関係を言葉にし、他意はないとばかりに疎かになっていた愛撫の手をゆるゆると再開して)
 

98:坂崎省吾 2017-10-10 03:59:36

 
っはぁ、ぁ、ぁああっ!ぇ、ふぁ、ぁあぁ、ぁ…っくぁああ!
(左がひどく刺激を受けて体全体に快楽がめぐると、右側の刺激の甘さが際立って。無意識に右にももっと刺激が欲しいと考えてしまいながら喘いでいたが、相手が何かを言ったかと思えばはめられていた性具がさらに奥に押し込まれて普段は刺激しないような場所まで飲み込んでいき。圧迫感と性具の振動が合わさって先程絶頂したばかりの体はあっという間に熱を取り戻し始めていて)

っ、んん、へ、ぇ…どうしつ、ね…
(別段そちらに意識を向けるのは構わない、むしろ相手にしては珍しいことだと感じた為楽しそうに笑みを深め。同室であるという人間に興味は沸いたが、今は奥を刺激するものと相手の手で絶頂しそうで意識をこちらに向け直し。相手より先にへたばってたまるかと今まで止めていたピストンバイブの振動を強で入れながら、中を強く締め付けて腰をくねらせ)

99:柊 2017-10-12 18:25:38

やっぱ男の胸には燃えねぇなー。柔らかいおっぱいが恋しいわ。こっちなら男でも女でもいい感じなんだけどな
(一つ溜め息を吐いて身体を起こし右胸への刺激を止めて、左には粘着シート付きの円盤状のローターを貼り付け、最初から強までスイッチを押し上げて。オナホから溢れてくるローションや体液の混じったぬるつく液体を指に絡ませ、股の間から手を差し込んで窄まりに人差し指と中指を当てて、今度抵抗されたら殴ってやろうなどと考えながら有無を言わさない勢いで無理矢理に指をねじ込もうとして)

ッ、ぁあ゙!!?ゃ、だっめ、ぇ…ひ、ぁああアアア!!ぁああーッ…!!
(急に激しく動き出したバイブに大きく身体を跳ねさせながら目を見開き、駄目だと頭では思うものの快楽の波を止めることは出来ず、中でイきながらも相手の中に絶頂の証を吐き出し。まだ堪らえようとしているために断続的に精を相手の中に注ぐこととなり、長く続く絶頂に髪を振り乱して喘ぎ、手を動かす余裕もなく殆ど縋り付いているような格好になって)
 

100:坂崎省吾 2017-10-19 00:12:15

 
ぅぁぁあああっ!?ひぁ、ぁあーっ!!
(刺激が収まったかと思えば、今度は先程より強い快楽を左に感じ身を震わせ。何もなくなった右は疼くまま左のみを刺激する快楽に悶えるのに必死で、抵抗する余裕もなく。指がねじ込まれるとかなりキツく締め上げ、それ以上の侵入を拒み)

っ、く、ぁ…!
(断続的に注がれる精液に感じてしまい、つい後を追いかけるように自らも絶頂をしてしまって。直後に絶頂したことは屈辱的ではあるものの、相手が中に出したのだから十分仕置ができると笑みを深く作りながら相手を見下ろして)
 

レスを書き込む